うぉああああん

スカイ「にょろっ!?」

ピッ太「ピッ…」

カモネギ「カモ…」

律「スカイ、大丈夫か!?」

唯「ピッ太も……」

マサキ「大丈夫や。ダメージを最小限に抑えられたからな
今のはサイコウェーブ、相手のポケモンの数が多いほど威力が上がる技や」

唯「それで…」

フジ「ほう、よく知っているな」

マサキ「当たり前や!
ミュウツーのこと調べてたから遅くなったんやしな!」

律「そうだったのか!」

唯「マサキさん、色々とありがとう」

マサキ「お安いこっちゃ!世界の命運がかかってるんや!」

フジ「……なら、これはどうだ?」

マサキ「?」

フジ「ミュウツー、波動弾」

ミュウツー《…》ずだん!

マサキ「!?
かはっ!!」びゅわん!

唯「マサキさん!!」

律「てめえ!トレーナーに当てるなんて…!!」

唯「りっちゃん!マサキさんが瓦礫に…」

律「…!!
今、助けに…」

ミュウツー《…》すっ

律「!!」

フジ「行かせないさ
それに行っても無駄だろう
もう命はないさ」

律「く…
てめえは、私が倒す!!!」


律「スカイ、みずでっぽう!」ぶしゃああ!

フジ「ミュウツー、サイコウェーブ」

ミュウツー《…》うぉああああん

ぱぁん!

律「スカイ、怯むな!
冷凍ビーム!」

ミュウツー《!》ぱきぃ

フジ「ほう、ミュウツーに攻撃を当てるとは…
だがそんなあてずっぽうでは勝てんぞ」

律「うるせえ!!
よくも…おっさんやマサキを……
こんなことして、お前の良心は痛まないのかよ!」

フジ「ふ、さて?
人間の命の一つや二つ失った程度で何を怒っているんだ?」

ミュウツー《…》

律「てめえ…!」

唯「りっちゃん」

律「…唯?」

唯「フジさん、どうしてですか?」

フジ「ん?」

唯「初めて会った時、あんなに親切だったじゃないですか!」

フジ「ふ…なにを」

唯「本当に心が痛まないんですか!?なにも思わないんですか!?」

フジ「だから何度も言っているだろう」

唯「そんなわけない!!
私を介抱してくれた時、親切にしてくれた!
シオンタウンが暗い雰囲気で本当に寂しく思って、元通りになった時、本当に嬉しそうだった!
あの時、あの目は本物だった!!
そんな人が……誰よりも人やポケモンを気遣ってる人が…なにも感じないわけないよ!!!」

律「唯…」

ミュウツー《…》

フジ「………」ぐっ

フジ「………(どうした?なぜだ…なぜこんなにも……胸が…痛い?これは………いや…)」

フジ「ふ、私は全てを手に入れる。そのためなら何だってするのだー!!」

フジ「ミュウツー!
とどめだあ!!
サイコウェーブ!!!」

ミュウツー《…》

フジ「…ミュウツー?
どうしたんだ……?早く技を出さないか」

ミュウツー《…》

――――――――――――――――――――――
若フジ『ミュウツー、私はお前を作った
世界最強のポケモン、お前を作った
なぜ、お前を作ったか?最強のお前を…』

若フジ『それはな
決して、世界を征服する力を得るためじゃない
じゃあ何かって?
ふ、世界を救う力を得るためさ
お前を完成させて
お前の力を借りて、この世界から争いをなくす
それが私の夢だ!』
――――――――――――――――――――――

ミュウツー《…》

フジ「ミュウツー?
…まぁいい、デオキシスにやってもらおう
もうカツラくんを倒してるころだろう」

フジ「デオキシス!どこだ!」

カツラ「デオキシスならもういませんよ」

フジ「!!
カツラくん…!デオキシスがいないとはどういう…」

カツラ「野生に帰りました
デオキシスはあなたの元にいるより野生になることを選んだ」

フジ「余計なことを…
ならば、ヘルガー!かえんほうしゃ!」ぽん!

ヘルガー「ガルル!」ごおおおお!

カツラ「ウインディ!しんそくだ!!」どがん

ウインディ「ガウッ!」

ヘルガー「キャン!」ばたん

フジ「……っ!」

カツラ「もうやめてください
こんなのフジ博士じゃない!」

フジ「……なんとでも言え」

カツラ「あの頃は、共に研究に励んで……
あなたを尊敬していた!!自分の研究に…夢に一生懸命なあなたを!!」

フジ「ミュウツー、サイコウェーブ」

ミュウツー(フジ博士……お前は私を研究しているうちに、世界を手に入れることのできる私の力に魅了され、変わってしまった……)


“争いを研究で、お前の力で終わらせることが私の夢だ!”


ミュウツー(……あの時のお前に戻るなら、私は………私は…………!!)

ごおおおおおおおおお!!!

フジ「!?」

唯「な…なに?」

律「地面が…割れて…」

カツラ「唯くん、律くん
気をつけろ!まもなく地割れがくるぞ!」

がきぃいい!!

唯「きゃあ!!」

律「唯!!」

カツラ「く…
ポニータ!頼む!」

ぼぉあ!

唯「!?
な、なに?」

律「大丈夫か!?唯!」

唯「う、うん!」

カツラ「ポニータの炎のバリア。特殊な炎で作られている。その中にいれば安心だ」

唯「あ、ありがとうございます!」

カツラ「なんの…
もう少し堪えててくれ」

がきぃいい!

フジ「!?
なっ…(落ちる…!)」

がし!!

フジ「!!
カツラくん…お前…」

カツラ「大丈夫ですか?フジ博士
今、引き上げます」

フジ「…なぜ、敵である私を…」

カツラ「敵?
ふふ、おかしなことをおっしゃる。私達、研究仲間じゃないですか」

フジ「カツラくん…」

ぴきぃい!!

カツラ「!?く…」

フジ「手を離せ…
このままではカツラくんまで…」

カツラ「手は離しません
優秀な科学者をここで手放してたまりますか……!」

フジ「………」

ぴきぃい!!

フジ「………」

ぴきぃい!!

フジ「…………ロコン」ぽん!

カツラ「!?なにを…」

がぶっ

カツラ「…っ!」ぱっ

カツラ「あっ…!」

フジ「カツラくん、私は愚かだよ…
夢…世界平和……見届けることは……できなかったなあ…
それ以前に私は……」

フジ「ふ……この罪はあの世で償うさ…
それじゃぁ…カツラくん、元気で……な(そしてミュウツー…ありがとう…)」ひゅうう

カツラ「フジ博士え!!
くっ、ウインディ!!」

律「カツラさん!!やめてください!
もう…間に合いません……」

唯「フジさん……やっぱり、いい人だった……
でももう……ううっ」ぽろぽろ

律「唯…」

カツラ「……いや、全てなくなったわけじゃない」

唯「え…」

カツラ「…」だきっ

ロコン「コーン…」

カツラ「私は、フジ博士の叶えれなかった夢を叶えてみせる」

律「カツラさん…」

――――――――――――――――――――――
ミュウツー《…》

ミュウツー《フジ博士…
よかった……昔に戻れたみたいだな……
……私にも、何かできるだろうか……
世界平和か……》

――――――――――――――――――――――
マサキ「いだだだだ…」

マサキ「えらいめにあったでぇ~……ってフジ老人は…?みんなは?」

マサキ「!
あ、唯はん律は~ん!!」

唯律「!!」

律「ま、マサキ!?お前…なんで…」

マサキ「なんや?
人を死んだみたいに
フジ老人はどうしたんy」

唯「うえ~ん!!」がばっ

マサキ「うおっ!?」

律「よ、よかったぁ~!!」

マサキ「な、なんやなんや!?
なに泣いてんねん!?」

唯律「うえ~ん!!」

マサキ「???」

カツラ「…ふふ」


最終章おわり



エピローグ


――――――――――――――――――――――
サカキ「む…
!?…私は、何故生きている…!?確かフジ博士に…
!!」

サキ「ご無事でなによりです、サカキ様」

サカキ「サキ…!
お前か…」

サキ「サカキ様の親衛隊ですから」

サカキ「ふ、助かった」

サキ「それで、いきなりで申し訳ありませんが」

サカキ「なんだ?」

サキ「ジョウトのオウカから連絡が…」

サカキ「!そうか…ふふ」

――――――――――――――――――――――
唯「りっちゃん、これからどうするの~?」

律「唯、私達はポケモンリーグを目指してただろ?でもあと残り二つのジムのジムリーダーが不在らしい(カツラにはバッジもらった)
だからカントーではバッジ集めはできない…
マサキに聞いたところ、ジョウトというところでもポケモンリーグの受付をやってるらしい」

唯「ふんふん」

律「そこでだ!」

唯「なに?」

律「ジョウトでジムバッジを集めて、ポケモンリーグに出場したいと思う!」

唯「おお!」

律「つうことで、目指せジョウトー!!」

唯「おーっ!!」

―終わり―