唯(どうしよう離れないと! でも私からは離したくない!)

梓(唯先輩離してください! 先輩たちきちゃいます!)

唯(ああああずにゃん離してよー)

梓(唯先輩いいい!!)


ガチャ

律「おーっす……ってなんだ取り込み中か」

澪「唯は梓にだきつくの好きなんだな」

紬「あいかわらず仲良しね」


唯「……」

梓「……」


律「あれ? 今日は梓も抱きついてんのか、珍しいなー」

梓「!」

澪「と、とりあえずお茶……じゃなくて練習……」


……


律「このケーキうめー」

紬「でしょ!? それはねベルギー王室ご用達のなんたらかんたらで」

澪「……」

律「ま、ケーキはいいとして」

澪「あれはいつまで抱き合ってるんだ」


唯「……さぁ」

梓「……しらないです」


律「接着剤でもついてんのか?」

紬「腕しんどくないのかしら……」

澪「しかもなんで真顔……」


唯「……慣れた」

梓「……ですね」

澪「一日中そうしてるつもり?」


唯「……どうだろうね」

梓「……唯先輩が離してくれないことにはなんとも」

唯「え? あずにゃんが離してくれないからだよ……」

梓「えっ」


紬「ふ、複雑な関係のようね」

律「こりゃめんどくさい感じがぷんぷんするぞ」

澪「練習できるのかこれ……」


唯「あずにゃん。じゃあせーので離そうよ」

梓「そ、そうですね。それならあと腐れなく……」


律「あと腐れってなんだ」

澪「どんな過程があったかしらないけど早く練習したいから離れろー……」

紬「過程ちょっと知りたいかも……ちょっとだけ」


唯「……せーの!」

梓「!」



唯「……」

梓「……」


澪「離れろよ!」

律「なんでフェイントかけあってるんだよ!」


唯「あずにゃんずるい」

梓「唯先輩もずるいです」

唯「ほ、ほら私は抱きつき魔だから! 決して自分からは離せない習性なのです!」

梓「じゃ、じゃあ私はくっつき魔ですから! どうこうされない限り離れられません!」

唯「……」

梓「……」

紬「ハラハラ」


澪「もういい! 今日は解散!」

律「澪が怒った!」

紬「じゃあ私も怒る! こらー!」

梓「すいません、でも唯先輩が……」

唯「え~? 人のせいにしてー! あずにゃんのせいだよー!」

梓「わ、私が何したっていうんですか!」

唯「そ、それは……」カァ

梓「……なんで照れるんです?」

唯「かわいすぎるから……」

梓「はにゃ!? かわ!? にゃ!?」

唯「だ、だってぇ……ずるいよあずにゃん……」

梓「……ゆ、唯先輩だって……ずるいです」

唯「な、なにが……」

梓「そんなに……可愛い顔して……ふわふわで……」カァ

唯「なななな! 可愛い~!? そ、そんな……あずにゃんったら……もうっ」


梓「……ほんとですよ」

唯「……うぅ。あずにゃんのほうが可愛いもん」

梓「そんなことないですし」

唯「そんなことあるですし」

梓「むぅ……いじわる唯先輩」

唯「ほめてるのにー……えへへ」


律「……き、きみたちぃ、よすんだ! やめたまえ、神聖な学び舎だぞここは!」

澪「やめような!? こんな空気にされたらこのあと練習どころじゃないからやめような!?」

紬「こ、こらー!」


唯「……怒られちゃった、てへ」

梓「悪い人」

唯「あずにゃんもだよ」

梓「でもこんなにあったかいならいいかも……」

唯「……だね」


澪「どうしよう二人だけの国にいっちゃった」

律「帰るか」

紬「そうね。ケーキここに置いとくから食べてね」

澪「ちゃんと鍵職員室にかえすんだぞ」

律「明日は練習できますように」

澪「絶対するから!」


唯「……くふ、みんな帰っちゃった」

梓「あーあ、私の真面目キャラどうしてくれるんですか」

唯「いいじゃん。こっちのほうがいいでしょ?」

梓「そ、そうですけど……ふぁ……」

唯「可愛いあずにゃん」

梓「可愛い唯先輩……」

唯「えへへ、あずにゃん好きだよー」

梓「はい……私も好きですよ……あ、やっと言えた」

唯「ずっと聞きたかったよ……あずにゃんの口から好きって言葉」

梓「でも、唯先輩のいつも言う好きとは違いますから」

唯「……うん。しってる」

梓「唯先輩が今言った好きは……ど、どっちですか?」

唯「……あずにゃんが言ったのとおんなじ好きだよ……えへへ」

梓「えへへ……嬉しいです……嬉し……グス」

唯「泣くほど?」

梓「嬉しいですよ……ずっと、こうなりたかったんです」

唯「そうなんだ……私も!」

梓「はじめて抱きつかれた時から……どきどきがとまらなくて」

唯「うんうん! 私もはじめて抱きついた時からなんかおかしな気持ちになってたよ!」

梓「あれ、これ変だなって思ったときには。もう恋しちゃってたんです」

唯「だよね! 一緒! あずにゃんと一緒!」

梓「うぅ……良かった……正直、怖かった部分もありましたから」

唯「嫌われたらどうしようとか? ごめんね、私も怖がりだからなかなか言い出せなかったの」

梓「はい……でも、優しく抱きしめてくれました」

唯「うん……あずにゃんも抱き返してくれた」

梓「それだけで、充分お互いに通じてたんですよね。きっと」

唯「……うん!」

梓「外も暗くなってきましたし、そろそろ帰りましょっか」

唯「そうだね」

梓「じゃあ一旦離れないと」

唯「うん、せーので離そうよ!」

梓「はい。今度はフェイントなしですよ!」

唯「おっけー、せーの!」


梓「……」ギュウ

唯「……」ギュッ


梓「ふふ、抱きつき魔はさすがですね」

唯「あははっ、くっつき魔ー」


―――――――夜―――――――――


梓「あれ? ダッチ唯先輩がしぼんでる」

梓「……空気ぬけたのかな」スコスコ

梓「あれ? ふくらまないよ……おかしいな」

梓「……ふふ、そっか。もう役目は終わったんですね」

梓「ありがとうございましたダッチ唯先輩」

梓「おかげで自分のホントの気持ちに気づけました!」

梓「そ、それと唯先輩とお付き合いできるようになったんですよ!」

梓「やったー!」

梓「うふ……えへへ、夢みたい」

梓「ほっぺたつねっへも全じぇんいひゃくない、えへへ」

梓「うれひー……」

梓「っと! 明日は初デートだからもう寝ます!」

梓「おやすみなさいダッチ唯先輩……じゃなくて唯先輩!」

――――――――――――――――

唯「ほえーみごとにぺったんこだ」

唯「ダッチあずにゃんよ、さらば~」

唯「えへ~でも私には本物のあずにゃんがいるもんねー」

唯「生あずにゃんだよー? 生って、うへへ下品だね」

唯「よし、明日は初デート! なにきていこうかなー」

唯「あずにゃんはぜったい気合入れてめかし込んでくるよね!」

唯「私もとっておきのTシャツ用意しなきゃ」ゴソゴソ

唯「……およ? これ、付属の女の子用おちんちん」

唯「あれれ、なんでこれだけ空気ぬけてないんだろ」

唯「……? ま、いっか! もしかしたらそのうち使えるかもだし、一応とっておこ!」

唯「むふー、ということでおやすみあずにゃ~ん♪」




おしまい