6章


律「たのもー!」ばん

???「Oh!チャレンジャーさんですカー?」

律「はい、そうです」

???「Oups!困ったネ
このジムにはトラップがあったんデスガ…
警戒心の強いミーとしたことが!
まぁいいデース!
運も実力のうちネ!
このままお相手しまショ!」

律「え?じゃあ、あなたが…」

マチス「そうデース
ミーがこのクチバジムジムリーダー・イナズマアメリカン
“マチス”デース」

律「!!」

マチス「さぁ、バトルスタートデース!」

マチス「3対3のバトルデス
さぁデュアルYO!
ビリリダマ出番デス!」

ビリリダマ「ドゥダドゥン!」

唯「りっちゃん、頑張ってね!」

律「おうよ!よしまずはお前だ!
ヒート!」

ヒート「ヒヒーン」

マチス「さあ先攻はもらいマース!
ビリリダマ、じゅうでん!」

ビリリダマ「…」じじじ…

律「?
よし、今のうちに攻撃だ!
ヒート、かえんぐるま!」

ヒート「ヒヒーン!」どかん

ビリリダマ「!?」

律「よしクリーンヒットだぜ!
もう戦闘不能なんじゃないのかぁ?」

マチス「ふふ…」

律「?なに笑ってんだ?」

マチス「じゅ・う・で・ん」

律「?」

マチス「特殊防御力がアップする技デース
…あーんど」

マチス「電気タイプの威力もアップアップしマース
ビリリダマ、スパーク!」

ヒート「!?」

ヒートは倒れた

律「ヒート!」

マチス「HAHAHA!その程度デスカー?本気だすデース」

律「言われなくてもっ!」ぽん

ランス「ニド!」

律「ランス、頼む!」

律「充電は切れたはずだ!切れさえすれば、戦闘不能寸前のビリリダマなんてワケないぜ!
ランス、つのでつく!」ざしゅっ

ビリリダマは倒れた

マチス「オーノー!ビリリダマがやられてしまいマシタ!
デワ、次はエレキトリックプリティポケモン・ライチュウ!
ユアーズターンデス!」

ライチュウ「ライライ!」

唯「かわいい~!!」

マチス「Oh!分かりマスカー!あなた見る目ありますネー!」

唯「ダイヤモンド・スーパー・プリティポケモンってだけあるよー!」なでなで

マチス「そこまでは言ってないデスケド、ソデショー!?」わいわいがやがや

律「(試合中…だよな?)あのー…」

マチス「Oh!ソーリーソーリー!ヒゲソーリー!」

律「寒いです」

マチス「Oh…ソーリーソーリー…
試合中デシタネ!さあバトル再開デース!」

マチス「ライチュウ、しっぽをふる!」

ライチュウ「ライライ」ふりふり

唯「か わ い い~!」

律「いちいち反応すんな」

律(ランスの防御が下がったか…まずいな)

律「よし、じゃあ一気に叩き込めだ!ランス、みだれづき!」

ざしゅっざしゅっざしゅっざしゅっざしゅっ

マチス「Oh、これはマイッタネ
ダメージだいぶ食らったYO
バーット、ユーは知らなかったようだネ!」

律「?」

ランス「ニド…」びりびり

律「ランス、どうした!?」

マチス「麻痺したネ!
ライチュウの特性、せいでんきネ!
触った相手をビリビリ痺れさせマース!
さぁ、ニドランは麻痺でビリビリ動けナーイ!
フィニッシュだYO!」

律「く………ん?」

ランス「…」ぴきぴき

律「!?」

律「ランス!?」

ランス「…ぴきぴき」

マチス「Oh、リアリー!?」

ランス「!」ぴかっ

おめでとう ランスはニドリーノに

唯「進化したんだよ!進化だよ!りっちゃん
初めてみたよ!」

律「進化…
よし、パワーアップしたランスなら勝てるかも!ライチュウに…!」

マチス「それはどうかナ!
エボリューションしてもミーのライチュウにはカテマセーン!
麻痺もしてるしネ!」

律「そんなこと、やってみなくちゃわかんねえだろ!
ランス、ライチュウの後ろに回り込め!」しゅっ

マチス「ナッ!?早イ!!」

律「空元気だ!」どがん

ライチュウは倒れた

マチス「オーマイガッ!!ナルホド、麻痺してるのを逆に利用し、空元気デスカ
なかなかのタクティクスデス
バット、麻痺してるのにあんなに早く動けたのはサプライズでしたケドネ!
これはポケモン哲学のニューディスカバリーデスカー??」

律「そんな大層なもんじゃないさ
私が信じて、それがランスに伝わってやり遂げてくれただけさ!」

マチス「HAHAHA!
…面白いデスネ~
ミー、久しぶりに本気出しちゃいマショウカー!コイツはチャレンジャー相手には一回も出したことがない、ストロングポケモンデース
ミーのリアル・エース!レッツゴー!エレブー!」

エレブー「エーレブッ」

唯「うわあ、強そう!」

律「関係ねえ!こっちも進化したんだ
ランス、行け!」

マチス「イイデスネー!実にホットホットデース
ミーも負けないくらいホットバトルしまショ!」

マチス「エレブー、かみなりパンチYO!」

律「ランス、つのでつくで受け止めろ!」がきぃん!

マチス「ふふふ、面白いデース」

律「へへ…」

マチス「でも、マケマセン!
エレブー、ワンモア!かみなりパンチ!」

律「ランス、こっちももう一度つのでつくで…
どうした!ランス!?」

ランスは体が痺れて動けない

マチス「どうやら、今になって麻痺がビリビリ効いてきましたネ~
チャンスYO、エレブー
そのままかみなりパンチ!」ばちぃん

ランスは倒れた

律「くそっ…!ランス、戻れ!」しゅうう

マチス「さあ、どうしマシタ?早く三匹目を出してミーをもっとホットにしてプリーズ!」

律「……悪いがコイツじゃお前をホットにはできないかもな
いけ、スカイ!」ぽん

スカイ「にょろ~ん」

マチス「」

マチス「HAHAHA!!この期に及んで水タイプデスカ?そのジョーク笑えないヨー!」

律「スカイ、水鉄砲!」ばしゃ

エレブー「!?」

マチス「!」

律「ジョークなんかじゃないさ、私は本気だよ
弱点なんざ覆してコイツであんたとあんたのポケモン共々、そのホットな頭、冷やしてやらあ!」

マチス「……ふふふ、やはり面白い子デスネー」

マチス「エレブー、かみなりパンチ!」

スカイ「にょろっ!」ばちばち

効果は抜群だ!

律「スカイ!大丈夫か!?」

スカイ「にょろ~ん…」

マチス「さっきまでの威勢はウェア?どこに行ったんデスカー?」

律「く…
スカイ、雨乞い!」

マチス「アラー?ヤケにでもなったんデスカー?そんなことしても意味ナイヨ!無意味ネ!」

律「意味ならあるさ」

マチス「?
……!Oh…ワカリマシタ
ここは雨乞いで水浸し…
オフコース、エレブーもデス
ミーのエレブーが電気技を出したらエレブーも感電してしまう
そうゆうコトデスネ?」

律「…そうだ」

マチス「よく考えマシタネ~、グッドアイディアだヨ!
バーット、いくらエレブーが感電してしまっても確実に先にダウンするのはユーのニョロモね!」

律「…」

マチス「では、確実にダウンするように、最大出力で雷をシマショウ!
雨乞いというサポートのおかげでストリクトリー、絶対にヒットするネ!
エレブー、雷!」

ごろごろ…

マチス「さぁ、フィニッシュデース!」ぴかっ

律「へへ」にや

マチス「!?」

律「今だ!スカイ、自分の回りにマッドショット!」びちゃびちゃ

マチス「そんなことしても無…………
!!リアリー!?」

律「そのまさかさ」

マチス「マッドショットで雷を防がれ、ニョロモに当たらず行き場を失った雷は……」

律「あんたのエレブーに襲い掛かる…!」

ぴしゃん!

エレブー「エレブー!」

エレブーは倒れた

マチス「オーマイガッ!」

唯「やったね!りっちゃん」

律「やったぜ唯!」

マチス「マケタネ!
ベリーベリーナイスな戦いだったヨ!
これオレンジバッジよ!ギブユーね!」

律「どうも!」

律「よっしゃあ!
オレンジバッジゲットだぜ!」


……

唯「いやー凄い戦いだったよ!今までの中で一番激しかったね!3対3だったし!」

律「そうだな
つうか、このあとどこ行けばいいんだろ」

唯「う~ん…」

???「お~い!唯さん!律さん!」

唯「?」

律「誰だ…?」

助手「僕ですよ!オーキド博士の助手です!」

律「…」

唯「覚えてません!」

律(バッサリだー!)

助手「うう…確かに描写してなかったですけど、君達がポケモンを受け取った時だっていたのに…」

律「そ、そんな落ち込まないでくださいよ…(つか描写とか言うな!おまけ!で愚痴ろ!そうゆうことは)」

唯「ごめんなさい!私、馬鹿だから…あなたの気持ち考えなくて…うう…
ごめんなさい!オーキド博士が助手の人!」

律「唯、あべこべだ」

助手「まぁいいですよ
気にしたって仕方ないです、だって僕…こんなことしょっちゅうですから…」

律(暗ぇ!!)

唯「暗いですn」ぱしん

唯「痛いよ!りっちゃん」

律「お前は喋るな、ややこしくなる」

唯「え~…」

律「それで、何か用ですか?」

助手「あ、ああ。実はオーキド博士から頼まれてね、これを君達に渡せと」

律「なんですか?それ」

助手「ひでんマシンさ
フラッシュが入ってる」

律「フラッシュ?」

助手「ああ、暗闇を光で照らす技さ」

律「なんでそんなものを?」

助手「そろそろ君達が行く場所がなくて困っているころだと思ってね」

律「はい、ご名答です
さっき、あっちの道も行ってみたんですが、なんかポケモンがとおせんぼうしてて…船も行っちゃったし」

助手「うん。それでね、ハナダシティに一旦戻ると、東に道があるんだ
そこにはいあいぎりで切れる木が……って君達、いあいぎりって…?」

律「なんか聞いたことあるような気がしますが、知りません」

助手「そうですか、ならいあいぎりのひでんマシンもあげよう」

律「え、いいんですか?」

助手「ええ、そうじゃないと僕が博士に怒られてしまいますし…」

律「ありがとうございます」

助手「それでさっきの話の続きだけど、ハナダシティの東の道にいあいぎりで切れる木があるんだ
それをいあいぎりで切って奥に進むと、イワヤマトンネルという洞窟がある」

律「あ、そこでさっき言ってたフラッシュを使うんですね」

助手「そう。イワヤマトンネルの中は自分の体が見えないぐらい暗いんだ、だからフラッシュが要るんだ」

律「なるへそ、よく分かりました」

助手「うん、ということでハイ。いあいぎりとフラッシュのひでんマシンだ」

律「ありがとうございます」

助手「それじゃあ僕は行くね」

律「はい、また!」

律「さて、目指すはイワヤマトンネルだぞ唯!」

唯「う、うん!りっちゃん」

―VSマチス編+α完―

……

おまけ!

唯「りっちゃん、質問なんだけど、マチスさんとの戦いでりっちゃんがスカイ出したよね?
その時、スカイの水鉄砲をエレブーに浴びせたよね?
あれってマッドショットをやった方がダメージ与えられたんじゃない?
なんで水鉄砲にしたの?」

律「あー、それはアレだよ
雷の時のマッドショット作戦が警戒されるだろ?だからだよ」

唯「ほんとに?」じー

律「うっ…
ほんとはその…水鉄砲やった方が、か、かっこいいかな?って場面的に…さぁ//」

唯「うふふ♪」

律「な、なに笑ってるんだよ!」ぺしっ

唯「いたっ!痛いよ!りっちゃん!鬼畜だよ、野蛮だよ、おてて大きいよ」

律「う、うるへー!」


おまけ!!

律「そういや、なんか助手さんと話してる時、終盤らへん、唯静かだったな」

唯「だって…りっちゃんが喋るなって言うから…」

律「あ、ああ…
……なんかスマン」


VSマチス編+α、6章終わり



6