後編


ニャース「ニャー!」しゃき

アオギリ「!?」ざきざきざきざき

じゃきいいいん!!

アオギリ「ぐあ…」よろっ

澪「いいぞ、ニャース!」

ニャース「トドメニャー!」しゃきん

じゃきいいいん!!

ニャース「」たっ

澪「やったか…?」

ケーシィ「」ばたん

澪ニャース「!?」

アオギリ「くカカ、危ない危ない
ケーシィを盾にしなかったら負けてたよ」

澪「ポケモンを盾にするなんて!」

アオギリ「ポケモンをどう使おうがトレーナーの自由だろう」

澪「そんなのってない!」

アオギリ「くカカ…
貴様とはどこまでも意見が食い違うみたいだな」

澪「当たり前だ!お前が言ってることは無茶苦茶なんだ!」

アオギリ「…まぁ、私が真の目覚めをする時にはその口も何も言えないことになるだろう」ざっ

澪「どこ行くんだ!」

アオギリ「真の目覚めをしに…だ」かつかつ

澪「待て!」

アオギリ「」ぽん!

トドゼルガ「プオー!」

ハンテール「ハンテ!」

サクラビス「ビスビス!」

ホエルコ×3「ホエー!」

マリルリ「ルリ!」

澪「!!」

アオギリ「では」かつかつ

トドゼルガ「プオー!」だっ

澪「!?」

がきいいいいん!

ニャース「ぐニャ……」

澪「ニャース!?」

ぽぽぽぽぽぽん!

ハブりん「プッププ~!」

ベロにゃん「ベロ!」

サボみん「サボネ!」

ドっくん「ドクケー!」

ルンたん「るんたん♪」

くらくら「ドククラー!」

澪「!
どうしたんだ、勝手に出て来て…」

がきいいいいん!!

澪「!」

ニャース「ここはニャー達に任せて、行くニャ!」

澪「で、でも…」

ハブりん「プッププ~!」

ベロにゃん「ベロベロ!」

ルンたん「るん!」

ニャース「大丈夫ニャ!
ニャー達を信じてくれニャ!」

サボみん「サボネ!」

ドっくん「ドクケー!」

くらくら「ドククラー!」

澪「…わかった!ありがとう、みんな!」

ぽん!

カゲぴょん「カゲー!」

澪「カゲぴょん…!
よし、行くぞカゲぴょん!」

カゲぴょん「カゲー!」

――――――――――――――――――
目覚めの祠最深部


アオギリ「」かつかつ

シズク「総帥!」だだっ

アオギリ「!
シズクさん…
何しにきたんだ?」

シズク「ええ、総帥の手助けをしに…」

アオギリ「そんなものは必要ない」

シズク「!?」どがっ!

シズク「がはっ!」ばた

アオギリ「ふん…」たっ

アオギリ「くカカ…
祠よ……我に真の目覚めを…!!」ぴかあああああ!!

どくん!

アオギリ「クカカ…
終わりだ、この世界とはもう…
私が海の王になるときが来たのだ…!!」

アオギリ「クカカ…」ぎゅおおおおお

だっ

澪「カゲぴょん、かえんほうしゃ!」

カゲぴょん「」ぼわああああ!

アオギリ「!」ぼわああ…

澪「させないぞ!絶対にお前を止めてみせる!」

アオギリ「クカカ…真の目覚めは済んだ
もう止められない」ぎゅおおおおお

どがん!

カゲぴょん「カゲ!?」どさああ

澪「カゲぴょ…うぐ!?」どがん!

アオギリ「クカカ…」ぎりぎり…

澪「うう…」ぎり…

アオギリ「終わりだ…!」ぐぐ…

澪「うあ…」

カゲぴょん「カゲ…」

カゲぴょん「カゲーーーー!!」ごあああああああ!!!

どがん!!

アオギリ「ぐお!?」

澪「かはっ…!
助かったよ、カゲぴょん
ありが…」

カゲぴょん「」ぶるぶる

澪「カゲ…ぴょん?」

――――――――――――――――――
空の柱


センリ「はああ!!」どがっ

キュウコン「コーン!」ばしいん!

メタグロス「グロー!」びたあん!

カガリ「く……強い…!!」

センリ「お前らじゃあ、私には勝てん!」

カガリ「ちっ…」

カガリ「どうする?ダイゴ」

ダイゴ「……」

カガリ「…ダイゴ?」

ダイゴ「僕はダイゴ
ホウエンチャンピオン」

カガリ「……は?」

――――――――――――――――――
目覚めの祠


カゲぴょん「カゲ…!」ぴかあああああ

澪「まさか…」

きらあ!

カゲぴょん(リザードン)「があああ!」

アオギリ「進化…だと?」

澪「カゲぴょん…!」

カゲぴょん「があ!」

澪「よし、行け!カゲぴょん
かえんほうしゃ!」

カゲぴょん「」ごわああああ!!

アオギリ「クカカ」ぽん!

サメハダー「!?」

ヨルノズク「!?」

ぼわああああ!!

サメハダーヨルノズク「」ばた

澪「!!
お前、また…!」

アオギリ「クカカ…
貴様も同じだろう、自分のポケモン達をおいてきた…
これは立派にポケモンを利用しているな」

澪「それは、ニャース達を信頼してるから置いてきたんだ!
ニャース達なら、勝ってきてくれるって!」

ニャース「そうニャ!」

アオギリ「!」

澪「ニャース!」

ニャース「お前と澪を一緒にするなニャ!!」

アオギリ「クカカ…
まぁどうでもいいことだ
貴様らさえ倒せば、私は王になれる!!」ぎゅおおおおお

カゲぴょん「があああ!」どがん!

アオギリ「ぐあ!?」ぐら

ニャース「今ニャ!」

ハブりん「プッププ~!」

サボみん「サボネー!」

どがああああん!

アオギリ「ぐ……」よろ…

アオギリ「まだ…だ
まだ……」

どがん!

アオギリ「!?」ちら

ヨルノズク「ホー!」

アオギリ「何故だ…ヨルノズク、貴様主人に向かって……
がはっ!」ばた

澪「……」

アオギリ「うぐ…
まだ…だ……」ごぽっ

どさっ

アオギリ「この、藍色の珠があれば…」

サメハダー「サメハ!」がっ

しゅわん!

アオギリ「!?
サメハダー…!珠を無に帰すとはああ!!
ぐ……あ…」

澪「……」ざっざっ

澪「お前の負けだ、アオギリ!」

アオギリ「ぐ…何故だ…!絶対的な力を手に入れたのに…何故…」

澪「どんなに力を手に入れても、一人だけじゃ何もできない
ポケモン達を…仲間を信じた私が勝ったんだ」

アオギリ「ぐ……
ふ、負けました…
……どうしたんです?私に止めをさすなりすればいいじゃないですか」

澪「…お前はホウエンを危機にさらし、大罪を犯した
でも、まだやり直せる」

アオギリ「ふ…馬鹿な、仲間を…自分のポケモン達を……自分を慕っていた部下をも裏切った私に何を…」

澪「裏切ったことに悪く感じているなら大丈夫
誰にだって良心はある
根っからの悪人なんてこの世にはいないよ」

アオギリ「ふ、そうだとしても私を必要としてくれる人なんか…」

澪「そんなことない
あなたには今まで付き従ってくれた部下達やポケモン達がいた…
彼らはあなたの行為が悪いことだと知っていたはずだ
でも彼らはあなたを慕っていた
あなたを尊敬していたんだ」

アオギリ「……」

シズク「そう…ですよ……総帥」

アオギリ「!
シズクさん…」

シズク「私はあなたを尊敬していたから、あなたに慕っていた…
これからもその気持ちは変わりません」

アオギリ「ふ、私はあなたを裏切ったんですよ?」

シズク「愚問です総帥
あなたに何をされようと、私はあなたに従います
あなたに一生ついていきます」

アオギリ「シズクさん…」

シズク「それに…ポケモン達も」

アオギリ「!」

サメハダー「サメハ!」

ヨルノズク「ホー!」

ニャース「…こいつらは、昔のオミャーに戻ってほしかったんニャ」

アオギリ「……!」

澪「ね?あなたは必要とされている
こんなに慕われたり尊敬されるなんて、普通はないことだ
あなたには人望がある
…あなたならきっとやり直せる」

シズク「さあ、総帥」

アオギリ「……ふ、愚かな
私に改心などできませんよ」

澪ニャースシズク「……」

アオギリ「また世界を危機にさらすかもしれませんよ?」

澪「大丈夫、その時は………その時はまた私が止めに行きますから」

アオギリ「ふ……後悔しますよ
まだ海を増やすこと……諦めてませんから」

澪「……」

アオギリ「いきますよ、シズクさん!」

シズク「は、はい!総帥!」たたっ

シズク(いつもの総帥だ…)


21