律「面白いものはないぞー」

梓「一回来てるから知ってますよ」

律「ああ、そういやそうだったな」

梓「あれ、この写真立て何で伏せてあるんですか?」

言いながら梓は、机の上に伏せられた写真立てを起こす。

律「……写真見たら、元通りに寝かしとけよ」

梓「……澪先輩と律先輩の写真、ですか。律先輩って写真うつりいいですね」

律「そうか? そうだろー」

梓「いつの写真ですか?」

律「……中学生の時の、修学旅行。北海道に行ったんだよ」

梓「ああ、だから律先輩クラークのポーズしてるんですね」

律「冬なら雪が降ってたのかもしれないけど、夏行ったもんだからさ、全然北海道って気分がしなかったんだよ」

思い返す。

律「ラベンダーだらけの畑行って、小樽ってとこでガラスの白鳥買って、函館から夜景見おろしたな。とにかく移動が長いっての」

梓「澪先輩も一緒だったんですか?」

律「ああ、澪も一緒だった。途中、二人して迷子になってさ。先生が駆けつけてきてくれたっていうハプニングがあったけどな」

――澪。

また、思い出してしまう。

私の生きる世界には、澪との思い出が多すぎた。シャープペンに箸一膳。今学校で使っている靴だって、確か澪と一緒に買ったものだ。

忘れることなんて、出来なかった。

忘れられるわけがない。その通りだった。澪との思い出がたくさんある場所で、澪のことを忘れようなど、不可能なのだ。

律「もう帰れないのかなー、って澪不安がってさ。私が必死に笑わそうとしたなあ」

梓「そのときから、そういう関係だったんですね」

律「そういう関係? なんか不穏な響きが」

梓「あ、変な意味じゃありませんよ? なんて言うか……一心同体だったんですね、と」

律「一心同体、ねぇ」

今はどうだろうか、一心同体であるだろうか。そんなはず、ない。

私たちは離れてしまった。いや、私が一方的に離してしまった。

澪は、私の横を通り過ぎた時、泣いてはいなかったか――?

そんな私の思考を中断するように、唯達が入ってきた。

唯「お待たせ、りっちゃん! おかゆ作ったよ」

和「どこに何があるか分からなかったわ」

紬「ちょっと手こずったわね」

唯「ほらほら、はい! りっちゃん、あーん」

スプーン一すくい分のおかゆが、ほのかに湯気を立てている。

律「あ、あーん……って、熱い!」

唯「え、あ、ごめん。ふー、ふー、ふー……これくらいで冷めたかな? はい、もう一回あーん」

律「あーん……おお、味はまとも」

おかゆを咀嚼する。風邪の時に食べるものは何でもおいしく感じられる。

唯「私が本気を出したらこんなものです!」

律「……うん、なかなかイケる。ありがとう、唯、和、ムギ」

唯「えへへー、……あれ? メール来た」

おかゆの入った皿を和に渡し、唯は携帯を開く。

和がふーふーしたおかゆを二杯ほど食べたとき、唯がそのメールを見せてきた。

唯「澪ちゃんから」

あとでいく。

と、それだけ書かれた簡素なメール。

和「ほら、律。口あけて」

律「え、あ、ああ」

三度目のあーん。

あとでいく。どこに? 私の家に、だろう。あとっていつだ? 一時間後? それとも明日? 

そんな考えが頭の中に湧く。思考が飽和して、私は脳はショートを起こす。

どうせ後でくるんだ――そうまとめ、私はおかゆを食べることに専念した。

聡が帰ってきたのは、それから一時間ほど経った後で、そのころにはもうおかゆは食べ終わっていた。

唯「じゃ、聡君帰ってきたから私たちももう帰るねー」

紬「早いうちに治してね? りっちゃん、ファイト!」

ああ、わかってるよ、と心ここに非ずな風で答える。

澪は、まだ来なかった。唯達が帰るのとすれ違いになるんじゃないか、と期待していたが、それすらも外れた。

天気が崩れ始めてきた。


午後二時。澪は来ない。

午後三時。澪は来ない。どこか遠くで雷鳴が聞こえる。

午後四時。まだ、澪は来ない。窓から覗ける外は、霧雨が降っていた。

午後五時。来ない。雨が降るのは日曜日だったんじゃないか? とどこかにいる天気予報士に言いながら、しとしとと降る雨を見つめ続けた。

午後六時――私もあきらめ始めた。澪は来ないのだ、と落胆すると同時に熱も下がりはじめた。37度3分。微熱の域だ。

午後七時。聡が弁当を買ってきてくれた。聡のあーんは勘弁なので、三十分かけて一人で弁当を完食して見せた。普段なら十分もたたずに食べられるだろうに。

午後八時。雨は本降りになっていた。家の中でも、雨粒がアスファルトを叩く音が聞こえる。

ああ、今日はもう来ないだろうな。そんな諦観が胸中を支配し始めたなか。

――そんななか、田井中家のインターホンは鳴ったのだった。

聡が私の部屋に、澪を入れた。

長い髪の先端は、雨にぬれている。履いているジーンズの裾も、三センチくらい水が滲んでいた。歩いてここに来たのだ、ということがわかる。

そんな澪の姿を私の目が捉えた瞬間、体中が熱くなった。熱だけが原因ではないだろう。澪が、来てくれた――!

律「…………澪。こんな時間に、大丈夫なのか?」

澪「律の家行くって言ったら、ママも許してくれたよ」

ママ、という発言について、追及はしなかった。

澪「……私が行っていいのか、わからなかった」

澪はそう漏らした。

澪「律、教えてほしいんだ」

律「……何を」

澪「私が、律に何をしたのか」

律「何も、してないよ」

澪「嘘だ」

律「本当だ」

澪「じゃあなんで、私と一緒に学校行くのやめようとか言ったんだ? お昼ごはんも一緒じゃなくなってたし……」

律「……私さ、今風邪ひいているんだ。変に頭使わせないでくれよ」

我ながら、ひどい言い草だ。雨の中きてくれた人に、冷たいことを言っている。弁解にもなっていない、言い訳。

澪「…………私は、律を、傷つけてしまったんだろ?」

律「それは、それだけは、ない」

澪「律に嫌われたんだ、と思った。学校に一緒に行くの止めよう、って言われたとき。ああ、私は律に何かしたんだって」

律「何もしてないよ」

ただ、私が身勝手にも、彼女を突き放しただけだ。

澪のことを意識して、距離感を自覚して、私は暗くなってしまう。

それを避けるために、私は、澪と距離を置いたのだ。一歩分よりも、もっと長い距離を。

澪「私は、律の言葉に賛成したよ。かたくなに拒否したら、律に嫌われるんじゃないかって思ったんだ」

澪の独白は続いた。

澪「でも、たった一日律と居られないだけで、私は気が変になりそうだった」

だから、と澪は懇願してくる。

澪「せめて、理由だけ聞かせてほしい。そうしたら、気が楽になるから」

理由?

そんなの決まっている。

私は澪のことを好きだから、澪を遠ざけたのだ。

私の恋心は、あってはいけないものなのだ。

私自身や、私たちの関係をも壊す、危険な爆弾。

澪の笑顔をもう、見ることが出来なくなるかもしれない。

必死に、澪のことを忘れようとした。

それは確かに不可能だろう。私の周りには、澪との思い出でいっぱいだ。でも、少しくらいは忘れられるはず。

だから、澪との距離を広げた。

澪「律、私が何かしたなら謝る、謝るから……」

私は、澪の顔を直視できなかった。

だって、澪は泣いていたから。

私はなぜ、澪に近づいたのか。澪の笑顔を見る為に、だ。

それがなんだ。今、澪は泣いている。私が、泣かせてしまった。

律「………………」

何をどう言えばいい? 律B、いるなら教えてくれよ。私は今どうすればいい?

全部をさらけ出すか? 澪のことが好きだと告白するか? でもそれが、私たちの関係をぎこちないものにしたら……。

今でさえ、私と澪の関係は危うくなっている。そんなところで告白なんて、火に油を注ぐようなものだ。

とにかく、何か言わないと、この場は切り抜けられない。

この場に限って、雄弁が金で沈黙が銀だ。

律「…………言えない」

澪「……何で、だ?」

律「言ったら、澪は私のことを軽蔑するかもしれないから」

澪「しない、絶対にしない」

律「私は、臆病なんだよ。何かを失うのがとても怖いんだ」

澪「私もだよ」

律「真実を言ったら、澪を傷つけてしまうかもしれない」

澪「気にしない」

律「澪との仲が壊れるかもしれない」

澪「……そうしたら、また一から始めればいい。だから」

………………………………。

その言葉に私は、すがりたくなった。

律「澪」

澪「何?」

律「また一から始めることになってもいいか?」

澪「いい」

――今なら、言っても許されるだろうか。

心変わり、というにはあまりにも唐突な心理の変化。

全てを言えば、彼女は――澪は、泣きやんでくれるのだろうか……?

不安に胸が震える。

澪「律、私は律のことを軽蔑するような人間じゃない。断じてない」

震えた声音で言う澪。

ああ、そうだ、澪は優しいのだ。

恐がりで人見知りだけど、澪は親切なのだ。私は知っている。だてに、澪の幼馴染ではない。

今なら、言っても許されるんじゃないか。

疑念が確信に変わる。彼女なら――澪なら、きっと、私の言葉を受け止めてくれる。

律「私は澪のことが好きでたまらない」

澪は無言だった。構わず私は語を継ぐ。

律「でも、澪にそう言ったら、澪とわたしの距離が離れてしまうかもしれない。――だから、私は澪と一緒に学校に行くのを拒んだんだ」

独白は続く。

律「……私は、澪と一緒にいても距離感を自覚しちゃうんだ。澪と一緒にいなくても、澪のことばかり考えてしまう。私はどうしたらいいのか分からないんだ」

私は苦笑して。

律「なんか、意味の分からない台詞になったな。風邪ひいてるからさ、ちょっと変なんだ今。澪のことが好きだから澪と離れたってことだけ伝わればいいよ」

雨の音が相変わらず響いていた。うるさい。今はシリアスな場面なんだ。ちょっと空気を読め。頭が混乱に混乱して、ハイになっていくのが分かる。 

私はもう言ってしまった。後戻りはできない。後悔はしていない。だってまた、一から始められるのだと、澪が言っていたから。

律「――澪、大好きだ」

駄目押しとばかりにそれだけを口にして、私は布団の中に丸まった。

布団を一枚隔てた向こうで、澪はどんな顔を浮かべているのだろう。驚愕? 微笑?

澪「…………あのさ」

律「…………何だよ」

澪のその声のトーンに、嫌悪の響きはない。私は若干安堵する。

澪「律、律は臆病なんかじゃないよ」

律「……何言ってるんだよ、澪」

布団越しの澪の台詞は、くぐもって聞こえる。

澪「律は、私に全部言ってくれた。全然、臆病なんかじゃない」

律「風邪で、ハイになってるだけだよ」

澪「それでも、さ」

だって、と澪は続ける。彼女の浮かべている表情は分からないが、喜んでるんじゃないかと云うことは、口調で分かった。

澪「私は、律にずっと言えなかったんだから」

何を?

澪「律、私は律が大好きだ」

凛とした声。

胸が爆発しそうになった。頭が白紙になって、何一つ考えられなくなる。

澪は、今、何と言った?

澪「でも、律の隣にいるだけで、私は緊張しちゃうんだよ。だから、律に面と向かって言うことはずっと出来なかった」

布団の中で咳込む。風邪が原因じゃない、気恥ずかしさが原因だ。

澪「律、私は律が好き――私も律が好きだ」

その言葉は、世界中にあるどんな名言よりも、価値のあるものだった。私の葛藤とか迷いを全て帳消しにしてくれる、金言。

律「……本当?」

澪「本当」

律「……人が風邪で寝込んでるって言うのにさ、驚かさないでくれよ」

私は布団から顔を出す。

澪「これで、仲直りできたかな、律」

律「……ああ。ごめんな、澪。私が、勝手に、澪のこと……」

澪「いいよ。気にしない」

嬉しさとか、戸惑いとか、たくさんの感情が私の中でごちゃ混ぜになる。私の恋した幼馴染は、どこまでも優しかった。

律「…………あとさ、もう一つごめん。その、さっき、泣かせちゃって」

澪「それも、気にしてない」

律「そっか…………」

嬉しさで涙があふれそうになる。いつぞやの学園祭ライブの時の感動と、似ていた。

澪「どんなことされてもさ、私は、律のこと嫌いになれないんだよ」

律「……ありがとう、澪」

果たして、何に対しての『ありがとう』だったのか。許してくれたこと? それとも……。

澪の顔を見やる。涙の代わりに笑顔が浮かんでいた。いつか見た、澪の綺麗な笑顔。

私もつられて笑顔になる。そうだ、泣いてはいけない。澪だって、私の泣き顔は見たくないはずだ。笑わなきゃ、澪に申し訳がない。

律「澪、好きだ」

澪「私も、律、好きだ」

お互いの気持ちを確かめあえるよう、ずっとそう言いあった。好きという言葉によって、どこまでも繋がっているのだ、と実感できた。

雨音のBGM が、どこか心地いい。

私たちの関係は、一から始めなければならないようだった、

友達としてではなく、もっと親しい関係――恋人として。

このままずっと二人でいような。

私は澪にそう言った。

ああ、ずっと。

澪は私にそう返した。

私と澪は、最初から繋がっていた。ただ私たちが、そのことに気づいていないだけで。私の独り相撲でしかなかったのだ、と。

澪「月曜日からは、また私と二人でさ、学校行こうな?」

律「……いいのか?」

澪「当たり前だろ、律」

休み明けの登校が、何だか楽しみになってきた。ああ、梓も言っていたっけ。学校に行くのは楽しい、と。だって、みんなと会えるから――。

澪「じゃあ、月曜日までに風邪、治しておいてくれよ?」

律「わかってるって」

澪が部屋を出ていく。……澪もそろそろ帰らなきゃいけない時間だもんな。心の奥底で寂しいという感情が湧きあがるが、口には出さない。

だってまた、必ず会えるのだから。私と澪は、これからもずっと一緒なのだ。

澪との繋がりが溢れる自分の部屋で、ゆっくりと目を瞑る。

今日ならいい夢が見られそうな、気がした。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆
風邪は日曜日の午後に完治した。

でも雨は降り続いていて、結局、月曜日の午前三時くらいまで道路をびしょ濡れにしていたという。

月曜。私が起きたのは六時だったので、そのときは外に青空が広がっていたけれど。雨上がりの空だというのに、虹はなかった。

ベッドから出てご飯を食べて歯を磨いて顔を洗って、そうして一日が始まる。同じ始まり方、だけど今日この日からは、いつもと違う一日が始まるに違いない。

澪がインターホンを鳴らしに来る。私は家を出た。風邪治ったんだ? 澪の台詞に私は頷く。ああ、おかげさまでね。

そして、二人は歩いて行った。

自然と歩幅が合うようになっている。隣同士、肩を合わせて進む。

澪の体に、私は寄り添う。何だよ、と澪は恥ずかしがるが、嫌がるそぶりは見せない。

およそ五十センチメートルの距離は、もう、なくなっていた。

                                     終わり