7章


澪「サイクリングロードか…」

ニャース「ここは自転車がにゃいと通れにゃいはずニャ」

澪「じゃあ、あっちの道から行くか」

ちりんちりん!ちりんちりん!ちりんちりん!

ニャース「ニャ?」

???「おうおう、どけどけェ!!」ききぃ!

澪「きゃあ!」

ニャース「なにするニャ!危にゃいじゃにゃあかあ!!」

???「っあぁん?なにするはこっちの台詞だよ!!」

暴走族員1「ここは俺達、ちゃりんこ暴走族の縄張りなんだよ!」

暴走族員2「さっさと出てけや!!」

ニャース「にゃにをー!?オミャーらにそんなこと言われる筋合いはにゃあのニャ!」

暴走族員2「っんじゃあ、無理矢理追い出してやる!行け、ミルタンク!」ぽん!

ミルタンク「ミルッ!」

ニャース「澪、こっちもニャ!」

澪「え、あ…うん
カゲぴょん!」ぽん!

カゲぴょん「カゲ!」

暴走族員2「負けたら有り金全部おいてけよ?
ミルタンク行け!
ミッルミルにしてやんよ!」

ミルタンク「ミルー!」

澪「カゲぴょん、かえんほうしゃ!」

カゲぴょん「カゲー!」ぼああああ!

ミルタンク「ミルー!」

澪「効いてない!?」

暴走族員2「ミルタンクの特性はあついしぼう!炎技なんかきかねえぜ!」

澪「なら、ほのおのうず!」

ごああああああ!

ミルタンク「!?」

暴走族員2「なにっ!?」

澪「今だ!気合いパンチ!」

カゲぴょんは集中力を高めている

暴走族員2「やべえ!」

暴走族員1「させねえぜ!タッツー、水鉄砲!」

タッツー「」ぷしゃああ!

カゲぴょん「!?」

効果は抜群だ!

カゲぴょんの集中力が途切れた

澪「なっ!?」

ニャース「オミャー、卑怯だニャ!」

暴走族員1「あぁん?こんな野試合に卑怯もクソもねえよ!」

暴走族員2「なんなら、そっちもポケモンをもう一匹出してもいいんだぜ?」

ニャース「それだと、澪が一人で二匹のポケモンを……不利じゃにゃあかあ!」

澪「大丈夫、やれるよ」

ニャース「いにゃ!ニャーがやってやるニャ!」

暴走族員2「おいおい、お前弱そうだが大丈夫なのかよー?」

ニャース「舐めるニャ!
みだれひっかき!!」

がきがきがきぃん!

タッツー「!?」ばた

タッツーは倒れた

暴走族員1「!?」

ニャース「今ニャ、澪!」

澪「うん!
カゲぴょん、気合いパンチだ!」

カゲぴょん「カゲー!」どがあん!

ミルタンク「ミルッ!?」

効果は抜群だ!

ミルタンクは倒れた

暴走族員2「く、くそ…」

ニャース「オミャーらが出ていけニャ!」

暴走族員1「うぐ……」

ちりんちりん!

???「おい、お前らなにをやってるんだ?」

暴走族員2「あ、あなたは…!」

暴走族員1「補助輪のコジロウ!!」

澪(補助輪……?)

ニャース(またなんか現れたニャ)

???「あんたたち、うるさいわよ
何かあったら私達に言いにきなさいって言ったでしょ?」

暴走族員1「チェーンのムサシ!!」

コジロウ「それで何が…」

コジロウ・ムサシ「ん?」

ニャース「ニャ?」

ムサシ「なんか分からないけど、どこかで会ったことある?」

コジロウ「俺も思った」

ニャース「……ニャーも同じなのニャ」

澪「…?」

暴走族員2「それより、聞いてくださいよ!
こいつらが俺達のシマを!」

コジロウ「ほう、それは許されんことだな」

ムサシ「あんたたちに手を出したのもアイツらね」

ニャース「先にやってきたのはそっちじゃにゃあかあ!」

暴走族員1「う、うるせえ!」

コジロウ「可愛い部下がやられたとなっちゃ、黙ってるわけにはいかないな」かちっ

澪「!
カゲぴょん」

カゲぴょん「カゲ」

コジロウ「……」じり

澪「……」

コジロウ「……やめだ」

澪「えっ?」

ムサシ「ちょっと、コジロウ!」

コジロウ「いや、あのニャースにはなんか攻撃したくないって思っちゃってさ」

ムサシ「私もそうだけど…」

コジロウ「その仲間も然りさ」

ムサシ「…そうね」

コジロウ「おい、お前ら戻るぞ」

暴走族員2「ええ!?でも…」

ムサシ「私達の言うことが聞けないの?」

暴走族員1・2「と、とんでもないです!」

たったった

ニャース「……なんだったんニャ?」

澪「さあ……
まぁ、行こうか」

ニャース「ニャー」

――――――――――――――――――――――
???「うわわわわ!!」だだだだだだ

コイル「イイ~!」

???「た、助けて~!!」

澪「!
男の子がポケモンに…!」

ニャース「助けにいくニャ!」

澪「ああ!」

コイル「イイ~!」びりびり

???「ひい!!」

澪「サボみん、ニードルアーム!」

サボみん「サボー!」どがん

コイル「!?」

コイル「イイ~!」すたこら

澪「よくやったぞ!サボみん!」

サボみん「サボネー」だきっ

澪「あはは、トゲが痛いよ~」

ニャース(サボみん?……まぁいいニャ)

ニャース「大丈夫かニャ?」

???「あ、はい
ありがとうございます!」

澪「なんで襲われてたの?」

???「いやぁ捕まえようとしたんですが、僕ポケモン持ってないから、なにもできなくて…」

ニャース「オミャー、名前は?」

ミツル「ミツルです!」

ニャース「ニャーはニャースにゃ」

澪「私は秋山澪」

ミツル「そうですか
よろしく、澪さんニャースさん!」

澪「よろしく
でもなんでポケモンを持ってないのに捕まえようとしてたの?」

ミツル「それはですね…」

――――――――――――――――――――――
澪「そうか、師匠に頼まれて…」

ミツル「はい、でも頼まれたというより修行の一貫ですけどね」

ニャース「無茶苦茶な師匠だニャー」

ミツル「はい、ちょっと厳しいです。でも凄い人なんですよ!
トウカジムジムリーダーであり、日々鍛練をかかさず、ジムリーダーに就いてから無敗、まさに最強のジムリーダー……」

ミツル「異名、“強さを追い求める男”!
センリさんが僕の師匠です!」

澪「なんか凄いな…」

ミツル「……はぁ」

ニャース「どうしたんニャ?いきなり…」

ミツル「いや…ポケモンを捕まえずに帰ったらいけないだろうなって…」

澪「修行だからな…」

ニャース「ニャー達が協力すればいいのニャ!」

澪「!
そうだな」

ミツル「い、いやでも悪いですよ」

ニャース「気にすることはないニャ
にゃ?澪」

澪「うん、私も師匠がいるから…なんか放っておけないんだ」

ミツル「あ、ありがとうございます!!」

――――――――――――――――――――――
ニャース「それでどんなポケモンがいいのニャ?」

ミツル「え、えと可愛いポケモンかな?
男がこんなこと言うなんておかしいよね…」

澪「そんなことないよ、好みなんて自由だし
私も可愛いポケモン好きだし」

ミツル「そうですかね…?
あ、澪さんのポケモン見させてもらっていいですかね?」

澪「うん!
みんな出てきて!」

カゲぴょん「カゲ!」

ハブりん「プッププ~!」

ベロにゃん「ベロ~ン!」

サボみん「サボネー!」

ミツル「……」

ミツル「ヒトカゲ可愛いですね!」

ニャース(正しい判断!)

―――――――――――――――――――――――
澪「じゃあさ、カゲぴょんを貸すからポケモンを捕まえようか」

ミツル「はい!
よろしくね、カゲぴょん」

カゲぴょん「カゲ」

ニャース「ニャ!
早速ポケモン発見ニャ!」

澪「どこだ?」

ニャース「あれニャ!」

ゴクリン「」のけー

ミツル「ねーよ」

澪「え?」

ミツル「いや、なんでもないです」

ニャース「じゃあ……あれにゃらどうニャ?」

ロゼリア「ロゼー」

ミツル「ロゼリアたん可愛いよおおおおお!!」

澪「え?」

ミツル「いや、なんでもないです」

ニャース(なんか、ダイゴと同じ匂いがするニャ
……気のせいかニャ)

――――――――――――――――――――――
ミツル「そこだよ!かえんほうしゃ!」

ロゼリアは倒れた

ミツル「行け!モンスターボール!」ぽん!

ころころぴん!

ミツル「よっしゃああ!ロゼリアゲットだぜ!なんつってwwwwwwwwwwww」

澪「……」

ニャース「……」

――――――――――――――――――――――
ミツル「色々お世話になりました!」

澪「いいよいいよ
カゲぴょんも楽しそうだったし!」

ミツル「はい!では、師匠のところに帰りますね!」ノシ

澪「ばいばぁい」

ニャース「……」

澪「……」

ニャース「じゃあ、にゃんやかんやでキンセツシティにも着いたことにゃし、ジムに挑戦するかニャ?」

澪「そうだな」

ニャース「……」

澪(ミツル、恐ろしい子!)

―7章完―



7