マサラタウン


こんこん

紬「入って」

斎藤「失礼いたします」

紬「何か用かしら?」

斎藤「澪様は無事ホウエンにお送りいたしました」

紬「そう、よかったわ」

紬(澪ちゃん、頑張って!)

斎藤「そして、旦那様が」

紬「お父様がどうかしたの?」

斎藤「すぐにシンオウ地方のコトブキシティに来い…と」

紬「?
…そう、分かったわ
すぐに行くわ
斎藤、ヘリを用意して」

斎藤「かしこまりました、紬お嬢様」

――――――――――――――――――
シンオウ地方


タウン


???「梓!梓はいるか!?」

梓「はいはい!います!」たたっ

???「返事は一回でいい!」

梓「すみません…
ロリk…ナナカマド博士」

ナナカマド「まあよい
ほら、あんみつでも食べなさい」

梓「あ…はい
いただきます」

ナナカマド「」ぱくぱく

梓「……」

ナナカマド「」ごくん!

梓「……」

ナナカマド「…なんだ、食べないのか?」

梓「いや、その…
私を呼んだのって、あんみつのことだったんですか?」

ナナカマド「…む、いかんいかん!
そうだ、梓に頼みたいことがあったのだ!」

梓「なんですか?」

ナナカマド「ナナシマというところがあるんだ」

梓「ナナシマ?」

ナナカマド「ああ、そこでな
ルビー・サファイアという宝石をとってきてほしいんだ!」

梓「まあ、いいですけど」

ナナカマド「よし、よろしく頼むぞ!
そうだ、梓」

梓「はい?」

ナナカマド「ナナシマでの経験も今後の研究に役立つかもしれん
ポケモン博士になるには色んなポケモンに触れ合ったり色んな地方に行くのがよい!」

ナナカマド「頑張りなさい!」

梓「…はい!」

―プロローグ完―



1章


ナナシマ


梓「ふう…
やっと着いたあ」

梓「ここがナナシマかな?1の島だって…
いい所だな…
……ん?あれってポケモン?」

たっ

???「ふ、ここはいつ来ても落ち着くな」

梓「って喋ってる!?」

???「ん?」

梓「あ、あの!あなたお名前は!?」わくわく

???(なんだこの娘は…)

ミュウツー「我が名はミュウツー」

梓「なんで喋れるの!?」わくわく

ミュウツー「……初対面の相手に対して失礼だとは思わないか?」

梓「へ…?」

ミュウツー「……」

――――――――――――――――――
梓「す、すみません…
ちょっと取り乱しちゃって…」

ミュウツー「ふ、珍しいポケモンに興味があるようだな」

梓「はい!私、これでもポケモン博士を目指してますから!」

ミュウツー「博士か…」

梓「?」

ミュウツー「いや、なんでもない」

梓「それより、ミュウツーさんって本当になんで喋れるんですかね?」

ミュウツー「…それは私にも分からん」

梓「そうなんですか?」

ミュウツー「ああ、それ以前に私は自分が何かも分かっていない
なんのために生まれたかも分からない」

梓「なんのために…って?」

ミュウツー「私は生まれてこなかったほうが良かったのかもしれない」

梓「!?
そ、そんなことないですよ!」

ミュウツー「!」

梓「今はそう思っててもいずれは生まれた意味が分かりますよ!
そんな悲観的にならないでください!
それを見つけるのが人生ですし!」

ミュウツー「……!」

ニャース『今のオミャーは心が死んでるニャ!
こんな所で拘束されて生きちゃダメなのニャ!
外の世界で生きていけニャ!自由に生きるのニャ!』


ミュウツー「……」

梓「ミュウツーさん…?」

ミュウツー「…お前は、私の旧友に似ている」

梓「へ?」

ミュウツー「私のことを真剣に考えてくれた奴は久しぶりだ
…名を何と言うんだ?」

梓「…あ、申し遅れました!私、中野梓と言います!」

ミュウツー「梓か…
よろしくな、梓」

梓「はい、よろしくお願いします!ミュウツーさん!」

ミュウツー「…ミュウツーでいいぞ」

梓「!
…はい!」

――――――――――――――――――
コトブキシティ


紬「ただいま参りました」

紬父「おお、よく来たな
カントーの旅は終わったんだったな?」

紬「はい、ジムバッジも8個集めました」

紬父「それでこそ私の娘だ」

紬「……それで、お父様
今日呼んだのはどんな御用で?」

紬父「実はだな…」

―――――――――――――――
紬「琴吹家の試練?」

紬父「ああ、琴吹家の人間は代々、シンオウで8個のジムバッジを集めねばならないんだ
お前も12歳になり、世間的には立派な大人……そろそろだと思ってな」

紬「ふぁぁぁ…」きらきら

紬父「紬…?」

紬「いいです!ぜひやりたいです!!」

紬父「そうか
ならば今すぐ準備をして行ってきなさい!」

紬「はい!」

―――――――――――――――――
ミュウツー「ほう…
ルビーとサファイアか……」

梓「うん、ナナシマにある宝石みたいなんだけど…」

ミュウツー「…知らないな」

梓「そっか…」しゅん

ミュウツー「だが…」

梓「?」

ミュウツー「このミュウツーに見つけれないものなどない
すぐに見つけだしてやろう」

梓「本当!?」

―――――――――――――――――
灯山


梓「あ、あった!ルビーだ!」

きらあん

梓「すごいね、ミュウツー!」

ミュウツー「当然だ
…次はサファイアか」うぃぃぃん

―――――――――――――――――
マサゴタウン


紬「まずはロリ…?うーんと…ナナカマド博士に会いに行けって言われたんだけど…」

紬「あ、あったわ!研究所!」たたっ

ぴんぽーん

ナナカマド「はい、なんだね?」がちゃ

紬「あの…琴吹紬というものですけど、お話があって…」

ナナカマド「む…話?
とりあえず、入りなさい」

紬「お邪魔しまぁす」

ナナカマド「座りなさい」

紬「はい!」

ナナカマド「……」がさがさ

紬「…クッキーですか?」

ナナカマド「ああ、甘いものが好きでな
君もどうだね?」

紬「あ、はい」

ナナカマド「」ばりばり

紬「……」

ナナカマド「」ばりばり

紬「あの…」

ナナカマド「なんだね?」

紬「お茶いれましょうか?」

ナナカマド「む?」

紬「」とぽとぽ

紬「はい」すっ

ナナカマド「…悪いな」

―――――――――――――――――
6の島


ミュウツー「ここだな」

きらあん

梓「あ!サファイア!」

ミュウツー「これでいいんだな」

梓「うん!ありがとうね、ミュウツー!」

ミュウツー「ふ、これぐらい安い用だ」

梓「むー…」

ミュウツー「どうした?」

梓「私はもうシンオウ地方に帰るけど、ミュウツーはどうするの?」

ミュウツー「私も帰るさ
ハナダ洞窟という所にな」

梓「じゃあ、お別れだね…」

ミュウツー「……」

梓「…あ!このお礼はいつかするからね!」

ミュウツー「ふ、別に構わないが…いつになるのだ?」

梓「分からないけど…
きっとまた会えるよ!」

ミュウツー「…ふ、そうだな」

梓「それじゃあね」

ミュウツー「待て」

梓「?」

ミュウツー「私の超能力で帰還させてやろう」

梓「え、でも…」

ミュウツー「遠慮などいらない
それにすぐに済むさ」

梓「…ありがと♪」

ミュウツー「…サイコキネシス・タイプ:ムーブメント」うぃぃぃん

梓「」しゅん!


ミュウツー「……」

ミュウツー「…ふ、私が人間に心を許すなど珍しい」

ミュウツー「……さて、私も帰るか」たっ

―――――――――――――――――
ナナカマド研究所


ナナカマド「紅茶おかわりだ」

紬「はーい♪」

ナナカマド「……」ぴた

紬「?」

ナナカマド「…っとそうじゃない!
君は私に用があるんだろう?」

紬「あ…そうでしたね」

ナナカマド(こうゆう時はいつも梓がツッコんでくれるから、うっかりしていた)

紬「あの、私…」

ぴんぽーん

ナナカマド「……む?」

紬「あ…」

ナナカマド「誰かきたようだな」

紬「出てください」

ナナカマド「すまないな」かつかつ

がちゃ

どん!!

ナナカマド「む!?」ばた

紬「大丈夫ですか!?」たった

どん!!

紬「きゃっ!」ばた

???「なんだってのよー!」

紬「いたた…って佐々木さん!?」

純「鈴木です!
鈴木純!!」

―――――――――――――――――
ナナカマド「まったく純、いつもお前は騒々しいな!」

純「ごめんなさいぃ…」

ナナカマド「まあいい、何の用だ!」

純「いや、梓に用があって」

ナナカマド「梓なら留守だぞ」

紬「梓ちゃん…?」

ナナカマド「む?梓を知っているのかね」

紬「はい、まあ…」

紬「でもなんで梓ちゃんが?それに純ちゃんも」

純「あれ、知りませんでしたっけ?
私と梓はシンオウ地方出身なんですよ」

紬「あら、そうなの?」

がちゃ

紬「!」

純「あ、噂をすれば帰ってきたんじゃ?」

梓「今帰りましたー!
ってムギ先輩!?」

紬「久しぶりね、梓ちゃん」

梓「お、お久しぶりです!」

純「おかえり梓ー」

梓「あれ?純も…」

ナナカマド「随分と早かったな
ルビーとサファイアはとれたのか?」

梓「はい」すっ

ナナカマド「おお!よくやったぞ!」

梓「いえいえ」

純「なんですか、それ?」

ナナカマド「これにはホウエン地方の風土の……
って何か忘れているような?」

紬「あっ!私の用事!」

ナナカマド「おお、そうだった!」

ナナカマド「ふむ…君が琴吹家の者だったか
話は聞いているよ」

紬「はい、私はここに行けとしか言われてないんですけど」

ナナカマド「ああ、君にポケモンを渡すように言われているんだ
今はポケモンを一匹も持っていないんだろう?」

紬「ポケモンを預けるように言われましたから」

ナナカマド「ふむ
なら…」すっ

紬「ありがとうございます♪」

ナナカマド「早速出してみなさい」

紬「はい!」ぽん!

???「リン!」

梓「あ、コリンクですね」

ナナカマド「そうだ」

純「いいな~!」

ナナカマド「お前にはもう渡してあるだろう!」

純「また欲しがるのが人間なんですぅ~」

ナナカマド「まったく…」

紬「かわいいわぁ~」

コリンク「リン!」

紬「ニックネームは…リンね!」

梓「センスいいですね!」

紬「ふふ♪褒めてもなにもでないわよ♪」

純「いいな~」

ナナカマド「……」

―――――――――――――――――
ナナカマド「それでもう行くのかね」

紬「はい!試練ですから、一刻もはやく!」

ナナカマド「…私に提案があるのだが」

紬「?」

―――――――――――――――――


ナナカマド『梓と一緒に行かないか?
梓はポケモン博士を目指していてな、色んなポケモンに触れ合わせたいのだ
何より一人旅は心細い
君にとっても悪い話ではないはずだ』


紬「まさか、梓ちゃんと一緒に旅できるなんてね
嬉しいわあ♪」

梓「私もですよ
できれば純もと思ったんですけど…」


純『三人だとじれったいよ!私は先行くね!ばいばい!』


梓「……」

紬「まあ、頑張りましょう!」

梓「そうですね」

―1章完―



2