唯「ホットケーキっ♪」

律「生クリームもあるから塗ったらおいしいそうじゃん?」

唯「おぉ~っ生クリーム~」キラキラ

ジュ~ッ

唯「りっちゃん見てみて~っ」

律「ん~?」

唯「ほら!ハートの形っ」

律「おぉ!可愛いなっ」

唯「これりっちゃんにあげるねっ」

律「サンキューっ」

唯「私からのキ・モ・チだよっ☆」

律「そ、そっか///」

唯「生クリームと一緒にミカンとか乗せてみない!?」

律「ナイスアイデア!」

唯「生クリームミカンホットケーキ完成っ」

律「んしょ…っとと」

唯「りっちゃん何作ってるの?」

律「じゃーん!完成っ」

唯「おぉーっ」

律「10段ホットケーキだよんっ」

唯「でっかー…」

律「早く食べようぜっ」


唯律「いただきまーすっ」

律「パクッ…もぐもぐ」

唯「どう?私の作ったホットケーキおいしい!?」

律「おぅ!」

唯「良かったーっ」ニコッ

律「後は10段ホットケーキだけだな…」

唯「こんなに食べられないよ~」

律「げぷっ……聡にあげるか」

唯「せっかくだから写メ撮ろうよっ」

律「おっけー!」

唯「セルフタイマー!」

律「ほら!早くこっち来いっ」

唯「んーっ!」ギューッ

律「いぇーい!」ギューッ


パシャシャシャシャ

律「何で連写なんだ…」

唯「あれれ?」

律「さてとそろそろ……なんだっけ?」

唯「何しにりっちゃん家に来たんだっけ?」

律「う~ん…ま、いっか!」

唯「うん!」


唯「りっちゃんゲームしようよ!」

律「おぅ!何やろっか?」

唯「マリテニやろーっ」

律「望むところだー!」


『マリオテニ~ス♪』

唯「私ドンキー使う!」

律「おぉ…結構ガチだな…」

唯「りっちゃんは何?」

律「私はテレサだっ」キリッ

唯「りっちゃんに私のサーブ取れるかな~」

律「私の華麗なるプレイ見てビックリするなよ~?」

唯「あ、りっちゃん☆マーク付け忘れてるよ」

律「おっと…危ない危ない」

唯「じゃあ始めよっか!」

律「かかってこいやーっ」

ピコピコ…

律「ぐはー!また負けた~」

唯「りっちゃん弱~い」

律「唯が上手すぎるんだよ」

唯「あっはっはっ」

律「ふぅ…そろそろ休憩終わりに……ってあれ?」

唯「どしたの?りっちゃん?」

律「何の休憩だったけ?」

唯「えっと………」


唯律「あーーっ!」

律「テスト勉強!テスト勉強だよっ」

唯「そうだ!テスト勉強だった!スッキリした~」

唯「…………」

唯「りっちゃ~ん……」ウルウル


律「早く勉強の続きするぞ!」

唯「うぅ…今からでも間に合うかなぁ」

律「唯なら大丈夫だよ」

唯「りっちゃん……私頑張るぞ!」

律「頑張れっ」

唯「よし!早速ノート写し開始だーっ」

律「お…おぅ!」

律(全教科ノート取ってなかったのか…)


テストの日

先生「それでは試験開始!」

カキカキ…

唯(あ!これりっちゃん家でやった問題だっ)

カキカキ…

律(唯…大丈夫かな)

カキカキ…


先生「はい、テスト終わり~後ろの人からテスト回収して」


律「唯~っテストどうだった!?」

唯「………」チーン

律「ダメだったのか…」

音楽室

唯「あっはっは………」

律「しっかり勉強したのに…」

唯「赤点だったらどうしよ~」ブルブル

律「まぁ悩んでたってしょうがないって!」

唯「りっちゃん…」

律「息抜きに遊びに行こーぜ!」

唯「うんっ」

律「じゃーん!映画のチケット貰ったんだっ」

唯「わぁ!見に行こう!」

澪「り、律!私も…」

律「悪いっ澪…これペアチケットなんだ…」

澪「そっか……」


唯「映画ってなんの映画なの?」

律「なんか良く分からないけど恋愛モノみたい」

唯「恋愛かぁ…///」ポッ

律「何照れてるんだよ~」

唯「な、何でもないよ~///」

律「ゴールデンウイークに行こっか!」

唯「うんっ」


澪「はぁ………」

紬「澪ちゃん……」

澪「なんか悲しい……」

紬「…………」


ゴールデンウイーク

唯「りっちゃん、おぃっす」

律「おっす」

唯「映画館行こっか」

律「おぅ!」


映画館

唯「りっちゃん!ポップコーン買っていい!?」キラキラ

律「いいぞ!映画と言えばポップコーンだしなっ」

唯「あとは……」

唯律「コーラ!!」

唯「だよね~っ」

律「当ったり前だ!」

唯「じゃありっちゃんの分も買ってくるねっ」

唯「すいませーん!ポップコーンとコーラ2つ下さ~い」

店員「はい、毎度~」

唯「よいしょ……っとと」ヨロヨロ

テクテク

唯「もぐもぐ…りっちゃ~ん!」

律「サンキュー……って、なんかポップコーン少なくない?」

唯「そ、そうかな~?」アセアセ

律「………」ジーッ

唯「な、何っ?」ドキッ

律「口の周りにポップコーンのカス着いてるぞ」

唯「むむっ…」アセアセ

律「つまみ食いするなっ」フキフキ

唯「んっ……ごめんなさいっ><」

ビーーッ

唯「そろそろ映画始まるね」

律「トイレは大丈夫か?」

唯「ばっちり!」


『ズゴーンッ』
『くそっ…なんてパワーだ…』

唯「あれ、りっちゃん?」

律「うん?」

唯「映画って恋愛モノじゃ……」

律「これは別の映画予告だぞ」

唯「えっそうだったの?」

律「もうちょっと後から本編だからな」

唯「ワクワクっ」

唯「やっと始まったよ」

律「うん…」

唯「………」

律「………」


『――ある日、俺は恋に落ちました――』

『「姉ちゃん…あんな所で何してるんだろ…」コソコソ』

『その日俺は学校をサボってる姉ちゃんを見つけました』

『「お姉ちゃん……ん?君は?」コソコソ』

『その時に俺の隣に来た女性、憂さんに――――』


唯「…なんかどっかで見たことある気がする」

律「確かに…」

唯「りっちゃん…手…」スッ

律「ん」スッ

ギュッ

唯「…………」

律「…………」


『「憂さん!文化祭一緒に行きませんか?」』

『「どうせ行く人いないし………いいよっ」』


律「唯……」

ちゅ

唯「りっちゃん…///」

律「……好きだよ///」

唯「ど、どうしたの?いきなり?///」

律「いや…なんか……気持ちが膨らんだっていうか…///」

唯「気持ち?」

律「好きだーって気持ちが…こう、ぶわーっと沸いてきて…///」


唯「………///」

律「あはは……こんな映画見てるからかな///」

唯「私も好きだよっ」ガバッ

ぎゅ~~~っ

律「///」

唯「今日さ……一緒にお泊まりしない?」

律「お泊まり?」

唯「うん……うちに泊まりに来て?」

律「…うん、いいよっ」

唯「へへ……やったぁ」


テクテク

唯「映画面白かったぁ」

律「だなっ」

唯「りっちゃん、誘ってくれてありがとね?」

律「私も楽しかったからいいよ」

唯「えへへ~///」

律「んふふっ///」

唯「じゃあ家にいこっか!」

律「おーっ」


唯の家

唯「ただいま~」

しーん

唯「…あれ?誰もいないのかな?」

律「おじゃましまーすっ……ってどうしたんだ?」

唯「みんなお出かけしてるみたい」

律「ってことは……」

唯「今は2人きりだよっ」

律「そっか…///」

唯「何で顔赤くしてどうしてるの~?」ニヤニヤ

律「いや、なんでも……///」

ぐぅ~

律「///」

唯「お腹減ったの?」

律「ま、まぁな」

唯「じゃあ鍋にしよーよ!」

律「賛成ーっ」

唯「ましゅま…」

律「はい却下!」

唯「え~っ」

律「キムチ鍋にしようぜ?」

唯「わかったよぉ……」ガックシ

律「絶対そっちの方がうまいって」

唯「うん…」

グツグツ

律「唯ー!出来たぞっ」

唯「うん」

律「まだ怒ってるのか?」

唯「怒ってないもんっ」

律「ほら?食べてみ?あ~んっ」

唯「あ~……マシュマロ豆乳の方が絶対にうま……」モグモグ

唯「…うまいっ」

律「だろ?」

唯「うんっ…モグモグ」

律「モグモグっ」

唯律「ごちそうさまでしたーっ」

律「ふぅ…食った食った」

唯「りっちゃん、今日うちに泊まっていくんでしょ?」

律「ああ」

唯「じゃあ一緒にお風呂入ろっ」

律「おーっ」

唯「昨日入浴剤買ったからいい匂いするよ~」

律「どんな入浴剤買ったんだ?」

唯「マシュマロ豆乳!」

律「またそれか…」


未完