5. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:36:21.13 ID:O4w0akfPP
ひるやすみ!

梓「唯先輩、いっつも抱き着いてきて、恥ずかしいんだよね」

純「嬉しいくせに」

梓「そ、そんなことないもんっ」ガタッ

憂「お姉ちゃん、抱き着くの好きだからね」

梓「家でもああなの?」

憂「うん、しょっちゅうだよ」

梓「憂も大変だね……」

憂「えっ? なにが?」

梓「いや……」
8. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:39:39.06 ID:O4w0akfPP
純「でも、憂のお姉ちゃんって誰にでも抱き着くよね。わたしも何度か抱き着かれたことあるし」

梓「むう、なにか仕返しがしたい……」

憂「仕返し?」

梓「あ、別に嫌がらせするわけじゃないよ。なんていうかいっつも恥ずかしい思いをさせられてる分のお返しをしたいというか……」

純「うーん……、逆に憂のお姉ちゃんを照れさせてみるとか!」

梓「あっ! それっ、それだよ純!」

憂「お姉ちゃんを照れさせる、かあ。難しいと思うよ?」

梓「そうだけど……でもやられっぱなしは嫌だから、今日の放課後、挑戦してみる!」
12. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:43:22.97 ID:O4w0akfPP
ほうかごぶしつ!

唯「やっほー、あずにゃん早いねぇー」

梓「ゆいせんぱい!」

唯「ん?  どしたの?」

梓「か、かわいいですっ!」ぎゅーっ

唯「へ?  なあにあずにゃん。抱き着いて来ちゃってー……」

梓「(うぅっ……!  このパターンは……!)」
13. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:47:13.01 ID:O4w0akfPP
唯「あずにゃんのほうが可愛いよおーっ!  うりうりうりうりっ!」すりすり

梓「ひぇ、うぅーっ……///」

梓「は、離れてくださいっ……!」

唯「えー? あずにゃんから抱き着いてきたのに?」

梓「そ、それは……そうですけど……」

唯「だからもっと抱き着かせてくれなきゃや!」

梓「どーゆう理論ですかっ!?」
14. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:50:47.98 ID:O4w0akfPP
唯「だってあずにゃんいっつも長い間抱き着かせてくれないんだもん、今日はそっちから抱き着いて来たからいいのかなって期待したのに……」

唯「……あずにゃんのうらぎりものっ!」

梓「うっ……」

梓「そ、そんなことしりません!」

唯「意地はっちゃってー……ほんとはわたしに甘えたいんでしょ?  おいでー」にへー

梓「ち、ちがっ」

梓「(……まてよ、これじゃいつもの流れになっちゃう……)」

梓「(ここで攻めに転じることができないようじゃ唯先輩を照れさせるなんて……、やってやるです!)」
17. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:54:08.90 ID:O4w0akfPP
梓「唯先輩ぃ……」ぎゅっ

唯「うふふ、いい子いい子」

梓「唯先輩、い、良い匂い……」すんすん

唯「えへへ、そうかな?」

梓「はい、とっても……」くんくん

唯「あずにゃんの髪も良い匂いだよー」くんくん

梓「そ、そうですか……?」

梓「(くっ……てごわい、こうなったら!)」
18. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 19:57:35.79 ID:O4w0akfPP
梓「ゆ、ゆいせんぱいのう、うなじ、……////」

梓「あぅ………///」

唯「?」

梓「(……くそう!攻めすぎて自爆したーっ!///)」

唯「あずにゃん、熱でもあるのかな?」ぴとっ

梓「〜〜〜っ?!///」

梓「(ゆゆ、ゆいせんぱいの体温がっ!吐息がっ!)」
19. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:00:36.56 ID:O4w0akfPP
梓「べ、べつにだいじょうぶです!」

唯「そう?顔あっついよ?」

梓「誰のせいですか……」

唯「?  ……おかしなあずにゃんだねぇ」

梓「うぅ……」
21. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:04:09.53 ID:O4w0akfPP
ガチャ

律「おいーっす」

澪「よう、早いな二人とも」

紬「こんにちは〜」

唯「あ、みんなあ、おいっすー」

梓「こんにちは」

律「……なんで二人は抱き合ってるんだ?」

唯「え?  えへへ、ねー?」

梓「へっ?  あ、ちょっ、離れてください!」
22. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:07:55.73 ID:O4w0akfPP
唯「なんでー?  今日はあずにゃんから抱きついてきたくせにー」

律「おっ、あーずさちゃんったら積極的ー!」

紬「詳しく聞かせてっ!」

梓「ちょ、ちょっと…」

澪「おまえら……、梓にも何か理由があったんだろ?」

梓「えっ!?」

梓「(り、理由……、あるけど……言うのは恥ずかしい……)」
23. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:11:32.63 ID:O4w0akfPP
梓「あの……えと……」

律「澪ー、なに野暮なこと言ってんだよ。愛し合う二人が抱き合うのはごく自然のことでございますわよー?」

梓「な、なにをっ」

梓「(待てよ……、これはチャンス!)」

梓「そうです澪先輩! 愛し合う二人が抱き合うのはごく自然のことなんです!」

梓「ねっ? 唯先輩!」チラッ

唯「へ? そーだね?」

紬「そうよね!!!」ッシャー!

梓「(さらっとスルー! すごい恥ずかしい!)」
24. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:15:06.53 ID:O4w0akfPP
澪「ああもう、わかったから、早く練習するぞ」

律「ええー?  お茶はしないのかよー」

唯「澪ちゃん、そんなに生き急いでどうしたの?  まずはのんびりお茶にしようよ」

澪「生き急ぐって……、そこまでのことじゃないだろ……」

梓「わ、わたしもお茶したいです!」

澪「梓!?」
26. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:18:15.45 ID:O4w0akfPP
紬「じゃあお茶ね!準備するわー」

澪「あ、明日は先に練習するからな!」

律「明日は土曜だけどなー」

澪「月曜!」

律「3連休でした」

澪「うー……、火曜!火曜は先に練習だぞ!」

律「はいはい」

梓「(律先輩は澪先輩いじりの天才だなぁ…)」
28. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:21:48.21 ID:O4w0akfPP
紬「今日のお菓子はケーキよー」

唯「わはーい!」

梓「ゆ、唯先輩、あーん」

唯「ふぇ?  ……あー……」ぱくっ

唯「おいひーぃ♪」
29. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:24:54.11 ID:O4w0akfPP
律「おい梓、そこわたしの席……」

梓「唯先輩の隣がいいんです!」

律「さわちゃんの席に座ればいいだろー」

梓「だってこっちのほうが唯先輩に近いですし」

唯「もうあずにゃんったら……」

梓「(お? 若干照れてる?)」
31. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:28:38.02 ID:O4w0akfPP
紬「りっちゃんが梓ちゃんの席に座れば良いと思うわ!」

律「ちぇー……、しかたない。後輩に席を譲るなんてわたしったらやっさしー」

澪「自分でゆーな」ガンッ

律「あいてっ! ……梓やっぱ席戻そうぜ!いつもより近い分澪のツッコミが入りやすい!」

梓「しりません」

律「知っとけ!」
32. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:31:40.96 ID:O4w0akfPP
澪「好都合だししばらくこの席順で行こうか」

律「澪しゃんの鬼! あくmっ!? ――ってー! グーは女の子叩くときに使っちゃダメだろ!」

澪「律だからしかたない」

律「理不尽すぎる!」

紬「たまには席替えするのも楽しいわねっ!」

唯「そだねー」
33. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:35:00.07 ID:O4w0akfPP
梓「唯先輩、あーんしてください」

唯「んぁーん」ぱくっ

唯「えへー……ありがと」

梓「(かわいい……じゃない、あーん、じゃ全然恥ずかしがらないなぁ……、うーん)」

梓「(! ひらめいた! 逆に考えるんだ!)」

梓「あの……ゆ、唯先輩からも、あーんしてもらいたい、です////」

唯「え? ……」

梓「(言った! すごい恥ずかしかったけど言ったよわたし!)」
35. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:38:38.98 ID:O4w0akfPP
梓「(自発的にする分には恥ずかしくないけどリクエストを受けると恥ずかしくなる人間の心理を衝いた作戦! これなら……)」

唯「しかたないなあ。はい、あずにゃんあーん♪」

梓「……あーん」ぱく

梓「(けーきおいしいなー)」もぐもぐ




律「……なぁ」

澪「うん」

紬「わたしは構わないわ」

律「澪」

澪「そうだな……」
37. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:42:22.89 ID:O4w0akfPP
唯「あずにゃん、今日はあまえんぼさんだね」

梓「まぁ……なんていうか、……気分です」

唯「気分であまえんぼさんになるなら、いっつもこの気分でいてほしいよ」

梓「いっつもこれぐらいべたべたしてたら、うっとうしくないですか?」

唯「なんで?」

梓「……いえ、なんか説明するのが恥ずかしいので良いです……」
39. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:45:27.89 ID:O4w0akfPP
唯「あずにゃんはわたしとべたべたするの、うっとうしい?」

梓「まぁ、ときどき」

唯「あずにゃんひどいっ!」

梓「冗談です」

唯「……むぅ、今日のあずにゃんはくっついてきたりそっけなかったりで、よくわからないね」

梓「わたしもよくわからなくなってきました」

梓「(もうこの人は恥じらいというものを知らないのではなかろうか)」
40. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:48:39.86 ID:O4w0akfPP
梓「(そういえば唯先輩に食べさせてばっかりで自分のケーキ食べてなかったや)」ぱくっ

梓「おいしい……」

唯「あー……!」

梓「?」

唯「あずにゃん間接きっすだね!」

梓「なっ……!」

梓「…………」

梓「べ、べべべつにいいじゃな、いいじゃないですか!////」

唯「えへへ、それもそーだね?」
42. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:52:25.64 ID:O4w0akfPP
唯「あれ? ……間接きっすが別にいいなら直接きっすもいいのかな?」

梓「えっ? ちょっ、どうしてそうなるんですかっ!?//」

唯「あずにゃん、ちゅー……」

梓「わっ、ちょっと、他の皆さんが見て……っていない!? いつの間に帰ったんむぐっ……!?」

唯「んー……ちゅー……」

梓「んっ……」

唯「むっ……、えへー……」ぎゅっ

梓「……はぁ………」プシュー…
44. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:55:38.57 ID:O4w0akfPP
唯「あずにゃん……、ついにちゅーしちゃったねっ」

梓「……はわっ…………////」かくっ

唯「どしたの?」

梓「うぅうぁあ………! は、恥ずかしい………!////」

唯「べつに照れなくてもいいじゃん、アメリカの人たちは挨拶がわりにフレンチキスするんだよ?」

梓「わたしはアメリカの人じゃありませんしっ! そうだとしてもフレンチキスなんてしませんっ!////」

唯「ええ? ……でもわたしたち、挨拶がわりにハグはするよね? それと一緒だよ」

梓「わたしは挨拶がわりと思ってませんからね?!」

唯「そうなの? ……分からず屋だねえ、あずにゃんは」
46. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 20:59:03.43 ID:O4w0akfPP
梓「はぁ……、唯先輩は羞恥心というものを持ち合わせていないんですか……?」

唯「しゅ、しゅーちしん? 難しい英語使うね……」

梓「日本語です! 唯先輩は、ちゅーとかして恥ずかしいとか思わないんですかって聞いたんです!」

唯「ええ? ……だって女の子同士だし、恥ずかしがることなくない?」

梓「そっ、そんな! わ、わたしはっ! 唯先輩を恥ずかしがらせたいのにーっ!」

唯「ほえ? ……」

梓「あっ」

梓「(勢いで言っちゃった……)」
47. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 21:02:20.29 ID:O4w0akfPP
唯「わたしを恥ずかしがらせたい……ふむふむ」

梓「……笑いたければどうぞ…………」

唯「あっ! だから今日はあんなに甘えて来たの?」

梓「はい……、白状するとそうですね」

唯「なんだ、ただのいたずらだったのかあ、ちょっと残念かなぁ」

梓「もう、唯先輩はどうしたら恥ずかしがってくれるんですか……」

唯「わたしそんなに恥じらいない? どこからどうみても、花も恥じらうセブンティーンだと思うんだけど」
50. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 21:05:53.17 ID:O4w0akfPP
梓「そんな唯先輩を恥ずかしがらせられないわたしって……?」

唯「あっ、違うよ! あずにゃんに魅力がないとか、そういうことじゃないよ?」

梓「じゃあなんなんですか……」

唯「なんていうか、あずにゃんとじゃれあうのには馴れちゃってるというか、うーん」

唯「あずにゃんだって最近は抱き着くだけじゃ恥ずかしがらないじゃん、それといっしょなの!」

梓「馴れ、ですか……」
51. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/04(木) 21:08:56.09 ID:O4w0akfPP
唯「わたしたち、倦怠期なのかな……」

梓「熟年夫婦じゃあるまいし……。ていうかそれは恋人同士で使う言葉じゃ……」

唯「……さっきみんなの前で愛しあってるうんぬん言ったくせに……」

梓「あああれは! 唯先輩を恥ずかしがらせるために言っただけです!」

唯「そうなの? ……とにかく! 倦怠期を抜け出すためにおたがい工夫しよう!」

梓「はい?」

唯「じゃあわたしは手軽なところで――」すっ