次の日の放課後

さわ子「みんな!曲を作って来たわよ!」

唯「ほんと!?」

律「やったー!!」

梓「今日こそ練習できるね!」

澪「どんな曲なんだろう…」

紬「なんかちょっとドキドキしてきちゃった」

和「せんせー、早く聞かせてよ!」

さわ子「はいはい、それじゃ音楽室に行きましょうか」

さわ子「先生の友達に手伝ってもらってね、CDを作ってきたのよ」

唯「おおー!」

律「なんかかっこいいなー!」

紬「そういえば、先生もバンドやってたんだよね?」

和「その人たちのことかー」

さわ子「え、えぇまあ…もう昔のことだけどね…」

梓「先生、早く早く!」

澪「もう、梓ちゃん、落ち着いて…」

さわ子「あら、ごめんなさいね、じゃあこれがみんながやる曲、」

さわ子「翼をください、と、桜小校歌よ」

(それぞれ放課後ティータイムの翼をください、桜高校歌のギター、ベースがアコーディオンってか鍵盤ハーモニカみたいな音、キーボードと主旋律がピアノ、ドラムが小太鼓くらいに考えてください。
それでテンポが若干遅めくらいで。
ちなみに自分自身全く想像がつきません。ロックとはそういうもの)

唯澪律紬梓和「……」ポー

さわ子「どうかしら?」

唯「すごい…なんだかよくわからないけど、すごい!」

律「うん、なんだかよくわからないけどかっこいいよ!」

澪「なんだかよくわからないけど…ワクワクする感じ…」

さわ子「あ、あなたたち…もっとちゃんとわかってよ…」

紬「先生!すごいかっこいいよ!」

梓「うん!」

和「でもこれやったとして…いつ発表するの?」

さわ子「ふふ、そのへんも抜かりはないわ!」

唯「?」

さわ子「今度合唱コンクールがあるでしょう、それをやる前にみんなの前で発表する時間を取れるようにしてあります!」

律「すげー!」

紬「でも、合唱コンクールって…もう来月だ!」

梓「あんまり時間はないね…」

澪「…大丈夫だよ」

和「澪ちゃん?」

澪「大丈夫。きっとうまくいくから。私もがんばるから、みんなと一緒に」

律「澪ちゃん…そうだね!悩んでる時間はないよ!」

紬「練習しよう!それしかないよ!」

梓「うん!」

唯「じゃ、今日もムギちゃんちに集まって練習しよう!」

さわ子「ストップ!」

澪「先生?」

和「どうしたの?」

さわ子「あなたたちが練習するって言っても、そのうち遊びになっちゃうんじゃない?」

唯「ぎくっ」

さわ子「昨日も紬ちゃんちに行ったみたいだけど、ちゃんと練習できた?」

澪「ぎくっ」

さわ子「どうせおしゃべりになっちゃうでしょ?」

律紬梓和「ぎくぎくっ」

さわ子「ふう…そんなことだと思ったわよ…だからね」

唯「?」

さわ子「ここで練習しなさい!」ババァーン

梓「え?」

紬「ここって…音楽室?」

和「使っていいの?」

さわ子「ええ、私も一応唯ちゃんにバンドの話しちゃった責任みたいなのもあるし…ここまで来たら、とことんやるわ!」

唯「気にしなくていいのにー」ユイユイ

律「先生が教えてくれるのー!?」

さわ子「ええ、だからみんな、1ヶ月後の合唱コンクールに向けて、がんばってね!先生もがんばるわ!」

澪「…はい!」

唯『それから私たちは、来る日も来る日も練習しました』



唯「~~♪♪」

さわ子「ん?唯ちゃん、アコーディオン弾きながら歌えるの?」

唯「うん、歌っちゃだめなの?」

さわ子「ううん、楽器弾きながら歌えるのってすごいことなのよ、唯ちゃん。だからびっくりしちゃった」

唯「えへへ…」テレ

さわ子「そしたら唯ちゃん、コーラスも一緒にやってみない?」

唯「コーラス?」

さわ子「ええ、それができたら最高にかっこいいわよ!」

唯「!やる!!」

律『先生ががんばって教えてくれたので、私たちもがんばれました』



律「~~~いぇーい!!」ドゴドン

さわ子「んー、りっちゃんは運動神経いいからか、手がよく動くわねー」

律「でしょ!!」

さわ子「でもそのせいで、みんなより全然早くなっちゃってるわよ。ドラムっていうのは、リズムが大事なのよ」

律「うーん…」ブー

さわ子「んー…そうだ!りっちゃん、シンバルも入れてみましょう!これをこうして…」

律「あ!これ、テレビでみたドラムの人も叩いてた!」

さわ子「こうすれば、動きが増えるぶん、リズムを維持できるはずよ。りっちゃん、難しいけど、できる?」

律「もちろん!!」

紬『私たちの演奏は、まだまだ下手ですが、がんばって演奏します』



紬「~~♪」

さわ子「紬ちゃんはやっぱりピアノ上手ねぇ」

紬「紬ちゃんじゃなくて、ムギちゃん!」ムギュ!

さわ子「ふふ、ごめんなさいね。でもこれだけ弾けるなら…ムギちゃん、間奏の部分でソロパートやってみない?」

紬「そろ?ソロって、あのギターでピロピロってやるやつ?」

さわ子「ええ、難しいけど、ムギちゃんならできるはずだし、できたら最高に盛り上がるわ!」

紬「うん!やってみる!」

律「そろそろ時間だな」

紬「そうね~・・・又来ようねっ!」

律「あぁ!」ガチャ

「~♪」

「~♪」

紬「結構他の人の歌も聞こえるのね~」

律「たまにめっちゃ上手い人とかいるぞ?」

紬「そうなん・・・あれ?この声・・・」

律「ん?知り合いか~?」

「~」

律「この声・・・」

梓『少しでも上手に弾いて、山中先生に恩返しをしたいです』



さわ子「んー…梓ちゃんはやっぱり育った環境がいいのかしらね、いいセンスしてるわ」

梓「ほんと?やった!」

さわ子「ええ、一つ年下なのにすごいわ。梓ちゃん、みんなのことは好き?」

梓「うん!大好き!お姉ちゃんがたくさんできたみたい!」

さわ子「ふふ…でも梓ちゃん、演奏のときはあなたがみんなを支えてあげるのよ」

梓「?」

さわ子「あなたは他の子よりもたくさん音楽を聞いているはずだし、楽器の経験もある。ある意味、梓ちゃんのほうが先輩なのよ」

梓「先輩…」

さわ子「だから、あなたがみんなの演奏を支えてあげるの。梓ちゃんのパートのベースっていうのは、そういうパートなのよ」

梓「…わかった!!」

澪『……』プルプル

律『(澪ちゃん!今更恥ずかしがってないで!)』

梓『(そうだよ!大丈夫だから!)』

紬『(私たちならできるよ!)』

唯『(澪ちゃん、がんばろう!)』



さわ子「澪ちゃん、上手じゃない!」

澪「上手じゃないよー…恥ずかしいし…やりたくないなぁ…」

さわ子「もう…澪ちゃん!!」

澪「ひっ!な、なに?」

さわ子「絶対大丈夫、絶対成功するわ!先生、嘘ついたことないでしょ?」

澪「…うん」

さわ子「その先生が言うんだから、澪ちゃんは絶対上手く歌えるわ。自信を持って!」

澪「…うん!」

和「みんな、がんばってー!」

さわ子「澪ちゃーん!!がんばれー!!」

唯『先生…』

律『澪ちゃん!』

紬『がんばろう!』

梓『みんな一緒だよ!』

澪『(和ちゃん、先生、みんな…よし!)聞いてください!放課後ティータイムで、翼をください!!』


律『わんつ、すりふぉ!』

……………

コンクール終了後

唯澪律紬梓「せんせー!!!!」ガバッ

さわ子「きゃあ!?もう…でもみんな、よくがんばったわ!完璧よ!!」

唯「やったー!」

律「へへ、私のおかげだな!」

梓「違うもん!私のおかげだもん!」

紬「私だってがんばったよー!!」

澪「もう…ケンカしないの」ニコニコ

さわ子「しかし、なんかみんな今回のバンドを通じて、なんだか大人っぽくなってきたわね…成長してるわ」

律「へへ…」

唯「先生!私決めたよ!」

さわ子「ん?なぁに?」

唯「おっきくなったらね、バンドやるの!今度は本物の!!」

さわ子「!!」

唯「それで今度は私はギターでね、ぎゅいーんって…みんなもやろ!!」

紬「やるやる!」

梓「私もギターやりたい!」

律「私は当然ドラムだよ!澪は?」

澪「私は…また、歌いたい…!」

唯「またバンドやろうよ!みんなで!!」

澪律紬梓「おー!!」

さわ子「ふふ…楽しみにしてるわ」ニコ


放課後

和「お疲れ様!すごいかっこよかったよ!」

唯「和ちゃん!ありがとう!」

和「そういえば、放課後ティータイムだっけ?いつ名前なんてつけたの?」

紬「本当につけたのは直前なんだけどね」

梓「先生がこれにしなさいって…」

澪「何か思い入れでもあるのかな?」

律「まあいいじゃん!それより将来のバンドの話しようよ!」


唯澪律紬梓和「きゃいきゃい」




?「…おい、聞いたか?今の小学生の会話!」

?「バンドだって!あんなちっちゃいのに…かーわいい!」

?「将来バンド組むんですってね、素敵だわぁ…」

?「まったく…先輩たちは、モチベーションではあの小学生に負けちゃってますよ!」

?「そのとおり!お前ら、後輩にこんなこと言われるなよ…」

?「すいやせーん…」


?「…よーっし!!」ダッ



?「おい、どこ行くんだよ、唯!!」



唯「すう……みんなー!!がんばってねー!!」



唯「絶対、絶対!楽しいからー!!!」



唯澪律紬梓和「……?」




おしまい