8章


澪「お邪魔しま~す」

かちゃ

どんどんぱふぱふ!

澪「きゃあ!」

ニャース「な、なんにゃ?」

???「はっはっは!、驚いただろう
わしはいつも挑戦者はこうやって迎えるんじゃ」

澪「え、じゃああなたが…」

テッセン「ああ、そうじゃ!わしがキンセツジムジムリーダー・テッセンじゃ!」

澪「なら、早速バトルを」

テッセン「ああ、望むところじゃよ」

――――――――――――――――――――――
テッセン「試合形式は3対3の交代戦じゃ!
ではバトルスタートじゃ!」

澪「よし、頼むぞ!
サボみん!」ぽん!

サボみん「サボ!」

テッセン「行け!マルマイン!」ぽん!

マルマイン「シュゴー」

澪「サボみん、ニードルアーム!」

サボみん「サボネー!」

テッセン「マルマイン、スパークじゃ!」

どがあああん!

サボみん「サボ!」しゅた

マルマイン「シュゴー!」すたん

テッセン「わしのマルマインのスパークを受け止めるとは、なかなかなサボネアじゃの
ならこれはどうじゃ?10まんボルト!」

ぴしゃん!

サボみん「」どがん!

テッセン「どうじゃ!強烈じゃろ?もうサボネアは戦闘不n」

澪「ミサイルばり!!」

サボみん「サボネー!」ぴしゃしゃしゃ!

テッセン「な!?」

マルマイン「!?」

マルマインは倒れた

テッセン「な、何故じゃ!?あれだけの攻撃を受けて…」

澪「…ねをはるです」

テッセン「!
なるほど……ねをはることで電気を地面に送っていたからダメージを受けなかったのか」

澪「そうです」

ニャース「いいニャいいニャ!ナイスなのニャ!!」

テッセン「並大抵のトレーナーではないということか
甘く見ておったわい」

テッセン「じゃが、ねをはるの突破口は開けた!
エレキッド!」ぽん!

エレキッド「エレキッ!」

テッセン「接近戦に持ち込め!
かみなりパンチじゃ!」

エレキッド「」ばしっ

サボみん「サボ!?」どが

ばたん!

澪「!
しまった…!」

テッセン「はっはっは!
やはり足が動かん!
ねをはったのが仇となったようじゃな!
これではサンドバック!
エレキッド、そのままラッシュじゃ!」

エレキッド「」どがっどがっどがっ!

どがぁぁん!!

サボみん「さ、さぼね…」びりびり

ばたん!

サボみんは倒れた

澪「戻って、サボみん!」しゅうう

澪「ベロにゃん!」ぽん!

ベロにゃん「ベロ~ン」

テッセン「ベロリンガか…
エレキッド、影分身!」

エレキッド「」しゅしゅしゅ

ベロにゃん「ベロ!?」

しゅしゅしゅ

テッセン「かみなりパンチ!」

どがん!

ベロにゃん「!?」びりびり

テッセン「影分身!」

しゅしゅしゅ

ベロにゃん「べ、ベロ!?」

澪「ベロにゃん、落ち着いて!
分身全部にちょうおんぱ!」

ベロにゃん「ベロ!」にゅわわわわ

エレキッド「」しゅしゅしゅ

テッセン「かみなりパンチ!」

どがん!

ベロにゃん「!?」びりびり

澪「こ、混乱してない!?」

ニャース「澪!ベロリンガのちょうおんぱがエレキッドのスピードに追いついてないのニャ!」

澪「!」

テッセン「そういうことじゃ!
エレキッド、爆裂パンチ!!」

エレキッド「」しゅばっ

ベロにゃん「!!」

ばごおおおん!

ベロにゃん「」どたん

ベロにゃんは倒れた

澪「ベロにゃん!
ごめん、私の判断ミスで…休んでてくれ」しゅうう

テッセン「これで2対1、こちらが有利じゃの」

ニャース「まずいニャ…」

澪「……よし、ハブりん!!」ぽん!

ハブりん「プッププ~!」

テッセン「最後はハブネークか」

澪(ハブりんとは前回のジム戦で負けちゃったからな……リベンジだ!)

澪「ハブりん、かみつく!」

ハブりん「」くわぁ!

テッセン「同じことじゃ!影分身!」

エレキッド「」しゅしゅしゅ

ハブりん「!?」

テッセン「ふふ、またこれで敗れるか?
エレキッド、かみなりパンチだ!」

エレキッド「」ぶおっ

澪「不意打ちだ!」

どがん!

エレキッド「!?」びたん!

テッセン「ほう、不意打ちか…考えたな
だが、影分身をすれば振出じゃ
影分身!」

しゅしゅしゅ

澪「無駄ですよ!
くろいきり!」

ハブりん「」もくもくもく

テッセン「けほっ、けほっ
しまった、影分身が無効化されて…」

澪「ハブりん、エレキッドにまきついてかみつくだ!」

しゅるる

ハブりん「プッププ~!」がぶり

エレキッド「!?」ばた

エレキッドは倒れた

澪「よしっ!
これで、1・1の対ですよ!勝負はまだまだ判りません!」

テッセン「やりおるな
じゃが勝つのはわしじゃ!
ライボルト!!」ぽん!

ライボルト「ギャウ!」

ニャース「ライボルト!
澪、気をつけるニャ!奴は強いニャ!」

澪「ああ、分かってるさ!
ハブりん、かみつく!」

ハブりん「プッププ~!」

テッセン「ライボルト、電光石火!」

ライボルト「」しゅばっ

どがん!

ハブりん「プッププ~!?」ばたん

澪「早いっ!?」

テッセン「先手をとれば、どんな相手も圧倒できる!
ライボルト、スパーク!」

びりり

ハブりん「プッププ~!?」だぁん!

澪「ハブりん!」

澪(…やっぱりホウエンのジムリーダーは強い……勝てないのか?
……先手をとれば勝てる……本当にそうなのか?なら遅いポケモンはどうやって勝てば…
……そうか!)

テッセン「これで終わりじゃ!
かみなりの牙!」

澪「いやなおと!」

ハブりん「」ぎぎぎぎぎぎ

ライボルト「!?」

ニャース「にゃあ!?」

テッセン「ぬ!?これはキツイ……
じゃが、なにも意味はないぞ!
そのまま押し切れ!かみなりの牙!」

ライボルト「ギャウ!」びりり

ハブりん「……」

どがあああん!!

テッセン「どうじゃ!」

澪「しっぺ返し!」

ハブりん「プッププ~!!」どがん!

ライボルト「!?」

ライボルトは倒れた

テッセン「!?」

澪「私の勝ちです!」

テッセン「……!
じゃ、じゃがかみなりの牙は確実にヒットしたはず…」

澪「はい、ヒットしました
ただし、ハブりんの皮にね」

ばっ

テッセン「!!
そうか、特性だっぴ!」

澪「そうです、本来の使い方とは違いますが…」

テッセン「しかし、一発でライボルトがやられるとはな…
いやなおとは撹乱するのじゃなく、このためか」

澪「はい、それにしっぺ返しは後攻をとると威力があがる
遅いからといって、勝てないわけじゃないです」

テッセン「ふ…わしはまだまだ甘かったようじゃな
さぁ、ダイナモバッジ…受け取ってくれ」

澪「あ、ありがとうございまひゅ!……あ//」

テッセン「はっはっは!…いいバトルじゃったよ」さっ

澪「あ、はい…
やった!ダイナモバッジゲットだ!
ハブりん、ベロにゃん、サボみん、よくやってくれた!ありがとう!!」

ニャース「ホウエンバッジ初ゲットおめでとうニャー!!」

――――――――――――――――――――――
ミツル「師匠、今戻りました!」

センリ「そうか、ちゃんとポケモンは捕まえたか?」

ミツル「はい!
見てください、ロゼリアたんですよハアハア」

センリ「じゃあ、お前にジムを任せる」

ミツル「えっ」

センリ「俺は出掛ける!しばらくは帰ってこない!ジム戦のポケモンは俺のも使っていい!
じゃあ、頼んだぞ!」だだっ

ミツル「ちょ、待ってください!師匠」

ミツル「……」

ミツル「やれやれ、困ったものですね
なんつってwwwwwwwwwwwwwwww
うはwwww俺がジムリーダーwwwwwwwwww」

―8章完―



8