12章


マグマ団基地資料室


ダイゴ「………」

ダイゴ(ふむ、やはり奴らは伝説のポケモンを…
しかし、なぜミナモにマグマ団の基地が…?
澪くん達はアクア団の総帥を見たと言っていた…まさか!
………僕の考えすぎか?)
がさがさ

ダイゴ「!
この本は……
『藍色の珠・紅色の珠』……
そうか…!奴らはこれで…」

どがん!

ダイゴ「!!」

カガリ「下っ端どもが騒いでると思ったら…
こんなところで何してるんだい?」

ダイゴ「君は…?」

カガリ「カガリさ
マグマ団三幹部の一人」

ダイゴ「…マグカルゴを使っていたマグマ団員も幹部なのかい?」

カガリ「ホカゲのことか…
アイツはスパイというか、私達を邪魔する奴がいないか調べる係りだけど、一応幹部だね」

ダイゴ「第五列ということか、ダイゴだけに
まぁ、ダイゴは僕だけど」くす

カガリ「つーかあんた、ホカゲと戦ったのかい?」

ダイゴ「ああ、僕が勝ったけどね
余裕のよっちゃんイカだったよ」

カガリ「んで、ホカゲがどこに行ったかわからないかい?」

ダイゴ「知らないな
彼なら逃げていったけど」

カガリ「そうかい、まぁ私には関係ないことだけど」

ダイゴ「なら、見逃してくれないか?
僕は急いでいるんだ」

カガリ「そうはいかないねえ
私もマグマ団の端くれだからね」

ダイゴ「そうか
なら、しょうがないね
ボスゴドラ!」ぽん!

ボスゴドラ「ガオー!」

カガリ「ふん、キュウコン!」ぽん!

キュウコン「コーン!」

ダイゴ「…いいのかい?僕はホウエンチャンピオン、敵わないと思うけど?」

カガリ「ナメた口きいてくれるね、面白いじゃないか!上等だ!
キュウコン、かえんほうしゃ!」ぼわああああああ!

ダイゴ「ボスゴドラ、大文字!!」ごあああああ!!

???「サメハダー、無に帰しなさい」

サメハダー「サメハッ!」かっ!

しゅん!

カガリ・ダイゴ「!?」

???「よくやりましたよ、サメハダー」

カガリ「!
アオギリお前なんで…」

アオギリ「ふふ、そんな風に資料室で暴れられると困るんですよ」

ダイゴ「なんでアクア団の総帥がここに…」

アオギリ「それは、あなたの推理が正しいですよ
私達アクア団と、マグマ団は手を組んでいるという推理がね」

ダイゴ「な…!なんで僕の推理を知って…」

アオギリ「ヨルノズク!」

ヨルノズク「クルー」

ダイゴ「!」

アオギリ「私のヨルノズクは人の心を読むことができるんです」

ダイゴ「心を…!?」

カガリ「それよりアオギリ、なんの用だよ
資料室で暴れるなとかは口j」

アオギリ「だから私のヨルノズクは人の心を読むことができると言ったじゃないですか」

カガリ「!!」

アオギリ「ふ…」

アオギリ「あなたたちは厄介ですから、とりあえず消えてもらいましょうか」

アオギリ「ケーシィ、テレポート」

ダイゴ「!!
しまっ…」

カガリ「!?」

しゅわん!

アオギリ「ふ…
カガリめ、私達を手駒にしようと…
ふふ、すでに遅いですよ……すでにね」かつかつ

―――――――――――――――――――――
ホカゲ「ふう、まったくダイゴ?っつうのはなんて奴だよ強ぇのなんのって
基地に戻ろうとしたが、まぁやめといたぜ
ちょっと俺は俺ですることがあるんでね
…マグマ団の仕事がよ」

たっ

ホカゲ「とりあえず、火山活動の活発化…だな」

―――――――――――――――――――――
澪「よし、ニャース!張り切って行くぞ!」

ニャース「元気だニャー」

澪「あったりまえだろ!
私は本当に強くならなきゃって実感したから!」

ニャース「そうかニャ」

澪「ニャース、次はどこに行けばいいんだ?」

ニャース「キンセツシティまで戻って、北に進んでフエンタウンというところに向かうニャ」

澪「ジムもあるのか?」

ニャース「あるニャ」

澪「よし、4個目のバッジだ!頑張るぞお!」

―――――――――――――――――――――
キンセツシティ


澪「やっと着いたな!
よし、早速フエンタウンに……」

???「待ってくれえい!」

澪ニャース「!」

澪「テッセンさん!
どうしたんですか?」

テッセン「ああ、実は君達に頼みがあっての…」

―――――――――――――――――――――
澪「騒音?」

テッセン「ああ、なにかサイクリングロードに暴走族がいてな
夜になっても自転車の音がうるさくての…
その騒音をやめさせるように言ってほしいんじゃ」

澪「それって…」

ニャース「ニャー」こく

―――――――――――――――――――――
ちりんちりん!ちりんちりん!ちりんちりん!

澪「あ、いた…」

ニャース「オミャー達!」

暴走族員達「あぁ?」

ニャース「ちりんちりんちりんちりんうるさいのニャ!
他への迷惑を考えるのニャ!」

暴走族員2「あぁ?なんだてめえ、そんなん俺らの勝手だろぉが」

暴走族員1「まてまて
こいつらって前の…」

暴走族員2「げ!ホントじゃん!」

暴走族員1「じゃあ俺、ムサシさんとコジロウさんを…」

???「その必要はない」

暴走族員達「!!」

暴走族員1「コジロウさん!」

???「話は聞いてたわよ」

暴走族員2「ムサシさん!」

コジロウ「つまり、自転車で暴走するのをやめろってことだろ?」

ニャース「そうニャ」

ムサシ「でもそれは無理ね」

コジロウ「ああ、お前になにか思うことがあってもそれは聞けない」

ニャース「!」

コジロウ「」かちゃ

澪「や、やる気か…?」

コジロウ「ウツボット!!」ぽん!

ウツボット「ギヤー!!」ざっ

コジロウ「げ!」

がぷり

コジロウ「や、やめろ~!ウツボット!敵はあっちだ~!」ばたばた

ムサシ「ってなんで私まで噛まれてんのよ!」ばたばた

ムサシ「…って」ばたばた

コジロウ「え?足元になにもな…」

ひゅううう!!

ムサシ「ええ!?これ落ちてる!?」

コジロウ「なにも見えない~!!」

ばしゃああああん!!

ムサシコジロウ「やな感じ~!!!!」

ニャース「……海に落ちたニャ」

澪「なんだったんだ?というか大丈夫なのか…?」

ニャース「にゃー、それはいいとして」しゃきん

暴走族員達「ひえっ!?」

ニャース「とりあえず、こいつらを…」

暴走族員達「に、逃げろ~!!」だだだだだだ

ニャース「……」

澪「ま、まあ一件落着…かな?」

ニャース「ニャー」

――――――――――――――――――――
テッセン「おお!よくやってくれた!
お礼をしないとな…」

澪「あ、いいですよ
大したことはしてないですし」

テッセン「いやいや、それではわしの気がすまん!
ええと、これじゃ
受け取ってくれ」さっ

澪「……なんですかこれ?」

テッセン「ケムッソじゃ!きっと君の役に立つと思うぞ!」

ニャース(いらねえ!!)

澪「……」


リラ『きっと役に立つと思う』


澪「!!
ありがとうございます!
絶対役に立つと思います!サボみんみたいに!」

ニャース「にゃぜ、サボネア!?」

――――――――――――――――――――
澪「よし、行こうかニャース」

ニャース「にゃあ、澪
さっきのケムッソの話にゃが…」

澪「ああ、ニックネームのことか?」

ニャース(ちげえ!)

澪「どうしようかな…」

ケムッソ「……」

澪「……」

ケムッソ「ドックン!!」

澪「!」びくっ

澪「な、なんか顔に似合わず凄い鳴き声だな……
!!
よし、お前はドっくんだ!」

ドっくん「ドックン!」

澪「ふふ、可愛いな♪
って糸を吐くなよ~、髪につくだろ~?」

いちゃいちゃ

ニャース「……」

ニャース(どうにゃることやら…)

―12章完―



11