14章


澪「天気研究所…?」

ニャース「声はここから聞こえたニャ」

澪「よし、入ろう!」がちゃがちゃ

澪「あれ!?どうしよう!鍵が掛かってる!」

ニャース「ニャーに任せるニャ!」しゃきん

かちゃかちゃ

がちゃん!

澪「開いた!」

ニャース「ざっとこんなもんニャ~」

澪「褒めていいのかが分からないな…」

ニャース「とにかく入ろうニャ!」

かちゃ

アクア団員「……」

澪「あ!アクア団!」

ニャース「橋の件からして、やっぱりオミャーらが関わってたのかニャ!」

アクア団員「……」かちゃ

澪「!
…サボみん!」かちゃ

ぽん!!

ズバット「キシャー!」

サボみん「サボネー!」

澪「サボみん、ニードルアーム!!」

サボみん「サーボ、ネー!」どがん!

ズバット「」ばた

アクア団員「!?」

澪「よし!」

ニャース「先を急ぐニャ!」

―――――――――――――――――――
だだだだ

澪「はあはあ…ここが最上階か?」

ニャース「ニャ!澪、あれを見るニャ!」

???「!」

ハスブレロ「」ぎりり

所長「うぐ…」

澪「!
やめろォ!!
ベロにゃん!ずつき!」ぽん!

ベロにゃん「ベロ~ン!」だっ

???「まったく…これからが楽しみでしたのに…
キバニア、ハイドロポンプ!」

キバニア「キバ!」ぶしゃあああ!

ベロにゃん「!?」どがん!

澪「ベロにゃん!」

???「勢いで突っ込んできても無駄ですよ」

澪「…く」

???「……」ちら

ニャース「……」

???「ふふ…どうやらあなたが総帥の言っていた娘らしいですわね
シズクさんやウシオさんを倒したのもあなた…」

???「ハスブレロ!」

ハスブレロ「グァ!」

所長「かはっ!ごほごほ…!」

澪「!
ニャース!」

ニャース「ニャ!」たたっ

ニャース「大丈夫かニャ?」

所長「あ、ああ…すまない……」

???「……」ちら

???「キバニア、ハスブレロ!」

キバニア「キバ!」

ハスブレロ「グァ!」

澪「……!」

イズミ「私はイズミです
やってみます?ダブルバトル」

澪「私は秋山澪
望むところだ!ドっくん、ベロにゃん頼むぞ!」

ベロにゃん「ベロ!」

ぽん!

ドっくん「ドックン!」

イズミ「キバニア、噛み付く!ハスブレロは種マシンガン!」

キバニア「」ぐわっぱ

ベロにゃん「!」

ハスブレロ「」ぷぷぷぷ

ドっくん「!」

澪「ベロにゃん、キバニアにまきつく!ドっくんはむしくいだ!」

ベロにゃん「ベロ~ン」しゅるる

キバニア「!?」

ドっくん「♪」ぱくぱく

イズミ「た、種マシンガンを食べてる!?」

澪「ドっくんは食べ盛りでね!
でもただ食べてるだけじゃない!ドっくん、いとをはく!」

しゅるるるる!

イズミ「なんですの?いとをはく程度…」

びしししし

ハスブレロ「!?」

イズミ「なっ!ダメージを喰らっている!?」

澪「いとをはくに種マシンガンを和えたのさ!」

イズミ「……なかなかやるようですわね…!
ですがこれはダブルバトル…ケムッソのパートナーのベロリンガの方も見ておかないとダメですよ」

澪「ベロにゃんはまきつくで…
!?」

ベロにゃん「べ、ベロ…」びりびり

キバニア「キバ!」

澪「な、なんでベロにゃんが攻撃してるのにベロにゃんの方が消耗してるんだ!?」

イズミ「鮫肌…」

澪「!」

イズミ「キバニアの特性ですよ
キバニアの体に触ったものはダメージを受けますの!」

澪「…!
そうだったのか…」

イズミ「さあ、ハスブレロ
そろそろベロリンガが可哀相ですし、すぐに終わらせてあげなさい!
ドレインパンチ!!」

ハスブレロ「グァ!!」だっ

澪「!!
ドっくん!ベロにゃんを守って!!」

ドっくん「ドックン!」さっ

イズミ「無駄ですよ!
返り討ちです!!」

ハスブレロ「」ぶん

澪「…ッ!」

ぴかっ!

ハスブレロ「!?」

イズミ「な、なんです!?」

澪「ド…っくん?
なんで、指示してないのにいとをはいて…」

しゅるるるる

ニャース「違うニャ!これは進化だニャ!」

澪「進化…?」

ぴきぴき…

ぴかあああ!

ドっくん(マユルド)「………」

澪「あ…」

ニャース(ああああああああああああああああああああああああああああああああ)

イズミ「ふん、進化しても変わらないですよ!
ハスブレロ!」

ハスブレロ「」ぶん!

澪「ま、まずい!」

ぴきいいっ!

ハスブレロ「!?」

イズミ「な、攻撃が通らない!?」

ニャース「鉄壁だニャ!」

澪「い、いいぞ!ドっくん!」

ドっくん「……」

イズミ「く…」

澪「ベロにゃん、たたきつける!」

ベロにゃん「」ぶん!

びたああん!

キバニア「」ばた

キバニアは倒れた

イズミ「!!」

澪「これで2対1だ!」

イズミ「まだまだです!
ハスブレロ、ハイドロポンプ!」

ハスブレロ「」ぶしゃあああ!

ベロにゃん「!?」

ベロにゃんは倒れた

澪「…!
ベロにゃん、戻ってくれ!」しゅうう

イズミ「そちらも1体のようですね
マユルドになら勝てますよ!
ハスブレロ、ドレインパンチ!」

澪「ドっくんを甘く見るな!
いとをはく!」

ドっくん「」しゅるるるる

ハスブレロ「!?」

澪「そのまま引き付けて、むしくい!」

しゅるるるる

ドっくん「がぶっ!」

ハスブレロ「!?」

ハスブレロ「」ばた

ハスブレロは倒れた

イズミ「な…
私が…負けた…!?
ありえないです!
く…覚えておきなさい!」だだっ

澪「……」

澪「か、勝った…」へたっ

ニャース「やったニャ!澪」

澪「ああ!
…そうだ、大丈夫ですか?」

所長「ああ、危なかったよ
助けてくれてありがとう」

澪「いえ
それであなたは?」

所長「この研究所の所長
あ…そうだ
助けてくれたお礼をしないとな」

澪「い、いえ…私は別に…」

所長「いやいや、受け取ってくれ
ポワルンだ」

澪「あ、ありがとうございます…」

所長「お礼を言うのはこっちだよ
ありがとう」

澪「い、いえ…」

ニャース「ニャ、所長さん」

所長「なんだい?」

ニャース「あっちの橋にアクア団がいて、通れにゃいんにゃがヒワマキシティに行くには違う道はにゃいかニャ?」

所長「……分からないけど、橋にいたアクア団はもういないんじゃないかな?さっきのやつも帰ったから」

ニャース「じゃあ、ヒワマキに行けるニャ」

澪「ああ!」

所長「お、もう行くのかい?気をつけてね」

澪「はい!」

―――――――――――――――――――
澪「あ、所長さんの言ったとおり橋が通れるようになってる!」

ニャース「よし、これでヒワマキに行けるニャ!」

ききぃ!

澪「!」

???「かも!」

ニャース「な、なんニャ?」

ハルカモ「私、ハルカモ!」

澪「ハルカm……えっ?」

ハルカモ「勝負かも!
カモネギ!」

澪「ええ!?
あ、えと…ハブりん!」

ハブりん「プッププ~!」

ハルカモ「カモネギ、いあいぎり!」

カモネギ「カモ!」ぶん!

ハブりん「!?」くら

澪「大丈夫か!?ハブりん!」

ハブりん「プッププ~!」しゅび

澪「よし、いやなおと!」

ハブりん「ぎぎぎぎぎぎぎぎ」

カモネギ「!?」

ハルカモ「カモ!?」

ニャース「ニャ!?やっぱりこれは効くニャ…」

澪「今だ!ポイズンテール!」

ハブりん「プッププ~!」

どがあああん!!

カモネギ「」ばた

カモネギは倒れた

ハルカモ「負けたかも!」

ニャース「いや、かもじゃないのニャ」

ハルカモ「あなた、強いかもかもねかも!
ヒワマキジムでも通用するかも!
でも、使うポケモンは決めておいた方がいいかも!
それじゃあ、また会えたらいいかも!」ちりんちりん

澪「……
なんだったんだ?」

ニャース(明らかに使い捨てだろうニャ)

―――――――――――――――――――
ヒワマキシティ


澪「ん~、どのポケモンで行くか…」

ニャース「ニャー」

澪「カゲぴょん、ハブりん、ベロにゃん、サボみん、ドっくん、そしてポワルン
……ん~、やっぱりジム戦初挑戦のドっくんとポワルン……ルンたんだな」

ニャース(さりげにゃく、命名した!)

澪「ドっくん、ルンたん頼んだぞ」

ルンたん「るんたん♪」

ドっくん「……」

澪「……ドっくん?」

ドっくん「イヤン、イヤンセル」

澪「……えっ」

ニャース(そこはイヤンルドでいけニャ)

澪「ド、ドっくん?」

ドっくん「イッテミタダケンセル」

澪「えっ」

ニャース(喋んな!)

―――――――――――――――――――
澪「よし、じゃあヒワマキジムに行こうk」

???「ひゃっほおお!!私は鳥になるのよおおお!!!」

ニャース「ニャ?」

澪「な、なに…?」

???「とぅ!」だっ

どかあああああん!!

ニャース「」

澪「!?
だ、大丈夫ですか!?」

???「いだだだだ
いや~、格好悪いとこ見られちゃったんだぞ~」だらだら

澪「いや、格好悪いってか血が出てますけど…
って血、いやあああああ!!」がくぶる

???「なんだぞ?
どうしたんだぞ?」がし

澪「ひゃあああああああ!!」

???「?」

ニャース「とりあえず、血を拭けニャ
話が進まないニャ」

―――――――――――――――――――
ナギ「私はナギなんだぞ!
こう見えてもジムリーダーなんだぞ!」

澪「そうなんですか
……ってジムリーダー!?」

ナギ「そうなんだぞ!」

澪「あの、私ジムに挑戦したいと思ってて」

ナギ「!
なら、私について来るんだぞ!
すぐにジム戦なんだぞ!」

澪「はい!」

――――――――――――――――――――
ナギ「バトル形式は3対3の交替戦だぞ!
それではバトルスタートなんだぞ!
オオスバメ、行くんだぞ!」ぽん!

オオスバメ「スバスバー!」

澪「ドっくん、頼む!」ぽん!

ドっくん「……」

ナギ「?
鳥に虫とは舐めてるんだぞ?」

澪「……」

ニャース(いにゃ…ニャーはもう驚かないニャ
ニャーは知ってるニャ
澪の戦術は相性なんか覆す!!)

ナギ「オオスバメ、電光石火!」

オオスバメ「」しゅばっ

澪「ドっくん、かたくなる!」

ドっくん「……」しゃきん

どがん!

オオスバメ「スバッ!」ばささっ

ドっくん「……」

ナギ「防御は固いみたいだぞ!
でも、防御だけじゃ勝てないぞ!」

澪「わかってますよ!
ドっくん、まわりにいとをはくを乱射!!」

ドっくん「……」しゅるるるる

オオスバメ「スバッ!」さっ

ナギ「やみくもに撃っても意味ないんだぞ!」

ニャース「いにゃ、違うニャ」

しゅるるるる

ナギ「!!
蜘蛛の巣状に!?」


13