4章


唯「いやぁマサキさんにブイ太のこと色々教えてもらったねえ」

律「なんだっけ
シャワーズ・ブースター・サンダース…
どれに進化させるんだ?」

唯「写真みたけどみんな可愛いよね!迷っちゃうよ」

律「んまぁ気長に考えればいいんじゃね」

唯「そうだね!さすがりっちゃん」

律「いや普通の意見だろ…ん?警察?」


律「こんにちは、どうしたんですか?」

警察「ん?ああ、ちょっとこの家に泥棒が入ってね
事情聴取してるとこなのさ」

唯「へえ、大変ですねえ」

律「まったく、悪いやつもいるもんだな!
ロケット団とかな!」

唯「もしかしてロケット団が関わってたりね」

警察「ん?ロケット団とはあのロケット団かね」

律「あ、やっぱり警察の方にも知れ渡ってますよね」

警察「ああ、ロケット団
近頃カントーを拠点に悪事を働いてるポケモンマフィア
我々警察も彼らの悪事にはほとほと困っているんだ」

律「そうなんですか」

警察「さっき君達が言ったとおり、この事件もロケット団が関係しているのかもしれない
だとしたら、まだこの辺にロケット団がいるかもしれない
気をつけてくれ」

唯「はい!」びしっ

唯「ほら、りっちゃんも!
敬礼、一回やってみたかったんだ!」びしっ

律「あ、ああ…」びし


律「よし、マサキんとこ行ったし
次はジム行くか!」

唯「あのね、りっちゃん!」

律「なんだ?」

唯「りっちゃん、今回は私が挑戦したい!
私、自分の力をためしたい!」

律「唯………
もちろんいいに決まってるだろ!がんばってこいよ!」

唯「うん!」

???「………」


唯「たのもー!!」ばん

「よう挑戦者!俺は海パン野郎だ!いざ勝負!」

唯「なんか裸の変な人がいるよ!りっちゃん」ぼそぼそ

律「聞こえるぞ、唯
あんな変態にからまれる前にさっさと行こうぜ」ぼそぼそ

海パン「聞こえてるわ!!
俺は変態じゃない!ここのジムトレーナーさ!
ここはプールもあるから海パンなのさ!」

律「へえ~
んじゃ行こうか唯」

唯「うん」

海パン「おい!待て!
勝負って言ってんだろ!
売られた勝負は買う!
それがトレーナーじゃないのかよ!!」

唯「海パンさん…!」

律「海パン…!」

律「別にそういうプライドないんで、んじゃ」

唯「うん」

海パン「おいいいい!
糞が!!待て!このデk」だだだだだ

律「デk…なんだって?」

海パン「え…?」

律「ランス…」

海パン「え?ちょ、待って…
え?なにする気?
え?ちょ、話せばわかるって…
大体俺、海パンいっちょ…
ああああああああああああああああ!!」


???「来たわね、挑戦者」

唯「あなたは…」

カスミ「私はハナダジムジムリーダー・おてんば人魚のカスミよ!」

律「(おてんば人魚て…)」

唯「よし!負けないよ!」ふんすっ

カスミ「じゃあ2対2の交代アリの勝負ね」

唯「え?でも私一体しか…」

カスミ「?
その後ろのポケモンしか持ってないの?」

唯「へ?後ろ…?」ちら

ちら

律「………」

ちら

???「………」

唯「りっちゃんのおデコがぴかぴかだからって
いくらなんでもポケモンと間違えるのはひどいよ!!」ぱしん!

律「ちがうだろーが」

唯「いだい~」

律「こっちのことだろ」

???「………」

唯「あ!この子、お月見山のピンク色のポケモンだよ!」

律「……ピッピか」

ピッピ「……」

唯「かわいい~」なでなで

カスミ「ちょっと私をおいて話を進めないでくれる?」

唯「う~ごめんねえ
この子、なんか勝手についてきちゃったみたいなの…」

カスミ「どうでもいいけど、早くしてよね」

律「どうするんだよ唯」

唯「ん~、でもこの子お月見山の子でしょ?
返してきた方が…」

律「でもお前についてきたんだろ?仲間になりたいんじゃないのか?」

唯「そうなのかなあ?
そうなの?」

ピッピ「ピッ」

律「らしいな」

唯「じゃあゲットしよう!
ちょうど2体になるしね」

ぽん ころころ ぴん

唯「よし、ゲットだよ!
カスミちゃん、ゴメンね待たせちゃって…
じゃあ勝負だよ!」

カスミ「ええ」

カスミ「行くわよ!ヒトデマン!」

ヒトデマン「ヘヤッ」

唯「ブイ太、出てきて!
すなかけ!」

カスミ「いきなりね…
まぁいいわ
ヒトデマン、高速スピンで吹き飛ばしなさい!」しゅるる

唯「ああっ!」

カスミ「ヒトデマン、みずのはどう!」しゅわっ

唯「ブイ太!
頑張って!しっぽをふって電光石火!」

ブイ太「ブイ!」どがん

ヒトデマン「ヘヤッ」

カスミ「くっ…」

唯「ブイ太!そのまま噛み付くで追撃だよ!」がぶ

ヒトデマンは倒れた

カスミ「なかなかやるじゃないの
でもこの子には勝てないわ
スターミー!!」ぽん

スターミー「トゥトゥトゥトゥル」

唯「あ!お月見山で戦った星くん!」

カスミ「へ?」

唯「いや、こっちの話だよ!」

カスミ「まぁいいわ
この子は私の切り札、エースよ
勝てるものなら勝ってみなさい!
スターミー、バブル光線!」しゅわわわ

唯「あっ!ブイ太!」

ブイ太は倒れた

唯「大丈夫?」

ブイ太「キュウ…」

唯「ここまでありがとうね、戻って」しゅうう

律「唯、大丈夫なのか?」

唯「うん!大丈夫!
こっちも切り札のピッ太で行くから!」

ピッ太「ピッ」

律「切り札って…
さっき捕まえたばかりだろ(つうか、もうニックネームつけてる)」

唯「じゃあルーキーだね!」

律「いや、そうじゃなくて…」

唯「なんでもいいよ!
行くよ、ピッ太!」

ピッ太「ピッ」

唯「ってピッ太ってどんな技覚えてるんだろう?」

律「おい!」がくっ

律「とにかくなんでもいいから
あてずっぽで言ってみろ!」

唯「了解!
かえんほうしゃ!!」

ピッ太「」

律「ってできるかっ!!」

唯「おほほ、冗談ですわよりっちゃん」

律「冗談いってる場合か!」

カスミ「漫才はいいから早くしてくれないかしら?」

律「あ、すいません
ってなんで私が謝ってんだ?
唯!真面目にやれよ!」

唯「わかってるよお
ええと、ピッ太…はたく!かな?」

ピッ太「ピッ」ぱしっ

スターミー「!?」

カスミ「スターミー、怯まないで!ただのはたくよ!
いつものように攻めて攻めて攻めまくりなさい!
バブル光線!!」しゅわわわ

唯「かわして!」

カスミ「バブル光線!」しゅわわわ

唯「かわし…」

ピッ太「ピッ!?」

唯「ああっ!
大丈夫?ピッ太!」

ピッ太「ピッ!」

唯「おおう!タフだねピッ太!
よし、おうふくビンタ!」

びしびしびしびしびし

スターミー「トゥトゥトゥトゥル!」

カスミ「スターミー!」

唯「いいよ、ピッ太!
そのまま…あれ?なにしてるの?」

ちっちっちっちっち…

唯「?」

律「なんだ…?」

カスミ「まさか…!いけない!スターミー気をつけ…」

ぴかっ

スターミー「トゥトゥトゥトゥル!!」ぴしゃん

効果は抜群だ!

スターミーは倒れた

律「今のは…電撃波?」

唯「でもピッ太がそんな技覚えてるなんて」

カスミ「違うわ
今のは指を振るよ」

唯律「指を振る?」

カスミ「そう指を振る
ランダムにその技以外の技が出るデンジャラスな技よ
今回はあなた、運よく電撃波が出たわね
まぁなんでもいいわ
私の負けよ
はいブルーバッジ」すっ

唯「あ、どうも」

律「やったな!唯」

唯「り、りりりっちゃん…私…」がくがく

律「ど、どうした?」

唯「……勝ったの?」

律「………………くくっ
なぁに、今更言ってんだよ!」どん

唯「え、えへへ……
やったよお!ピッ太ぁ!ブイ太ぁ!!」

律「(……これでちょっとは自信ついたんじゃないか?唯)
………ふふ」
ーVSカスミ編完ー

……

おまけ!


泥棒「あいつら、まだ来ないな…」

警察「もうすぐ来るんじゃないか?
まぁ饅頭でも食べて待ってろよ」すっ

泥棒「おお…さんきゅ」ひょい ぱく

警察「……」ぱくぱく

泥棒「……」ぱくぱく

警察「……」ぱくぱく

泥棒「……お茶ほしい」


4章終わり



4