中編


カントー地方


サキ「サカキ様、デオキシスのことなのですが…」

サカキ「なんだ?」

サキ「デオキシスとコンタクトできるようにした方がよいかと…」

サカキ「……分かった、私がなんとかしよう」

――――――――――――――――――
ルネシティ


アダン「まぁ、帰ってこないということは無事に行けたんでしょう」

ラン「だといいんですが…」

フウ「!!」ざっ

アダン「?」

ラン「どうしたのフウ」

フウ「何か来る…!」

アダン「!」

たっ

アオギリ「……」

ラン「青いバンダナ!」

フウ「アクア団か!
ここに何の用だ!」

アオギリ「くカカ…
貴様らに用はない
私が用があるのは祠だ」

ラン「祠?」

アダン「目覚めの祠のことですか?」

アオギリ「…そうだ」

アダン「いけません!
あの場所は特別な人間以外誰も近寄ってはいけない神聖な祠!
あなたのような不粋な輩が…」

アオギリ「……」かつかつ

アダン「ま、待ちなさい!」

アオギリ「」ぎろ

アダン「!」

アオギリ「邪魔だ!!」

アダン「!?」どがっ

びたああああん!

アダン「…ッ!」ばたり

ラン「アダンさん!」

フウ「お前よくも!
ソルロック!」ぽん!

ソルロック「ソル!」

アオギリ「ハイドロポンプ…!」さっ

ぶしゅうううううう!!

ソルロック「!?」

フウ「うわっ!!」

ラン「きゃあ!!」

どがああああん!

フウラン「」ばた

アオギリ「……」ざっ

アオギリ「……くカカ」かつかつ

――――――――――――――――――
澪「着いた、ルネシティ…!」

ニャース「ニャ!?」

アダン「」ぐた

フウラン「」

澪「そ、そんな…!」

ニャース「アイツニャ…!!」

澪「大丈夫ですか!?
アダンさん、フウさんランさん!」

アダン「ぐ…」

澪「アダンさん!」

アダン「……奴は、目覚めの祠に向かいました……
恐らく、真の目覚めをするつもりです……
真の目覚めをしたら、終わりだ…
頼れるのは、あなた達しかいない……
奴を…止めてくださ…」がく

澪「…!」

ニャース「澪…」

澪「許せない…」ぎり

澪「罪のない人達を傷つけて……私はアイツを許さない!」

ニャース「……止めに行こうニャ」

澪「ああ!これ以上被害を大きくさせるわけにはいかない!」

ニャース「よし、じゃあ目覚めの祠に…」

ばさっばさっ

澪ニャース「!」

???「ふ…見つけたぞ、ニャース」

ニャース「さ…サカキ様!?」

サカキ「」たっ

澪「誰なんだ?」

ニャース「ニャーの元主人なのニャ」

澪「!」

ニャース「……澪」

澪「なに?」

ニャース「先に行っててくれニャ
すぐに追いつくニャ」

澪「……わかった」たたっ

ニャース「……」

サカキ「ふ、ニャース
今の娘がお前の新しい主人か」

ニャース「……」

サカキ「ニドキング!」ぽん!

ニドキング「ニドー!!」

ニャース「…何をしにきたんですかニャ?」

サカキ「お前が必要になったんだ」

ニャース「!」

サカキ「…どうだ?
また私の下につく気はないか?」

ニャース「……!」

――――――――――――――――――
空の柱


センリ「くカカ…」

ダイゴ「センリさん、なぜ!?」

センリ「なにがだ?」

ダイゴ「なぜ悪に手を染めるんですか!?あなたはもっと強い人だったはずだ!」

センリ「ふ、強い人だったか……
いや私は弱かった
だが、今はレックウザの力を手に入れて私は最強になった…!
この力で世界を征服し、いずれは私だけの世界を創るのだ!!」

ダイゴ「そんなの間違っている!!」

センリ「ならば私を止めてみせるんだなあ!!」ばっ

がっ

ダイゴ「ぐっ!?」ぎぎ…

ダイゴ「ぐあ……」

センリ「チャンピオンと言っても所詮は人間…
生身では何もできまい」ぐぐ…

ダイゴ「が……!」ぎぎ…

???「キュウコン、かえんほうしゃ!!」

キュウコン「」ごわああああ!!

センリ「!!」さっ

ダイゴ「ごほっ、ごほっ…!」

???「…大丈夫かい?」

ダイゴ「!
君は…!」

センリ「誰だ!」

カガリ「私はカガリさ
故あってチャンピオン・ダイゴの助太刀をするよ」

センリ「……」

ダイゴ「ふ、助かったよ」たっ

カガリ「だらしないねぇ
それでもチャンピオンかよ?」

ダイゴ「ふふ、ヒーローが圧倒的に強くても面白くないんだよ」

カガリ「ふ…」

ダイゴ「何があったかは知らないけど、とりあえず今は一緒に戦ってくれるみたいだね」

カガリ「ああ」

センリ「……」

――――――――――――――――――
サカキ「どうした?ニャース」

ニャース「……ニャーは
もうあなたの下にはつけませんニャ」

サカキ「……ほう、なぜだ?」

ニャース「……」

サカキ「ふ、あの娘か…
だがあの娘にそんな価値はないと思うがな」

ニャース「そんなことないですニャ
澪はあなたとは違うニャ!
少なくとも澪はニャーを自分と同等の立場として接してくれるのニャ!
ポケモンを道具としか見てないあなたとは違うニャ!」

サカキ「言うようになったな、ニャース」

ニャース「……」

サカキ「だが、私に逆らったらどうなるか覚えているか?」

サカキ「海に落としたのも元はと言えば、お前が私に逆らったことが原因だ」

ニャース「…ミュウツーのことですかニャ」

サカキ「そうだ
お前がミュウツーを逃がしたことだ
どうやってやったかは知らないが、ミュウツーを暴れさせてな」

ニャース「……」

サカキ「まあ、そんなことはいい
大事なのは今だ」

サカキ「…もう一度だけ聞こう
ニャース、私の元へ帰ってくる気はn」

ニャース「ないニャ!」

サカキ「…ふ、そうか
ならば…力ずくで連れて帰ってやる!!
ニドキング!」

ニドキング「ニドー!!」だだっ

サカキ「また私の下僕になれ!ニャース!!」

ニドキング「ニドー!」だだだだだ

ニャース「」だっ

サカキ「!」

ニャース「つじぎり!!」がきいいいいん!

ニドキング「!?」ぐら…

ニャース「ニャーのマスターは澪だけニャ!!!」

ニドキング「」ばたん!

ニドキングは倒れた

サカキ「……!!
ふん、だが……ニドクイン!!」ぽん!

ニドクイン「ギャオー!」

サカキ「とっしんだ!!」

ニャース「!!」

ニドクイン「」だだだだだ

ニャース「ニャ…!!」

ニドクイン「ギャオー!!」だっ

???「ソーナンス、カウンター!!」

ソーナンス「ソーナンス!」ぎゅおお

ニドクイン「!?」どがん!

サカキ「!?」

ニャース「な、なんニャ…?」

ざっ

???「話聞いてたけど、感動したわ!」

???「くーっ!!
これがトレーナーとポケモンの絆かー!!」ぽろぽろ

ニャース「お、オミャーらは…ちゃりんこ暴走族の…!」

ムサシ「ムサシ!」

コジロウ「コジロウ!」

ニャース「にゃんでこんなところに…」

コジロウ「それはだな、海に落ちた時からずっと流されて…」

ムサシ「細かいことはいいのよ!
早く行きなさい!」

ニャース「ニャ…?」

ムサシ「ここは私達に任せろって言ってんのよ!」

ニャース「!」

コジロウ「早く行ってこい!マスターの所にな!」

ニャース「ニャ…
ありがとうニャ!!」だだっ

ムサシ「…ぃよし!」

コジロウ「さぁて…」

サカキ「……ふん、なんだお前達は?」

ムサシコジロウ「泣く子も黙る、ちゃりんこ暴走族!!」

ムサシ「あのニャースはなんかほっとけなくてね」

コジロウ「だから助太刀をするんだ!」

サカキ「……ニャースを逃がした罪は重いぞ」

コジロウ「へへーん、なんでも来いってんだ!」

ムサシ「そうよ!このソーナンスのカウンターがあれb」

サカキ「ニドクイン、破壊光線!」

ニドクイン「」きゅおお

ムサシコジロウ「え……」

どがあああああん!!

ムサシコジロウ「や、やな感じ~!!」

ソーナンス「ソーナンス!」ぎゅおお

ムサシ「って、今更カウンターしても遅いのよー!!」ぐいぐい

ソーナンス「ソー、ソーナンスぅ!」

コジロウ「……飛ばされたけど、ニャースが無事に行けて良かったなぁ」

ムサシ「まっ、結果オーライで!」

ムサシコジロウ「いい感じ~…!!」

ソーナンス「ソーナンス!!」

きらぁん☆

サカキ「…ふん、もういい
ニャースは諦めるか
デオキシスとは違うコンタクト方法があるだろう」ざっ

サカキ「クロバット!」ぽん!

クロバット「クロウ!」

ばさっばさっ

――――――――――――――――――
目覚めの祠


アオギリ「ここか…」

澪「アオギリ!」ざっ

アオギリ「!」

澪「……どうしてこんなことをするんだ」

アオギリ「こんなこと?」

澪「罪のない人を傷つけたりしてるじゃないか!」

アオギリ「ふん、そのことか
それは私の願望のためだ」

澪「…海を増やすってことか?」

アオギリ「そう
だが正確に言えばこの世界を海に沈め、海だけにすることだ」

澪「そんなこと許されると思ってるのか!?」

アオギリ「許可など必要ない
私は私の独断で願望を叶える
そのための犠牲は仕方がない」

澪「そんなわけないだろ!」

アオギリ「お前の同意も必要はない!」しゅっ

澪「!!」

アオギリ「滅べ!!」

澪「きゃ…!!」

じゃきいいいん!!

アオギリ「ぐっ!?」よろっ

ニャース「」たっ

ニャース「澪には指一本触れさせないのニャ!!」

澪「ニャース!」

ニャース「遅くなったニャ!!」

―最終章中編完―



20