――――――――――――――――――
空の柱


カガリ「なに言ってんだよお前」

ダイゴ「いや、思うんだよ」

カガリ「?」

ダイゴ「結局、僕が一番強くてカッコイイんだよね!
メタグロス、コメットパンチ!!」

メタグロス「」どがああん!

センリ「ぐは…!」

センリ「」どたり

ダイゴ「…強さを追い求めるのも程々にしておかないとね
本当の強さは心の強さ
力だけあっても意味ないよ
でも勘違いしてしまうんだなあ
だって人間だもの」

カガリ(やっぱりコイツは謎だ…)

ぱらぱら…

カガリ「!
まずいな、今ので天井が崩れてきた…
さっさと出るぞ」

――――――――――――――――――
どがあああああん!

カガリ「あぶねえ…」

レックウザ「きゅりきゅりしいい!」

カガリ「!
センリが死んだことでレックウザは復活したのか」

ダイゴ「惜しい人を亡くしたな…」

カガリ「ふ、大誤算ってか?」

ダイゴ「……ダイゴだけにね、くす」

ダイゴ「……」

ダイゴ(……センリさん、ご冥福を祈ります)

――――――――――――――――――
目覚めの祠


ニャース「行ってしまったニャ」

澪「うん…」

ニャース「これで良かったのかニャ?」

澪「うん…あの二人なら大丈夫な気がするんだ」

ニャース「ニャー、澪の考えることはわからないニャ」

澪ニャース「……」

澪「ニャース」

ニャース「澪」

澪「え?」

ニャース「ニャーも澪に一生ついていくニャ」ぼそ

澪「なに?」

ニャース「な、なんでもないニャ!
早く帰るニャ!」

澪「あ、うん…!」

ニャース「」たったった

澪「……」

澪「ありがとう、ニャース」

―最終章完―



エピローグ


ムロジム


澪「ハブりん、ポイズンテール!」

ハブりん「プッププ~!」ざっ

トウキ「ハリテヤマ、つっぱり!!」

ハリテヤマ「ハリテー!」

どがあああああん!!

ハリテヤマ「」ばたあん

ハリテヤマは倒れた

澪「や…やったあ!!」

ハブりん「プッププ~!」

トウキ「いや~負けたよ
強くなったね
はい、ナックルバッジだ」さっ

澪「ありがとうございます!」

ニャース「やったニャ、澪!」

澪「ああ!これで8個目だ!」

トウキ「お!もう揃えたのか?」

澪「はい!」

トウキ「んじゃあ……ホウエンリーグに行ってみたらどうだ?
チャンピオンのダイゴが引退して、新米チャンピオンが今いるらしいぞ」

澪「あ…行きたいです!
!?…って、ええ!?」

トウキ「?」

澪「ダイゴさんってチャンピオンだったんですか!?」

トウキ「ああ…そうだけど」

ニャース「ニャーは知ってたけどニャ」

澪「ええ!?」

――――――――――――――――――
ダイゴ「くしゅん!」

ダイゴ「風邪かな…」ずず…

ダイゴ「それとも、誰かが噂してるとか?」

ダイゴ「くしゅん!」

ダイゴ「……大好評だねダイゴだけに」くす

――――――――――――――――――
送り火山


カガリ「」かつかつ

ひょこっ

カガリ「!」

フヨウ「くる気配がしたけど、だあれ?」

フヨウ「!
カガリちん…」

カガリ「フヨウ、すまなかったね
私にもう一度チャンスをくれ」

フヨウ「え…?」

カガリ「」ばりばり!

フヨウ「あ…」

ばさあ!

カガリ「マグマ団はもうやめるよ
今日は遊びに来たんだ、友達の家にね」

フヨウ「…!」うるっ

フヨウ「カガリちん!!」がばっ

――――――――――――――――――
チャンピオンの部屋


???「んくく…
俺がチャンピオン候補に選ばれるとは…」

うぃーん

???「ん?挑戦者か?」

澪「よし、やっと着いた…」

ニャース「新チャンピオンって誰ニャ?」

???「……」

澪「ってミツルくん!?」

ニャース「オミャーだったのかニャ!」

ミツル「……そうです
僕が数々のトレーナーから選ばれたチャンピオンです」

澪「すごいな…」

ミツル「…ねえ、澪さん
これがどうゆうことか分かります?」

澪「え?」

ニャース「?」

ミツル「この俺様が!

世界で一番!

強いってことなんだよ!」

澪ニャース「」

――――――――――――――――――
ロゼリアは倒れた

澪「よし!」

ミツル「な、なんで…
リザードン一匹に……六匹全部…」

ニャース(相変わらずだニャー)

澪「み、ミツルくん…
このあとはどうすればいいのかな…?」

ミツル「あっちの部屋のコンピュータを使って殿堂入りすればいいんですよ」

澪「あ、ありがとう
じゃあ行くね」たたっ

ニャース「」たたっ

ミツル「……」

ミツル「うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

――――――――――――――――――
殿堂入りの部屋


ぴぴっ

澪「よし、これでこうして……っと」

=====================
カゲぴょん/リザードン♂

ハブりん/ハブネーク♂

ベロにゃん/ベロリンガ♂

サボみん/サボネア♂

ドっくん/ドクケイル♂

ルンたん/ポワルン♀

くらくら/ドククラゲ♀

トレーナー:秋山澪

殿堂入りおめでとう!!
=====================


――――――――――――――――――
数日後

澪「ん?」

ピジョット「ピジョットー!」ばさばさ

すっ

澪「手紙…?」

ピジョット「ピジョットー!」ばさばさ

ニャース「誰からニャ?」

澪「!
リラ師匠からだ!」

ニャース「読んでみようニャ」

澪「うん…
ええと」

澪「澪へ
ある用事があるんだ
今すぐジョウト地方に来てくれ
リラより
……だって」

ニャース「ある用事?」

澪「ん~、わかんないけど
とにかく行ってみよう」

ニャース「ニャー」

澪「……またママを待たせちゃうなぁ
悪いなぁ…」

ニャース「ママ…?」

澪「お、お母さんっ!!」

―――――――――――――――――――
ざっざっ


???「……これか」

???「ジーランス、ホエルオー!」ぽん!

ジーランス「……」

ホエルオー「……」

???「わたしたちわ
このあなで
くらしせいかつし
そしていきてきた

すべてわ
ぽけもんの
おかげだ

だが
わたしたちわ
あのぽけもんを
とじこめた

こわかったのだ

ゆーきある
ものよ

きぼーに
みちたものよ

とびらをあけよ

そこにえいえんの
ぽけもんがいる

さいしょにほえるおー
さいごにじーらんす

そしてすべてが
ひらかれる…!」

がちゃあん!

???「…ふ、レジアイス・レジロック・レジスチル
その三匹が揃えし時…
ふふふ…」

おわり