紬の家

唯「でっか~いっ」

律「しかも運動場まであるぞっ」

澪「じゃあ練習するか」

唯「りっちゃ~ん足結ぼっ」

律「うんっ」

唯「もっと足寄せて」

律「はいよっ」スリスリ

クルクル キュッ

唯「よーし!行っくぞ~っ」

唯律「せーのっ」

澪「ま、待てっ…まだ結んでない…」

唯「むーっ」


律「1、2っー」

唯澪「1、2っー」

ダダダッ

紬「みんな頑張って~!」

唯「はぁ……そろそろ休もうよぉ」

律「そうだなーっ」

澪「この調子なら体育祭も平気だな」

紬「じゃあ一緒にお菓子食べましょー?」

唯律澪「賛成ーっ」

紬「じゃあ私の部屋で待っててねっ」

紬の部屋

唯「早くお菓子来ないかな~っ」ワクワク

律「ここ…むぎの部屋なんだよな?」

澪「むぎはそう言ってたけど…」

律「普通部屋の中に噴水があるか?」

唯「だってむぎちゃんだもん」

律「…なるほど」

澪「さすがむぎだな」


コンコン… ガチャ

紬「みんな~…?」

唯「わぁ!待ってましたっ」

紬「ごめんね!ちょうどお菓子きらしてて…」

唯「え~っ」ガックシ

紬「作ればあるんだけど……みんなで一緒に作ってみない?」

唯「お菓子作り!?いいねいいね~」

澪「やってみよっか!」

律「私のゴッドハンドの出番が来たか……」

唯「うんうん」

律「うぅ…頼むからなんか言ってくれっ」

唯「何のお菓子作るの?」

紬「クッキー作りましょう!」

律「おぉ~!クッキー!」

唯「憂に作ってもらったことある!」

律「憂ちゃんって良くできた妹だな~」

コネコネ

唯「んしょ…んしょ」

律「唯?何の形作ってるんだ?」

唯「何に見える?」

律「う~ん……猫?」

唯「うっ………そ、そうだよ!猫だよ猫っ」

律「やっぱりーっ唯は器用だな」

唯「えへへ…(言えない…本当はうさぎだったなんて…)」

澪「んしょ…」

律「澪は何作ってるんだ?」

唯「澪ちゃんだから……猿でしょ!?」

澪「また猿か!これは犬だっ」ビシッ

唯「あぅ」

チンッ

紬「みんな~クッキー焼けたよ」

唯「わぁ!いい匂いっ」クンクン

律「早く食べてみようぜっ」

唯「パクパク……んまいっ」

律「うまいな~」モグモグ

唯「りっちゃんこのクッキーあげる!私が作ったクッキーっ」

律「サンキュっ」

唯「はい、あ~ん」

律「あ~…パクッ」

唯「ど、どうっ?」

律「最っ高にうまいっ」

唯「えへへ~っ///」


澪「体育祭絶対勝とうなっ」

律「もっちろん!」ブイッ

唯「1位目指して頑張ろーっ」

皆「おぉーっ」


体育祭前日の夜

憂「お姉ちゃん!明日の体育祭頑張ってね!」

唯「任せてよ!応援してねっ」

憂「うんっ絶対学校に応援しに行くから!」

ピロリロリ~ッ

憂「あ、メールだ」ピピッ

憂「はぁ……」

唯「憂不機嫌な顔してどうしたの?」

憂「な、なんでもないよ」

唯「え~気になるなぁ」

憂「お姉ちゃんには関係ないから安心してっ」ピピッ

体育祭

唯「わ~!ついに体育祭だねっ」

律「私たちの練習の成果を見せないとな!」

澪「ほとんどお菓子食べてたけどな…」

紬「でもこのみんななら…負けないと思うっ」

澪「むぎ…」

律「よーしっまずはストレッチしよー!」

唯「りっちゃん一緒にやろうよっ」

律「おぅ!」

澪「律………」

紬「…澪ちゃん一緒にやろっか」

澪「………うん」

ぎゅ~~~っ

唯「りっちゃ~んっ」

律「ゆーいーっ」

澪「ちょっ…それはストレッチに関係ないっ」

唯「ちぇ……緊張がほぐれるのになぁ」

律「ほら、唯っここに座って」

唯「ほいほいっ」チョコン

律「おりゃ」グイッ

唯「痛たたたた……私体固いから痛いよっ」

律「体伸ばさないといけないだろ」

唯「たたたたっ」

澪「そろそろ始まるぞっ」

唯「痛てて……」

律「まだ本番前なのに大丈夫か?」

唯「大丈夫……ってりっちゃんが無理やり押したからだよっ」プクーッ

律「はは~…悪い悪いっ」

唯「絶対勝とうね!りっちゃんっ」ギュッ

律「おぅ!私たちの力を見せつけようなっ」

澪「………」

紬「澪ちゃんも頑張れっ」

「位置についてー…よーい……ドンッ」

律「おりゃーっ」

唯「おーーっ」

ダダダッ


「ゴール!」パンッパンッ

唯「はぁ……はぁ…結局ビリかぁ」

律「しょうがないな回りは運動部の連中だったし」

澪「練習の意味無かったな」

律「まぁお菓子食べてばっかりだったけどな」

唯「でも…残念だなぁ」ガックシ

律「よしよ~し…唯は頑張ったぞ~」ナデナデ

唯「りっちゃん……えへへっありがとう!///」

憂「お姉ちゃん!お疲れ様っ」

唯「わ~憂~!」

憂「約束通り応援しに来たよ!」

唯「ありがと~…でも1人で来たの?」

憂「えっ…あ……うん!1人っ1人っ」アセアセ

唯「じゃあ今日は一緒に帰ろうよっ」

憂「うんっ…あ……ちょっと待って」ピピッ

唯「メール?」

憂「うん……特に気にしなくていいよ」

唯「じゃあもう体育祭は片付けだけだから学校の外で待っててよっ」

憂「うんっ」

キーンコーンカーンコーン…

唯「お待たせ~っ」

律「憂ちゃんお待たせ!」

憂「…律さんも?」

唯「うん!3人で帰ろうよっ」

憂「…い…いいよっ」

律「唯っ今日はお疲れ様っ」

ちゅ

唯「えへへ~ありがとっ///」

憂「ちょ…ちょっとお姉ちゃん達!人前で何してるのよっ///」カァ~ッ

唯「人前だからこそするんだよ!ね~?りっちゃんっ」

律「ね~っ!私たちの仲良しっぷりをみんなに自慢したいもんな~っ」

憂「うぅ……」

唯の家

唯「じゃありっちゃんバイバイっ」

律「じゃあなっ」

唯「りっちゃん…ん~っ><」

律「ん~っ><」

憂「あわわっ!お姉ちゃん早くお家に入るよ!」グイッ

唯「わ~!りっちゃ~ん…」ジタバタ

律「ゆ~い~っ」

憂「律さん今日はどうも!そしてさようならっ」

バタンッ

律「はぁ……最後にキスしたかったのに」ガックシ


律の家

律「ただいま~…」トボトボ

聡「おかえり……はぁ…」ガックシ

律「ん?聡どうしたんだ?」

聡「なんでもない……なんでもない」ポロポロ

律「何があったか分からないけど……」

律「ドンマイ!」

聡「うっせー!」シクシク

律「ひぃ…怖い怖い……これが反抗期ってやつですか」

聡「だーまーれっ!」

律「まぁ落ち込んでたって何も始まらないぞっ」

聡「何も……」

律「千里の道も一歩からだぞ!」ビシッ

聡「一歩からか……うん!俺頑張る!」シャキーン

律「おぉ!立ち直ったっ」

律(適当なこと言っただけなのに…)


唯の家

憂「お姉ちゃんお疲れ様~」

唯「うんっ」

憂「今日のご飯は何食べよっか?またピザにする?」

唯「出前はいらないよ」

憂「そっか……じゃあ鍋にでもしようか!」

唯「賛成ーっ賛成ーっ」

クリスマスイブ

唯「はぁ~今年のクリスマスは雪降るかな~」

憂「どうだろうね~」

唯「そうだ!クリスマスパーティーやろうよっ」

憂「あっそれいいね!」

唯「りっちゃんにプレゼントあげたい!」

憂「へ~…でもお姉ちゃんお金あったっけ?」

唯「………貸して?」

憂「え~…律さんにあげるんでしょ?」

唯「うーいっ……貸・し・て☆」ギュッ

ぎゅ~~~っ

憂「…おっ……お姉ちゃん///」

憂「いいよっいいよっ」


唯「よーしっまずはメンバー集めないとっ」

唯「けいおん部は誘うでしょ……あ!後、和ちゃんも誘うっ」

憂「うちでやるの?」

唯「うんっ」

憂「じゃあ装飾しておかないとねっ」

唯「うんっ……あっ!」

憂「どうしたの?」

唯「りっちゃんへのプレゼント何にしよう…」

憂「そういうのって自分で決めるもんじゃ…」

唯「和ちゃんに相談しよ…」

街中

テクテク

唯「ごめんね~和ちゃん?」

和「気にしなくて良いよ…でも唯がこんなパーティー開くのって初めてじゃない?」

唯「えっへん!……でさ~、りっちゃんに何買ったらいいかな?」

和「う~ん…その人に似合うものとかでいいんじゃない?」

唯「でも何買ったらいいか分からないんだよぉ」ガバッ

和「やれやれ…」

……

律「唯のクリスマスプレゼント買いに街に来てみたけど……」

律「唯のやつ……和とあんなにベタベタしやがって…」

律「ちょっと唯にメールしてみよう」ピピッ

ピリリリ~ン

唯「あっりっちゃんからだ」

律『今何してるの~?』

唯「う~ん…りっちゃんにはプレゼントの事は秘密にしたいからなぁ」

唯「『家でゴロゴロしてるよ』っと」ピピッ

ピロリロリ~ン

律「唯からだ……」ゴクリッ

唯『家でゴロゴロしてるよ』

律「…うぅ……なんでだよ…」ポロポロ

律「なんでこんな嘘つくんだよ…」ポロポロ


唯「りっちゃん喜ぶかな~っ」

和「きっと喜ぶよっ」


律「唯っ……」

唯「あっ…りっちゃん」

律「どういうことだよ?」

唯「ち、違うよ!これは……その…」

律「言い訳するなよ!!」

唯「ひぃっ……いきなり大声だしてどうしたの?」

律「………!!」パシンッ

唯「痛った……なんで……?」

律「このバカ唯!……もう絶交だっ」ダダダッ

唯「あっ待ってよ!」

唯「りっちゃん……」

唯「なんで私ビンタされたんだろう…」

和「アンタまたなんかしでかしたの?」

唯「心当たりはないけど……」


13