唯「他の誰のでもなく、活発で、でも女の子っぽい一面もあるりっちゃんの、大きすぎず小さすぎないおちんちんが私は大好きなんだ!」

律「唯…」

唯「お願いします!りっちゃんのおちんちんをちゅぱちゅぱさせてください!たった一度、たった一度だけでいいから!!」

唯「(結局ばらしちゃった…これじゃ絶対絶交だよ…)」

律「そっか…」

律「いいよ。」

唯「え、ええーっ!?」

律「唯になら私、嫌じゃない。」

唯「そうなの…?」

唯「夢じゃないよね?」

律「ほっぺたつねってやろうか?」ギュッ

唯「おお、痛い!夢じゃない!」

律「ほら、おちんちん。」ピンッ

唯「え、勃ってる?」

律「どうしたんだ?早くしゃぶれよ。」

唯「う、うん。わかった。」

唯「それじゃあ…いただきます!」パクッ

ちゅぱ、ちゅぱ…

唯「(おしっこの臭いもする…先っぽからなんか出てきたみたい。)」

律「唯のお口、一人でするよりも気持ちいい…」

唯「(りっちゃん、喜んでる…よかった。本人公認でせーしが飲める。夢じゃないんだ!)」ヂュッヂュッヂュッ

律「あ、んああっ…」ピクピク

ジュプッ、ジュプッ…

唯「(もう少し、もう少しでりっちんちんからせーしが出る!)」

律「あ…もうイく…イクっ!!やああああっ!!」

ビュルビュル、ビュルルッ!!



律「はあはあ、精子出たぁ…」ビクッ

唯「(うわっ、しょっぱくて栗の花の臭い!でも一滴も残さず飲まなきゃ!!)」ゴックン



律「唯、満足か?」

唯「うん、すっごく!」

律「私からもお願いがあるんだ。」

唯「いいよ。何でも言って。」

律「今度は私が唯のちんちんをしゃぶってくれないか?」

唯「へ?」

律「そんでもって、唯の精子を飲みたいんだ。」

唯「え…構わないよ!?(どうしよう…昨日オナニーしちゃったんだった…)」

唯「はい。」

びんびん!

律「唯のは既に元気いっぱいみたいだな。先っぽからもなんか垂れてるし。」

唯「あは、あははは…」

律「さっきのお返しだ!」パクッ

唯「ひゃう!!」ビクン

ヂュルッ、ヂュルッ

唯「わたしのおちんちん、りっちゃんにちゅぱちゅぱされてるよぉ!」ハアハア

律「(確か裏スジを舐めるといいんだっけ?)」ペロ

唯「やあっ!!」ビクンビクン

ぬぷっ、ぬぷっ

唯「あうっ!そろそろ…イきそう…」ガクガク

律「(よし、イかせてやる!)」ヂュッヂュッヂュッ

唯「ひあ、うあぁぁぁぁぁつ!!」

びゅくん、びゅくん



唯「りっちゃんのお口の中でしゃせーしちゃった…」ドクドク

律「(うわ、ネバネバしてる…)」ゴックン



唯「ごめん…」

律「どうした、唯?」

唯「私のせーえき、薄かったよね…」

律「そんな事なかったぞ?ちゃんと濃厚なザーメンだった。」

唯「でも、昨日もりっちゃんの事思ってオナニーしてたから…」

律「昨日…まさか…更衣室で様子がおかしかったのはそのせいか?」

唯「その、したのは家でなんだけど…着替える時にりっちゃんのおちんちんがちらっと見えちゃって、それで興奮して…」

唯「ごめんなさい。」

律「やっぱ見えてたのか…こちらの方しきりに見てたから…」

唯「え、気づいてたの!?」

律「ま、まあな。」

唯「今日はほんとにごめんなさい!実はというと、私がりっちゃんを家に誘ったのも、全てはこんな薄汚い欲望のせいなの!」

律「…別に私は怒ってないよ。」

律「それに、泊めてって言ったのは私の方だぞ?私も唯にどうしても伝えたい事があったから…」

唯「え、何?」

律「今から言うから、よく聞いてくれ。」

唯「うん、わかった。」

律「唯、私はお前が…」



律「好きだ、付き合ってくれ!!」


唯「」アゼン

律「(やっぱダメか…さっきは勢いであんなことしちゃったけど、唯には私への恋愛感情とかはないよな…)」

唯「LIKEではなくLOVEの意味で?」

律「ああ、そうだ。」

律「気になりだしたのはニ年の夏ぐらいからかな…」

律「無邪気で可愛いお前にだんだん心が惹かれていって…」

律「だけど、もし告白なんてしたら、今までの友達としての関係まで壊れてしまうんじゃないかって。」

律「そう思うと怖くなって、踏み出せずにいた。」

唯「りっちゃん…」

律「澪にも相談に乗ってもらって、そして決心した。自分の気持ちを正直に話そうと。」

律「もう一度言う。私、田井中律はあなた、平沢唯を心から愛しています。よろしければ、恋人として付き合ってください!」

唯「…」

律「…(ははは、とうとう言っちゃったよ私…)」

唯「いいよ。」

律「え…?」


唯「りっちゃん。私…」

律「?」

唯「今は一方的な性欲しかないけど、いつかはりっちゃんの全てを心から愛せるように頑張るから。」

律「今はそれでもいい。私も唯に心から愛されるように頑張るから。」

唯「うん。だから、これからは恋人としてよろしくね!」

律「ああ!よろしく。」



「「はっくしゅん!!」」



律「あぁ~そう言えば、私らシャワーも浴びてなかったな…」

唯「風邪引いちゃうかも…」

律「そうだ唯、あらいっこしようぜ!」

唯「いいよ!りっちんちんも念入りに洗ってあげるね!」

律「りっちんちんって何だよ?私はゆいちんちんを洗うからな。」

唯「あんまり触られるとまたしゃせーしちゃうかもよ?」

律「それはこっちのセリフだ!」

唯「ふふふ…」

律「どうしたんだ、唯?」

唯「私、今すっごく嬉しい。」

律「私もだ。唯と付き合えたんだから。」

唯「それじゃあ、これからの恋人生活を祝って…」

律「カンパーイ!…って何を乾杯するんじゃい!」

唯「ふふ、あははは!」

律「へへへっ!」


……

憂「全てうまくいったみたいです。」

澪『憂ちゃん、協力感謝するよ。』

憂「いえいえ。律さんだけじゃなく、お姉ちゃんの願いもかなえられたんですから。」

澪『唯の願い…?』

憂「いえ、大したことではないですよ。」

憂「それよりも梓ちゃんの件、よろしくお願いしますね。澪さんはきっかけを与えるだけでいいですから。」

澪『あ、うん…』

憂「それじゃあそろそろ失礼しますね。」

ピッ、プープープー



憂「かきふらいと、全ての食べ物に亜鉛サプリメントを混ぜた夕食は精力増強に効果があったみたいです。」

憂「それと、お風呂場は雑菌がたくさん繁殖しているので、お風呂場でのセックスはとっても不衛生なんです。知ってました?」



寝室

唯「私達、うまくやっていけるのかな…」

律「大丈夫さ!私はいつまでも唯の味方だ!」

唯「まずはみんなに伝えないとね。」

律「そうだな。」

唯「それと…」

唯「今日はもうしないけど、また今度りっちゃんのおちんちんをちゅぱちゅぱしてもいいかな?」

律「いいぜ。二週間に一回ぐらいのペースでやろうか。今度はちゃんとオナ禁しとけよ。」

唯「うん、わかった。」


翌日

澪「唯。話があるんだけど…」

唯「何、澪ちゃん?」

澪「律をよろしくな。」

唯「大丈夫!まかせなさい!」フンス

澪「そっか、よかった…」

澪「ムギや梓、周りの人たちは快く祝福してくれたけど…」

澪「両性具有者の恋愛には意外に偏見が多いんだ。見掛け上、『女の子同士で愛し合ってるみたいで気持ち悪い』とか。もちろん私たちはそんな事思ってないけど。」

唯「私は何があってもりっちゃんと一緒だよ!」

澪「ふふ、そう言ってくれなきゃな。」


澪の回想

みお『りっちゃん…わたしってへんだよね?』

りつ『なんで?』

みお『女の子なのにおちんちんがついてるのって、ぜったいへんだよ…』

りつ『おちんちんならわたしにもついてるよ!ほら!』ズリッ

ぷるん!

みお『ほんとだ…わたしのよりおっきい…」

りつ『わたしたち、なかまだね!』

みお『う、うん。』


澪「仲間か…」

澪「今思えば、律のお陰で私にも仲間がいっぱいできたんだ。」

律「だから律にはチョコレートサンデーでも奢らなきゃなぁ…」

澪「って、律!?」

律「いや~何とかうまくいったよ。これからは晴れて恋人同士だ。」

澪「よかった…本当によかったよ。律もすっかり元気になったみたいでなによりだ。」

律「心配掛けたお詫びに、チョコレートサンデーは無理だけどアイスぐらいはおごってやってもいいぜ。」

澪「そうか?わかった。」

律「それにしても澪は本当に変わったよなぁ…」

澪「律のお陰でもあるんだけどな。」

律「おっぱいだけじゃなくちんちんの大きさでも私を追い抜いちゃったし…」

澪「!!」

ゴチン!

律「いてー!久しぶりに効いたぜ!」

澪「全く…///」



澪「(こんな奴だけど…どうか幸せにしてやってくれ…唯。)」



こうして、私とりっちゃんは恋人となった。

二十歳になるまで本番はしないことと、子供は結婚してから作るということを決めた。

大学生になっても私たちは一緒にいた。

私たちは大学でもすっかり評判のカップルとして有名になった。


そして、私たち二人が二十歳になったその日…

私たちは処女と童貞の両方を愛する人にささげた。

私とりっちゃんは産まれたままの姿で、お互いの体を激しく求めあった。

相手の子宮にせーしを送り込んだ。

最高に気持ち良かった。

「りっちゃんに会えてほんとによかった。」

今なら心からそう言える。


更に時は流れ…

大学を卒業した私たちは皆、それぞれの家庭を持った。

ムギちゃんは許婚の女の人と結婚し、家を継いだ。

澪ちゃんは曽我部先輩から猛アタックを受け、婚約するに至った。

憂はあずにゃんと楽しく生活(性活?)している。

料理に媚薬を混ぜたり、寝込みを襲ったり…

そんなこんなで6人目の子供を授かったらしい。

「梓ちゃんのおちんちんが可愛過ぎてついやっちゃうんだ♪」

との事。


そして、私…いや私たちは。


唯「そろそろ起こさなきゃね。」

律「そうだな。ほんとはもっと可愛い寝顔を見ていたいんだけど。」

「むにゃむにゃ…」

「すう…」

すやすやと眠る子供たち。

唯「どりゃー!起きろー!」

バサッ

律「朝だぞー!!」

「ん…」

「おはよ…おかーさんたち。」

まだ眠たそうな目をしたうちの子二人。

名前は優と愛。

名前の由来はU&Iから。

優はりっちゃんが、愛は私が産んだ。

私たちに似て、とても可愛くて元気な子だ。

ちなみに彼女たちも両性具有である。

唯「ほら、着替えて。」

律「朝ご飯作ってあるから、しっかり食べるんだぞ!」

支度と朝食を終え、子供たちを幼稚園に送りだした。

私ももうすぐ仕事に行かなければならない。

唯「あ、そうだ。」

律「どうしたんだ、唯?」

唯「今日の夜、久しぶりに、Hしてもいいかな?」

律「わかった。いいよ。今日の夕飯は精力の付く物でいいか?」

唯「うん、任せる。それじゃあ私、そろそろ出るね。」

律「仕事、頑張ってこいよ!」

唯「わかってるって。」

律「夜を楽しみに待ってるからな。」

唯「それじゃあ田井中唯、行ってまいります!」

律「行ってらっしゃい!」



おちんちんがくれたとてもとても大事な宝物。

これからも大切にしていきたいな。



おしまい!