澪「まあ冗談は置いといて。今日の和のお弁当すごくきれいだな」

和「そ、そうかしら?」ドキン

和(まさかいきなりのキラーパスが来るとは……! 澪、恐ろしい子……!)

唯「でしょでしょ? 和ちゃんのお弁当はいつ見ても芸術の域に達してるよね~」

和「そんなことないわよ。これぐらいだれだって作れるわ」

澪「いやいや、こんな立派なお弁当私はつくれないよ。和はすごいよ」

和「も、もう! 澪は謙遜しすぎよぉ!」クネクネ

唯「なっ!!?」

律「ん? どした唯?」モグモグ

唯「これはほんとにヤバいよ……近いうちに大地震が来ちゃうよ……」ガクガク

律「へっ?」

和「そ、そんなに言うんだったら一つ何かあげてもいいわよ?」

澪「本当か!? それじゃ卵焼きをいただくよ」ヒョイパク

和「ど、どうかな……?」

澪「うん! この甘み、この焼き加減、そして卵のうまみ……どれをとっても究極だよ!」

和「ほ、ほんと?」

澪「こんなに旨い卵焼き始めて食べたよ! やっぱすごいよ和は!」

和「ほんとに!? ほんとのほんとのほんとに!?」

澪「ああ、お世辞でも何でもないぞ。これぞ究極の卵焼きだ!」

和「や、やったー!」ガタン

 シーン……

和「はっ!?」

律「の、和……?」

紬「和ちゃん……!」

澪「ご、ごめん。言い過ぎた……///」

唯「ひぃーーっ!? たたりだ! これは何かのたたりが起きてるんだよ! おそろしやおそろしや!」

 ザワザワ… マナベサンカワイー クスクス… メガネ

和(やってしまったー!)

……

――放課後

和「はあ……」テクテク

和(もうダメだわ。あの後もクラスメイトからもクスクスされてしまった)

和(これはもう末期ね。これ以上いっちゃったら私どうなっちゃうのかしら)

和(早急に何とかしなきゃ……。ああでもどうすればいいのかわかんないし……)

憂「あ、和さーん!」

和(こうなったらもう澪とは話さずに律を通じて話すべきかしら)

憂「? あのー和さん?」

和(いやでもそうなったら余計に澪のことを意識しだしてしまうのではないだろうか。それに、直接話しても上手くいくときあるし)

憂「……もう。和ちゃん!」

和「あら、憂。どうしたの」

憂「どうしたのじゃないですよ……ずっと和さんのこと呼んでたのに」

和「そうなの? それは悪いことしたわね」

和(……はっ!……もしかして憂ならこの謎の病気について知ってるのかもしれない)

和(いやでも、他人にこのことを話すの何だか恥ずかしいし……)

憂「また黙っちゃった……」

和(えーい悩んでても先に進めないわ! 私を誰だと思ってるの! 生徒会長兼秋山澪ファンクラブ会長真鍋和よ!)

和「憂! この後予定は?」

憂「えっ? も、もちろん空いてますよ」

和「少しお話があるんだけど。付き合ってくれるかしら?」

憂「はい!」

……

――生徒会室

和「はい。お茶をどうぞ」コトン

憂「ありがとうございます」

和「別に敬語じゃなくてもいいわよ。今は二人しかいないんだし」

憂「それもそうだね。そういえば、お話って何かな和ちゃん」

和「えっ? あ、ああそういえばそうだったわね」

憂「ははっ、おかしな和ちゃん」

和「それじゃ話すけど……ねえ憂」

憂「なに?」

和「憂は誰かといるとき、緊張したりしない?」

憂「緊張? どういうこと?」

和「えっとね……」

和は憂に澪を見たり話したりすると、胸はドキドキ、頭はモヤモヤ、
でも側にいると何だか嬉しくなっちゃうの……どうしたらいいの? と、いかにも乙女チックな悩みを訊ねてみた。

和「というわけなのよ」

憂「……」

和「で、今後どうしたらいいか聞きたいんだけど」

憂「……」

和「う、うい?」

憂「……和ちゃんのばか」ボソ

和「えっ?」

憂「なんでもないの。それより、和ちゃんは澪さんのことをどう思ってるの?」

和「そうね……澪は、普段は落ち着いていてクールな子だと思っていたけど、本当はとってもシャイで怖がりで……
そのギャップに驚いてしまうんだけど、ここぞというときの度胸の強さはとっても素晴らしいって思うの! 憂もそう思わないかしら?」

憂「そ、そう思うけど……」

和「そうよねそうよね! あとは優しいところね。ちょっと人見知りのくせに困っている人がいたら放っておけないのも素晴らしいわ!……うふっ」

憂(こ、これは思っていたよりベタ惚れなのかも……)

憂「じゃあ和ちゃんにとって、澪さんはどんな存在なの?」

和「それは決まってるわ。友達よ」

憂「そ、それはそうだけど……」

和「ん? 違うの?」

憂「こうなんて言うか……大事な存在だとか」

和「まあそうなのかもしれないけど……別にみんな大事な存在だから、澪だけってことはないわ」

憂(しかも鈍感なのかぁ……もしかしてまだ自分の気持ちに気付いてないの……?)

和「……だからね」

憂「うん?」

和「澪とこのまま気まずい関係になったら、どうしようかなって」

憂「(きゅん……)だ、大丈夫だよ和ちゃん!」

和「何が大丈夫なのか分からないから困ってるんでしょう……」

憂「ええとその……」

憂(ここで和ちゃんに『きっと澪さんのことが好きなんだよ』なんて言ったら……
  和ちゃん、きっと今まで気付けなかったことでショック受けちゃいそうだなぁ……
  よし、ここは……!)

憂「和ちゃん、多分澪さんともっと仲良しになりたいんじゃないかな?」

和「仲良し……?」

憂「うん。だから、澪さんと接すると緊張したり、素直になれなくなったりしたんじゃないかな」

和「なるほど……そういう捉え方もあるわね」

憂(いいわけは苦しいかと思ったけど、案外素直に受け入れてくれた……和ちゃんってやっぱお姉ちゃんと似ているところあるよね)

和「今でも十分仲良しかと思ったけど、そっか、まだ澪との友情が足りなかったのね」

憂「そうかもだね」

和「ありがとう憂。これで少しは楽になれたわ」

憂「どういたしまして」

和「じゃあ、そろそろ帰宅……」

 ウイー メールダヨー ウイー メールキタヨー ウイー

憂「あっ、お姉ちゃんからメールだ」カチッ

和「早く帰ってこいって?」

憂「……これは……!」

和「どうしたのよ」

憂「どうやらお姉ちゃんたち、私のお家で勉強会やるみたい」

和「軽音部で?」

憂「うん。明日もおやすみだし、そのまま泊っていくから、今日の晩御飯多めに作らないといけないみたい」

和「そうなの……大変ね憂も」

憂「ううん、そんなことないよ。でね、和ちゃんここからが本題なんだけど」

和「なに?」

憂「和ちゃんも一緒に来る?」

……

――平沢家

がちゃり

憂「ただいまぁ」

和「ただいま」

憂「……お姉ちゃんたち、まだ勉強してるみたい」

和「ね、ねえ憂」

憂「なに?」

和「本当にいいのかしら、私も入って」

憂「大丈夫だよ。和ちゃんなら誰も嫌がらないと思うけど」

和「そんなのわからないじゃない。もし、澪に拒否でもされてしまったら私はもう生きてはいけなくなるわ」

憂「もう大丈夫だってば」

梓「おかえり憂ー……って和先輩も来たんですか?」

憂「梓ちゃん」

和「うん。ついでに私も勉強しようかなって思って」

梓「そうだったんですか。あっ憂、今日はお邪魔するね」

憂「うん! それじゃ私たちも上がろうか、和ちゃん」

和「そうね」

……

――ゆいのへや

唯「あー、疲れたよー」

律「もう、何も書けない……」

澪「おいおい、まだ始まって一時間しか経ってないぞ」

唯「私の一時間は澪ちゃんの十時間と一緒なのです……」

澪「やれやれ」

紬「それじゃあおやつにしよっか」

唯「やったー!」

律「きたー!」

澪「ま、まてムギ! もうご飯の時間だし今食べたらマズイ!」

紬「ふふふ澪ちゃん、今月に入ってまだ痩せてないの?」

澪「なん……だと……?」

紬「ニヤリ」

澪「うおわー! ムギ! 私は信じてたのに!」

ガチャ

和「こんにちはー」

唯「あっ和ちゃん!」ダキッ

律「お、どしたん和?」

和「憂から聞いたわ。私も参加したいと思って。もしかして迷惑かしら?」

唯「ううん。和ちゃんなら大歓迎だよ!」

律「ああ、これで頭がいいやつがまた増えた」

紬「私和ちゃんに分からないところ教えてもらうのが夢だったの~」

和「澪は……迷惑、かな?」

澪「何言ってるんだよ和。いいに決まってるじゃないか」

和「そ、そうよね! あはははっ」

律「ん? やけに嬉しそうだな和」

唯「や、やっぱり和ちゃんが変だよー……」

……

和「だから、そこは代入して引くのよ」

唯「でも、こっからがわかんないです」

和「そこもさっきと同じように解くの」

唯「おう、なるほど!」

和「ここは受験に出てくる可能性が大よ。ちゃんと復習すること」

唯「はーい! 和ちゃん先生!」

澪「いやーやっぱり和は教えるのが上手だな」

和「そ、そんなことないわよ。唯に教えるのが慣れてるだけ」

澪「ううん、そのまま先生としても通じるぐらいよかったぞ!」

和「んもう! 澪ってばほめ上手ねぇ!」クネクネ

唯「ひっ……!」

律「……和ってこんなキャラだっけ」

紬「私はありだと思う」


澪「ところで和って国立大学受けるんだよね」

和「まあそうなるわね」

唯「和ちゃんはやっぱすごいよ!」

紬「私もそう思う!」

和「お世辞でもうれしいわ」

律「それじゃあ、高校卒業したら離れ離れになっちゃうな」

和「そうね……はっ!?」

和(そしたら……私は澪と離れ離れになってしまうの……?)

唯「え~和ちゃんと離れるのやだっ!」ダキッ

和(つまり……私に残された時間は……あと少しってこと……? そ、そんな……)

律「だったら唯も勉強して和と一緒の大学に行けばどうだ?」

唯「私、和ちゃんのこと絶対忘れないからね!」

律「あきらめはえーな」

和(そんな……そんな……)ポカーン

ガチャ

憂「みなさん、ご飯の用意が出来ましたからどうぞ下に来てください」

唯「わーい、めしめし~!」

律「憂ちゃんのごはんだ~!」

紬「私も私も~!」

澪「まったく、騒がしいやつらだな……じゃあ私らも行くか……」

和「あは、あははははは……」

澪「お、おーい。和さーん……?」

……

唯「はふっ! はふっ! あふっ! うまっ!」

梓「唯先輩、お鍋は逃げませんから落ち着いて食べてください」

唯「はっへほのなへうはいんはも~ん!」

梓「食べながらしゃべるのは行儀悪いです。ほっぺにも付いてるし」

唯「あふにゃんふいへ~」

梓「んもう、今回だけですよ」フキフキ

唯「あんがとあずにゃん!」

梓「はいはい」

紬(今日もごちそうさまでした)

澪「でもほんとうにおいしいなこの鍋。さすがは憂ちゃんだな」

憂「そんな……梓ちゃんも一緒につくったからおいしいんですよ」

律「どうせ梓なんて食器並べただけだろ」

梓「ちゃ、ちゃんと野菜切ったりしたもん!」

律「ほら、和も食っちゃえよ。無くなるぞ?」

和「……そうね」

律「えっ? 何? なんでそんなテンション低いの? あれ? もしかして私やっちゃった?」

憂「の、和ちゃん……?」

和「ははっ……どうせ私なんてサブキャラだからみんなと違うとこ行ったら
  忘れられちゃうのがオチなのよね……ははっはははっ……」ボソボソ

憂「和ちゃんダメ! そんな発言しちゃダメ!」

和「いいのよもう……どうせ私なんて……ポッと出のモブモップにまで負けちゃうの……」

澪「どうしたんだ和?」

和「澪……私のこと、大学に行っても、忘れないでね」

澪「えっ、う、うん」

和(どうせ私なんて……私なんて……)

唯「あずにゃ~ん。お肉食べさせて~」

梓「自分で食べれるでしょ?」

唯「あずにゃんがあ~んしてくれたら、もっとおいしいよ!」

梓「しょ、しょうがない先輩ですね。はい、あ~ん」

唯「あ~ん、んむ……うまー! あずにゃんこれうまだよ!」

梓「そ、そですか」

憂「そのつみれ、梓ちゃんが作ったんだよ」

唯「なるほど! だからおいしいんだね!」

梓「そ、そんな……///」

憂「梓ちゃん、顔真っ赤だね」ニヤニヤ

梓「う、うるさいな///」

紬(ぐぅれいと!)

和(!! これ! これだわ!)

和「み、澪!」

澪「ん? 何だ?」

和「それ、おいしいの?」

澪「ああ、おいしいぞ! 和も食べてみなよ」

和「……やだ」

澪「何が?」

和「澪が食べさせてくれなきゃ……やだ」

澪「んなっ!?」

憂「攻めたっ!?」

紬「!? い、いやここは抑えるの……抑えるのよ紬……!」

唯「ひ、ひいいいいっ!!? これは呪いだっ! 和ちゃんに呪いがかけられたんだよぉ!」

澪「そ、そんな……恥ずかしいよ……」

和「お、お願い……」ジー

澪「(何かエロい……)わ、わかった。 じゃあ、はい」

和「あーんって……して」

澪「ええっ!? そ、それはむりっ!」

和「して?」

澪「(人差し指を口に持ってくのは反則だろ常識的に考えて……)あ、あ~ん」

和「あーん……んむっ」

澪「ど、どうだ?」

和「おいしいわ。澪の味がする……」

澪「えっ……」

憂「ブフッ!」

紬「いやったぁぁぁっぁぁぁぁぁっ!!!」ガシャーン

梓「ムギせんぱあああい!?」

和「おいしかったわ澪……澪?」

澪「和が……和が……」

和「……あら?」

唯「」

律「あーおじやうめー」


3