律「濡れたって……」

唯「憂も頑張ってるんだね~」

憂「梓ちゃんはただの同級生だよっ」

梓「えっ……」

憂「あ、…ただのじゃなくて……その~…///」

唯「ふ~ん、そっかぁ」

律「唯~?私たちは部屋に行ってようぜ~」

唯「りょーかいっ」

憂梓「……///」

憂「…ごめんね?お姉ちゃんがからかったりして…」

梓「もう気にしてないよ…それより…」

憂「うん?」

梓「さっきのさ……ただの同級生じゃなくて……のつづきって?」

憂「え…あ~……それは……///」

梓「憂にとって私ってどんな存在感なの…?」

憂「………可愛いなって///」ボソッ

梓「え?」

憂「だから……可愛いなって///」カァーッ

梓「憂………///」


律の家

聡「暇だな~……憂さんにメールしてみよ♪」


ピロリロリ~ン

憂「………///」

梓「…憂……メール来てるよ」

憂「後でいいよ…///」

梓「そっか…///」

憂「梓ちゃんはさぁ……私のことどう思う?」

梓「えっ………わ、私も……///」

憂「私『も』……?」

梓「うん……私『も』……だよ///」

憂「…///」


律の家

聡「…………」ガックシ

唯の部屋

唯「憂も好きな人が出来たんだ~」

律「まさか新入部員の梓だったとはな!」

唯「世界って狭いんだねっ」

律「そうだな~」

唯「でもそのおかげでりっちゃんと出逢えたのかな?」

律「唯……っ」

ちゅ

唯「///」

律「広くても出逢えたよ!私たちならっ///」

唯「えへへ……そうだねっ」

律「当たり前だっ」

唯「今日はうちに泊まっていく?」

律「そうしよっかな~梓の事も心配だし」

唯「そんなに梓ちゃんの恋路が心配なの?」プクーッ

律「違うって、梓の体調だよっ熱出てるんだろ?」

唯「あ、そうだった」

律「そんな大事な事忘れるなよ…」

唯「さすが部長だねっ」

律「えっへん!部員の事はちゃんと知って置かないとな!」

唯「…むぎちゃんって今何してるの?」

律「あー……あれだ」

唯「?」

律「分かんない」

唯「むぎちゃん可哀相……」ジーッ

律「うっ…そんな目で見るなよ…」

唯「うちに呼んでみてもいいっ?」

律「いいぞ~!むぎも混ぜて遊ぼっか!」

唯「『暇だったらうち来て遊ばない!?』っと」

唯「送信!」ピピッ

ピンポーン

紬「来ちゃった~」ニコッ

唯律「早っ!」


紬「おじゃましま~す」

憂「梓ちゃん……っ///」ギュッ

梓「憂……ダメだよ……///」ギュッ

紬「…………」ジーッ

唯「りっちゃん今日は何作ろっか~?」

律「いっぱい人がいるし……お好み焼き作ろうぜ!」

唯「お~っ」

律「私ひっくり返すの上手いんだぜーっ」ビシッ

紬「…………」ジーッ

唯律「イチャイチャ」

憂梓「イチャイチャ」

紬「まぁ」キラキラ

紬「私けいおん部に入って良かったなぁ」キラキラ

唯「私もそう思うよっ」

紬「けいおん最高ーっ!><」キラキラ

律「いつものむぎじゃない…」

梓「けいおん部と言えば……澪先輩は?」

律「あ~じゃあ澪も呼……」

唯「りっちゃん……」ジーッ

律「……ばなくていっか、アイツはまた今度で」

憂「澪さん………」

唯「早くお好み焼き作ろーっ」

律紬憂梓「おぉーっ!」

澪の家

澪「へっくちん!……風邪かな」


ジュ~~ッ

唯「そろそろかな?そろそろかな?」ワクワク

律「じゃあひっくり返すぞ…」ドキドキ

皆「ゴクリ……」

律「おっりゃああああーっ」グワッ


ペタッ

紬「熱っ……」ジューッ

律「む、むぎ…大丈夫か…?」

紬「ヤケドしちゃったみたい…」ヒリヒラ

梓「早く冷やさなきゃです!」

唯「憂!何か冷やす物はないの!?」

憂「梓ちゃんの熱冷ましに全部使っちゃった…」

唯「だ、大丈夫?むぎちゃん?」ワナワナ

紬「大丈夫よっ」

リリリリリ~ン

紬「はいもしもし」

斎藤『お嬢様、病院への受け入れ準備完了しました』

紬「そんなことまでしなくていいのに…」


バババババッ

唯「わっ!りっちゃん!ヘリの音が凄いよっ」

律「外見てみろよ!すっごい近く飛んでるっ」

斎藤『お嬢様!今すぐ病院へ』

紬「おヘリはいらないのーっ」

紬「ごめんね?みんな……折角誘ってくれたのに…」

唯「謝らなくていいよ!お大事にねっ」

紬「唯ちゃん…」

律「綺麗な腕…ヤケドさせちゃってごめんな?」

紬「いいわよ…掛かり付けの医者に診てもらえばすぐ治るからっ」

梓「むぎ先輩…」

憂「紬さん…」

紬「じゃあ私もう行くね!…ごちそうさまでした!」


ブロロロ…

律「行っちゃった…」

唯「ごちそうさまって……むぎちゃんまだ何も食べてないのに…?」

律「あっちの意味か…」


澪の家

澪「う~ん…出来た!」

澪「今度の歌詞はどうかな?」

澪「律に聞いてみるか」


律の家

ピンポーン

澪「………」

澪「…あれ?律はいないのかな?」

澪「まぁポストに入れておけばいっか」

ガコンッ


唯の家

皆「ごちそうさまでしたーっ」

唯「ふぅ…おいしかった!」

律「私のひっくり返しテクのおかげだなっ」

唯「犠牲者1人出たけどね…」

律「うっ……」


憂「おいしかったね~梓ちゃんっ」

梓「うん!」

憂「梓ちゃん、口周りにソース付いてるよ」フキフキ

梓「あっ…自分で出来るって……ありがとっ///」

憂(梓ちゃんの唇……柔らかい…///)

律「そろそろ帰ろっかな~」

唯「じゃあ私送っていくよっ」

律「ありがとなっ」

唯「だってさ……ここじゃ……ねっ?」

律「そっか……2人きりに慣れないしなっ」

唯「むー!言わないでよぉ///」ポコポコ


憂「梓ちゃんは泊まって行くよね?」

梓「うん!」

憂「私の部屋で待っててよ!お風呂入ってくるから」

梓「お風呂……私も入ろうかな」

憂「梓ちゃん……」

梓「ついでだから!ついでに入るだけだから!///」


テクテク

唯「やっと2人になれたね~」ギュッ

律「だな…外は静かでいいな」

唯「うんっ」

律「唯…口にソース付いてるよ……」

唯「へっ」


ちゅぱ

律「へへ~ん!嘘だよ~っ」

唯「もぉ~やったなぁ!」プニプニ

律「ああっ…くすぐったいだろっ」ジタバタ

唯「お返しだ~っりっちゃんここ苦手だもんね~」コチョコチョ

律「くっ…ははははあっ」ジタバタ

テクテク

律の家

唯「もうりっちゃん家に着いちゃった」

律「唯といると時間経つの早く感じるな~」

唯「もうちょっとお話してようよ?」

律「だなっ」

唯「あ、玄関の前でいいよっ」

律「わかった……って、あれ?」

唯「うんー?」

律「なんかポストに手紙が入ってる」

手紙『君の前髪を下ろした姿見てみたい…』

律「なんだこれ?」

唯「前髪下ろしたって…りっちゃんの事じゃない?」

律「私のこと?」

唯「ちょっとカチューシャ取ってみるよ」スッ

律「前髪か…」サッサッ

律「おかしいし…」

唯「おかしくねーしっ」

律「えっ?何その口調?」

唯「あ、つい……でもそっちのりっちゃんも似合うよ!」

唯「はぁ~」

律「どうしたんだよため息ついて」

唯「ほら…私たちもう2年生でしょ?今年が最後だなぁって思って」

律「最後?」

唯「けいおん部だよ……来年は受験だし」

律「そっかぁ…そうだったなぁ」

唯「引退したらあんまり関わり無くなっちゃいそうな気がするなぁ」

律「でも私とはずっと一緒だろ!」

唯「えへへ…///」

唯「そうだね!ずっとずっとだねっ」

律「ああ!っていうか卒業したら一緒に暮らしちゃおっか!」

唯「あっ!それいいねっ」

律「それでそれで、1日毎に料理担当とか掃除担当とか決めたりすんの!」

唯「おぉ!面白そうだよりっちゃん!」

律「2人暮らしなら家賃を安くなるからちょっとリッチな家に住めるなっ」

唯「うん!…なんだかそれ考えたらワクワクしてきた♪」

律「私もっ♪」

唯「あはははっ」

律「あはははっ」

唯「はは…あっもうこんな時間になってる!」

律「早く帰らない憂ちゃん心配するんじゃない?」

唯「そうだよ!あずにゃんの具合も見ないといけないし…」

律「じゃあ今日はもうバイバイなっ」

唯「うん!」


タタタタッ

唯「あ~!今日もりっちゃんと居れて楽しかったな~っ」タタタッ

ブロロロ…

唯「ふふっ…2人暮らしかぁ…楽しみだな♪」タタタッ

キキィーーーッ

唯「あ」

唯「りっちゃんにカチューシャ返し忘れてた!」ピタッ

運転手「危ない危ない…危うく事故りそうだったよ」


タタタタッ

唯「りっちゃ~ん!」

ピンポーン

律「唯?」

唯「りっちゃんカチューシャ!」

律「おー!サンキューっ」

唯「じゃあもう帰る……」

律「あ、待ってて!」

唯「うん?」

律「聡が聞きたいことあるんだって」


唯「聡くんが?」

聡「こ、こんばんわ……ひぐっ」ポロポロ

唯「え…泣いてるの?」

聡「憂さんって……好きな人いるんですか…?」

唯「あ~憂はね………」


唯の家

憂の部屋

梓「ここが憂の部屋か……」ドキドキ

梓「枕…ベッド……えいっ」ドサッ

梓「ふっかふか♪スーッ…憂の匂いだ///」カァーッ


ガチャ

憂「梓ちゃんお待たせ~」

梓「あわわっ」

憂「梓ちゃん何やってるの?」

梓「これは…ベッドのスプリング調べてたの!」

憂「ふ~ん」

梓「うぅ…っ」

憂「まだ熱はありそう?」

梓「うん…ちょっと辛いぐらいかな」

憂「私が変わってあげたいよ」

梓「変わってって?」

憂「口移しとか……ダメかな?///」

梓「い……いいよ///」

憂「梓ちゃん…」

梓「言っておくけど憂が言い出しっぺだからねっ///」ドキドキ


18