紬「え?」

澪「きゅ、急に何を言い出すんだバカ律っ!」

律「いやムギ見てたらなんかこの・・・むぎゅっと・・・な?」

唯「あ~!ずるい~!私もムギちゃんにぎゅってする~」

律「いや違うぞ唯。むぎゅっとするんだ」キリッ

唯「おぉ!まかせてりっちゃん!華麗に決めて見せるよ!」

澪「唯まで乗るんじゃない」

紬「私は構わないわよ~♪」

律「おっ!じゃあ早速~」むぎゅ

紬「きゃ、も~りっちゃんいきなりなんだから~」

律「ははっ悪い悪い!」

唯「りっちゃんずるい~私も~」むぎゅ

律「素晴らしいむぎゅうだ唯隊員!」

唯「むぎちゃんあったか~い♪」

紬「あらあらお母さんになった気分だわ♪」

唯「おか~さ~ん♪」むぎゅ

律「無視ですかお二人さん・・・」

澪「」ウズウズ

律「澪ちゃ~ん?どうしたんですか~?」ニヤニヤ

澪「別に何でもないっ!」///

唯「えへへ~むぎちゃ~ん」

紬「あら甘えん坊さんね~」イイコイイコ

唯「えへ~」

澪「あっそうだ律」

律「」ウズウズ

澪「りつ~?」

律「なっ、なんだよっ」///

澪「今日暇か?」

律「特に用事は無いけど」

澪「ならよかった。暇ならこの前オープンした雑貨屋行かないか?」

律「あぁ~商店街の」

澪「そうそう。なんかオープンしたばっかりだと人が多くてちょっと怖いんだ・・・」///

律「雑貨屋にビビる奴なんて初めて見たよ」ニヤニヤ

澪「う、うるさいっ!」

律「折角だから皆も誘ってみようぜ!お~い唯、ムギ!」

澪「あっ・・・」

澪(律と二人で・・・いや、そんなこと考えちゃ唯達に悪いな・・・)

唯「あ~ごめん!今日は憂とデートするんだぁ~」

紬「で、でーと?」

律「大方一緒に買い物だろう」

唯「違うよ~一緒にアイス食べに行くの!」

律「この寒いのに元気なこって」

唯「寒くても美味しいんだよ?」

律「あ~はいはい。ムギは?」

紬「ごめんなさい、今日は予定があるの・・・」ズーン

律「いや、こっちも急だったし仕方ないな!」

紬「うぅ・・・」ショボン

律「そんな暗い顔するなって~」

紬「だって・・・折角りっちゃんとデート出来たのに・・・」

律「じゃ、じゃああれだ!また今度二人で遊びに行こう!」

紬「ほんと!?」パァァ

律「あぁ!」

紬「じゃあまた駄菓子屋さんに連れて行ってね!」

律「またそんな庶民的な・・・」

澪(なんか立場無いなぁ・・・)

律「って事で今日は二人で行くかっ!」

澪「あぁ・・・梓は?」

律「あいつは澪と二人っきりなら何となく想像つくが・・・」

唯「澪ちゃんとりっちゃんの間には誰も入り込むことは出来ない・・・」キリッ

律「お~いそこのどや顔」

澪「」///

律「澪も照れるなっ!」

澪「だ、だってなんか恥ずかしいじゃないか」///

紬「りっちゃんは渡さないもんっ!」ビッ

律「」

澪「」

唯「私はいらな~い」

律「おい唯」

唯「てへっ☆」

澪「」

律「澪もいつまで固まってんだよ」

澪(あれか?いつものツッコミ待ちって奴なのか?)

律「澪さ~ん?」

澪(もし違ったらムギの気持ちを嘲笑うことになる・・・)

律「み~お~!」


梓「遅れました~」

律「おう梓」

唯「あ~ず~にゃ~ん!」ガバッ

梓「ちょっ唯先輩・・・って何かあったんですか?」

律「あぁ、ムギは私の嫁ってことになって澪がフリーズした」

梓「はい?」

紬「前半だけ録音したいのでもう一回!」

律「はい悪乗りしな~い」ペシッ

紬「えへへ~」ニコッ

梓「澪先・・・輩?」

澪「はっ!梓・・・?」

梓「お疲れのようですね」

澪「いや、ほらっあれだ!考え事をだなっ!」

梓「はぁ・・・」キョトン

澪「あっそうだ!梓も新しくオープンした雑貨屋に行かないかっ!?」

梓「あぁ商店街のですか?皆さん行くんですか?」

澪「私と律だけだよ」

梓「あぁ・・・なんか邪魔しちゃうのも悪いので折角ですが遠慮させてもらいます」

澪「そうか?じゃあ今度皆で行こうな」

梓「はいっ!」

律「おっやっと復活したか」

澪「考え事してただけだっ!」

律「ふ~ん・・・何考えてたのかなぁ?」ニヤニヤ

澪「別に何でもいいだろっ」

紬「じゃあ皆揃った事だしお茶にしよっか♪」

唯「やった~♪」

律「このために学校来てる様なもんだしな!」

梓「学生の本文は勉学です」


紬「今日はモンブランにしてみましたっ」

唯「oh・・・モンブラン・・・」

梓「発音いいですね・・・」

律「栗・・・素晴らしい・・・」

澪「毎回悪いな・・・ありがとうムギ」

紬「皆喜んでくれれば嬉しいわ」ニコッ

律「でも今更ながら毎日は流石に悪い気がしてきた・・・」

唯「美味しい~よ~?」

紬「いいのよ~家に置いておいて駄目になっちゃっても勿体無いし」ニコニコ

唯「じゃあムギちゃんと結婚したらお菓子食べ放題!?」

梓「その発想・・・さすがです」

律「残念でした~ムギは私の嫁だもんな~」ニシシ

紬「うふふ♪」

唯「や~いはぐらかされた~」

律「あれは照れ隠しって奴でな・・・なっ澪!」

澪「ん?あぁ。モンブランは山の形をモチーフにしてだな」

律「そうなのか。」

律「じゃあそろそろ行くか澪!」

澪「そうだな。あんまり遅くなってもあれだし」

梓「結局練習は無しですか・・・」

唯「まぁまぁ明日やろうよ~」

梓「そう言ってした験しが無いじゃないですか・・・」

唯「あっ私も帰って憂とデートしなきゃ!」

律「待たせてるなら早く行ってやれ」

唯「今家で待ってると思う!じゃあ皆また明日ね~♪」

梓「お疲れ様です」

紬「楽しんできてね~」

梓「ムギ先輩は雑貨屋行かないんですか?」

紬「行きたいのだけど今日は用事が・・・」

梓「大変そうですね」

律「でもムギは今度私と二人で行くもんな~」

紬「えぇ、楽しみにしてるわ♪」

澪「ほら律、早く行かないと暗くなっちゃう」

澪(なんか今は律とムギの会話が辛い・・・)

律「それもそうだな!じゃあお二人とも又明日な!」

紬「いってらっしゃ~い」

梓「お気をつけて」

紬「じゃあ私たちも帰ろっか?」

梓「そうですね」

・・・

梓「ムギ先輩・・・」

紬「どうかした?」

梓「間違ってたら申し訳ないんですけど・・・本当に今日予定あるんですか?」

紬「あら・・・お見通し?」

梓「まぁ・・・何となくですが・・・」

紬「ばれちゃったか~」テヘッ

梓「やっぱりですか」フフッ

紬「本当は行きたかったんだけどね。澪ちゃんに悪いかな・・・って」

梓「私もなんかあの二人の仲に割り込めませんもん」

紬「でもりっちゃんが今度一緒に行こうって!」キラキラ

梓「なんだかんだ部員のことよく考えてますよね」ニコッ

紬「えぇ!我等が部長ですもの!」

梓「でも、もしかしたら用事無いのばれてるかも知れませんね・・・」

紬「あら・・・悪く思われちゃうかしら・・・」

梓「そんなことある訳無いじゃないですか」ニコッ

紬「でも・・・どうしよう梓ちゃ~ん・・・」オロオロ

梓(相変わらず可愛い人だなぁ)

梓「もし今日の用事が無くなったとしたら・・・アイスでも食べに行きません?」

紬「・・・ふふっ。ちょうど予定が無くなっちゃったの。」

梓「ちょうど・・・いいですねっ!」

紬「えぇ」ニコッ

梓「たまにはおしゃべりして行きましょうか」ニコッ

紬「梓ちゃん優しいのね♪」

梓「ムギ先輩には敵いませんよ」

紬「それにしても」

梓「?」

紬「この時期にアイスって・・・唯ちゃんみたいね♪」

梓「あぁ・・・少なからず影響されてるんでしょうかね」ニコッ

紬「私も何か変わったのかな・・・?」

梓「ムギ先輩は律先輩に影響されてる気がしますけど」

紬「りっちゃんカッコいいし頼りになるもんね♪」

梓「澪先輩任せなところもありますけどね」フフッ

紬「ふふっ。でもりっちゃんはあれで良いと思う」ニコニコ

梓「そこは同感です」ニコッ

・・・

澪「おっ・・・流石にこの時間は人多いな・・・」

律「まっ!他の学校の奴らも来てるんだろ!」

澪「一人じゃ絶対入れなかった」

律「まぁ澪じゃ無理だな」

澪「あっ、律!これ可愛くないか!?」

律「ん~私はシンプルな方が使いやすいってかキャラじゃないというか・・・」

澪「そっか?残念だ」

律「自分で使うなら問題ないだろ?」

澪「いや、せっかく付き合ってくれたから律にと思って・・・」

律「そんな気を使う仲じゃないだろ?」

澪「まぁ・・・今更だけど・・・」ンー

律「そう言いながら探すのか」

澪「コレなら・・・」

律「何か全体的にピンクが多いな」

澪「ピンク可愛いだろ?」

律「まぁ茶色とかに比べれば」

澪「茶って・・・」

律「結構時間掛かってるな」

澪「大体見たし会計してくるよ」

律「おっけ~」

澪「すいませ~ん」

律「・・・ほんといくつになっても澪は変わらないなぁ」

澪「~」

律「もう少し掛かりそうか・・・?」

澪「お待たせっ」

律「思ったより早かったな」

澪「レジは結構空いてたんだ」

律「見に来るだけって奴も結構居そうだったもんな」

澪「あぁ。はいこれ」スッ

律「ん?何コレ?」

澪「シャーペンとボールペン。今日付き合ってくれたお礼だ」

律「そんなの別にいいのに・・・」

澪「受験生は持ってても困らないだろ?」ニコッ

律「はは・・・」

澪「さてと、どうする?」

律「ん~そうだなぁ・・・特にする事もないし帰るか?」

澪「あんまり無駄遣いもよくないし・・・帰ろうか」

律「そうだなっ!」

澪「ちゃんと勉強しろよ?」

律「あぁ!せっかく愛しい幼馴染が買ってくれたペンもあるしな!」

澪「・・・この馬鹿律っ」///

律「じゃあ気をつけて帰れよ~!」

澪「あぁ又明日な」

・・・

律「ってな感じで結構込んでたんだよなぁ」

紬「あらあら♪澪ちゃんお目当ては買えた?」

澪「あぁ。結構種類もあったしな」

唯「いいなぁ・・・私も今度見に行ってみよ!」

律「絶対無駄使いするな」ニシシ

唯「しないもーん!憂にまた怒られちゃうもん!」

澪「本当にどっちが姉だか・・・」

紬「私も行きたかったな~」

律「じゃあ早速今週の休みにでも行くか!」

紬「えぇ!楽しみにしてるわね♪」

律「唯も行くか?」

唯「ん~私は憂と行くよ!」

律「ホント憂ちゃんにべったりだな・・・」

唯「憂可愛いよ?」

紬「えぇ憂ちゃんは可愛いわ」キリッ

律「そういうことじゃ・・・まぁいいか」


2