~朝~

澪「ふあ……」

律「zzz」

澪「りちゅー、あさだよー」

律「ん、うーん……」

澪「りちゅー、おきてよー」

律「おお……澪は早起きだな」

律「ふああ~……よし、まずはパジャマ着替えないとな」

澪「はーい」

律「私は自分の準備があるから、一人でするんだぞ」

澪「わかった!」

澪「んしょ……んしょ……」

律「さーて、私も着替えてご飯だな」

律「澪、私は学校行くけどどうする?」

澪「りちゅがいくならいく!」

律「そっか。でも学校じゃずっと一緒にはいられないと思うんだ」

律(さすがに授業中にいるのは、まずいだろうしなぁ)

澪「やー!りちゅといっしょにいるー!」

律「うーん……私もいたいのはやまやまだけど、こればっかりはどうしようもないんだ」

澪「そんなぁ……」

律「軽音部のみんなで交代で一緒にいてあげるから、それで我慢してくれないか?」

澪「やー!りちゅとずっといたいー!」

律「あんまり我侭言うと、一人で留守番させるぞ!」

澪「ひっ……ごめんなさい……みお、がまんするから……おこらないで……」

律「ああ、怒ってないよ。澪が解ってくれたらそれでいいんだ。大きな声を出してごめんね」

澪「ほんとに……?おこってない……?」

律「ああ、だから一緒に学校行こうな」

澪「うん!」


~学校、音楽室~

律「というわけで、授業中は交代で澪とここで一緒にいてあげてくれないか?」

律「授業さぼることになっちゃうけど……」

唯「こんな可愛い澪ちゃんと一緒にいれるなら、それくらい全然いいよ~」

梓「まあ……しかたないですね」

律「助かるよありがと~」

紬「澪ちゃん、私のこと『お姉ちゃん』って言ってみて」

澪「むぎおねーちゃん」

紬「ああ……可愛い妹ができたみたい……」

唯「あー!ムギちゃんずるいよ~。澪ちゃん、私も~」

梓「わ、私も!」

澪「ゆいおねーちゃん」

澪「あじゅさおねーちゃん」

唯梓「か、可愛い~!」

律「まあこれなら大丈夫かな……」

律「じゃあ、最初に誰から一緒にいてあげようか?」

唯「はいはい!私が~」

梓「あ、唯先輩ずるいです!」

紬「私も一緒にいてあげたいです」

律「さすがに3人みんなサボるのはまずいだろ。じゃんけんだな」

唯紬梓「じゃーんけーん……」

澪「りちゅといっしょがいい……」

律「私は家でも一緒にいてあげたし、まずあいつらと一緒にいてあげような」

律「もちろん私も後で一緒にいてあげるからさ」

澪「うん!」

唯「やったー!」

梓「負けました……」

紬「残念だわ……」

律「それじゃ、最初は唯か。そろそろ授業始まるし頼んだぞ」

唯「あいあいさー!」

唯「それじゃ澪ちゃん、なにして遊ぼうかー?」

澪「なんかいっぱいあるー」

唯「ここは音楽室だからね。楽器がいっぱいあるんだよ~」

澪「がっき?」

唯「音を出すものなんだよ」

澪「これなーに?」

唯「カスタネットだよ」

澪「やってみたい!」

唯「じゃあ、一緒にやってみようか」

澪「うん!」

唯「それじゃあ、お姉ちゃんの真似してね」

唯「うんたん♪うんたん♪」

澪「うんたん♪うんたん♪」

唯「上手上手~」

澪「えへへ~」


一旦CM!

唯「親とかこまけえことはいいんだよ!」
律「まあそれだけ私にべったりだと思ったら可愛いだろ」



律「唯どうだ~?」

唯「うんたん♪うんたん♪」

澪「うんたん♪うんたん♪」

律「なにやってんだお前ら……」

唯「あ、りっちゃん」

紬「唯ちゃん、授業終わったから交代しに来たわ」

唯「あ、もうそんな時間なんだ~」

律「次は……」


梓「私です!」

律「そっか。じゃあ任せたよ」

梓「はい、任せてください」

唯「じゃあ、澪ちゃんまたね~」

澪「ばいば~い、唯おねーちゃん」

梓「それじゃ、澪せんぱ……じゃなくて、澪ちゃん一緒に遊ぼっか」

澪「ねえねえ、あじゅさおねーちゃん。これなーに?」

梓「あ、それはネコミミだよ」

澪「ねこみみ?」

梓「こうやって着けると……ほら」

澪「わ~すごーい!ねこさんになった!」

梓「にゃ~、澪ちゃん一緒に遊ぼうにゃ~」

澪「うん!みお、あじゅにゃんとあそぶ~!」

梓(子供の頃とはいえ、澪先輩にまであずにゃんって呼ばれるとは思ってなかった)

梓「それじゃあ、一緒に遊ぼうにゃ~」

澪「わーい!みおもいっしょにねこさんになるにゃ~!」

梓「にゃ~にゃ~にゃ~」

澪「にゃ~にゃ~にゃ~」

唯「あずにゃ~ん、交代だよ~」

梓「にゃ~にゃ~にゃ~」

澪「にゃ~にゃ~にゃ~」

唯律紬「……」

梓「はっ!?こ、これは違うんです……その、仕方なく……」

さわ子「梓ちゃん、なんだかんだ言ってそのネコミミ気に入ってくれてたのね~」

律「うわっ!?さわちゃんいつの間に」

梓「うぅ……恥ずかしい……」

澪「あじゅにゃん、みおとってもたのしかったよ~」

梓「それは良かったにゃ~。また遊ぼうにゃ~」

唯律紬「……」

梓「ああ、なんかだんだんクセになってきてる……」

律「まあそれはおいといて……次はムギか」



紬「はい」

律「じゃ、頼んだぜ」

紬「それじゃあ澪ちゃん、お姉ちゃんと一緒に遊びましょう」

澪「……」

紬「あら、澪ちゃんどうしたの?」

澪「みお、おなかすいた……」

紬「そういえば、もうお昼ね」

紬「じゃあ、澪ちゃんお菓子食べる?」

澪「たべたい!」

紬「じゃあ、用意するからいい子にしててね」

澪「うん!」

澪「わくわく!わくわく!」

紬「はい、澪ちゃんどうぞ」

澪「わーすごーい!これ食べていいの!?」

紬「ええもちろん。澪ちゃんのために用意したもの」

澪「いただきまーす!」

紬「どうぞ召し上がれ」

梓「ムギ先輩、授業終わりましたよー」

紬「しーっ!」

梓「えっ?」

澪「くぅ……くぅ……」

紬「お腹いっぱいになったら、眠くなったみたい」

唯「わ~、可愛い寝顔だね~」

澪「んん……りちゅぅ……」

梓「ふふふ、寝言で律先輩のこと言ってますよ」

唯「やっぱり、澪ちゃんはりっちゃんと一緒にいるのが一番いいのかな?」

律「みんなありがとうな。後は私がやるよ」

紬「それじゃあ、後はよろしくねりっちゃん」

律「ああ、任せとけ」




澪「くぅ……くぅ……」

律「気持ちよさそうに寝ちゃって」

澪「ん……あれぇ……りちゅ……?」

律「あ、起こしちゃったか?ごめんな」

澪「べつにいーよ!きょうはすっごくたのしかったもん!」

律「それはよかったな~」

澪「うん!あのねあのね、ゆいおねーちゃんはいっしょにかすたねっとしてくれたの!」

律「上手にできてたな」

澪「あとね、あじゅさおねーちゃんといっしょにねこさんになったの!」

律「あの時の澪は可愛かったぞ~」

澪「むぎおねーちゃんはおかしをくれたの!とってもおいしかったよ!」

律「ムギの持ってくるお菓子はいつも美味しいもんな」

澪「でも、やっぱりりちゅといっしょがいちばんいい~」

澪「ほんと澪は可愛いな~」

律「今日も学校終わったなー」

澪「りちゅ、はやくかえろー!」

律「そうだな」

唯「それじゃありっちゃんまたねー」

梓「澪ちゃんまたにゃ~」

澪「みんなばいばーい!」

律「澪は今日も私の家に来るか?」

澪「いくー!」

律「そっか。それじゃあみんなまたなー」


~夜~

律「澪は今日も楽しかった?」

澪「すっごいたのしかったよー!」

律「そっか」

律「なんで突然澪はちっちゃくなっちゃったんだろうな……」

澪「?」

律「元に戻るのかな……」

澪「どうしたのりちゅ……?」

律「ああ、ごめんごめん。なんでもないよ……」

律「それじゃあもう遅いし寝ようか」

澪「はーい」

律「お休み澪」

澪「おやすみなさーい」


律「澪、朝だぞ起きろー」

澪「ふみゅ……りちゅ……?」

律「お、起きたか。今日はお休みだからずっと一緒にいられるぞ」

澪「ほんと!?」

律「ああ、本当だよ」

澪「じゃあ、りちゅといっしょにおでかけしたい!」

律「よーし、じゃあお出かけしよっか!」

澪「わ~い!りちゅとおでかけ~!」

律「その前にお着替えして、ご飯食べようねー」

澪「は-い!」

律「ところで、澪はどこか行きたい所はある?」

澪「んーと、んーと……」

澪「りちゅといっしょなら、どこでもいい!」

律「そっか。じゃあ適当にブラブラするか」

澪「ぶらぶら~」

澪「わ~い、おでかけおでかけ~」

律「はしゃぎ過ぎて転ばないようにな」

澪「りちゅ、おててつなご!」

律「ん、いいぞ」

ぎゅ!

澪「りちゅのおてて、あったか~い」

律「澪の手は冷たいな」

澪「そーかなー?」

律「そういえば、『澪』は手が冷たいことを気にしてたっけ」

澪「?」

律「ああ、ごめん。澪のことじゃないよ」

澪「みおいがいにも、みおってこがいるの?」

律「ん……まあそうだな……」


澪「あってみた~い」

律「ごめんな。それは無理なんだよ」

澪「どうして?」

律「『澪』は、今ここにはいないんだよ」

澪「どこかにいっちゃったの?」

律「うん……」

澪「じゃあ、そのみおってこのかわりに、みおがいっしょにいてあげるよ!」

律「あはは、ありがとうな」

澪「だから元気だして!」

律「私はいつでも、元気いっぱいだぞ~」

澪「じゃあ、おでかけのつづき、いこ!」

律「はいはい」

澪「わ~、こうえんだ~」

律「ここで一緒に遊ぶか~」

澪「うん!」


……
………

澪「すやすや……」

律「遊び疲れて寝ちゃったか……」

澪「んん……りちゅ……」

律「ほんと、可愛い寝顔だな」

律「こうやって、小さい澪と一緒にいると子供の頃を思い出すなぁ」

律「澪は小さい頃から恥ずかしがり屋だったな」

律「…………」

律「なあ澪……いつになったら元に戻るんだ?」

律「最初は、小さい頃の澪と一緒に居れたみたいで楽しかった」

律「だけど、今は寂しいよ……」

律「やっぱりいつもの澪じゃないと駄目だよ……」

律「いつもみたいに、二人でふざけあったりしたいよ……」

ぽたぽた……

律「あれ……ぐす……おかしいな……涙が止まらないや……」

律「澪……みお……」

律「お願い早く戻ってきて……」


……
………

「律……律……」

律「あれ……?私……」

律「そっか……泣き疲れて寝ちゃったのか……」

「やっと起きたか律」

律「え……その声……」

澪「気がついたら律が隣で寝てるんだもん。びっくりしたよ」

律「澪……元に戻ったんだ……」

澪「そうみたいだな」

律「よかった……もう元に戻らないんじゃないかって心配で……」

律「寂しかった……寂しかったよぉ……」

律「うわぁぁぁぁん!!」

澪「もう……しょうがない奴だな」

律「澪……よかった……ぐす……澪……」

澪「もう心配しなくてもずっと一緒にいるさ」

律「うん……うん……」

澪「もう泣き止んだか?」

律「うん……ごめんね……」

澪「いいさ。私も律に頼りっぱなしみたいだったしな」

律「澪、小さくなった時のこと覚えてるの?」

澪「いや、正直あんまり……でも……」

澪「律と一緒にいて……一緒に話して……一緒に遊んでた……」

澪「それだけは確かな気がするんだ」

澪「私も律がいないとだめみたいだな」

律「私も澪が側にいないとだめみたい」

澪「ふふふ、それはさっきので十分解ったさ」

律「み、みんなには内緒だからな!」

澪「はいはい」

律「なあ澪……」

澪「ん?」

律「結局今回のことってなんだったんだろうな」

澪「さあ……解らないけど……もしかしたら」

律「もしかしたら?」

澪「私達が自分の気持ちを知るために、神様が用意してくれたのかもな」

律「あはは、澪らしい考え方」

澪「なんだよ。悪いか」

律「ううん……素敵だよ。まさに『二人だけのDream Time』だね……」

澪「ああ、そうだな……」



fin.