13章


――――――――――――――――――――――
フジ「ふむ、流石にそう簡単には見つからないか
…だが私にはこいつがいる
さあ、デオキシスよ
ミュウツーはどこに隠れている?」

デオキシス「…」しゅび

フジ「ふ、そっちか」

―――――――――――――――――――――――
たったった

カツラ「ウインディ、ありがとう
戻ってくれ」しゅうう

カツラ「さて、早くフジ博士を止めなくては!フジ博士がミュウツーを手にするより前に!」だだっ

唯「カツラさん!」

カツラ「!
君達か…」

律「私達も一緒に行きます!カツラさん!」

唯「私達も、フジさんを放っておけません!」

カツラ「……わかった
よし、ならば急ぐぞ!」

唯律「はい!」

―――――――――――――――――――――――
フジ「………見つけたぞ」

ミュウツー「……」

フジ「ミュウツー、久しぶりだな。お前を忘れたことはひと時もなかった」

ミュウツー《ふ…フジ、博士か》

フジ「!
テレパシーか…ちょうどいい、言葉が通じるなら話しやすい」

ミュウツー《なんだ?》

フジ「お前は私のものだ
私がお前の創造主。マスターだ
さあ、今一度私の元へ戻ってこい」

ミュウツー《…》

フジ「ふ、まぁいい
お前が何と言おうと、思おうと、お前は私に捕まる
逃げられないさ」

ミュウツー《なに?》

フジ「これだ」かちゃ

ミュウツー《なんだそれは?》

フジ「マスターボール。シルフ社によって作られた、ポケモンを絶対に捕獲できるボールだ
これで、お前を…」

フジ「観念しろ、ミュウツー
お前は私のものだ」かちゃ

サカキ「そこまでだ」

フジ「!?
……サカキ、貴様なんで……」

ミュウツー《私を作り上げたうちの一人、ロケット団首領サカキか…》

サカキ「ふ、紹介ありがとうよ、ミュウツー」たっ

フジ「……止めにきたのか?だったら無駄だ
お前は私を止められない」

サカキ「どうかな?」

フジ「デオキシス」

デオキシス「…」さっ

サカキ「サイドン、頼むぞ」

サイドン「サイドーン!」

フジ「デオキシス、アタックフォルム」

デオキシス「…」うぉん

サカキ「!
それがフォルムチェンジか」

フジ「デオキシスは強い
お前ごときでは勝てないさ」

サカキ「…やってみないと分からん
サイドン、じしん!」

どどどど……

デオキシス「!」

フジ「ほう、なかなかの威力だ
だがまだまだだな
デオキシス、面倒だ
一気に畳み掛けろ
サイコブースト…!!」

デオキシス「…」こおおお

サカキ「なんだ…その技は……」

ぴかっ

どがああああああ!!

サイドン「!?」

サカキ「ぐあっ!?」

どがらがっしゃん!!

フジ「ふ、あっけないな
ロケット団首領と言ってもこんなものか」

サカキ「」

フジ「ふ…
邪魔物もいなくなった
さあミュウツー、私のものとなれ」ぽん

ミュウツー《!》かちっ

ころ、ころ、ころ、ぴん!

フジ「ふふ…はははは……ふはは…ふはははははははははは!!」

フジ「ミュウツー…ゲットだ…!!」

カツラ「な…なんてことだ……
ミュウツーが…」

フジ「!
カツラくんか、それと唯くん律くん」

カツラ「…もう、間に合わない……」

律「カツラさん、しっかりしてください!
まだ止められます!希望をもって!」

カツラ「!
ああ、すまない
そうだな、私達でフジ博士を止めるんだ!」

唯律「はい!」

フジ「ふ、無理だな
私どころか、デオキシスを止めることも不可能だろう」

デオキシス「…」さっ

カツラ「くっ…
唯くん、律くん
デオキシスは私が相手をする!君達はフジ博士を」

唯「はい!」

デオキシス「…」

カツラ「…ギャロップ、頼む」

ギャロップ「ヒヒーン!」

―――――――――――――――――
フジ「ふ、私の相手は君達か」

律「フジさん…なんでこんなこと…」

フジ「答える謂れはないさ
スリーパー、エアームド、頼むぞ」

スリーパー「…」

エアームド「きしゃー!」

唯「りっちゃん」

律「ああ、唯
タッグバトル…私の背中は預けたぜ!唯
一緒にフジさんを止めるぞ!」

唯「うん!」

律「行け、ヒート!」

ヒート「ヒヒーン!」

唯「ピッ太、お願い!」

ピッ太「ピッ!」

フジ「スリーパー、サイコキネシス!
エアームド、エアカッター!」

ピッ太「!?」ぎゅいーん

ヒート「ヒン!?」ざきざき

唯「ピッ太!?」

律「ひるむな、ヒート!
スリーパーにかえんぐるま!」

スリーパー「!?」

ピッ太「ピッ!」ぽたり

唯「あ、ありがとう!りっちゃん」

律「いいってことよ!
よし、決めるぞ!唯」

唯「うん!ピッ太、コメットパンチ!!」

律「ヒート、フレアドライブ!!」

どがああああああん!

スリーパーは倒れた

エアームドは倒れた

フジ「…中々やるようだな」

律「へへん!どうだ!」

フジ「だが本番はこれから…
ミュウツー、頼むぞ」

ミュウツー《…》

――――――――――――――――――――――
デオキシス「………」

カツラ「ギャロップ、メガホーン!」

ギャロップ「ヒヒーン!」どがっ

デオキシス「!!」ばん

効果は抜群だ!

デオキシス「…」しゅわあああ

カツラ「!
なんと、自己再生能力も持っているとは…」

デオキシス「…」しゅびっ

ギャロップ「!?」がしっ

どがん!

カツラ「ギャロップ!」

ギャロップ「」

ギャロップは倒れた

カツラ「戻れ!
ウインディ、頼むぞ!」ぽん!

ウインディ「ガウ!」

デオキシス「…」しゅびっ

カツラ「ウインディ、かみつくで腕を制せ!」がぶっ

デオキシス「!?」

カツラ「ほのおの牙だ!」こおあああ

がぶっ

デオキシス「!!」

カツラ「そのままラッシュだ!!
フレアドライブ!大文字!!」

どがっ!

デオキシス「!!」

ぼおおお!!

デオキシス「!?」どがん

ウインディ「ガウ!」がしぃ

カツラ「ディフェンスフォルムになっても無駄だ
このラッシュ、防御を高めても無意味」

デオキシス「…」

カツラ「……デオキシス、お前は確かにフジ博士に作られた
だが、催眠術をかけられていたとは言え私もお前を作ったうちの一人
少なからずお前に情がある
今ならまだ間に合う……フジ博士の元へ離れ野生に…」

デオキシス「…」

フジ「さあ、何体でもかかってこい
そうじゃないと、すぐに負けるぞ?
ミュウツー、サイコカッター」

ミュウツー《…》かちゃ

だだっ

唯「くるよ、りっちゃん!」

律「ああ!ヒート、気をつけ…」

どがん!

ヒート「!?」じゃきぃん!

ヒートは倒れた

ミュウツー《…》

律「な…!は、早い!」

フジ「だから言っただろう
さぁ、残るポケモンを全部出すことだな」

律「く…言われなくても…!
ヒート、戻れ!
行け、ランス!スカイ!」

唯「行って!ブイ太!
ピッ太もまだ頑張って!」

ランス「ぐるる」

スカイ「にょろっ」

ブイ太「しゃらら~」

ピッ太「ピッ!」

フジ「ミュウツー、スピードスター!」

ミュウツー《…》しゅららららら

律「くる……!!」

かっかっか!ばきぃ!

フジ「?」

ミュウツー《…》

唯「!?」

律「な、なんだ!?
スピードスターが弾きとばされ…」

カモネギ「カモ!」

唯「カモ…ネギ?」

律「コイツがスピードスターを……って一体だれの…」

マサキ「いや~、遅れてしもたわ~」

唯「あっ…!」

律「マサキ!?
お前、なんで…」

マサキ「なんで…って世界の危機……いいや、友人の危機や!助けにこん方がおかしいやろ!」

唯「マサキさん…」

律「つうか、おっさんは大丈夫なのか?」

マサキ「サカキか、それならここに来てるはずやけど」

唯「え…」

律「あんな怪我でかよ!?」

マサキ「あ、ああ
わいも止めたんやけど
逃げられてしもたさかい
でも来とらへんみたいやな」

フジ「サカキなら私が倒したよ」

唯律「!!」

マサキ「な、なんやて!?」

フジ「今頃、瓦礫の下敷きになっているだろう」

マサキ「むごいやっちゃで……」

フジ「ふ、アイツはロケット団首領。そのくらいの処罰を受けてもいいと思うがな」

マサキ「……そうや
あんたに確認したいことが…あんた、なんでロケット団を裏切ってまでミュウツーを捕まえたんや?やっぱり世界を征服するためか?」

フジ「ふ、そうだ
私は絶対的な力が欲しかった
元々ミュウツーを作った理由もそれだ」

マサキ「そうかいな
なら、食い止めなあかんな
唯はん、律はん、行くで!」

律「ってマサキお前戦えるのか?」

マサキ「昔、トレーナーとしてポケモンリーグ優勝を夢見て修行してた時もあったんや
少なくとも、律はん達ぐらいの実力はあるで」

律「そうだったのか」

唯「頼りになります!」

マサキ「ほんじゃ行くで!
ナッシー、カモネギ頼む!」

ナッシー「ナッシー!」

カモネギ「カモ!」

フジ「ふ、ミュウツー
サイコウェーブ」

ミュウツー《…》うぉおん

律「!?
なんだ…?」

マサキ「!!
あかん!ナッシー、戻れ
律はん達もポケモンを一匹だけにするんや!」

律「な、なんで!?」

マサキ「早う!」

律「わ、わかった!ランス、戻れ」しゅうう

唯「ブイ太、戻って!」


13