唯「りっちゃん!どっちが潜ってられるか競争しよう!」

律「よーしっ!」

唯律「せーのっ」ザバッ


ゴツンッ

唯「ぷはっ……痛った~頭ぶつけたぁ」ヒリヒリ

律「痛てて……うちの浴槽じゃ狭すぎるな」

唯「別のことしよっ」

律「何かあるのか?」

唯「私りっちゃんとぎゅ~~~っとしたい!」

律「お、お風呂で!?///」

唯「いいでしょ?りっちゃんっ」ギューッ

律「唯っ///」

ぎゅ~~~っ

唯「ほら?もっとも~っとぽかぽかになるでしょ?」

律「あ、ああ…///」

唯「本当にあったかいよ…りっちゃん///」

律「あったかい…///」

唯「ふにゃふにゃ~///」ダラーン

律「唯っ?///」

唯「のぼせた~///」

律「また!?…って私もちょっとのぼせたかも///」

唯「はぁ~さっぱりしたなぁ」

律「唯、体拭くぞっ」

唯「うん~」

律「はい、手挙げて」

唯「ばんざーいっ」

律「ぷっ…なんだよばんざーいって」フキフキ

唯「えへへっ」

律「背中も拭くから後ろ向いて」

唯「は~いっ」クルッ

律「…んしょ」フキフキ

律「よしっオッケー!」

唯「ありがと~りっちゃん!」

律「あとでドライヤーもしてやるよっ」

唯「やった~!サラサラ♪サラサラ♪」

ブォーーンッ

唯「サラサラになった~」

律「私のゴッドハンドのおかげだなっ」キラーン

唯「さすがりっちゃん!」

律「へへーんっ」

唯「りっちゃんのパジャマ借りたはいいけど……」

律「うん?」

唯「ブカブカ…」

律「私いつも大きめ買うからな~」

唯「でもりっちゃんの香りがするからこれがいいっ!」クンクン

律「ありがとう」ニコッ

モゾモゾ

律「そろそろ寝るぞ~」

唯「おじゃましま~すっ」

律「また一緒に寝よっか」

唯「うんっ!」

律「なんか最近ずっと唯といる気がするよ」

唯「私もずっとりっちゃんといる気がする!なんかこれが当たり前に感じるよっ」

律「だよな~…前まではこんな近くにいるだけで緊張したのに」

唯「今はすっごいリラックスするよっ!りっちゃんの隣が私の居場所だから!」ギュッ

律「いつでもずっといていいぞ」ギュッ

ぎゅ~~~っ


チュンチュン…

唯「むにゃむにゃ……りっちゃん…」ギューッ

律「うぅ……苦しい…はっ!」パチッ

律「あ、いつの間にか朝になってる」

唯「くかーっくかーっ」

律「唯~起っきろ」ユサユサ

唯「う……ん……」ボーッ

律「ほらもう朝だぞっ」

唯「……おはようございます」ペコ

唯「………」ボーッ

律「大丈夫か~?起きてる~?」

唯「うん……ふあ~あっ」ハァー

律「唯は本当に朝弱いなぁ」

唯「ふあ~あ…」

律「ゆーいーっ」

ちゅ

唯「んっ…」

律「これで目覚ましただろ!?」

唯「うぅ……りっちゃん…」

律「うん?」

唯「レバニラの味がしたよ…」

律「おぉ……」

バレンタインデー前日

憂「お姉ちゃ~ん!」

唯「なーにー?」

憂「今年のバレンタインもチョコほしい?」

唯「もちろんだよ!憂のチョコ楽しみだなぁ」

憂「今年はチョコ以外にクッキーも作ろうかなって思ってるんだっ」

唯「大盤振る舞いだ~」キラキラ

唯「あっそうだ!」

憂「ん?」

唯「私もりっちゃんに作ろう!」キラーン


憂「お姉ちゃん、作れるの?」

唯「この間むぎちゃん家でクッキー作ったもん!」

憂「へ~……」

唯「チョコじゃないけど……最高のクッキーあげよ!」

憂「……そっかぁ……律さんにね…」

唯「よーし!善は急げだ!今から作るぞ~」

憂(はぁ……私もお姉ちゃんのほしいなぁ)

唯「ほら~憂見てっ」

憂「うん~?」トントンッ

唯「ハート型のクッキー!」

憂「本当だ……って大きすぎない?」ドロドロ

唯「これが私の想いの大きさだからっ」キリッ

憂「そっか~」グルグル

唯「憂は今何してるの?」

憂「チョコ作ってるんだぁ」

唯「へ~っチョコって市販品のやつを溶かすだけなのか…」

憂「うっ……痛い所突かないでよ…」

憂「でも市販品のチョコには負けないよ!」

唯「へ~!何か加えるの?」

憂「わ、私の…お姉ちゃんに対する想いだよっ///」ドキドキ

唯「へっくちん!」ズズズ

憂「くしゃみ…」

唯「え?今なんて言ったの?私に対する何?」

憂「聞こえなかったんだ…」

唯「ねーねーっなんて言ったの?」

憂「もう覚えてないよ…///」

唯「え~!気になるよぉ」ツンツン

憂「なーいしょ♪」

唯「む~っ」プクーッ

憂(お姉ちゃん可愛いっ)

チンッ

唯「わぁ~クッキー完成!」

憂「お~っいい匂いだねっ」

唯「じゅるる……」ジーッ

憂「食べちゃダメでしょ?律さんにあげるんだから……」

唯「1個だけ!1個だけだからっ」パクッ

憂「……どう?」

唯「う~~~っ」

唯「まいっ」キリッ

憂「私もチョコ出来たから明日楽しみにしててね!」

唯「うん♪」


バレンタインデー

律の家の前

唯「ふふっりっちゃん喜ぶかな~」

ピンポーン

律「は~い」ガチャ

唯「りっちゃ~ん!」

律「おぉ!ゆーいーっ」

ぎゅ~~~っ

唯「バレンタインデーだからクッキー作ったよ!」

律「本当っ?」

唯「うん!一緒に食べようよ~」

律「ありがとー!うち入って入って」

唯「おじゃましま~すっ」

唯「じゃ~ん!ハートクッキーだよっ」パカッ

律「おー!すっげーなっ」キラキラ

唯「食べて食べて~」

律「パクッ……もぐもぐ」

唯「どう!?どう!!?」

律「うまいに決まってんじゃん!」

唯「本当に!?良かったぁ」

律「当ったり前だよ!むぎのお菓子よりうまいっ」

唯「わぁ~い!」

律「私も唯にチョコあげるよっ」

唯「やったー!……ってチョコボール……?」

律「これから私の想いをこめるから!」

唯「ただの手抜きじゃ……」

律「パクパク…」

唯「え…りっちゃんが食べるの?」

律「もぐもぐ……ゴックン」

唯「?」

律「はいっ完成☆」

ちゅ~~~っ

唯「んん~っ///」

律「ほら、チョコの味がしただろ?」

唯「ほ、本当だ///」

唯「りっちゃんおかわり!」

ちゅ ちゅ ちゅ

律「///」

ちゅ~~~っ ペロペロ

唯「りっちゃんの唇……チョコ……///」ペロペロ

律「んっ…ちょ…唯!舐めすぎだってぇ……///」

唯「だって……りっちゃんの想いが詰まってるんだもん///」

律「唯……」

唯「あとちょこっとだけ……うん?ちょこっと……チョコ!?」

律「は?」

唯「ぷぷぷっ……ちょこっと…チョコ……あはははっ」

律「そんなに面白くないぞー」

唯「今日はありがとね!」

律「えぇ!もう帰っちゃうのか?」

唯「この後用事があるから……りっちゃん寂しいの?」

律「う、うん…」

唯「しょうがないな~」

ぎゅ~~~っ

唯「今日はこれでがまんねっ」

律「うん///」


唯「じゃあもう帰るね?」

律「おぅ!クッキーありがとなっ最高にうまかった!」ニコッ

唯「りっちゃんもありがとねっ」

唯律「ばいばいっ」

唯の家

唯「ただいま~」

憂「おかえりっ」

唯「えへへ…りっちゃんに褒められたぁ」

憂「へ~…はいっお姉ちゃん!」

唯「おぉ!チョコだぁ」

憂「食べてみて~」

唯「パクパク……ん~おいしい~!」

憂「良かったーっ」


憂(はぁ……私もお姉ちゃんのクッキー食べたかったなぁ)


唯「う~い~?」

憂「なーに?」

唯「はい!クッキー!」ジャーンッ

憂「えっ……私に!?」

唯「いつもお世話になってるからね!」

憂「いつの間に……」

唯「こっそり作るの大変だったんだよっ」

憂「お姉ちゃん……パクパクッ」

唯「おいしい!?」

憂「おいしいよ……おいしい……うっ……うわああああんっ」ブワッ

唯「ど、どうしたの憂っ?」

憂「うわああああんっ!……こんな幸せ初めてだよおお!」ポロポロ

唯「うーいっ……よしよ~し」ナデナデ

憂「グスン……お姉ちゃん……ひぐっ」

唯「憂が喜んでくれてうれしいよっ」ニコッ

憂「お姉ちゃん……お姉ちゃんっ///」ガバッ

唯「!!!」

ちゅ

唯「う、憂!?」

憂「お姉ちゃん………お姉ちゃん……///」

唯「な…何してるの?私たち姉妹でしょ?」

憂「姉妹とか…関係ないよ……ね?」

唯「でも私にはりっちゃんがいるし……」

憂「そっか………そうだよね……」

唯「憂には憂のいい所があるから!」

憂「お姉ちゃん…!」

唯「これからも私の妹でいてねっ」

憂「う、うん……」

憂「お姉ちゃん?……もし私たちが姉妹じゃなかったらどうなってたと思う?」

唯「それでもりっちゃんの事好きになってたと思う!」

唯「だって以心伝心相思相愛だもん!」

憂「そっかぁ……ぐすんっ」

憂(だめだ……私が律さんに勝てる要素なんてないよぉ)


別の日

唯「憂!ついに高校受験だね!」

憂「うん!お姉ちゃんと同じ高校に行きたいから絶対受かってみせるよっ」

唯「私の御守り貸してあげるからっ」

憂「ありがと~…ってこれ縁結びの御守りだよ…」

唯「りっちゃんとのお揃いなんだぁ」

憂「へ、へぇ~」

唯「それに縁結び……えん結び……円結びで丸がいっぱい貰えそうじゃない!?」

憂「お~!すご~いっ」

唯「とにかく頑張ってね!」

憂「うん!」

その日の夕方

試験会場

憂「は~疲れた…」テクテク

憂「全然だめだったなぁ」トボトボ

ワイワイガヤガヤ

A「私結構出来たかも」ワイワイ

B「私は微妙だったなぁ」ガヤガヤ

ワイワイガヤガヤ

J「結構今年は簡単じゃなかった?」ワイワイ

K「楽勝だよっ」ガヤガヤ


憂「周りの人たちは出来てるみたいだし……」

憂「はぁ…」ガックシ

唯の家

憂「ただいま……」

唯「お疲れ様~」

憂「うん…」

唯「今日は私が夜ご飯作っておいたよ!」

憂「今日はご飯いらない……」

唯「えー…せっかくカツ作ったのに…」

憂「食欲ないし……って言うかカツは普通試験とか試合の前に食べるものじゃ……?」

唯「憂……」

憂「私もう寝るね……」バタンッ

唯「憂……試験だめだったのかなぁ」


合格発表日

憂「………」ドキドキ

唯「う……うい……」ドキドキ

憂「あっ」

唯「え!」ビクッ

憂「あったー!」

唯「本当!?やったあああ!」ガバッ

ぎゅ~~~っ

憂「お姉ちゃんっ///」

澪「これで憂ちゃんも後輩か…」

律「学校内でも仲良し姉妹なのかな?」

紬「わぁ!」キラキラ

紬(久しぶりに唯ちゃん達に会った気がする……)


16