ダダダッ

律「はぁ…はぁ……」

律「唯のバカバカバカバカっ」

律「み、澪………」

律「澪なら……なんとかしてくれるかな……」

澪の家
ピンポーン

澪「はーい?」ガチャ
律「はぁ…はぁ…」ポロポロ

澪「律!?どうしたんだ!?」

律「唯がっ…唯がっ…」

律「うわああああんっ」ブワッ

澪「と、とりあえず家に入れっ」

律「み、澪………ひぐっ」シクシク

澪「うん?」

律「ひぐっ………澪!」ガバッ

ぎゅ~~~っ

澪「り、律!?」

ぎゅ~~~っ

澪「律……///」

律「うぅ………」ポロポロ

澪「律……私は律のこと…ず、ずっと好きだぞ」

律「うぅ………唯……」ポロポロ

澪「………」

澪「今日はもう家に帰りな?聡くんが心配してるぞ」

律「う……うん…」ポロポロ

律の家

律「うぅ……ただいま…」

聡「おかえり…ってどうかしたの?」

律「お前には関係ないよ……」ポロポロ

聡「そっか……」

プルルル…

聡「あっメールだ!」ワクワク


1時間前…

唯の家

唯「和ちゃん今日はありがとうね!」

和「別にいいよ、律さんプレゼント喜ぶといいね?」

唯「うん!…また仲直りしたいし……」

和「律さんならきっと唯の気持ちに気付いてくれるよ」

唯「うんっ」


唯「ただいま~」

憂「おかえりっ」

唯「今日ねりっちゃんへのプレゼント買いに行ったんだ~」

憂「そうなんだ~」

唯「でもね…りっちゃんの事傷つけちゃって……何かいいプレゼントの渡し方ないかな?」

憂「う~ん……クリスマスだから……」

唯「あっ!そうだ!」ピカーンッ

憂「何かいい方法があるの?」

唯「それはね……」ゴニョゴニョ

憂「それはいいね!」

唯「でもどうやってりっちゃんの家に行こっか……」

憂「私に任せてっ」ピピッ

唯「メール?」

憂「送信っ!」ピッ


深夜

律の家

律「ぐぅ~ぐぅ~」

聡「やっと寝たか……」

聡「『姉ちゃん寝ました!』っと」ピッ


ピロリロリ~

憂「聡くんから合図来たよ!」

唯「よ~し!りっちゃんへサプライズだっ」

唯「唯サンタの登場だよっ」ブイッ

憂「わぁ!お姉ちゃんサンタの格好似合ってるよ!」

唯サンタ「じゃあワシは夢を届けに行ってくるぞ!ふぉっふぉっ」

憂「しゃべり方までサンタにしなくていいのに…」


ガチャッ

唯サンタ「りっちゃ~ん?」

律「ぐぅ~…むにゃむにゃ……唯…」グスンッ

唯サンタ「どんな夢みてるのかな?」

唯サンタ「おーい、りっちゃん!」ツンツン

律「ぐぅ~……うっ……うん?」パチッ

唯サンタ「サンタさんだよー!」

律「え……唯……?」

唯サンタ「違うよ!サンタさんだよ!」

唯サンタ「りっちゃんにプレゼント!」サッ

律「唯……」

唯サンタ「開けてみて♪開けてみて♪」

パカッ

律「お……セーター…」

唯サンタ「ふぉっふぉっ……」バッ

唯「実は私でしたーっ」

律「唯……唯……」

唯「りっちゃんっ」

律「…この間はなんで和といたんだ?」

唯「へへ~…一緒にプレゼント選んでもらったんだぁ」

律「じゃ、じゃあ!」

唯「私りっちゃんの事好きだよっ」

律「唯……うぅ……うわああああんっ」ブワッ

唯「りっちゃん!?大丈夫!?」


律「良かったあああっ」ポロポロ

唯「もう大丈夫だよ?」ナデナデ

律「うぅ…絶交なんて言ってごめんね?」ポロポロ

唯「うんうん!気にしてないよっ」

律「唯っ……ありがとおおっ」ガバッ
ぎゅ~~~っ

唯「りっちゃん……苦しいよ……」

律「唯ーっ」


澪の家

澪「これからは私が律を支えなきゃ!」



クリスマス

唯「みんなー今日はうちに来てくれてありがとーっ」

律「唯ー!昨日はありがとうなっ早速セーター着てきたぞっ」

唯「わぁ~りっちゃん似合うっ似合うっ」

律「へへーんっ」

澪(あ……あれ?律…?)

唯「私もお揃いのセーター着よっと」

紬「わぁペアルックですね♪」キラキラ

和「仲直りしたっぽくて良かったね?唯?」

唯「うんっ」

唯律紬和憂「あははははーっ」キラキラ

澪「あははー……」シュン

唯「澪ちゃん?元気ないけどどうしたの?」

澪「な、なんでもないっ」ウルウル

唯「そっかー」

律「澪っ昨日は相談に乗ってくれてありがとなっ」ニコッ

澪「律……」

律「唯と仲直り出来たのは澪のおかげだぞっ」

澪「はは……ありがと……」

律「これお礼っ」

澪「お礼……?」パカッ

澪「わぁ…これ最新のヘッドホン!?」

律「そうだぞ~っ大事にしろよな!」

澪「うん!うん!絶対一生大事にするからっ」


大晦日

唯の家

唯「今年もあとちょっとだね~」

憂「そうだね」

唯「今年もお世話になりましたっ」ペコリ

憂「こちらこそお世話になりました」ペコリ

唯「そうだ!初日の出見に行こっかなっ」

憂「えぇ……こんな時間に外出たら危ないよ?」

唯「りっちゃん誘うから平気だよ~」

唯「メール送信っ」ピッ


ピロリロリ~ン

律「唯からだ」

唯『一緒に初日の出見に行こーっ』

律「『おっけー!』っと」ピピッ

律「今年は唯と年越しを過ごすのか…」

律「んふふっ」ニヤニヤ

聡「姉ちゃんニヤニヤしてて気持ち悪い」


澪の家

澪「律は今何してるんだろ……メールしてみよ」

澪「送信っと」ピピッ

澪「……あれ?メールが届かない…」

澪「あ……大晦日だからか……」

澪「…………」

澪「お母さーん!そば食べよー!」


……

唯「りっちゃ~ん!」タタタッ

律「ゆーいーっ」タタタッ

ぎゅ~~~っ

唯「うぅ~寒かった…」

律「唯とぎゅ~ってするとあったかい!」

唯「私もあったかいよっ」

律「もうすぐカウントダウンだな」

唯「一緒にカウントしよーっ」


唯律「10、9、8……」

唯律「4、3、2ー…」

律「唯っ」

唯「えっ」

ちゅ

律「えへへっ///」

唯「りっちゃん…///」

律「これで私たちが世界で最初にキスしたんじゃないか!?」

唯「ふふっ…そうだといいねっ」

律「唯……これからもよろしくなっ」

唯「うん!今年も来年もそのまた来年もこうしていようねっ」

ちゅ ちゅ ちゅ

ぎゅ~~~っ


澪の家

澪「ズズズ……」

澪「あ、お母さんネギ取って……」

律「このまま初詣行くか?」

唯「うんっ……あ、でも着物着たいから一旦帰るねっ」

律「じゃあ私も着物着てくるわっ」

唯「じゃあまた朝にここに集合ねっ」

律「りょーかいっ」


唯の家

唯「ただいま~」

憂「おかえり~」

唯「うーいー!着物着させて~っ」

憂「しょうがないなぁ…」

唯「うーいーっ」

憂「お姉ちゃん万歳して?ばんざーいっ」

唯「はいっ」ヌギヌギ

憂「よいしょっと」

唯「帯をぎゅっとね!」

憂「よいしょ」ギュッ

憂「よしっこれで完璧だよっ」

唯「やったぁ!似合うかな~?」

憂「うん!すっごい似合うよっ」

唯「えへへ…早くりっちゃんに見せてあげようっ」ダダダッ

憂「あっ!私も初詣に……」

バタンッ

憂「行っちゃった……」


神社

唯「明けましておめでとうっ」

律「おめでとーっ」

唯「りっちゃんりっちゃん!私着物似合う~?」

律「すごい似合ってるっ」

唯「やった♪」

唯「りっちゃんも着物可愛いねっ」

律「へへっ…当たり前だろっ//」

唯「早くお賽銭あげに行こっ」

律「人混み激しいから手離すなよ?」ギュッ

唯「うんっ」ギュッ


ワイワイガヤガヤ

唯「んしょ…んしょ…」

律「もっと前に行かないと…お賽銭届かない……んしょっ」

唯「はぁ…やっと一番前に来れたね」

律「じゃあお願いするかっ」

唯「うんっ」ゴソゴソ

唯「あ~…5円玉ない…」

律「私の5円玉やるよっ」

唯「ありがと~っ」


チャリ~ンッ

唯「…………」

律「…………」

唯(今年はりっちゃんと喧嘩しないで過ごせますよーに!)

律(ずっとずっと唯と仲良く入れますよーに!)


唯「りっちゃん?何てお願いしたの?」

律「秘密っ」

唯「え~教えてよ~」ツンツン

律「へへっ内緒っ内緒~」

唯「むー…まっいっか!」

律「あはははっ」


唯「ん?」クンクン

律「どうしたんだ唯?」

唯「なんか…良い匂いがする~」クンクン

唯「あっ!屋台がいっぱい並んでるよっ」

律「なんか食べよっか!」

唯「一緒に綿アメ食べようよ~」

律「おぉーっ!」

パクパクッ

唯「ん~甘くておいしいね~」

律「パクッ」

唯「あ~!りっちゃん食べ過ぎだよっ」

律「これが私の一口なんだよーだっ」

唯「むー!りっちゃんずるーいっ……パクッ」

律「あー!唯も食べ過ぎーっ」

唯「ふぉれが私のひふぉくちだもん!(これが私の一口だもん!)」

唯「あんず飴も食べようよっ」

律「え~また甘いのかよ…」

唯「りっちゃんっ」キラキラ

律「分かった、分かったっ一緒に食べような」

唯「もう~りっちゃんったら食いしん坊さんなんだからっ」

律「唯が言い出しっぺだろっ」

唯「そう言えばそうだったー」

律「ほら、お金あげるから買ってきな」

唯「え?…いいの?」

律「おごってやるよ」

唯「ごっつぁんです!」


タタタッ

唯「ただいま~」ニコニコ

律「ちゃんと買えた?」

唯「うん!しかも一番大きいのもらっちゃった♪」

律「おぉ!」

唯「ペロペロ……おいしい~っ」

律「私にも食べさせてっ……ペロッ」

唯「おいしいでしょ?」

律「んまい、んまいっ」ペロペロ

パンッ パンッ

唯「うん?何の音だろう…?」


14