5章


唯「~♪」

律「えらくご機嫌だな唯」

唯「だってだってジム戦勝っちゃったんだもん!
ブルーバッジ…!」うるうる

唯「毎日磨くよー!
磨きに磨くよー!」わしわし

律「ははっ」

唯「ところでりっちゃん」

律「なに?」

唯「次はどこへ行こう?」

律「うーん…
そうだ、せっかくマサキにチケット貰ったんだし
クチバシティに行こう」

唯「そうだね!」

律「で、あちこち歩き回って探したけど
出口がないな、どうする?」

唯「………お巡りさんに聞いてみよう!」

律「あ、その手があったな
こうゆうときだけ頭が働くな唯は」

唯「もう、りっちゃんいじわるぅ」

唯「こんにちは、お巡りさん」

警察「ああ、君達か
なにか用かい?」

唯「出口を探してるんですけど、見つかんなくって…」

警察「ハナダからの出口かい?
う~ん…君達、いあいぎりって使えるかい?」

唯「いあいぎり?」

警察「知らないか…
……よし、まぁしょうがない
事情聴取も済んだし
この家を通っていいよ」

律「え!?でも」

警察「仕方がないんだ
ここ以外に君達が通れる出口がないんだ」

唯「しょうがないよりっちゃん
お言葉に甘えて通ろう」

律「…そうだな」

唯「おじゃましまぁ~す…
うわっ!足跡いっぱい!」

律「うわぁ…荒れてんなぁ
こりゃひでぇや
あんまり見てるとあれだからさっさと出ようぜ」

唯「うん」

唯「ういしょお、脱出!」

律「そんなダンジョンじゃねえんだか…ん?」

???「!?」

唯「え…誰?」

???「お前達!人んちの庭で何してる!」

唯「ひぇ!?ごめんなさい!」

律「あんたこそ、何してるんだ?」

???「ん?別に怪しいものではないぞ…………………………怪しい?」

唯「うん」

律「怪しいな」

???「ふん、ワンリキー!スリープ!蹴散らせ!」

唯「ブイ太!」

律「ランス!」


ロケット団下っ端「くそぉ…」

唯「やっぱりロケット団だったね関係あったね!」

律「ああ、とりま、しょっぴくぞ」



警察「ご協力感謝するよ」

唯「いえっ!」びしっ

唯「りっちゃん、何回も言うけど
敬礼だよ敬礼!」びしっ

律「あ、ああ」びし


……

唯「ここがクチバシティかぁ」

律「ほんと港町だな
潮の匂いが鼻をつくぜ」

唯「釣りがしたくなるねえ」

律「親父かっ」べし

唯「えへへ」



唯「………」

律「………」

唯「………」

律「………って本当にしてるし」

唯「りっちゃん、静かにして」

律「…ごめん」


唯「いやー、大漁だったね~」

律「コイキングしか釣れなかったけどな
全部逃がしたし…」

唯「りっちゃん、釣りは楽しむことが大事なんだよ!欲に目がくらんじゃダメだよ
意地汚いよりっちゃん!
卑しいよお粗末だよ」

律「お前には言われたくねえ!」


唯「そういえば、りっちゃんってまだランスしか持ってないよねえ」

律「そうだな、ここもジムあるみたいだし
この際だし捕まえるか!」


唯「可愛いポケモンいるかなぁ~」

律「私はかっこよくて強そうなのがいいんだけどな」

ぽちゃ

???「にょろ~ん」

律「なんだコイツ」

唯「かわいい~!
あ、ちょっと待っててね
オーキド博士から貰ったポケモン図鑑で調べてみる
ちなみに描写されてなかったけど今までもポケモンに出会う度に図鑑を使ってたんだよ!」

律「だから誰に話してるんだよっ」

唯「ニョロモっていうらしいよぉ」

律「ニョロモねえ…」

唯「捕まえてみなよ!りっちゃん」

律「よし、ランス行け!」

ランス「ニド!」

律「つのでつくだ!」

ニョロモ「!?」

ニョロモは倒れた

律「はれ…?弱…
まぁいいや、とりゃー!」 ころ ころ ぴん!

唯「やったね!りっちゃん」

律「あっさりだったけどな
まぁとりあえずニョロモゲットだぜ!」

唯「サントアンヌ号だね!」

律「ああ、入ろうぜ」

船乗り「チケットをお願いします」

律「はいよ、二人分」

船乗り「確かに確認しました
それではお気をつけて
よい船旅を」

律(私らはパーティーだけだけどな)

唯「広いね!りっちゃん」

律「おお…これはすげえな」

唯「私たちの部屋はここかなあ?」がちゃ

律「ちょ待t」

???「なんだね?君達は
ノックもなしに不躾な」

律「あ、すいません!
今出ていきますんで」

???「いやこれも何かの縁
せっかくだ、ポケモンバトルをしようじゃないか。船旅は暇でね」

律「よし!そうゆうことなら請けて立ちましょう!」

ジェントルマン「私はジェントルマンだ
さぁ行くぞ
ガーディ!」

ガーディ「ガウッ」

唯「可愛い~!
よしよしよしよしいよ~しよし」すりすり

ガーディ「ガウ~」

ジェントルマン「面白い子だな」

律「ははっすいません
唯、バトルの邪魔だぞ!」

唯「あっごめんね!りっちゃん
バトル頑張って!」

律「おう!
よし行け!スカイ!」

スカイ「にょろ~ん」

唯「ニックネームつけたんだね!」

律「ああ!コイツ、水タイプみたいだし
海って意味でな」

スカイ「にょろ~ん」

唯「…りっちゃん、凄い言いにくいけど
スカイって空だよね」

律「えっ
…あ」

律「………」

律「と、とにかく
勝負だぜジェントルマンさん!」

唯(ごまかした
無理矢理ごまかした)

ジェントルマン「ふふ、なかなか愉快な子たちだな
さぁ行くぞ!ガーディ
火の粉!」

ガーディ「ガウッ」ぼうっ

スカイ「♪」

律「甘いぜっ!
コイツは水タイプ!
火の粉なんてへっちゃらだぜ!」

ジェントルマン「ふ…さて、それはどうかな?」

律「!?スカイ!どうした!?」

スカイ「にょろ~ん…」

ジェントルマン「火の粉で体の水分が蒸発したのさ
たとえ不利な相手でも
それを覆す戦術があるものさ」

律「く…スカイ、雨乞いだ!」ざざぁ

唯「でも、こんなところで雨乞いなんてしたら…」

ジェントルマン「ああ!ベッドがぁ!」

律「あ、すいません!
でもこれで蒸発はしませんね
炎技も弱体化する!
そして…
スカイ、水鉄砲!」

ぷしゃっ

律「水技の威力が上がる!」

ガーディは倒れた

ジェントルマン「負けたよ
ふ、見事な戦術だ」

ジェントルマン「気に入った
君に預けることにしたよ」

律「なにをですか?」

ジェントルマン「これだよ」

「ヒヒーン」

ジェントルマン「ポニータだ
コイツはちょうど弱っていたところを見つけてね
看病するために捕まえたんだが……
まだ子供のようだからな
こんな年寄りよりも君みたいな元気な子と一緒にいたほうがいいだろう
受け取ってくれ」

律「い、いいんですか?」

ジェントルマン「ああ、これは私が頼んでいるんだ」

律「ありがとうございます!」

ジェントルマン「お礼を言うのは私の方だよ
ではかわいがってくれよ」

律「はい!
よし行こう!ヒート!」

唯「またもうニックネーム付けてるね!
それにしても安直なニックネームだね!りっちゃんは」

律「うるへー!
何でもかんでも『~太』の奴に言われたくねえ!」

唯「ひどいよ!りっちゃん」

ジェントルマン「ははは、気をつけていくんだよ」

唯律「はい!」


唯「でもいいな~
りっちゃんばっかりい」

律「へへ、まぁ唯も捕まえればいいさ」

唯「もちろん、その気だけどね!」


聡「お~い、唯さん!姉ちゃん!」

唯「あ、聡くん!」

律「激しくデジャヴだな」

唯「でも聡くん、なんでこんなところに?」

聡「いや~パーティーに招待されたんです!実力をかわれちゃって」

唯「すごいね!聡くん」がしっ

聡「い、いやあ///」

律「やっぱデジャヴだな
まぁ頑張れよ聡、私たちはパーティーを楽しむからさ」

聡「あ、そうだ
船長さんがなんか体調悪いらしいんだ」

律「そりゃ大変だ
見に行ってみるか唯」

唯「うん!船長室みたいし!」

律「はは…目的はそれかい」

聡「唯さんらしいですね」

唯「じゃあ聡くん、またね!」

聡「はい、失礼します」

律「じゃあな~」

こんこん

唯「失礼しまぁす」

???「うおえええ!」

唯律「!?」

律「なんだ?」

唯「あのー…どうかされたんですか?」

???「あ、ああ
船酔いしてしまってな」

律「もしかすると、船長さん?」

船長「ああ、私がこのサントアンヌ号の船長だ
……うっぷ」

律「ちょ、大丈夫ですか?」

船長「ああ、大丈……うおえええ!」

律(あのごみ箱の中はみないようにしよう…)

すりすりすりすり

船長「?」

唯「酔った時は背中をさするといいんですよお
憂がいっつも私にそうしてくれた
私も酔いやすいかr……うおえええ!!」

船長「」

船長「うおえええ!!」

律「おいおい大丈夫かよ…」


船長「ありがとう
だいぶ良くなったよ」

唯「はい!お安い御用ですよ!」

律「お前を宥めるのは苦労したがな」

唯「ありがとね!りっちゃん」

船長「さぁそろそろ出航の時間だ」

律「じゃあそろそろ行かなきゃな」

唯「え~まだごちそう食べてない~!探検したい~!」

律「はいはい、行くぞ~」

船長「じゃあ気をつけてな……………………うっぷ」

律(アンタこそな)


唯「行っちゃったね~」

律「大丈夫かな…船長」

唯「次はジムだね!
前は私が挑戦したから
今回はりっちゃんの番だね!頑張ってね」

律「おう!任せろぃ」


ーサントアンヌ号編完ー

……

おまけ!

ジェントルマン「………」

ガーディ「ガウッ」ぼわ~っ

ジェントルマン「夜までに乾くかな…ベッド……」

ガーディ「……」ぼわ~っ


サントアンヌ号編、5章おわり



5