16章


澪「…ジムリーダー?」

ラン「そう、私達二人で一人のジムリーダーなの
そして私達は珠の守護を担ってもいるのよ
ね?フウ」

フウ「そうだよ
でも少し目を離していたらこんなことになっているなんて…」

澪「そうだ…早くマグマ団を追いかけなきゃ!」

フウ「いや、やめておいた方がいい」

澪「…なんでですか?」

ラン「きっと、もう仲間と合流しているはずよ
それにあなたたちを行かせるわけにはいかないわ」

澪「?」

フウ「ソルロック!」ぽん!

ラン「ルナトーン!」ぽん!

ソルロック「ソル!」

ルナトーン「ルナー」

ニャース「ニャ?」

澪「あの……これは一体?」

ラン「まず、あなたの実力を知りたいの」

フウ「ダブルバトル…やってみようか!」

澪「え…えと」

―――――――――――――――――――
ホムラ「へへ、紅色の珠・藍色の珠…早く頭領にわたさねえとナ!」たった

???「」ざっ

ホムラ「!」ききっ

ホムラ「…お前はアクア団ノ…!?」

シズク「シズクです」

ホムラ「なんの用ダ!」

シズク「なんの用…?
ふ、私達アクア団に断りもせずに珠を採りにきておいてその言い草ですか?」

ホムラ「……」

シズク「…これは裏切りと見てよろしいのですかね」

ホムラ「い、いやこれはだナ……」

シズク「ペリッパー!」ぽん!

ペリッパー「ペリ!」

シズク「鋼の翼!」

かきん!

ホムラ「!?」ごふっ

ばたっ!

シズク「」こと…

シズク「ふふ…
やりましたよ総帥、珠は奪取しました……
…ふ、大丈夫ですよ
珠はあなたの頭領にもお渡ししますから」すっ

――――――――――――――――――
フウ「ソルロック、かえんほうしゃ!」

澪「カゲぴょん、こっちもかえんほうしゃ!
ドっくんは銀色の風!」

カゲぴょん「」ぼわあああああ!

ソルロック「!」

ドっくん「」ぶおおおお!

ソルロック「!?」くら

フウ「!
なかなかやるね!」

ラン「でもコンビネーションなら私達の右に出るものはいないわ!
ルナトーン、いたみわけ!」

ルナトーン「ルナー」

ソルロック「ソル!」しゃき

澪「今のは…?」

ニャース「いたみわけニャ
互いの体力を分け合う技なのニャ」

ラン「ダブルバトルだからこそできる技ってこと」

フウ「さあ、いくよ!
ソルロック、めいそう!」

ソルロック「……」きいいい

ラン「ルナトーン、いわなだれ!」

ルナトーン「」どががががが

カゲぴょんドっくん「!?」

どが!

カゲぴょん「カゲ…」ばた

カゲぴょんは倒れた

澪「カゲぴょん!」

フウ「ソルロック、サイコキネシス!」

ソルロック「」うぃぃぃん!

ドっくん「ドク…」くらり

ドっくんは倒れた

澪「あ…」

フウ「戻れ、ソルロック」しゅうう

ラン「戻って、ルナトーン」しゅうう

澪「ま…負けちゃった……」

ニャース「元気だすニャ
澪はよく戦ったニャ」

フウ「そのニャースのいうとおりだよ
なかなかいい戦いだった」

澪「あ…ありがとうございまひゅ!…あ///」

フウ「…………………………………ふう」

ラン「でも厳しいことを言うと、今のあなたの実力ではアクア団とマグマ団……ましてやカイオーガ・グラードンになんて敵わないわ」

澪「…うぅ」

ニャース「で、でも澪はジムバッジ5個を持ってる、カントーのジムも制覇したニャ
それに、これまでアクア団やマグマ団の幹部達を倒してきたニャ!実力の持ち主ニャ!」

ラン「でも、私達には負けちゃったのよね」

ニャース「ぐニャ…」

ラン「いいわ
私達あなたのこと頼まれてるから」

澪「私のことを?」

ラン「うん、あなたの実力を高めるようにね」

澪「……誰からですか?」

ラン「ん~、まぁそれは後で分かるわ」

澪「…そうですか」

ラン「じゃあ行きましょうか……ちょっと遠いけど」

澪「はい」

ニャース「ニャー」

フウ「……」

ラン「どうしたの、フウ?」

フウ「い、いやなんでもないんだ!!」

ラン「?」

―――――――――――――――――――
アオギリ「……出発まであと三日」

ホカゲ「そんなあるのかよ?」

アオギリ「色々と準備をしませんと」

マツブサ「そうだな…
特別起動部品も起動するのに時間がかかるしな」

アオギリ「それに…」

ざっ

シズク「ただいま戻りました
アオギリ総帥」

アオギリ「!
シズクさんですか」

ホカゲ(…あれは)

シズク「紅色の珠、藍色の珠です」

さっ

アオギリ「ご苦労ですシズクさん」がし

マツブサ「……」がし

アオギリ「…これが藍色の珠
ふふ、なんて美しい…」

マツブサ(…アクア団のコイツが珠を持ってきたってことはホムラはどうしたんだ?
それにカガリもいない…)

ホカゲ「……」

――――――――――――――――――
ルネシティ


ラン「着いたわ
彼があなたを強くしてくれるわ」

???「ボンジュール!澪」

澪「え?あ……ぼ、ぼんじゅ…る」

フウ「一応、日本人ですから」こそっ

澪「あ、そうなんだ…」

アダン「私はルネジムジムリーダー・アダンです、どうぞよろしく」

澪「あ…はい」

ラン「それでアダンさん
今日はこの子の修行を…」

アダン「オフコース!
分かっていますよ
ダイゴくんの依頼でしょう?」

澪「あ…ダイゴさんが…?」

アダン「ええ、何ヶ月か前ですがあなたを見かけたら修行してくれるようにと」

ニャース「確か初めてダイゴに会った時がそんなぐらいだったニャ」

澪「…もうそんなに立ってるのか…」

フウ「…………………………………ふう」

アダン「ふむ、まず手持ちのポケモンを見せてくれますか?」

澪「あ、はい
みんな出てきて!」ぽん!

カゲぴょん「カゲ!」

ハブりん「プッププ~!」

ベロにゃん「ベロ~ン!」

サボみん「サボネ!」

ドっくん「ドクケー!」

ルンたん「るんたん♪」

アダン「6体は持っているんですね」

澪「はい」

アダン「……炎、毒、無、草、毒・虫、無
まぁタイプバランスは戦術で補いましょうか」

アダン「故に、今からやる修行はタイプ相性が悪い相手と闘うというものをやりましょう」

澪「相性が悪い相手と?」

アダン「ええ、相性の悪い相手とやむを得ず闘うことになる場合もありますから
特にあなたの手持ちはタイプが偏っているものが多いので
そういうのは必要なんですよ」

澪「なるほど」

アダン「ふむ、私がヒトカゲの相手をするとして…ランがハブネーク・ドクケイル
フウがサボネア……」

アダン「……」

ラン「どうしたんですか?」

アダン「いや…ノーマルタイプの弱点をつける格闘タイプがいないと思ってね…」

ラン「……確かに、私達の専門外ですね」

アダン「どうしたものでしょうか…」

皆「う~ん…」

???「それなら俺に任せな!」

皆「!!」

ニャース「お、オミャーは…!」

澪「トウキさん!」

トウキ「よっ!久しぶりだね」

澪「はい!」

ニャース「でもにゃんでここに?」

トウキ「ああ、ちょっとここルネシティのジムの再建工事を手伝っててね
偶然君達を見かけたからね」

澪(そういえば師匠がボランティアとかなんとか言ってた…)

トウキ「事情は大体わかってるよ
君のポワルンとベロリンガの相手をすればいいんだよな?」

澪「そうです!」

ぱちぱちぱち

澪トウキ「!」

アダン「エクセレント!
格闘タイプ専門ジムリーダー・トウキさんがこんなところにいるとは…なんたる偶然!
…やはり、あなたがホウエンを救う選ばれたトレーナーのようだ!」

澪「え…?」

アダン「いや、私達はアクア団とマグマ団のことについては前から知っていたんです
そして、こうなることも…
これからアクア団マグマ団がホウエンを危機に脅かす…
全部未来予知で見ましてね」

ラン「エスパーポケモンの」

フウ「そして、その危機を救う人物が現れることも出ていた」

ラン「それが…」

アダン「あなたなんです、澪」

澪「わ、私が…?」

アダン「……まぁ深くは考えなくていいでしょう
今は強くなる、それだけを考えてください」

フウ・ラン「じゃあ修行、始めましょうか」

トウキ「よし、やるか!」

アダン「では修行開始です」

澪「はい!」

―――――――――――――――――――
トクサネ宇宙センター


カガリ「……」かちゃかちゃ

カガリ「……」

うぃぃん

カガリ「!
カイオーガ・グラードン以外に古代ポケモンが…?」かたかたかた

カガリ「レックウザ…そいつは空の柱にいる…?」

ぺらっ

カガリ「こっちの資料によると、つい最近からトウカジムジムリーダー・センリがレックウザを探している…」

ぴぴっ!

カガリ「!
衛星からの空の柱の生命反応……人間が、2つ!?」

カガリ「1つはセンリだとして
もう1つは……」

カガリ「空の柱にはここ何百年誰も近づいてないと聞いた…
このタイミングからして…
空の柱にいるのはやはりアイツだ…!」

カガリ「ちっ!」たっ

ぽん!

オオスバメ「スバー!」がし

ばさばさばさ…

―――――――――――――――――――
空の柱


ダイゴ「……」

ダイゴ「ん…ここは……?」

―16章完―



17