オオスバメ「スバッ」

ナギ「で、でも回避すれば問題ないんだぞ!」

澪「ドっくん、むしくい!」

ドっくん「……」がりがりがりがり

ナギ「?
地面にむしくいをやって、なにをしようとしてるんだぞ…?」

がりがりがりがりがりがりがりがり

しゅばっ!

ニャース(!
これは…)

澪「むしくい!」

ドっくん「……」しゅばっ

オオスバメ「!?」

ニャース(むしくい版あなをほる!!)

ナギ「かげぶんしんだぞ!」

ドっくん「!」がり…

オオスバメ「」しゅん!

澪「!
分身だったか」

ナギ「これであなをほるも恐くないぞ!」

澪「それはどうですかね?
ドっくん、もう一回……いや何回もあなをほる!!」

がりがりがりがり

しゅばっ!

ナギ「!
懲りないぞ!オオスバメ、かげぶんしん!」

しゅしゅしゅしゅ

―――――――――――――――――――
ナギ「はあはあ…」

澪「はあはあ……」

ナギ「いい加減あきらめたらどうだぞ!
何回やっても同じなんだぞ!」

澪「いや…
ドっくん、穴に潜れ!」

ドっくん「」ささっ

ナギ「だから無駄なんだぞ!」

澪「…これだけ何回もあなをほるをした意味はあります」

ナギ「……?」

澪「いとをはく!!」

しゅるるるる!!

ナギ「なっ!?
全ての穴から糸が!!」

澪「最初からこれを狙っていたんです!」

澪(カガリって人の戦術からヒントを得てね…)

しゅるるるる!

ナギ「く…避けきれな…」

しゅるるるる!

オオスバメ「スバッ!?」しゅる

ナギ「しまったぞ!」

澪「今だ!行けえ!!
むしくい!!」

ドっくん「……」しゅばっ

オオスバメ「す、スバッ…!」

がきいい!!

ドっくん「……」たっ

オオスバメ「」ばたっ

オオスバメは倒れた

ナギ「く…」

ニャース「澪、すごい戦術だったニャ!」

澪「ああ、ありがとう!」

ドっくん「エンジョインセル、エンジョインセル」

ナギ「虫タイプに負けるとは思わなかったぞ…
でも、次はそうはいかないぞ!」

澪「!」

ナギ「チルタリス!!」ぽん!

チルタリス「チルチルゥ!」

澪「ドっくん、気をつけて!」

ドっくん「……」

ナギ「かえんほうしゃ!」

澪「!?
穴に潜れ!」

ドっくん「」ささっ

ぼわあああああ!!

澪「!!
蜘蛛?の巣が全焼した…!」

ニャース「なんてパワーニャ!」

ナギ「へへん!
そんな虫タイプじゃ勝てないと思うぞ!」

澪「……ドっくん、一旦戻ってくれ」しゅうう

ニャース(まあ賢明にゃ判断だろうニャ)

澪「カゲぴょん!!」ぽん!

カゲぴょん「カゲ!」

ナギ「そんな空中戦もできないような蜥蜴じゃ勝てないぞ!」

ナギ「チルタリス、つばめがえしで撹乱させるんだぞ!」

チルタリス「」しゅばっ

カゲぴょん「カゲ!?」どがっ

ずさああ!

澪「カゲぴょん!」

カゲぴょん「カゲ…」ゆらり

澪「かえんほうしゃだ!」

カゲぴょん「カゲー!」ぼわあああああ!

チルタリス「」すらり

澪「!!
当たらない!」

ニャース(これじゃあ、ヒトカゲが不利だニャ!)

ナギ「決めるぞ、チルタリス!
れいとうビーム!!」

チルタリス「」ききききき!

カゲぴょん「!?」どがあん!

カゲぴょん「」ばたっ

カゲぴょんは倒れた

澪「カゲぴょん!」

カゲぴょん「カゲ…」

澪「大丈夫か?ごめん…休んでてくれ」しゅうう

ナギ「そっちはあとマユルドと一体…
最後の一体を出すしかないぞ!」

澪「……
いけ!ルンたん!」ぽん!

ルンたん「るんたん♪」

澪「ルーキーの力、見せてくれ!」

ナギ「少しは空中戦ができそうだぞ!
チルタリス、そらをとぶ!」

チルタリス「」ばささっ

澪「ルンたん、追いかけて!」

ルンたん「」びゅおっ

チルタリス「チルチルゥ!」

ルンたん「るんたん♪」

ナギ「チルタリス、つばさでうつ!」

どがん!

ルンたん「!?」

澪「ルンたん!大丈夫か!?」

ルンたん「るんたん♪」

澪「よし!ルンたん、霰!」

ルンたん「るんたん♪」かきかきかき

びゅおん

ナギ「!
姿が変わった!?」

ニャース「ポワルンは天候によって姿タイプが変わるのニャ!」

澪「そうなのか?」

ニャース「知らないでやったのかニャ!」

澪「い、いや!知ってたぞ?」

ナギ(霰だから今は氷タイプだぞ…?
まずいぞ…)

チルタリス「チル!?」がき

霰がチルタリスを襲う!

澪「ルンたん、ウェザーボール!」

ルンたん「るんたん♪」ごごご…

どぎゅん!

ナギ「!
避けるんだぞ、チルタリス!」

チルタリス「チルチルゥ!」さっ

ルンたん「!」

澪「避けられたか…」

ナギ「霰があっても余裕で避けられるんだぞ!」

澪「じゃあ、これならどうですか?
穴にウェザーボール!」

どぎゅん!

ぎぎぎぎぎぎぎぎん!

チルタリス「!?」だだだだだ!

ナギ「なっ!?穴から霰が!?」

澪「霰をやったのはこのためです!
もう一度ウェザーボール!」

どぎゅん!

ぎぎぎぎぎぎぎぎん!

チルタリス「チルチルゥ…!」ふらっ

ばたっ!

チルタリスは倒れた

ナギ「チルタリス!!」

澪「よし!二体目も倒したぞ!」

ニャース「すごいニャ、澪!」

ナギ「く…二度も同じ手にやられたんだぞ…」

ナギ「でもコイツは強いぞ!
エアームド!」ぽん!

エアームド「エアー!」

澪「!」

ニャース「エアームドは鋼タイプ!今のポワルンじゃ不利ニャ!」

澪「分かってる!
ルンたん、日本晴れ!」

ルンたん「るんたん♪」ぴかああ!

ナギ「そうくると思ったぞ!」

澪「え…」

ナギ「エアームド、いわなだれ!」

エアームド「エアー!!」どどどどど…

ルンたん「!?」

どがあああああん!!

ルンたん「るん……」ばた

ルンたんは倒れた

澪「る、ルンたん!」

ナギ「炎タイプ対策ならできてるんだぞ!
さあ、ラストバトルだぞ!」

澪「く……ルンたん戻ってくれ」しゅうう

澪「ドっくん、頼む!」ぽん!

ドっくん「……」

ナギ「そんな虫にエアームドが負けるはずがないんだぞ!
終わりだぞ、つばめがえし!」

エアームド「」きゅおおお!!

澪「鉄壁!」

ドっくん「」かきぃん

エアームド「エアー!」どがん!

ドっくん「!?」びたん!

澪「な……鉄壁が効かない!?」

ナギ「エアームドも同じ鉄だぞ!
鉄壁は通用しないぞ!」

澪「く……
じゃあ、穴に潜っt」

ナギ「させないぞ!
どろかけ!」

エアームド「」どろっどろっどろっ

ドっくん「!?」ききっ

澪「!!
穴が塞がれた!?」

ナギ「これでもう逃げ場ないぞ!
エアームド、つばめがえし!」

エアームド「」きゅおおお!

どがん!!

ドっくん「!!」どがっだだだだだだん!

ドっくん「…ッ!」ばたっ

澪「ドっくん!」たったった

ドっくん「……」

澪「…ごめんね、こんなになるまで苦手な飛行タイプと戦わせちゃって…」

ドっくん「……」

澪「私…いい指示できなくて……ごめんね…」

ドっくん「……」かっ!

澪「…!」

ぴかああああ!!

澪「!?
こ、これは…」

ニャース「進化…!」

しゅわっ!

ばさっばさっ

ドっくん(ドクケイル)「ドクケー!!」

澪「ドっくん…!」

ドっくん「ドクケー!」きっ

澪「…!!
よし、いけるな!ドっくん!」

ドっくん「ドクケー!!」

ナギ「し、進化したからって所詮は虫タイプ!こっちの勝利に揺らぎはないんだぞ!
エアームド!」

エアームド「エアー!!」

ドっくん「ドクケー!!」

澪「ドっくん、つばめがえし!」

ドっくん「ドクケー!」しゅっ

ナギ「エアームド、エアカッター!」

エアームド「」しゅばっしゅばっ

ドっくん「ドクケー!」しゅっ しゅっ しゅっ

ナギ「なっ!?速い!!」

ドっくん「ドクケー!」しゅっ

どがん!

エアームド「!?」

ナギ「エアームド、大丈夫なんだぞ!?」

エアームド「エアー!」

ナギ「よし、かげぶんしんだぞ!」

エアームド「」しゅしゅしゅしゅしゅしゅ

ナギ「これなら、いくら素早くても…」

ドっくん「」ぴぴっ

ドっくん「ドクケー!」どがん!

エアームド「!?」ひゅううう

ばたん!

エアームド「」

エアームドは倒れた

ナギ「なっ!?」

澪「!
なんで…」

ニャース「ドクケイルのあの触角はレーダーになっていたはずニャ」

澪「そうか!それで本物を…」

ドっくん「ドクケー!」

澪「すごいぞ、ドっくん!」

ナギ「うう~…完全に負けたぞ…
それじゃあ、はい
フェザーバッジだぞ」すっ

澪「ありがとうございます!」

―――――――――――――――――――
ニャース(澪がドクケイルについて何も言わなくてよかったニャ…)

澪「なあニャース」

ニャース「ニャ!?
な、な、なんなのニャ!?」

澪「?
いや、次はどこに行くのかな?って」

ニャース「次は……
ニャ!!」

澪「どうしたんだ?」

ニャース「…次の町はミナモシティなのニャ…!」

―――――――――――――――――――
カガリ「うぐ……」

カガリ「…はっ!」がばっ!

???「大丈夫?うなされてたみたいだけど~」じっ

カガリ「…誰だい?アンタ」

???「あらら~?急にあなたがここに倒れてたから私が看ててあげたのに~
恩人にアンタはないんじゃな~い?」

カガリ「……」

???「それに相手に名前を聞く前に自分から名乗るのはジョーシキだと思うケドな~」

カガリ「……私はカガリだ」

フヨウ「そう♪
私はフヨウだよ~」

カガリ「そうかい、それでここはどこなんだい?」

フヨウ「送り火山だよっ♪」

カガリ「……!」

―――――――――――――――――――
ホムラ「おっ!ここが送り火山カ!
まずはカガリの奴を捜さないとナ!」たったった

???「……」たっ

―――――――――――――――――――
マグマ団基地もといアクア団基地


イズミ「さあ、ウシオさん
私達はどうしましょうか?」

ウシオ「ふむ…
とりあえず総帥の指示が出るまでここに待機ですね」

イズミ「暇ですね~」

ウシオ「……」

ウシオ「そういえば、シズクさんを見かけませんね
どうしたんでしょう?」

イズミ「さあ…?」

―――――――――――――――――――
ニャース「よし、着いたニャ!
ミナモシティ!」

澪「アクア団やマグマ団がいないか…?」きょろきょろ

ニャース「そこらへんを探そうニャ!」

ニャース「…って、ニャ?
あの洞窟にあからさまにマグマのマークが…」

澪「本当だ…」

ニャース「奴らの基地かもしれないニャ!
行ってみるニャ!」

澪「ああ!」

―14章完―



14