15章


がちゃ!

澪「……」

澪「…誰もいないのかな…?」

ニャース「ニャー、とりあえず中を調べてみようニャ」

がたっがたっ!

澪ニャース「!?」

がたっがたっ!

澪「な…なに……?」

ニャース「向こうの部屋ニャ」

たった

がちゃ

澪ニャース「!!」

???「んー!んー!」

澪「や、宿主さん!?
大丈夫ですか!」

ばりりっ

宿主「ごほっごほっ!」

宿主「あ…ありがとう
助かったよ…」

澪「いえ…
でも…」

ニャース「にゃんでこんにゃところに…?」

宿主「君達が消えたあと、あのアクア団総帥に捕まってね…」

澪「そうだったんですか…」

宿主「君達、アクア団を知っているみたいだね」

澪「はい
悪の組織みたいですね
この前も潜水艇を奪いにきてたり…」

宿主「!!
そうだ、そのことなんだ!」

澪「え…?」

宿主「アクア団の連中が言っていたんだ!」

澪「な、なにをですか…?」

宿主「それは…」ごすっ

だあああん!

宿主「がはっ!?」どがん!

澪ニャース「!?」

イズミ「あらあら、騒がしいと思ったら…」

ウシオ「こんなところで何をしてらっしゃるんですか?」

ニャース「お、オミャーら!!」

宿主「ぐ…」

澪「!!
……宿主さんをよくも…!」

ウシオ「ふ…
またお会いしましたね」

イズミ「あの時は油断してましたね」

ウシオ「おや?イズミさんもお負けに?」

イズミ「ええ、でもいいじゃないですか」

イズミ「これから仕返しをできるんですからねえ!」ぽん!

ハスブレロ「グァ!」ばっ

澪「!?
ハブりん!」

ハブりん「プッププ~!」

どが!

ハスブレロ「!?」どさあ!

ハブりん「プッププ~!」

イズミ「ふ…やはり、このままでは勝てませんか」

ウシオ「おや?また負けるのですか?」

イズミ「ふふ、まさか」すっ

澪「?
それは…?」

イズミ「水の石です!」

ぴかああああ!

ハスブレロ「!」ぶるぶる

かっ!

ルンパッパ「ルンパ!」

澪「進化した!?」

イズミ「道具を使って進化するポケモンもいるのですよ!
ルンパッパ、自然の力!」

ルンパッパ「ルンパ!」ばっ

うぃん!!

ハブりん「ハブッ!?」どがっ

澪「!?
大丈夫か、ハブりん!
今のは……?」

ニャース「トライアタックという技ニャ!」

澪「で、でもアイツはそんなこと言ってなかったぞ…?」

イズミ「自然の力…」

澪「?」

イズミ「その場所の自然環境によって出る技の種類が変わる技です」

澪「そんな技が…」

イズミ「……
あなたたち、聞いたところによると私達アクア団をあちこちで邪魔してるようじゃないですか」

ウシオ「私も邪魔をされた一人ですね」

イズミ「それって、どうしてなんですか?」

澪「…お前達の野望を阻止するためだ」

イズミ「野望?
……まあ私達アクア団の目的は海を増やすことですね
でもそれっていけないことでしょうか?」

澪「……」

イズミ「海は全てなのです」

澪「?」

イズミ「先程の自然の力も、ここホウエンの大自然も全て……母なる海が創ったのです」

イズミ「海は全てのエネルギー…
その海を増やすことは素晴らしいことですよ」

澪「……確かにそうかもしれない」

イズミ「でしょう?」

澪「でも、お前達がやっていることは間違ってる!
天気研究所を襲ったり、人を傷つけたり…
お前達はやっちゃいけないことをしてるんだ!」

イズミ「……
ふ、あなたが何と言おうと私達は何も思いませんけどね!
ウシオさん!」

ウシオ「はい
マリルリ!!」ぽん!

マリルリ「ルリィ!」

澪「!!」

ニャース「2体なんて卑怯ニャ!」

澪「……サボみん!」ぽん!

サボみん「サボネー!」

ニャース「澪!?」

澪「大丈夫だよ、ニャース」

ニャース「ニャー」

ウシオ「ふ、随分余裕ですね!
マリルリ、水鉄砲!」

マリルリ「」ぶしゃあああ!

澪「ハブりん、かえんほうしゃ!」

ハブりん「」ぼわあああああ!

ごあああああ!!

マリルリ「リルッ!?」どがっ!

マリルリは倒れた

ウシオ「なっ!?」

イズミ「!!
…ルンパッパ、ドレインパンチ!」

ルンパッパ「ルンパ!」だっ

澪「サボみん、ニードルアーム!」

サボみん「サボネー!」

どがあああん!!

ルンパッパ「」ばたっ

ルンパッパは倒れた

イズミ「こ…この娘…!」

ウシオ・イズミ「この前よりも強くなっている!?」

イズミ「く…
ここは撤退しましょう!
行きますよ、ウシオさん!」だっ

ウシオ「はいっ!
……ってうわっ!」こけっ

イズミ「もう!何やってるんですか!?
置いていきますよ!!」

ウシオ「ま、待ってくださ~い!」だっ

ニャース「待つニャ!」

澪「」さっ

ニャース「!」

澪「深追いはしなくていいよ
それに…」ざっ

澪「大丈夫ですか?宿主さん」

宿主「ああ……
奴らは?」

澪「もういませんよ」

宿主「そうか…」

澪「あ、あの…さっき言ってたことって…」

宿主「そう、それなんだよ
奴らアクア団はマグマ団と協力し、カイナの潜水艇を奪いに行ったんだ!」

澪ニャース「!?」

――――――――――――――――――――
カイナシティ
とある病院

???「」がばっ!

看護婦「きゃあ!?」

???「……」

看護婦「せ、先生!患者が…」たった

???「大丈夫ですか!?クスノキ館長!」

クスノキ「!
ツガ君か…
私は大丈夫だ」

ツガ「よかった…
心配してたんですよ、何日も起きなかったんですから」

クスノキ「何日も…?
……!」だっ

ツガ「!?
どこへ行くんですか!?」

クスノキ「造船所だ!!
君も付いてきてくれ!」

ツガ「ええ!?」

クスノキ「…嫌な予感がする」

―――――――――――――――――――
カイナ造船所

ホカゲ「あったぜ頭領、潜水艇」

マツブサ「おお!これがか!」

ホカゲ「だがどうやって持ってくんだ?」

アオギリ「私のケーシィのテレポートで港まで運びますよ」

マツブサ「お前のケーシィのテレポートは場所指定できたっけか?」

アオギリ「いえ、できませんがこの距離ならば大丈夫ですよ」

マツブサ「そうか
じゃあ頼んだぞ」

―――――――――――――――――――
がちゃ

クスノキ「はあはあ…」

ツガ「病み上がりで無理しないでくださいよ」

クスノキ「分かってる
だが今は…」がちゃん

クスノキ「!?」

ツガ「どうしたんですか?」

クスノキ「……潜水艇が…ない」

ツガ「な、なんと!?」

びぃぃん…

クスノキ・ツガ「!」

アオギリ『えー、聞こえますか?カイナの皆様』

クスノキ「…なんだ?」

アオギリ『私はとある組織、アクア団という組織の総帥をやっているアオギリと申します』

ツガ「アクア団…?」

アオギリ『それで突然ですが、クスノキ館長にお話があるんです
実は…』

クスノキ「」だだっ!

ツガ「ちょ、ちょっとどこへ行くんですか!?」

クスノキ「アクア団……悪の組織だと聞いたことがある!
よからぬことを考えているに違いない!
私が呼ばれているんだ、行かなくては!」だだっ

ツガ「ま、待ってください!僕も行きます!」


15