唯「けいおん?」

さわ子「そう、軽い音楽と書いて軽音よ」

唯「それってなにするの?」

さわ子「ほら、ギターとかドラムとかで音楽をやるのよ…テレビとかで唯ちゃんも見たことあるんじゃない?」

唯「!!わかった!あの、どどどど、ぎゅいーんってやつだ!」

さわ子「そうよ」ニコ

唯「あれを先生がやってたんだ!かっこいい!」

さわ子「え、えぇ…まあ、ほんと昔に、ちょっとだけね」

唯「わたしもやりたい!ぎゅいーんって!」

さわ子「うーん…唯ちゃんにはまだ早いかしら?ギターって重いのよー、大きさも唯ちゃんくらいあるんじゃないかしら?」

唯「えー…」ブー

さわ子「それに、バンドをやりたいならまずは人を集めなきゃね」

唯「ばんど?」

さわ子「ああ、音楽をする人たちの組をバンドって言うのよ」

唯「じゃあまずはバンドを作る!」

さわ子「そうねぇ…じゃあ、唯ちゃんもいれて5人集まったら私のところに来なさい、いろいろ教えてあげる」

唯「うん!!」

唯「のどかちゃーん!バンドやろー!!」

和「ばんど…?なぁに、それ」

唯「さっき先生に教わったの!ズズズズン、で、ぎゅいーんなんだよ!!」

和「唯ちゃん、何言ってるかわからないよ…」

唯「やらないの?」ウル

和「わたしはいいよー…その代わり、一緒に他の人探してあげる」

唯「ほんと!?ありがとーのどかちゃん!」

和「じゃ、みんなに言ってみよう」ニコ

唯「……」

和「……」

唯「だめだったね…」

和「唯ちゃんがドコドコ、とかズガガガ、とかへんなこと言うから…」

唯「へんじゃないもん!かっこいいもん!」

和「うーん、でもどうしよう…」

唯「むー…」

和「隣のクラスに行ってみる?」

唯「えー…でもわたし、隣のクラスに友達いないよ…」

和「私だってそうだよ、でもこれで友達になれるかもしれないよ」

唯「行く!!」

和「う、うん…」

唯「たのもー!!」

和「唯ちゃん、なにそれ…」

唯「わかんないけどお父さんが見てたテレビで言ってた!」

律「んー?だれだよおまえー?」

澪「り、りっちゃん…そんないきなりお前って…」

律「もー!澪ちゃんはそんなんだからだめなんだよー!」

澪「う、うぅ…」

和「いきなりごめんね、私、隣のクラスの真鍋和っていうの」

唯「おなじく平沢唯!ねぇねぇ、一緒にバンドやろーよ!」

律「はあ?」

澪「バンド…?」

唯「こーいうものなんです」

律「ふむふむ…」

澪「わ、私は無理…」

唯「えー…」シュン

律「私はやる!!」

唯「ほんと!?」

澪「り、りっちゃん!?」

律「なんかかっこいいし!こう、ズドドドドってやりたい!!」


唯「やったー!」

和「ありがとう!ええと…」

律「田井中律だよ!よろしくね、唯ちゃん、和ちゃん!」

唯「よろしくね!」

和「よろしくね。これで2人だね、唯ちゃん」


律「澪ちゃん!澪ちゃんもやろうよ!」

澪「やだよー…だって、みんなの前で歌ったり演奏したりなんて…できないもん…」

和「そっか…なら仕方ないね…」

律「だ!か!ら!その澪ちゃんの恥ずかしがり屋をなおすためにやるんだよ!」

唯「おお!りっちゃん頭いい!」

澪「そ、そんな…」フルフル

律「澪ちゃんもやろ?」

唯「えっと、澪ちゃん!お願い!」

澪「の、和ちゃん…」

和「澪ちゃん、私もお願い」

澪「ええー!?」

唯「…」ジー

律「…」ジー

和「…」ジー

澪「うぅ…わ、わかったよ…」

律「やったー!!」

唯「ありがとう澪ちゃん!」

和「ありがとう、これからよろしくね!」

澪「う、うん…」テレ

律「これで4人かな?何人集めるの?」

和「さわ子先生が5人いるって言ってたんだって、あと私はやらないよ」

澪「ええー!!!」

律「うわ!」

唯「びっくりした…」

澪「そんなぁ…私にはお願いしてたのに…」

和「唯ちゃんとそう約束して、いまバンドやってくれる人を探すお手伝いをしてるんだよ」

唯「そうなのです」

澪「じゃ、じゃあ私もやっぱりやめ…」

律「はいだめー!!!」ドン!

澪「ひぃ!?わ、わかったよ…」ショゲ

後の和はこのときのことをこう語る

和「え?バンドをやらなかった理由?そうね…子供心ながらに、なんだか面倒に巻き込まれそうで嫌だったんじゃないかしら。あと、多分見てるほうが面白いってわかってたのね、きっと。澪には悪いけど、身代わりになってもらって助かったわ」

子供とは残酷な生き物だ


紬「あ、あの…」ムギュ

唯「ん?」

和「だぁれ?」

澪「あ、紬ちゃん」

律「お、どしたの?」

紬「なんか楽しそうな話が聞こえて…わたしも混ぜてくれる?」

唯「もちろん!」

律「唯ちゃん!紬ちゃんにわたしたちの計画を教えたげて!」

和「こういうことなの」

紬「へぇ…」

唯「和ちゃん!?」ガーン

紬「とっても楽しそう!私もいれて!!」

唯「ほんと!?」パァ

澪「つ、紬ちゃん…いいの?」

紬「うん!」

律「よーし!これであと一人だね!!」

和「あと一人…誰かいるかな…」

唯「大丈夫だよ!もしいなかったら憂にやってもらおう!」

律「うい?」

澪「だれ?それ…」

唯「私の妹だよ!」

和「憂ちゃん…やってくれるかな?」

唯「憂はおりこうさんだから大丈夫だよ!行ってみよう!」



憂「ばんど?」

唯「そう!」

和「憂ちゃん、どう?」

憂「でも私、楽器とかできないし…そうだ、梓ちゃーん!」

梓「なぁに?」

憂「あ、中野梓ちゃんです!入学して、最初にできた友達なの!」

梓「よ、よろしくお願いします…」

~各々自己紹介~

律「へー、じゃあ梓ちゃんのお父さんとお母さんってバンドやってるんだ!」

紬「すごい、かっこいいなぁ…」ムギムギ

憂「だから梓ちゃんもできると思って…どう?梓ちゃん」

梓「でも…ほんとにちょっとだよ?」

唯「大丈夫!私は何もできないから!」

和「カスタネットは上手だったよね」

唯「えへー」ユイユイ

澪「りっちゃん紬ちゃん…私たちだってなにもできないよ…」

律「私はたいこ叩くだけだから!」

紬「実は私、幼稚園からピアノやってるんだ~」

唯「そうなの!?紬ちゃんすごい!」

梓「なんか…楽しそう…かも」

唯「一緒にやろうよ!梓ちゃん!」

律「後輩だからって遠慮しなくていいんだよー!」

梓「じゃあ…やる」テレ

紬「よろしくね、梓ちゃん」ニコ

澪「どうしよう、私、何すればいいの…?」

律「澪ちゃんは…うん、歌おう!!」

澪「ええー!!!???」

梓「ひゃっ!」

唯「うん、澪ちゃん、結構おっきい声だせるもんね!」

和「じゃあ…これで5人集まったね、先生のとこ行かなきゃ」

憂「がんばってね!みんな!」

唯「おー!」

梓「うん!がんばる!」

澪「無理だよぅ…絶対できないよ…」

紬「大丈夫だよ、がんばろ、澪ちゃん!」

律「そうだよ!これは澪ちゃんのためでもあるんだよ!」

澪「うぅ…」クスン

さわ子「……」

唯澪律紬梓和「………」

さわ子「(まさか本当に集めてくるとは…小学生舐めてたわ…)」

和「先生、5人集まったけど…」

唯「なに教えてくれるの!?」

さわ子「(てっきり集まらなくてすぐ諦めると思ったのに…さすがにギターやらベースやらなんて教えられないわよねぇ…第一持てないだろうし)」

律「せんせー!はやくはやく!」

紬「約束したんでしょー!」

梓「バンド教えてよー!」

さわ子「(つか下級生まで拾ってくるって…そういえば唯ちゃん、妹いたわね…小学生のネットワークがこれほどとは…)」

澪「み、みんな…職員室は、静かに…」

さわ子「(…しょうがない…やるか!!ほどほどになぁ!)みんな、覚悟はできてるわね?」

唯「?うん!」

律「よくわからないけどできてる!」

紬「みんなそう言ってるし大丈夫!」

梓「澪ちゃん、バンドって覚悟がいるの?」

澪「わ、わかんない…」

さわ子「じゃあ、みんなのために曲を作ってあげるわ、それまでにみんなは自分たちがなんの楽器をやるか決めといてね」

唯律紬梓「はーい!」

澪「わ、私、ほんとに歌うの…?」

和「…澪ちゃん、がんばってね」

澪「のどかちゃぁぁん…」

律「バンドかー!楽しみだなー!」

澪「私は楽しみじゃないよ…」

唯「澪ちゃん!大丈夫、みんなが一緒だよ!」

紬「梓ちゃんはちっちゃくてかわいいねー」ムギムギ

梓「やめてよー!」プンスカ


和「それにしても、今日だけで友達たくさんできちゃったね、唯ちゃんのおかげだよ」

唯「ふぇ?」

律「そうだね!これからよろしくね!」

澪「うん、よろしく…」テレ

唯「私のおかげなの?」


紬「そうだよー、唯ちゃんがバンドやろって言ったからみんなと友達になれたんだもん」

梓「憂ちゃんのお姉ちゃんのおかげだよ!」

和「ありがとね、唯ちゃん」

唯「えへへ…」ユイユイ

律「あ、じゃあ私と澪ちゃんはこっちだから!」
澪「みんな、また明日ね」

紬「私もここでばいばいなんだ」

梓「そうなの?私の家、紬ちゃんちのほうみたいー」

唯「そしたら、これからはみんなでここに集まって学校行こうよ!」

澪「いいかも!」

律「よし、じゃ明日からは8時にここね!」

梓「はーい!」

紬「それじゃ、また明日」

和「うん、ばいばい!」


和「よかったね、人集まって」

唯「うん!和ちゃんも手伝ってくれてありがとう!」

和「そういえば、みんな楽器はなにやるんだろうね?」

唯「うーん、りっちゃんはたいこやるって言ってたし、紬ちゃんはピアノやってるからピアノだろうし、澪ちゃんは歌だし…」

和「あとは唯ちゃんと梓ちゃんだね」

唯「カスタネットは…」

和「…りっちゃんが太鼓だからいらないんじゃない?」

唯「だよね…」

唯「んー…わかんないから明日みんなと決める!」

和「そうだね」ニコ

唯「バンドやるときは、和ちゃんも見に来てね!」

和「もちろん!あ、じゃあ唯ちゃん、また明日ね」

唯「うん!ばいばーい!」

唯「(バンド…けいおん…明日から楽しみだな…!)」

唯「(友達もできたし、和ちゃんも応援してくれるし…明日からがんばるぞ!)」


唯「ただいまー!」


2