5章


ダイゴ「エアームド、ありがとう
戻れ!」しゅう

たっ

ダイゴ「………」

ダイゴ「本当にゴーストタウンになっている…
とりあえず奴らの基地を…」

ホカゲ「マグカルゴ!ころがる!」

ダイゴ「!
ボスゴドラ!」

ボスゴドラ「ギャウー!」

マグカルゴ「!?」どがん

ホカゲ「後退しろ、マグカルゴ」

マグカルゴ「マグ!」さっ

ダイゴ「!その格好…なぜマグマ団がここに!?」

ホカゲ「ふ、さてね
答える義理はないさ
今、俺がやるべきことは一つ!マグカルゴ!」

マグカルゴ「マグ!」ごおおおお!!

ダイゴ「!!」

ホカゲ「あんたを排除することだ!」

ダイゴ「…なるほど
なにが目的かは分からないが、君達マグマ団もなにか良からぬことを企んでいるようだね」

ホカゲ「だったらどうするってんだ?」

ダイゴ「止めるさ
そのためにここへ来たんだしね」

ホカゲ「へっ、俺を倒せるのかよ?」

ダイゴ「心配はないよ
僕はこう見えてもホウエンリーグチャンピオン
実力はホウエン1位…いや第5位ぐらいかな…ダイゴだけに」くす

ホカゲ「ふん、ふざけた野郎だぜ」

―――――――――――――――――――――――
宿主「んー!」

ばり

宿主「かっは!ごほごほ!」

???「さっさと吐いてください、誰に助けを?」

宿主「わ、私は何もしていない!!」

???「………」

宿主「………」

???(ふむ…嘘をついているようにはみえないな…
……だとしたらあの二人……)

???「チッ!」

ばたん!

???「おう、アオギリ」

アオギリ「…マツブサか」

マツブサ「なんだよ、俺じゃ悪いか?

アオギリ「………」

マツブサ「へっ、で どうでぃ首尾は?」

アオギリ「どうもこうもありませんよ
次々に侵入者が現れて…」

マツブサ「そうかい
だがホカゲが見張りをやっているんだろう?
なら大丈夫だよアイツに任せときゃ」

アオギリ「ふ、まあ
作戦は確実に遂行できますがね」

マツブサ「それは何よりだな」

アオギリ「そちらはどうなんですか?」

マツブサ「ああ、今カイナにホムラの野郎が行ってる」

アオギリ「上手くやってくださいよ」

マツブサ「わかってるさ
んじゃあな、お互い頑張りましょーや」

アオギリ「ええ」

――――――――――――――――――――――
澪「ニャース」

ニャース「ニャー」

澪「海…だな」

ニャース「海だニャ」

澪「…どうしよう」

ニャース「ニャー…波乗りができるポケモンがいないからニャー…」

澪「う~ん…」

おっさん「安いよ安いよ~!」

ニャース「ニャ?」

おっさん「今ならこれらのポケモン、―――円均一!安いよ安いよ~!」

ニャース「澪、あれにゃら何かあるかもしれんのニャ」

澪「いや…でも、私
左利きだからさ…
ああいうのは大抵右利き用のモンスターボールに入ってるだろ?だから見てると虚しくなるんだよね…」

ニャース「そうなのかニャ…
あ、でもレフティーフェアやってるニャ」

さささっ

澪「これ、全部ください」

ニャース「ニャー!?」

ニャース「お、落ち着くニャ、澪!
ちゃんと波乗りできる奴を選んで…」

澪「はっ!
そ、そうだな…はは、私としたことが」

ニャース(澪がこんにゃにはしゃぐにゃんてにゃ…)
ニャース「波乗りできる奴はコイツだニャ」

澪「じゃあ、これください!」

おっさん「まいど!」

―――――――――――――――――――――――
澪「よし、早速」ぽん!

???「ベロ~ン」

ニャース「コイツはベロリンガニャ」

澪「か、かわいいな!!」ぎゅうっ

ベロリンガ「ベロ~ン」

ニャース「………」

澪「そうだ!ニックネームを付けないとな!
あ、ハブネークも!
ハブネーク!」ぽん!

ハブネーク「プッププ~!」

ニャース「どんにゃニックネームニャ?」

澪「…ん~、ハブりんとベロにゃんだな!」

ニャース(ねーよ!!)

ニャース「にゃ、にゃあ…なかなかいいんじゃにゃあかあ?」

澪「ふふ、ありがとう
よろしくな!ハブりん、ベロにゃん!」

ハブりん「プッププ~!」

ベロにゃん「ベロ~ン!」

澪「はははっ、ハブりん巻き付くなって~
ベロにゃん、舐めないでよ~」

いちゃいちゃ

ニャース(まあ、本人がいいのにゃらそれでいいかニャ…)

――――――――――――――――――――――
ダイゴ「ボスゴドラ、アイアンヘッド!」

どがあん!

マグカルゴ「」

マグカルゴは倒れた

ホカゲ「チッ、流石はチャンピオンだなぁオイ」

ダイゴ「ふふ、大誤算だったかい?ダイゴだけに
…いや、君はダイゴじゃないか
ダイゴは僕だね、大誤算は僕じゃないけど」くす

ホカゲ「けっ、ここはトンズラさせてもらうぜ!」さっ

ダイゴ「!ま、待て!」

ダイゴ「…逃げられたか…」

――――――――――――――――――――――
ぷかぷか

澪「なかなかきついな…」

ニャース「店員オーバーなのニャ…」

ベロにゃん「」ぷかぷか

澪「それで、どこに向かおう?」

ニャース「ここからならカイナシティが一番近いニャ
ジムはにゃいが、とりあえず陸に早く着きたいからニャ」

澪「そうだな、ならそこに行こう」

どざあああ!!

ニャース「ニャ?」

???「……」どざあああ!!

澪「!
ニャース、あれって…」

ニャース「青いバンダニャ!」

澪「……追ってみよう!」

ニャース「ニャ!」

――――――――――――――――――――――
澪「ここに…入ってったな…
それにしてもここはどこなんだ?」

ニャース「すてられ船の中ニャ」

澪「すてられ船?」

ニャース「ニャー、文字通り捨てられた船なのニャ」

澪「だろうな」

ニャース「それにしてもアイツはこんな所に何の用なんニャー?」

澪「分からないけど…とりあえず、もっと奥に行こう」

――――――――――――――――――――――
???「さて、どこですかね
探知器は…」

???「チョンチー、もう少し照らしてくれ」

がさっ

???「…む?」

澪「あ…」

???「………」

ニャース「ニャ!やっぱりそのバンダニャ!オミャー、アクア団だニャ!?」

???「ほう、私達を知っているんですか?」

澪「…はい、あなた達のリーダーにも会いましたし」

???「!
あなた方でしたか…
総帥が言っていたのは…」

ニャース「そうニャ!
そいつにニャー達は飛ばされて…」

???「チョンチー!」

チョンチー「チョーン!」ばりばり

ニャース「ニャ!?なにするニャ!!」

???「あなた方を連れていけば、総帥も喜んでくれるでしょうから
もちろん、力ずくで」

ニャース「戦うしかにゃいみたいニャ…」

澪「うん
…カゲぴょん!」

カゲぴょん「カゲー!」

???「チョンチー、みずのはどう!」

チョンチー「」ぶおわああ!!

カゲぴょん「!?」

効果は抜群だ!

ニャース「澪!オミャーらしくないニャ!
ちゃんと相性は考えて…」

澪「ううん、大丈夫
今まで、こんなことは結構あったけどカゲぴょんは頑張ってきてくれた…私はカゲぴょんを信じてるから」

カゲぴょん「カゲ!」

澪「うん!
行くよ!カゲぴょん、火の粉!」

カゲぴょん「」ぼわっぼわっぼわっぼわっ

???「ふ、そんなチンケな技を連続でやっても意味はないですよ
チョンチー避けなさい!」

ぼわっ

???「!?な、追い掛けて来る!?」

澪「火の粉は威力は低い技だけど、その分コントロールがたやすいんだ!そのくらいのことはできる!」

???「くっ…」

ぼわっぼわっぼわっ

チョンチー「チョーン…」

???「囲まれた…!」

???「ん?………!?
ヒトカゲはどこに…?」

澪「今だ!カゲぴょん、穴を掘る!」

カゲぴょん「カゲー!」どがん

チョンチー「チョーン!?」

効果は抜群だ!

チョンチーは倒れた

???「な…、いつの間に…」

澪「あなたの負けです」

???「……ちっ、なら逃げるだけ!探知器は手に入りましたしね!それでは!」だっ

ニャース「待つニャ!」

???「あ、そうだ…」

ニャース「!」

澪「?」

シズク「私はシズクです
以後、お見知りおきを」だっ

澪「あ…」

ニャース「なんか、名乗られたニャ…」

澪「うん
…でもアイツの言ってた探知器って?」

ニャース「分からにゃあが…
それより」

澪「?」

ニャース「さっきの戦い方はなんだったんニャ?
今までとはなんか違ったニャ」

澪「ああ、あれは
カントーの旅の途中で出会った人…師匠に教えてもらったんだ」

ニャース「師匠?初耳だニャ」

澪「まぁ、言ってなかったし…
って、話は後でするよ
とにかく今はカイナを目指そう」

ニャース「そうだニャ」

ニャース(さっきのことはダイゴ達にも知らせないとニャ…)

――――――――――――――――――――――
カイナシティ

???「ここが博物館カ!よし、とりあえずクスノキ館長を捜さないとナ!
潜水艇をここでゲットダ!」

うぃーん

受付「入場料50円になりまぁす」

???「ンナッ!金いるのかヨ!」ちゃりちゃり

ちら

???「………?
なんだあの男は…明らかに怪しい……
それにあの服装…
ん?どうした、キルリア」

キルリア「キル~」パアアア

???「む…!これは……ふふ、まさかここホウエンに来ているとは…」

―5章完―



5