――――――――――――――――――――――
サキ「フンフフフ、戻ったか」

フジ「ああ」

サキ「ご苦労だったぞ
それで、デオキシスは?」

フジ「ここだよ
出でよ、デオキシス!」ぽん!

デオキシス「…」

サキ「フンフフフ、調子はどうだ?」

フジ「いい調子じゃよ、こんな感じでな」

サキ「?」

フジ「デオキシス、アタックフォルム」うぉん

サキ「!
なんと…姿が…!」

フジ「ああ、こいつの地方によって姿形・性能が変わる能力、フォルムチェンジだ」

サキ「フンフフフ、フォルムチェンジか
実に興味深いな」

サキ「アタックフォルムと言ったな。攻撃に特化でもしているのか?」

フジ「その通りじゃ」

サキ「フンフフフ、素晴らしいポケモンだな」

フジ「…それで、サカキ様はデオキシスを何に使う気なんじゃ?」

サキ「シルフカンパニーを征服することだ
この間のマスターボールの交渉は成立しなかったからな
フンフフフ、無理矢理にでも手に入れるのさ」

フジ「そうか」

フジ「サキ、お前は何をするんじゃ?」

サキ「ああ、サカキ様直属の親衛隊だからな
サカキ様の護衛をするのさ
いざという時のためにな」

フジ「…お前じゃ役不足じゃな」

サキ「フンフフフ、なにが言いたいんd」

フジ「…デオキシス」

デオキシス「…」ぐさっ

サキ「!?
な…なにを!?」

フジ「ふふお前がいては面倒じゃからな
始末しておくのさ」

サキ「貴様…!」

フジ「デオキシス、ばかぢから」どがん

サキ「」ばた

フジ「ふふふ…」

――――――――――――――――――――――
マサキ「見たか?今の…」

律「…ああ。でもなんでフジさんが…
しかも、さっきのポケモンも一緒だ…」

唯「とりあえずついて行ってみようよ
ここで言ってても無駄なだけだし」

律「そうだな」

マサキ「しかし、あれがフジ老人か…
温厚そうなじーさんやけどな…」

唯律「………」


――――――――――――――――――――――
サカキ「さぁ琴吹社長
ご決断願いたい
私と組むか、組まないか」

琴吹社長(以下:社長)「何度も言っているだろう
マフィアなどとは組まないと」

サカキ「…ではこうしましょう
組まなくてもいい
シルフカンパニーで開発中のマスターボールをくれれば、それでね」

社長「やはり目的はそれか
あれはダメだ
お前たち悪党の手に渡ったらどうなるか…」

どがん!

社長「!?」

サカキ「来たか、フジ」

フジ「はい
デオキシスも連れて来ました」

サカキ「サキは?」

フジ「……分かりませんが、侵入者の確認でもしているのでしょう」

サカキ「そうか」

フジ「では早速…
デオキシス」

デオキシス「…」しゅび

フジ「マスターボールはそこですね」

サカキ「ふ…」

社長「!!なぜ分かった!?やめr」

フジ「引っ込んでろ
デオキシス!」

デオキシス「…」どがっ

社長「!!」ばんっ!

社長「ぐはっ!」

サカキ「よし、マスターボールが手に入ればそいつは用済みだ
シルフカンパニー征服もすぐだろう
後は頼んだぞ、フj…
!?」ぐさ

デオキシス「…」

サカキ「フジ…!お前…」

フジ「貴様も用済みだよ
シルフカンパニー征服など興味はない
私はマスターボールさえ手に入ればそれでいいのさ」

サカキ「ぐ…」

フジ「ここまでご苦労だったな
デオキシス、やれ」

ばたん!

律「やめろおおおお!!」

フジ「!」

律「ランス、とっしん!」

フジ「…デオキシス、ディフェンスフォルム」

がきぃん!

律「大丈夫か!?おっさん!」

サカキ「……ぐ、お前たちは」

唯「あ!通りすがりのトレーナー!?」

サカキ「ふ、久しぶりだな」

唯「しゃ、しゃべらないで!安静にしてないと…」

律「マサキ!おっさんを安全なところへ!」

マサキ「わかったで!
ピジョット、そらをとぶや!」ばさばさばさ

フジ「……」

フジ「久しぶりじゃな
律くん唯くん」

律「フジさん…!」

唯「どうして!?
どうして、こんな酷いこと…!」

フジ「ふ…話す必要はないよ
じゃあ、わしは行く所があるのでな
さらばじゃ」

律「待てよっ!?」

フジ「デオキシス」

デオキシス「…」ぶぉわああああ!!

律「!?」

唯「すごい風…!
前が見えない……」

律「消えた……!」

――――――――――――――――――――――
マサキ「大丈夫か?おっさん」

サカキ「む…
ここは…?」

マサキ「ポケモンセンターや」

サカキ「……く、行かなくては」

マサキ「!
ま、待てや!どこ行く気や!そんな怪我で!」

サカキ「フジを放っておくわけにはいかまい」

マサキ「…おっさん、気になってたんやけど……その胸のマーク…」

サカキ「ああ、私はロケット団の首領だ」

マサキ「な!?やっぱりかいな!」

マサキ「しかも首領て…
なおさら、行かせるわけにはいかん!」

サカキ「ふ…別に今から行くのは、ロケット団としてではない。一人のトレーナーとして、フジを止めに行くのだ」

マサキ「な、なんやて?」

サカキ「フジはある場所に向かっている
ある場所とはハナダ洞窟」

マサキ「ハナダ洞窟…」

サカキ「そこで、フジはミュウツーを捕まえる気だ」

マサキ「なんやて!?」

――――――――――――――――――――――
律「くそ…どうしてだよ
なんでフジさんがあんな…
親切な人だったのに…!」

唯「りっちゃん…」

律「く…」

唯「きっと、何か理由があるんだよ!そうじゃなきゃ、あの親切だったフジさんがこんなことするわけないよ!」

???「私もそう思う」

律「!」

唯「誰…?」

カツラ「私はカツラ
フジ博士の研究仲間だ」

唯「私は唯です」

律「律です」

カツラ「そうか、よろしく」

唯「あの…カツラさん、研究仲間って…?」

カツラ「ああ、私とフジ博士はポケモン研究者なんだ」

唯「フジさんが研究者…(研究者ってなんだっけ……)」

カツラ「ああ」

律「カツラさん、研究仲間ってことはフジさんのことなにか知ってますか?」

カツラ「ああ、知っている」

カツラ「そして、さっき私が言った、『私もそう思う』の答え、つまりなぜこうなってしまったかも確かではないが分かる」

唯「!」

律「本当ですか!?ぜひ教えてください!」

――――――――――――――――――――――――
マサキ「ミュウツーってあのミュウツーか?」

サカキ「ああ、いでんしポケモン、ミュウツー
最強の伝説ポケモン
ふ…知っていたのか」

マサキ「ああ、わいはカントーのことは大体知っとるからな」

サカキ「ほう、ではミュウツーを誰が作ったかは知っているか?」

マサキ「……あんたら、ロケット団や」

サカキ「…ほう。まぁ正解といえば正解だ
だが詳しく言うと
作ったのはフジ博士だ」

マサキ「な……!」

サカキ「そして、先程のフジが持っていたポケモン、デオキシスもフジが作った
これがどういうことか分かるな?」

マサキ「フジ老人は…ロケット団に…」

サカキ「ふふふ
そうだ。だがフジ本人はミュウツーを作った時はロケット団の存在を知らなかったがな
フジの研究所に私の部下を送り込んでいたのさ
フジが正式にロケット団に入団したのはミュウツーを作った後のことだよ」

マサキ「…フジ老人がロケット団の研究員ゆうんは分かった
でも、ひっかかることが幾つかあるんや」

サカキ「なんだ?」

マサキ「なぜ、フジ老人は首領のあんたに攻撃したのか
そもそもあんたがミュウツーを捕まえるように言ったんやないか?
それを止めにいくあんたの気も分からん!分からんことばかりや!」

サカキ「ふん、それを全部つなげてみれば答えが見つかるんじゃないか?」

マサキ「?
………………!あ…」

サカキ「ふ、分かったようだな」

マサキ「フジ老人があんたを」

サカキ「ロケット団を裏切った、そうゆうことだ」

マサキ「…」

サカキ「さっき、フジ博士がミュウツーを作ったことを話したな?
ミュウツー完成後、なにがあったか知っているか?」

マサキ「…ミュウツーは逃げたんや」

サカキ「そう、ハナダ洞窟にな」

サカキ「そしてフジ博士はデオキシスを作り、今デオキシスを連れハナダ洞窟へミュウツーを捕まえに行っている」

マサキ「…!
ふ、フジ老人は……ミュウツーを再び自分の物にしようと……つ、つまり…」

サカキ「ああ、これは推測だがミュウツー、デオキシスを使い、世界を………」

マサキ・サカキ「征服しようとしている!!」

サカキ「……」

マサキ「…どしたんや?」

サカキ「やはり気が変わった」

マサキ「?」

サカキ「私はさっき一人のトレーナーとしてフジを止めると言った。それは世界の征服をただ世界の一人の人間として言ったんだ。だが話していて思った」

マサキ「……」

サカキ「ロケット団首領として私のロケット団が征服するべき世界を奪われるわけにはいかない」

マサキ「って、なにさりげなく世界を自分のもんにしてんねん!しかも悪い方に気が変わっとるやないか!」

サカキ「…………話は終わった
では、私は行く」

マサキ「ま、待てや!」

マサキ「それを聞いてもお前が行っていい理由にはならん!
もしフジ老人の野望を阻止したとしても、今度はロケット団が世界を…」

サカキ「では…」

マサキ「…?」

サカキ「この私を止められるか…!!!」ぎろ

マサキ「…!」

サカキ「私を止められるかと聞いているんだ…!」ぎろり

マサキ「…うぐ…」じり…

サカキ「ふん!」どが

マサキ「ぐわっ!」がしゃん!

サカキ「………(せめてもの憐れみだ…)ついでに言っておこう、シルフの方はもう警察やらは来ているだろう………
さらばだ…!」たったった

マサキ「うぐ…
………」


サカキ《シルフの方はもう警察やら…》


マサキ「……そうか……」

マサキ「待っててな!唯はん、律はん」ぽん!

ピジョット「ピジョットー!」ばさばさ

――――――――――――――――――――――
律「…つまり、フジさんを止めないと…」

カツラ「世界が征服される。フジ博士によって」

カツラ「……私も催眠術をかけられていたとはいえ、デオキシスを作ってしまった…
そしてミュウツーも…」

カツラ「このことは私が片を付けなければいけない
たとえ、フジ博士を殺してでも、私が死んでも
……フジ博士を止めなければ……!!
それでは私は急がなければいけない!
ウインディ頼むぞ!」たったった

唯「………」

律「唯…」

唯「分かってるよ、りっちゃん!
あんな話聞かされたら行かないワケにもいかないしね!」

律「よし、行こう!」


12章、フジ編完



12