唯「……と言う訳なんだ!」

聡「そんな……」ウルウル

唯「でも諦めちゃダメだよ!」

唯「千里の道も一歩からだもん!」

律「あ、私この間それ言った」

唯「あれー?」

聡「うん…そうですよね!」

聡「俺!また頑張ってみます!」

唯律「立ち直ったっ」

唯「適当に言っただけなのに…」


唯の家

唯「ただいま~……って誰もいないのかな」

テクテク

憂の部屋

唯「2人とも憂の部屋かな?」

憂『梓ちゃんっ…///』

梓『憂っ~///』


唯「…ここはそっとして置いてあげよう」


唯の部屋

唯「はぁ~今日はもう寝ちゃおーっと」

唯「くかーっくかーっ」


チュンチュン

唯「う~ん……」

唯「あっ今何時だろっ」

唯「ほっ…7時か~まだ学校に間に合うよ」

唯「でも憂はまだ起きてないのかなぁ」


憂の部屋

唯「おはよー…」コソコソ

憂「ぐ~っぐ~っ」ギュッ

梓「ス~ッ…むにゃむにゃ」ギュッ

唯「わぁ!2人とも手繋いで寝てるよ」

唯「りっちゃんにも教えてあげよ」


律「おーすっ」

唯「おはよーっ」

律「今日は早起きできたんだなっ」

唯「昨日帰った後にすぐ寝たからね~」

唯「ねぇねぇりっちゃん?」

律「うん?」

唯「手繋ごうよ~」

律「いいけど……なんか怪しいぞ?」

唯「実はね憂とあずにゃんがね、かくかくしかじか」

律「へ~っなんか2人とも可愛いなっ」

唯「なんか私たちの最初の頃に似てないっ?」

律「あ~言われてみれば…」

唯「なんか憂たち見てると初々しいよねっ」

律「そーだねっ」

唯「憂が……初々しいよねっ」

律「そーだなーっ」

唯「憂と初々しいのダジャレだよっ」

律「あはははー面白いな唯は、あはははー」

唯「りっちゃん棒読みだよ」

律「だって笑えないし!」

唯「言ったなー!これでどうだっ」コチョコチョ

律「ひゃははっ……それは反則っ…あははっ」

唯「ふふ~んっ」キリッ


学校

唯「りっちゃ~ん、お昼一緒に買いに行こーよっ」

律「いいよっ」


購買

ワイワイガヤガヤ

唯「わっ…凄い混んでるよ…」

律「買いに行けそうか?」

唯「チャレンジしてみるっ」ダダダッ

ドンッ

唯「あ~れ~っ」

律「人混みに弾かれたっ」

唯「りっちゃん……」ウルウル

律「…しょうがない、私の弁当半分やるよ」

屋上

律「はい、あ~ん」

唯「あ~…はむはむっ」

律「今度からは学校来る時にご飯買っておけよ?」

唯「うんっ……もぐもぐ」ニコニコ

律「…まぁいっか」モグモグ

唯「あっこのコロッケ食べてもいい!?」

律「だーめーだ!これは私の好物だからなっ」

唯「……食べたいなぁ」

律「………」

唯「りっちゃ~ん?」キラキラ

律「…半分こなっ」

唯「やったぁ~っ」

唯「ん~うまいうまい♪」

律「私のコロッケが………」

唯「♪」

律「そういえば、唯?テストは大丈夫か?」

唯「ふぇ?テスト?」

律「中間テストだよ」

唯「…………」

律「…大丈夫じゃないなコレ」

律「よーし!私の家で一緒に勉強すっか!」

唯「うん!私、りっちゃんと一緒なら何時間でも勉強ちゃうよっ」

律「じゃあ早速今日の放課後からスタートなっ」

唯「りょーかいっ」

キーンコーンカーンコーン

唯「よーし!学校終わったーっ」

唯「りっちゃ~ん!早くりっちゃん家行こっ」

律「おうっ!」

紬「2人とも練習は?」

唯「……ははっ…分かってるよ~!」

律「そ、そうだよ!これから音楽室行こうと思ってた所だって!」

紬「そ、そう…」

音楽室

唯「さ~て!練習頑張るぞーっ」

澪「お、今日は凄い気合いだな」

唯「だって今日は練習が終われば……」ニヤニヤ

澪「うん?何かこの後あるのか?」

唯「ぷぷっ秘密~♪ね~りっちゃん!」

律「ね~っ」

澪「はぁ……」


コンコン…ガチャ

梓「こんにちわ~」

唯「おぉ!あずにゃんだ~ぁ」キラキラ

紬「梓ちゃん、お茶どうぞ」

梓「…早く練習しましょう!」

紬「ケーキは…?」

梓「ケ、ケーキ……」

梓「は、早く練習するです!」

唯「あずにゃ~ん?ケーキ美味しいよ?」ギュッ

ぎゅ~~~っ

梓「唯先輩っ///」

唯「ほら?あ~ん」

梓「あ~…パクッ」

唯「美味しいでしょ?」

梓「はいっ!」


律「………」プクーッ

律「ゆ~い~っ!」プクーッ

唯「んー?…ってもしかして怒ってるの?」

律「怒ってねーし」プクーッ

唯「あ~りっちゃんヤキモチ妬いてるんだぁ」

律「違うよっ///」

唯「安心して!私にはりっちゃんしかいないよっ」ガバッ

ぎゅ~~~っ

律「唯……」

唯「って言うかあずにゃんには憂がいるじゃん」

律「そうだったな」

唯「はい、りっちゃん!あ~んっ」

律「あ~…ん」


ジャジャ♪ジャジャ♪ジャーン♪

澪「ふぅ…今日はこれくらいにしとくか」

律「そうだな」

コンコン ガチャ

憂「こんにちわ~…」

梓「憂っ!」ピクンッ

憂「梓ちゃん迎えに来たよっ一緒に帰ろっ!」

梓「うんっ」


唯「お二人さん仲がいいね~」ニヤニヤ

憂「お姉ちゃん達には負けないよっ」

唯「私たちだって!りっちゃんっ」ギューッ

律「おぅ!」ギューッ

律の家

唯「おじゃましま~す」

律「誰もいないから気遣いしなくていいよ」

唯「よーし!頑張っちゃうぞーっ」

律「おぉー!」

唯「りっちゃん!」

律「なんだー?」

唯「ノート写さして?」キラキラ

律「そっからかいっ」ビシッ

唯「だって授業中ってなんだか眠くなっちゃうんだもん」

律「いつも寝坊してるくせに…」

唯「私だってやれば出来るっ」

カキカキ…

唯「…いいくにつくろう……っと」カキカキ

律「………」ジーッ

唯「いちみさんざん……っと」カキカキ

律「………」ジーッ

律(真面目な顔した唯もいいな…)

唯「ん?りっちゃん何見てるの?」

律「いやっ別になんでもない!」

唯「ふ~ん」

律「あははは……」

唯「あ!りっちゃんこれって何?」

律「それは私の落書きだっ」

唯「落書き?」

律「上手いだろ~?」

唯「可愛い犬だねっ」

律「……うん」

律(クマ描いたのに…)

カキカキ…

唯「うぅ~…もう疲れたぁ」

律「まだ1時間しかやってないぞ」

唯「ちょっと休憩しない?」

律「しょうがないなぁ…ちょっとだけだぞ?」

唯「やったぁ~」ガバッ

ぎゅ~~~っ

律「ゆっ唯!?」ギューッ

唯「こーしてるのが一番安らぐのっ」ギューッ

律「唯……いい子いい子っ」ナデナデ

唯「へへ…///」

唯「今日は家に誰もいないんでしょ?」ツンツン

律「うん」

唯「りっちゃん……」


律「ん?」

唯「えいっ」ドンッ

律「うわっ」ドテッ

唯「…………」

律「い、いきなり押し倒しすなよっ」

唯「よいしょ……っと」

律「私のお腹の上に座るなーっ!」

唯「りっちゃん……だーい好きっ♪」

ちゅ

律「んんっ///」

唯「ふふふ…りっちゃん隙だらけだよ」

律「コノヤロー!上から降りろーっ」コチョコチョ

唯「あひゃははは!」コテンッ

唯「あははははっ…もっ、もうやめて~」ジタバタ

律「勉強に集中するか!?」コチョコチョ

唯「あははは…します!します!するからやめて~」ジタバタ

律「よーし、分かった!」

唯「はぁ…はぁ…///」グッタリ

律「ほら、早くやるぞ~っ」

唯「はぁっ…待って、ちょっと休憩させて?」

律「今がその休憩中だっ」

唯「りっちゃんスパルタ~」プクーッ


唯「ふむふむ……」カキカキ

律「なぁ唯?」

唯「なーに?」

律「卒業したらどうするんだ?」

唯「え?一緒に暮らすんじゃないの?」

律「それはそうだけど……進路とかだよ」

唯「進路かぁ…」

律「進学するか?それとも就職?」

唯「ん~…まだいいや!」

律「そっか」

唯「りっちゃんは?」

律「私は進学しよっかな」

唯「じゃあ私も!りっちゃんと同じ学校に行きたい!」

律「いいのか?唯の好きな道に進めばいいんだぞ?」

唯「りっちゃんと一緒にいたいんだもん!その為なら例え火の中、水の中!」

律「草の中、森の中~♪」

唯「土の中、雲の中、あの子の」

唯律「スカートの中~♪」

律「きゃーっ><」

唯「やっぱ進路はポケモンマスターに……」

律「現実を見ろっ」ゴツン

唯「あうっ」

唯「早く2人暮らししたいねーっ」

律「だなっそしたらずっと2人で居られるんだぞ!」

唯「それってすごいねっ」ワクワク

律「唯は掃除当番で決まりなっ」

唯「えーっなんでー?」

律「だって唯の料理のセンスおかしいじゃん」

唯「マシュマロ豆乳鍋とか?」

律「うん」

唯「じゃありっちゃんは料理出来るの?」

律「まーな!パスタとかラーメン作れるし」

唯「レトルト?」

律「ギクッ…」

唯「…………」

律「まぁ美味ければいいんだよっ」

唯「………」コクリッ

律「頼むから何か言ってくれっ」

ぐぅ~

唯「…///」

律「お腹空いたのか?」

唯「うん…食べ物の話したからかな」

律「じゃあまた一緒に作るか!」

唯「うん!何作ろっか!?」

律「ん~…ホットケーキ焼くか」


19