13章


澪「よし、ドっくん行こう!」

ドっくん「ドックン!」

澪「~♪」

ニャース「だいぶ気に入ったようだニャ」

澪「ああ!
ドっくんは幼虫みたいだし、綺麗な蝶に進化すると思うんだ!」

ニャース「いにゃ、違う場合も……いや、なんでもないニャ」

澪「?」

ニャース(にゃーんか、こんなことが前にも一度会った気がするニャー)

――――――――――――――――――――
ホカゲ「ここか、フエンジム」ざっざっ

うぃーん

???「はーい、挑戦者の方ですかー?」

ホカゲ「ジムリーダーのアスナだな?」

アスナ「え?はい、そうですけど」

ホカゲ「俺はホカゲ
挑戦者じゃないがアンタに用があってきたんだ」

アスナ「?」

――――――――――――――――――――
ニャース「この先がフエンタウンニャ」

澪「急ごう!」たった

ニャース「ま、待つにゃあ!」たった

――――――――――――――――――――
うぃーん

澪「お邪魔しま~す」

しーん

ニャース「誰もいないニャ?」

澪「す、すみませ~ん…」

おじいさん「はい?」

澪「うわぅ!?」

ニャース「ニャ!
人いるじゃにゃあか」

おじいさん「何か用かね?
ジムリーダーなら今はいないが」

澪「そうなんですか?」

おじいさん「ああ、煙突山に出掛けておる」

澪「じゃあ…直接行きます!
それで、煙突山ってどこですか?」

おじいさん「この先のデコボコ山道を抜ければ煙突山じゃよ」

澪「ありがとうございまひゅ!……あ///」

おじいさん「ほほ、まぁアスナに会ったらよろしく頼むよ」

ニャース「アスナ?」

おじいさん「ジムリーダーの名前じゃよ」

ニャース「ニャー」

澪「それじゃあ、私達は行きますね」

おじいさん「おお、またな」

――――――――――――――――――――
煙突山

澪「っと、着いたみたいだけど…ジムリーダーらしき人はいないな」

ニャース「というより人なんていないのニャ
ここは活火山らしいからニャ」

澪「ひぇ!?じゃ、じゃあ噴火とかするかもしれないじゃないか!」

ニャース「そんな急に起こったりしないのニャ…
それに最近はマグマの熱の温度が低くなってるみたいだしニャ」

澪「そ…そうなのか」

ニャース「とりあえず探しに…ニャ?
あっちの方で炎が…
行ってみようニャ!」

澪「う、うん!」

―――――――――――――――――――
ホカゲ「マグカルゴ、かえんほうしゃ!」

マグカルゴ「」ごあああああ

ホカゲ「ほら、アンタも!」

アスナ「あ、はい!
ロコン、かえんほうしゃ!」

ロコン「」ぼわああああああ

ホカゲ「けっ、まだまだだな
やっぱりこれを入れるしか…」

ざっ

ホカゲ「ん?」

澪「あ…」

ニャース「マグマ団!!」

ホカゲ「!」

ホカゲ(ミナモの奴らか…)

ニャース「こんな火山でにゃにしてるのニャ!」

ホカゲ「世のためになることさ」

ニャース「オミャー達悪党のすることが世のためになるはずにゃいのニャ!」

アスナ(悪党…?)

ホカゲ「ふん、そいつはどうかな?
この煙突山を活発化させて大地にエネルギーを送り込む…このホウエンもそのおかげでいっそう自然に活気が溢れるんだぜ?
実にいいことじゃないか」

澪「そんなことしちゃダメなんだ!
自然は私達人間が手を出しちゃいけない!」

ホカゲ「ふ、自然の一部であるポケモンを使ってる奴がよく言うよ」

澪「…!!」

ホカゲ「お前らポケモントレーナーも俺達と同じだ
だが俺達は自然のために自然に手を出すんだ
トレーナーはポケモンをいいように使ってるだけ……違うか?」

澪「そ、それは……」

ニャース「違うニャ!」

澪ホカゲ「!」

ニャース「オミャーらマグマ団は自分達の野望のためにやっているだけニャ!全然自然のためなんかじゃにゃい!
その点、トレーナーは違うのニャ!
確かにバトルにゃらでいいように使ってるかもしれないニャ
にゃが、それはポケモン達も望んで一緒にいるからなのニャ!
トレーナーがポケモンを必要としてるようにポケモンもトレーナーを必要しているのニャ!
……少なくともニャーは澪と一緒にいたいからいるのニャ!!」

澪「ニャース…」

ホカゲ「けっ、じゃあアンタはどう思うんだ?」

アスナ「えっ…私…?」

ホカゲ「ああ、アンタは煙突山を活発化させる側とトレーナー側についてるからな
アンタの意見を聞きたいんだが」

アスナ「わ、私は煙突山を活発化させて私の町…フエンタウンを賑やかにさせたいから…あなたに協力しただけだけど…」

澪「私の町…って?」

アスナ「うん、私はフエンジムジムリーダーなんだ」

澪「!!
じゃあ、あなたがアスナさん…!」

アスナ「うん
でもなんd」

にやり

ホカゲ「オオスバメェ!!」ばささっ

ニャース「ニャ!アイツ…!」

ホカゲ「へっ!ジムリーダーさんよ、気を逸らしてくれてありがとうよ!
おかげでうまくいくぜ!
そらよ!」ぶん!

ぽちゃんっ

ごぷっごぷっ…

アスナ「!?
な、なんだ…?
火山が……」

ニャース「にゃにをしたニャ!?」

ホカゲ「とある隕石、グラン・メテオっつうやつのカケラをいれたのさ
グラン・メテオにはとんでもなく強大な自然エネルギーが詰まっててな
カケラだけでも強力だぜ?もうすぐ噴火するだろうなぁ
ジムリーダーさん、よかったな?これで煙突山も活発になるだろうよ
んじゃあな」ばささっ

ニャース「くそぉ!待つニャー!!」

澪「落ち着け、ニャース!まずはここから離れないと…」

ニャース「ぐニャ……分かったニャ」

澪「アスナさんも!」

アスナ「う、うん!」

――――――――――――――――――――
たったった

澪「はあ…はあ…こ、ここまで来れば……」

アスナ「く…くそぉ!」

澪ニャース「!」

アスナ「私…ホカゲって奴に煙突山を活発化させたら今よりフエンタウンが活気ある町になるって言われて協力しちまったんだ…」

アスナ「アイツの思惑通りに…
く……こんな簡単に騙されて…
私、ジムリーダー失格だ…!」ぎりっ

澪「アスナさん…」

どがあああん!!

澪アスナ「!?」

ニャース「ふ、噴火が始まったのニャ!!」

アスナ「ふ、フエンが!!」

がしっ

アスナ「!」

澪「行きましょう!
あなたの町でしょう?早く町の人達を助けないと!」

アスナ「……ああ!」だっ

――――――――――――――――――――
どがあああん!!

わーわー! キャーキャー!

ニャース「こ、これは…」

澪「思っていたよりひどいな…
よし、ベロにゃん!ハブりん!ドっくん!」ぽん!

ベロにゃん「ベロ~ン!」

ハブりん「プッププ~!」

ドっくん「ドックン!」

澪「ベロにゃんとハブりんは町の人達を安全なところへ運んでくれ!
ドっくんは糸を吐くを包帯がわりにして、怪我をした人の手当を頼む!」

ベロにゃんハブりんドっくん「」こく

澪「ニャースは避難の誘導を頼むぞ!」

ニャース「任せるニャ!」

澪「さあ、アスナさんも!」

アスナ「え…私は何をすれば」

澪「消火をお願いします!私も手伝います!」

アスナ「……よし!火の扱いなら慣れてるよ!
任しといて!」

澪「はい!」

―――――――――――――――――――
どがっ

町の人「ぐあ!?」ばきっ

町の人「いててて!!」

ドっくん「ドックン!」しゅるるるる


ニャース「こっちニャ!こっちニャ!」

ベロにゃん「ベロ~ン!」のしのし

ハブりん「プッププ~!」のそのそ


アスナ「ロコン、封印!」

ロコン「コン!」うぃん!

しゅうう…

澪「サボみん、エナジーボール!」

サボみん「サボネー!」どぴゅん!

じゅわあああ…

――――――――――――――――――――
数時間後


澪「はあはあ…」

アスナ「はあはあ…」

ニャース「澪ー!町の人達はみんな避難させたニャ!
そっちは終わったかニャー!?」

澪「ニャース!
ありがとう、こっちも火は消えたよ」

ニャース「よかったニャー」

澪「みんなもよくやってくれた
戻っててくれ」しゅうう

アスナ「ロコンもありがとうね」

ロコン「コン!」

ニャース「噴火も終わったようにゃし、一安心だニャ」

澪「アスナさん」

アスナ「ん?」

澪「アスナさんはジムリーダー失格じゃないです
最初はどうあれ、結果的に町を守ったんです
あなたは立派なジムリーダーですよ」

アスナ「…!」

澪「ね?」

アスナ「……へへ」ぐす

アスナ「うん!」

――――――――――――――――――――
アスナ「ありがとうね、色々と」

澪「あ、そのジム戦を…」

アスナ「ノンノン」

澪「え?」

アスナ「はい」さっ

澪「えっ…ジムバッジ…
いや、でも…」

アスナ「感謝の印にさ
それに、あなたのポケモンさばき見せてもらって実力があるって分かったし
だから受け取ってくれ」

澪「じゃ、じゃあ…
ありがとうございます!」

ニャース「これで4個目だニャ!」

澪「ああ!」

アスナ「ふふ
じゃあ頑張ってね」

澪「はい!」

アスナ「感謝の印にさ
それに、あなたのポケモンさばき見せてもらって実力があるって分かったし
だから受け取ってくれ」

澪「じゃ、じゃあ…
ありがとうございます!」

ニャース「これで4個目だニャ!」

澪「ああ!」

アスナ「ふふ
じゃあ頑張ってね」

澪「はい!」

――――――――――――――――――――
ばささっ

ホカゲ「……」たっ

マツブサ「やっと帰ったかホカゲ」

ホカゲ「なんだ頭領、出迎えとは珍しいな」

マツブサ「ふ、緊急事態なわけよ」

ホカゲ「どうしたよ?」

マツブサ「まあ、ポケナビを見てみろって」

ホカゲ「……」かちゃ

ホカゲ「!!
こいつぁ…」

マツブサ「ああ、アオギリのやつがな」

ホカゲ「アオギリの奴もついに化けの皮を剥がしやがったか」

マツブサ「珠はカガリに任せるとして、お前と俺で潜水艇を奪いにいくぞ
もちろんアオギリもいるけどな」

ホカゲ「ホムラはどうすんだよ」

マツブサ「アイツは念のためカガリのとこに行かせた」

ホカゲ「そうか
…そうだ頭領、煙突山は噴火させたからな」

マツブサ「よくやった
これで大地のエネルギーが膨張するぜ」

ホカゲ「ま、そのせいで遅れたわけだ」

マツブサ「ならしょうがないぜ
……んじゃカイナに行くぞ」

ホカゲ「おう」

―――――――――――――――――――
キンセツシティ


澪「それで、なんでキンセツシティに戻ってきたんだ?」

ニャース「次の町、ヒワマキシティがここからしか行けないのニャ」

澪「そうなのか」

ニャース「じゃあ行くかニャ
そうニャ、波乗りをしていくからニャ」

澪「うん、わかった
ベロにゃん!」

―――――――――――――――――――
天気研究所

???「さあ所長、ポワルンを渡しなさい!」

所長「だ、ダメだ!
コイツはこの研究所にあってはならn」

???「うるさいのですよ!
私が欲しいんだと言うんだから、素直に渡しなさい!」

所長「ダメだと言っているだろう!」

???「ふん、往生際が悪いですわね
なら奪ってみせますわ!!
ハスブレロ!!」

ハスブレロ「グァ!!」

所長「うわああ!!」

――――――――――――――――――――
ニャース「ニャー!?アクア団、オミャーらはなんなのニャ!
橋の通せん坊をして!!」

アクア団員「……」

澪「ダメだ、ニャース
聞いていないぞ」

ニャース「にゃうう……
これじゃあ、ヒワマキシティに行けないのニャ!」

澪「うーん、どうすれば……」

「うわああああああ!!」

澪ニャース「!?」

ニャース「叫び声だニャ!」

澪「あっちの方だ!行ってみよう!」

―13章完―



12