3章


梓「ジムはムギ先輩が挑戦するんですよね?」

紬「ええ、そうじゃないと試練の意味がないと思うし」

梓「ですね」

紬「今回はリンに頑張ってもらうわ」

リン「リン!」

梓(相手は岩タイプだけど、大丈夫…だよね)

――――――――――――――――――
クロガネジム


うぃーん

紬「お邪魔しまーす」

梓「お邪魔します」

???「よく来たな、挑戦者!」

紬梓「!」

紬「?
声が聞こえたけど…
どこ…?」

梓「人はいませんけど…」

???「こっちだ、こっち!」

紬梓「へ?」

???「……」

紬梓「……」

梓「像が喋ってる!?」

像「」びくっ

紬「わぁ~♪」きらきら

梓「なにここ恐い…」

紬「こんな珍しいものがあるなんて~」

像「まてまて!
今の時代、像が喋るなんて普通なことだぞ!」

梓「ええ!」

紬「どうやって喋ってるのかしら~」

像「…挑戦者が来ると応対するようプログラムしてあってだな
会話も成り立つようにしてあるんだ」

紬梓「??」

像「本当に何も知らないのか…
君達はどこ出身なのだ?」

紬「マサラタウンです!」

像「違う地方か…
なら仕方ないか
…君は?」

梓「マサゴタウンです」

像「ロリk…ナナカマド博士の研究所がある所じゃないか!なぜ知らないのだ!?」

梓「そこでポケモン博士になるようにナナカマド博士を手伝っています!」

像「なおさら知れ!」

紬(今のも全部プログラム?されてるのかしら)

像「まあいい!
これをきっかけに知っていきなさい!」

紬梓「はぁーい」

像「私は君達の先生じゃないぞ!?
それに君達、もう立派な大人じゃないか!恥をしれ恥を!」

紬「おいっす!」

像「」

梓(なんか恥ずかしくなってきた…)

―――――――――――――――――
像「それで君達、挑戦者なのだろう?」

紬「はい、そうです!」

像「あ、君が挑戦者か」

紬「琴吹紬です!」

像「名前は言わなくてもいいのだがな…」

梓(恥ずかしい…)

像「こほん!気を取り直して、このジムでのバトルのルールを説明するぞ!」

紬「はい!」

像「説明が終わったらジムリーダーとバトルしてもらう!
このジムでは互いに2体のポケモンを…」

紬梓「えっ」

像「…どうした?」

紬梓「……」

―――――――――――――――――
紬「…2体かあ」

梓「あの、ミミちゃん貸しましょうか?」

紬「ん~…気持ちはありがたいけど、それじゃダメな気がするの
私の試練だから」

梓「そんなものですかね」

紬「どうしよう…」

梓「とりあえずポケモンを捕まえましょう」

紬「そうね」

紬「よさそうなポケモンいるかしら?」きょろきょろ

???「バオバオ!」

紬「ん?なにかしらこの子…」

梓「ゴマゾウですね」

ゴマゾウ「バオバオ!」

紬「可愛いわね!この子をゲットしよう!」

梓「頑張ってください!」

紬「行くわよ!」

ゴマゾウ「バオ?」

紬「リン!」ぽん!

リン「リン!」

ゴマゾウ「バオ!」きっ

紬「リン、たいあたりよ!」

リン「」だだっ

どん!

ゴマゾウ「バオ!?」ざざっ

ゴマゾウ「バオバオ!」ぴょんぴょん

紬「効いてないわ!」

梓「ゴマゾウは防御が固いんです!」

紬「あら、そうなの?
なら…」

ゴマゾウ「バオバオ!」だだっ

ごろごろごろ

リン「!?」どがっ

紬「!
リン、大丈夫!?」

リン「リン…」

梓「……まずいですね」

紬「えーと、そうね…
雨乞い!」

リン「リーン!」ざあああああ

ゴマゾウ「!?」ぶるっ

紬「あなたは地面タイプ!これだけでもダメージはあるんじゃない?」

ゴマゾウ「バオ…」

紬「リン、氷の牙!」

リン「リン!」こああ

ゴマゾウ「!」

リン「」がきいい!

ゴマゾウ「」ばた

ゴマゾウは倒れた

梓「今です、ムギ先輩!」

紬「ええ!
モンスターボール!」すかっ

梓「」

紬「……あ、今ボールがないわ」

梓「」がくっ

紬「ど、どうしましょう…」

梓「…しょうがないですね
私のボールあげますよ」

紬「いいの!?」

梓「はい、だから早く投げてください」

紬「わかったわ!
行け、モンスターボール!」ぽん!

ころ ころ ころ ぴん!

紬「やったわ!♪ゴマゾウゲットよ!」

梓「やりましたね!」

紬「ありがとう梓ちゃん♪
それ!」ぽん!

ゴマゾウ「バオバオ!」

梓「どうしたんですか?」

紬「ニックネームを決めようと思ってね♪」

梓「はあ、どんなニックネームに?」

紬「んー……
リン……ラン……ルン……」

紬「!」はっ

紬「レンがいいわ!」

梓(安直!!)

紬「よろしくね、レン♪」

レン「バオバオ!」

梓「…とりあえず、ジムに戻りましょうか」

―――――――――――――――――
クロガネジム


紬「たのもー!」

梓「恥ずかしいからやめてください…」

紬「そう?」

梓「はい…」

像「クロガネジムにようこそ!」

紬梓「!」

紬「さっきと台詞が違うわね」

梓「そうですね」

像「!
なんだ、君達か」

紬「ポケモンは捕まえましたよ!」

像「そうか
なら、改めて…
ここのバトル形式は2対2の交替戦!
そして、彼がクロガネジムジムリーダーだ!」

ぱっ

紬梓「!」

ヒョウタ「やあ、ようこそクロガネジムへ」

紬「…ジムリーダーさんの台詞を盗んだのね」

像「こほん!」

ヒョウタ「僕はヒョウタ
君が来るのは聞いていたよ」

紬「え?」

ヒョウタ「君のお父様から連絡があって」

紬(お父様……そんなことしなくていいのに)

ヒョウタ「?」

梓「…」こんこん

像「?」

梓「コールを」ぼそっ

像「あ、ああ
それではバトル開始!!」

ヒョウタ「イワーク!!」ぽん!

イワーク「イワー!」

紬「リン!」ぽん!

リン「リン!」

ヒョウタ「先攻は君からでいいよ!」

紬「じゃあ遠慮なくいかせてもらいます!
リン、氷の牙!」

リン「」だっ

イワーク「!」

リン「」がきいい!

イワーク「」ばたん!

イワークは倒れた

ヒョウタ「!」

紬「やったわ!リン!」

リン「リンリン!」

ヒョウタ「すごいパワーだね、物理技でイワークを一撃で倒すなんて…
でも、コイツは一筋縄ではいかないよ!
ズガイトス!」ぽん!

ズガイトス「ガア!」

紬「!」

ヒョウタ「ズガイトス、ずつき!」

ズガイトス「」だっ

紬「リン、かわして!」

リン「」さっ

ズガイトス「!」

紬「たいあたり!」

リン「」どがっ

ズガイトス「ガア!」ざっ

ヒョウタ「うーん…ただ力でいってもダメか
…なら」

ズガイトス「」しゅしゅしゅしゅ

リン「!?」

紬「なにっ?」

梓「かげぶんしんです!ムギ先輩!」

紬「かげぶんしん…!」

ヒョウタ「その通り!
一匹は本物のズガイトス、あとは偽物だ!
どれが本物か分かるかな?」

リン「リン!」だっ

すかっ

リン「!?」

紬「やみくもに攻撃してもダメよ、リン!」

リン「!」

紬「……困ったわ、これじゃあ攻撃が当たらないわ
それに、攻撃が当たらないだけじゃない…」

ヒョウタ「そう!
この数だ!一斉攻撃したらどうなるか!?偽物の攻撃は当たらないけど、どれが本物か分か

らないと避けれない!
ズガイトス、ずつき!」

ズガイトス達「ガア!!」だっ

リン「!?」

どがああん!

リン「」ばた

リンは倒れた

紬「リン!」

ヒョウタ「これで1対1だね」

紬「…戻って」しゅうう

きらっ

紬「…!」

梓「大丈夫ですか?先輩」

紬「梓ちゃん…
大丈夫よ!
いいこと思い付いちゃったから♪」

梓「?」

紬「レン!」ぽん!

レン「バオバオ!」

ヒョウタ「ゴマゾウか!
どんなポケモンが来ようとこのかげぶんしんは破れない!
ずつきだ!」

ズガイトス達「」だっ

レン「!」

ヒョウタ「もらったぁ!」

どがああん!

ヒョウタ「ふ、君の負け…
!?」

ズガイトス「」ぐたり

ズガイトスは倒れた

ヒョウタ「な…なぜ!?」

紬「これです!」さっ

ヒョウタ「ひかりのこな…?」

紬「ええ、これで攻撃をかわしたんです」

ヒョウタ「…かわしてもズガイトスに攻撃は…」

紬「いえ、影っていうのを利用したんです」

ヒョウタ「影…?
!あ、そうか…!」

紬「はい、ひかりのこなの光りで影を照らして、本物を見分けたんです」

ヒョウタ「なるほど
いや、でもゴマゾウは最初からそんなものは持ってなかったはずだ」

紬「ものひろいです」

ヒョウタ「あ…」

紬「さっき偶然光ってるのを見つけて」

ヒョウタ「それをゴマゾウが拾ったのか」

紬「そうです
拾ってくれてありがとう、レン
おかげで勝てたわ♪」なでなで

レン「バオ!」

ヒョウタ「……
いやはや、驚いたな
まさかものひろいをバトルで活用するとはね
…僕の負けだよ
受け取ってくれ、コールバッジだよ」すっ

紬「あ、ありがとうございます!!」ふかぶか

ヒョウタ「はははっ
次のジムも頑張ってくれ」

紬「はい!」

くるっ

紬「梓ちゃ…」

梓「おめでとうございます!ムギ先輩!」

紬「あら…ありがとう♪」

紬「レンもありがとね♪」

レン「バオバオ!」

ぽん!

紬「!」

リン「リン!」

紬「ふふ♪リンも頑張ってくれたわ、ありがとう♪」

リン「リン!」

梓「次も頑張りましょう!」

紬「ええ!」

――――――――――――――――――――――――
トバリシティ


???「えー、ではこれから月に一度の地方合同の四天王集会を始めます」

ゴヨウ「私はシンオウ四天王の長、ゴヨウと申します」

???「んな改めなくていいんだって!何回もやってるんだし
なあデンジ!」

デンジ「……
オーバは礼儀を知った方がいい」

オーバ「なんだと!?」

???「ウーハー、それよりも出席率が随分悪いようだが」

ゴヨウ「んー、ホウエン四天王の方は来ていませんしね」

???「俺が四天王に就いた頃は欠席者などほとんどいなかったのに、まったく…嘆かわし

いことだ!」

???「まあまあシバさん落ち着いて」

シバ「……」

ゴヨウ「リョウさん、キクノさんがお見えにならないですが?」

リョウ「さあ?あの人は忙しいですからねえ」

???「遠路はるばる私もカントーから来ているのに、ただ忙しいという理由で欠席なんて

納得いかないわね」

リョウ「まあまあ、ナツメさん
あの人も色々大変なんですよ」

ナツメ「ふん」

???「それにあなたは僕の付き添いなんですから、あまり偉いことを言うものじゃありま

せんよ」

ナツメ「お前まで言うか」

ゴヨウ「というかイツキさん、付き添いがOKというわけではないんですが」

オーバ「まあいいじゃないか、ただでさえ人数が少ないんだからよお」

ゴヨウ「あなたも付き添いがいるんですがね」

オーバ「うぐ…」

ゴヨウ「……まあいいです
今回は許しましょう
…ただし付き添いの方含め、みなさん今から聞くことは内密にお願いしますよ」

皆、各々返事

ゴヨウ「よろしいです
では…和さん、お願いします」

和「はい」がた

―3章完―



4