A「あ…あった」

4月

音楽室

澪「ようこそ!桜高へ!」

憂「はい!よろしくお願いします!」

純「お願いします」

紬「お茶どうぞっ」

律「2人とも部活は決めた?」

憂「いえ……まだ」

唯「じゃあけいおん部に入りなよ~」

憂「う~ん……まだ他に部活みたいしなぁ」

コンコン… ガチャ

A「あの…」

唯「入部希望者?」

A「1年の中野梓ですっ」

澪「おぉ!」

紬「お茶どうぞ」

唯「何か楽器やったことある?」

梓「小4からギターやってました!」

唯「私より長い……」

梓「唯先輩もギターなんですか?」

唯「うぅ……それは……」

梓「?」

唯「あずにゃん!」

梓「あず……にゃん!?」

唯「ギター教えて!」ウルウル


唯の家

梓「あ、ここはこうやるんです」ギャギャーン

唯「あずにゃんすご~い!」

梓「べ、別にこれくらい普通ですよ///」

唯「でもすごいよ~」

梓「ありがとございます///」

唯「あずにゃんって手小さいよね~これでよくギター弾けるねっ」プニプニ

梓「唯先輩っ///」カァーッ

唯「え?」

梓「いきなり手触らないでください!///」ドキドキ

梓(なんだろ……すっごいドキドキする…)

唯「どうしたの?あずにゃん?顔赤いけど…」

梓「なんでもないですっ」

唯「熱でもあるのかな」ピタッ

梓「ひゃっ!//////」

梓(唯先輩のおでこ…///)

唯「わっ!すごい熱だよ!」

梓「これは熱じゃないです!////」カァーッ

唯「今日は大事をとって、うちに泊まっていきなよ?」

梓「そ、そそ…そんなの悪いですっ///」

唯「いいからいいから~っ」

憂「梓ちゃん大丈夫?」

梓「憂……」

唯「あずにゃん元気になってね!」

憂「あれ?お姉ちゃんこれからどっか行くの?」

唯「りっちゃんと遊びに行くの~っ」

梓「そ、そんな~」

唯「じゃああとはよろしくね!」

ガチャン

憂「梓ちゃんごめんね?」

梓「憂………」

憂「ほら、お粥食べて」

梓「あ~ん…はふはふ」

憂「あ、ごめん熱かったね?ふ~っふ~っ」

憂「はい梓ちゃんっ」

梓「憂……迷惑かけてごめん…」

憂「別に気にしなくていいよっ」

梓「唯先輩……」

憂「……はい、お粥っ」

梓「はふはふっ…熱い熱いっ」

憂「お姉ちゃんとは先輩後輩の仲だよね~?」

梓「わかった!分かったからっ!」


……

唯「りっちゃんおまたせ~!」

律「ゆーいーっ」

ぎゅ~~~っ

律「買い物つき合わせてごめんな?」

唯「りっちゃんだからいいよっ」

律「そっかそっか」

唯「今日ね~あずにゃんにギター教えてもらったんだ!」

律「へ~」

唯「うちに来て着きっきりで教えてもらったんだよ!」

律「……ふーん」テクテク

唯「あ、りっちゃん歩くの早~い」

律「ふーんだ」プクーッ

唯「りっちゃん今日何買うの?」

律「新学期だから新しい学生カバン買おうと思って」

唯「あ~っじゃあ私も買うっ」

律「またオソロにするか!」

唯「わーいわーいっ」


唯の家

梓「唯先輩っていつも家でどんな感じ?」

憂「う~んゴロゴロ…かな?」ピピッ

梓「へ~…さっきからずっと携帯いじってるけどメール?」

憂「ま~ねっ」ピピッ

梓(憂には彼氏いるのかな…)

憂「でもこの人めんどくさいんだよね」

梓「彼氏?」

憂「そんな訳ない!」

梓「ふ~ん」

憂「メアド交換したらいっぱいメールしてくるんだよね…」

梓「でもさっき楽しそうだったじゃん」

憂「まぁ暇つぶしにちょうどいいかなって感じで」

梓「そっか~」

憂「あ、そういえばこの間の小テストどうだった?」

梓「あれ?…まぁ出来たけど」

憂「教えてもらってもいい?」

梓「別にいいけど」



唯「りっちゃんりっちゃん!このカバンなんかどう!?」

律「おぉ!可愛いなっ」

唯「りっちゃんはどれがいいとかある?」

律「私も唯が選んだやつが一番かなっ」

唯「やった~!また以心伝心だよ」

律「へっへ~」

唯「帰りにカフェ行こっ」

律「ま~たアイスココアか?」

唯「テヘヘ…バレちった?」

律「唯と言えばアイスココアだしな~」

唯「だって甘くておいしいんだも~ん」

カフェ

唯「ゴクゴク……ぷはっ」

律「普通アイスココアそんな飲み方で飲むか…?」

唯「喉渇いてたからだよ」

律「ズズズ…」

唯「りっちゃんはよくコーヒーなんて飲めるね?」

律「まぁ私は大人だからな」

唯「でも砂糖すっごい入れてたね」

律「言うなっ」

唯「サラリーマンとかよくブラックで飲めるよね~」

律「だよな~わざわざ苦いものを飲む意味が分からないよ」

唯「りっちゃん!明日からこの一緒のカバンで登校しようよっ」

律「いいよ~」

唯「そうだ!この後ゲーセン行こうよっ」

律「またプリクラでも撮るか?」

唯「それもあるけど、カバンに付けるキーホルダーゲットしに行こっ」

律「おぉ!もしかしてあのクマの人形のやつか!?」

唯「そうそう!」

律「あの人形可愛いよな~」

唯「だよね~」

ゲーセン

唯「よーし!UFOキャッチャー頑張るぞっ」キリッ

律「唯はUFOキャッチャー上手いよな」

唯「よーく狙って……っと」ウィーン

律「私が横から見てストップって言うから!」

唯「うん!任せたっ」

律「……ストップ!」

唯「ああ~…全然ズレちゃったじゃん」

唯「て言うか、ストップの『ス』のタイミングで押すのか、『プ』で押すのか分からないよ~」

律「『プ』な!」

唯「プーっ!」

ウィーン…

唯「やった!2つもとれたぁ」

律「唯はすごいな~っ」ナデナデ

唯「えへへ……はいっ1つりっちゃんにあげる!」

律「ありがと~っ」

唯「いいっていいって~」

唯「そうだ!面白いゲーム見つけたんだっ」

律「本当か!?どんなゲーム!?」

唯「クイズのやつだよ!全国の人たちとバトル出来るんだぁ!」

律「よーし!今度は私がいい所見せないとなっ」

チャラチャラ~♪

律「最初は早押しだってよ!」

唯「私も手伝うよ」スッ

律「よーし!何でもこい!」


『将棋とチェスの駒が多…』

ピンポーンッ

律「分かったー!」

唯「本当っ!?」

律「将棋だっ」ビシッ

『正解~♪』

律「しゃーっ」

唯「わーい!りっちゃんすご~いっ」

律「へへ~ん!」

律「次は制限時間内で答えるだって」

唯「よーしっ」

『あやふやに覚えていること…〇〇覚え?』

律「なんだ簡単じゃん♪」

唯「ラッキー問題だねっ」

律「こんなのうる覚えに決まってるじゃん」

唯「えっ…うろ覚えじゃないの?」

律「うろ!?」

唯「早くしないと時間が…っ」アセアセ

律「どっちどっち!?うろ?うる?」アタフタ

『3、2、1ー』

唯律「あわわわっ」アセアセ

『タイムアップ~』

律「結局分からなかった…」

唯「答えどっちだったんだろうね」

律「もうクイズ終わったしまたプリ撮ろっか」

唯「うん!りっちゃん専用のプリ帳でも作ろうかな」

律「じゃあいっぱい撮らないとなっ」

唯「撮ろーっ撮ろーっ」


律「このプリ機にしよーぜ」

唯「何かあるの?」

律「携帯にプリ画を送れるんだっ」

唯「おぉ~っじゃあさ、じゃあさ、一緒に待ち受けにしよー!?」

律「おぉ!それいいなっ」

唯「りっちゃん!ピースっ」ビシッ

律「ピースっ」ビシッ

パシャ

『しばらくお待ちください』

唯「りっちゃんりっちゃん!どのプリを携帯に送る!?」

律「…このプリは?」

唯「え~これ私が目瞑っちゃったやつじゃん…これなんてどう?」

律「うん!いいと思うっ」

唯「やった!プリ届いたらすぐに待ち受けにしようね!絶対だからねっ」

律「分かってるってば~っ」

ピロリロリ~ン

律「おっもう届いた」

唯「…私のは来ないよ?」

律「アドレス間違えたんじゃないか?」

唯「そ、そんなぁ~…」ガックシ

律「落ち込むなって、私のプリ送るからさ」

唯「りっちゃん!」

律「はい、赤外線っ」

唯「ありがとーっ」ピピッ

唯「ほら!早速待ち受けにしちゃった♪」

律「私も待ち受けにしたよっ」

唯「わぁ~!これでお揃いだねーっ」キラキラ

律「ねーっ」

唯「次、太鼓の鉄人やろーよ!」

律「お~?ドラムの私に勝てるのか?」

唯「私だってカスタネット得意だもんっうんたん♪」

律「よーし!やるかっ」


チャリーンッ

唯「どの曲でやる~?」

律「う~ん…あっこれにしよう」ドンドン


『いまー私のー♪』

唯「………」ドン ドン カッ

律「………」ドン ドン カッ

唯「りっちゃん…これ簡単すぎてつまんない」

律「もっと難しいコースにしよ」


『いまー私のー♪』

唯「お………あっ…うん………たんっ」ドカドカドンカッカッ

律「お………早……多……無理………」ドカドカドンカカカッ

唯「はぁはぁ…こんなのノルマクリア無理だよぉ」

律「早すぎて逆方向に動いてる風に見えたし…」

唯「まぁこれが出来るからと言って、リズム感があるとは言い切れないよねーっ」

律「実際のドラムなら負けないし!」


唯の家

憂「梓ちゃん汗すごいね」

梓「うん……まだ熱っぽい」

憂「私が着替えさせてあげるよ」

梓「そっそれは///」

憂「大丈夫っ大丈夫!私の服貸してあげるからっ」

梓「う、憂…」

ヌギヌギ

憂「ほら、靴下も脱ぐよ」

梓「うん…///」

憂「汗で濡れちゃってるから服洗っとくね」

梓「ありがと…///」

憂「じゃあ服着させるね」

梓「うん…」ドキドキ

憂「う~ん…ちょっとサイズ大きいかなぁ」

梓(憂の服……憂の匂い……///)

憂「上も着させてあげるから手上げて」

梓「…///」

ガチャッ

唯「ただいま~」

律「おじゃましま~……」

憂「あ………」

梓「先輩………///」

唯「あずにゃん……何で裸に……」

律「梓……」

憂「こっこれは着替えさせようと思っただけなの!」

梓「そ、そうです!服が濡れちゃってたからです!」


17