・・・

澪「ってな感じで結構種類も豊富でよかったぞ」

梓「へぇ・・・今度行ってみますね」

澪「少しすれば人ごみもなくなるだろうしな」

梓「じゃあ・・・も、もし時間があったら・・・その・・・」

澪「ん?」

梓「あの・・・一緒に行きませんか」

澪「あぁいいぞ?他にも買い物したかったし」

梓「ホントですか!?」

澪「律じゃ洋服とかあんまり興味持ってくれないからな」

梓(律先輩gjです!)

澪「たまには息抜きも必要だしな!」

梓「そうですね!じゃあ今度の休みにでもどうでしょう?」

澪「そうするか。それにしても皆遅いな」

梓「掃除当番ってのも定番ですけどね」

・・・

梓「また練習しなかったですね・・・」

律「まぁまぁ!来週はみっちりとやろうじゃないか!」

梓「はいはい」

律「中野ォォォォォォ!」ダッ

梓「きゃー!」

唯「あずにゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!」ダッ

梓「なんでー!?」

紬「あらあら」

澪「まったく、仲いいな」


――――

唯「じゃあ私こっちだから~」

澪「あぁ、また月曜にな」

紬「私も駅いくね」

律「おぉ、後でメールするよ!」

紬「待ってるね♪」ノシ

梓「皆さんお疲れ様でした」クタッ

澪「私もあとで連絡するよ」

梓「はいっ!」

律「おやおやぁ?怪しいですなぁ・・・」

澪「なっ、なにがだよっ」

律「唯一の後輩と二人でいけない関係n」ゴッ

澪「馬鹿言ってるんじゃない!」

律「ふぃー久しぶりに頭がぁ・・・」ヒリヒリ

澪「律がいけないんだからなっ」

律「でも梓となんかあんのか?」

澪「あぁ今度買い物に行く約束をしたんだ」

律「えぇ~私は~」

澪「一緒に行くか?律洋服とか乗り気じゃないから・・・」

律「だって・・・あんなメルヘンな世界・・・」

澪「たまには可愛い服着てもいいんじゃないか?」

律「私は動きやすいほうのが楽なんだも~ん」

澪「そっか・・・確かに可愛くなった律って・・・」プッ

律「澪が話振ったんだぞ!?」

澪「悪い悪い」フー

律「まったく!」

澪「じゃあ私も行くよ」

律「お、気をつけてな~」ノシ


……

律「ただいまー」

聡「おかえり姉ちゃん」

律「またゲームか」

聡「テレビゲームは中学生の義務だろ」キリッ

律「・・・案外間違ってない」

聡「姉ちゃんも一緒にやるか?」

律「いや私はいいや。聡じゃ相手にならん」

聡「でたよゲームクイーンが」

律「まだまだ幼い弟をいじめるなんて・・・慈悲深い私には・・・」ガクッ

聡「はやく部屋行けよ」

・・・

律「あー続きが気になる終わり方だなぁ・・・」ポイッ

律「これは続編に期待ってことか・・・」ンー

律「・・・さて、風呂入る前にムギに連絡しとくか」

『私だよん☆ムギは土曜と日曜どっちがいい?』

律「さて、風呂にでも・・・」ブブブ

律「・・・早ぇえよ!」

『私はどっちでもいいよ(はぁと)楽しみで今日寝れないかもっ!』

律「ほう・・・」

『じゃあ両方遊ぶか!澪には勉強!って怒られそうだけどww』

『ホント!?じゃあそうしよっか!えへへ~りっちゃんとデートー♪』

律「ははっ、可愛いやつめ・・・」

『じゃあ明日13時に駅でいいかー?』

『うん!大丈夫!楽しみにしてるね(キラキラ)』

律「じゃあ又明日なー・・・っと」

律「何だかんだ風呂入りそびれてた・・・入るか」

・・・

律「ふぅ・・・」カポーン

律「なんだかんだ明日楽しみだなー」

律「ふふっ♪」

・・・

律「ふぁー・・・っと案外早く起きたな・・・」ノビー

律「寝たの遅かった筈なんだけど・・・」

律「これじゃムギのことなんだかんだ言えないな」タッタッ

聡「あれ姉ちゃん早いじゃん」

律「またゲームか」

聡「まだゲームだ」

律「お前・・・」

聡「母さん出かけたから飯作って」

律「はぁ・・・憂ちゃん欲しい・・・」

・・・

律「ほらっ出来たぞー」

聡「おっ、なんだかんだ姉ちゃん料理出来るんだよな~」

律「母さんたまに出かけてて居ないからな」

聡「なのに何故彼氏とか出来ないんだろ」

律「女子高なめんな!」

聡「女子高を理由にするのは甘え」

律「お前飯抜きな」

聡「姉ちゃんこんなに可愛いのに男って見る目ないよなー」

律「まったくだ」

律「でも今日私デートしてくるから」

聡「」

律「どうした?大好きな姉ちゃんが取られそうで悲しいか?」ニヤニヤ

聡「そんな馬鹿な。それに俺は男のが好きだ」

律「」

聡「いや、突っ込んでよ」

律「突っ込み辛いわ」

聡「この年でホモってどんな中学生だよ」

律「ありえない事も無いかなーって」

聡「泣くよ・・・?」


律「ふう・・・食った食ったー」

聡「ご馳走様ー、そういえば今日デートする人ってどこの人?」

律「ん?あぁムギだよムギ」

聡「麦?100%なのか?」

律「なにを意味の分からないことを・・・前に来たことあるんだけどなぁ」

聡「覚えてないなぁ・・・」

律「優しくて可愛くて胸はでかい」

聡「ちょっと結婚してくる」

律「ゲームでもしてろっ!」

・・・

律「さて結構いい時間だな・・・」

律「準備して向かうかー」

律「じゃあ行ってくるわー」

律「・・・」

律「流石に寝てるか・・・」ガチャッ

律「・・・いってきまーす」

・・・

律「何だかんだ行っても休日は込んでるなー・・・」

律「ムギ・・・どこかな・・・」

紬「わっ!!」トンッ

律「ギャーッ!!」

紬「えへへ~」

律「ム、ムギかぁ・・・腕を上げたな・・・」

紬「えっへん!」フンスッ

律「あ・・・」

紬「りっちゃんどうしたの?」

律「いや、今日のムギ可愛いなーって」

紬「えへへ~りっちゃんとのデートだから頑張っちゃった♪」

律「私いつも通りでなんか悪いな・・・」

紬「りっちゃんっぽくて良いと思うけど?」

律「まぁ私だしなっ!」

紬「えぇ♪」

律「あっムギ飯食った?」

紬「お昼はまだ・・・」

律「じゃあとりあえず軽く食べに行くか!」

紬「お昼は任せてっ!」

律「おっ?良いとこ知ってそうだなー」

紬「この前行ったところのランチが美味しかったの!」

律「なんか高そうな気がしなくも無いが・・・」

紬「大丈夫♪レストランみたいなところだから!」

律「ほう・・・じゃあムギ一押しの店に行ってみるか!」

紬「がってんです!」フンスッ


律「ピザ・・・屋?」

紬「りっちゃんピザ苦手?」オロオロ

律「いや好きなんだけど・・・こんな店知らなかったなぁ・・・って」

紬「ふふっ良かった♪父の友人がやってるらしくて一回来たの~」

律「琴吹ネットワークって凄いな・・・」

紬「穴場らしくて結構人気もあるらしいの!」

律「おぉ!じゃあ期待できるな!」

紬「えぇ、じゃあ行こっか!」

律「ピザとか久しぶりだな~」ルンルン

イラッシャイマセー

紬「どれにする?」

律「ん~流石に一人一枚は辛いもんな~」

紬「私はどれでも良いけど・・・」

律「いや!ムギに任せよう!私じゃ決めきれん!」

紬「ふふっ、じゃあ店長にお任せしてみよっか!」

律「ほぅ・・・そう来ましたか!いいじゃん!」

紬「すいませーん・・・」

店長「あれっ、紬ちゃんじゃないか!」

紬「今日は友人とご一緒させていただきました♪」

律「ど、どうもっ」

店長「ははっ、硬くならなくて大丈夫だよっ」

律「こういう雰囲気のあるお店って慣れてなくて」///

店長「気楽に食べていってな!あ、注文は決まってる?」

紬「あ、店長にお任せしてもいいですか?」

店長「ほぉ粋な注文するねぇ!よし待っててな!」

紬「お願いします♪」

律「・・・ふぅ、なんか店長良い人っぽそうだな」

紬「えぇ、気の利く良い方よ」ニコニコ

律「あとは料理だな!」

紬「気に入ってくれれば嬉しいんだけど」

律「めっちゃ期待してるぞっ」

紬「ふふっ私も」

店長「はいおまたせっ!」

律「おぉ・・・めっちゃ美味そう・・・」

店長「じゃあごゆっくり!」

紬「有難うございますっ♪」

律「なんかめっちゃ豪華な・・・」

紬「店長さん優しいからサービスしてくれたのかしら♪」

律「ラッキーだな!じゃあ早速食うか!」

紬「えぇ、じゃあ取り分けるね」

律「なんか慣れててカッコいいな」ニシシ

紬「えっへん!」

・・・

律「ご馳走様でしたー!」

紬「また友人とお邪魔しますねっ♪」

店長「あぁ待ってるよ!じゃあ気をつけてね!」

紬「有難うございま~す♪」

律「いや~美味かった!ムギお手柄だなっ!」

紬「気に入ってもらえて良かったわ」ホッ

律「今度は皆で行くか!」

紬「えぇ!唯ちゃんとか喜んでくれそうね」ニコニコ

律「ははっ、めっちゃ食いそうだな唯・・・」

・・・

律「さて、この後はどうしようか?」

紬「明日もあるからいっぱい遊べるね!」

律「そうだなー・・・ムギなんかしたい事ある?」

紬「そうねぇ・・・りっちゃんに任せよっかな!」

律「じゃあたまにはカラオケとか行ってみるか!」

紬「カラオケ!」

律「ムギ苦手か?」

紬「行ったことないの!是非行ってみたいわ!」

律「じゃあ丁度いいな!」


3