憂「んんーぁん、んんー!!」

 憂が全身でぎゅっと、お猿さんの子供みたいにしがみつく。

 頭の中には「憂、可愛い」しかなくて、

 それさえも言葉にできずに体をこすりつけて、キスをするだけ。

 この胸を圧すような熱い熱い愛は、きっと10分の1も憂には届いていない。

 せめてあと少しでも届けたいと、胸同士をくっつける。

唯「んいっ……」

憂「んんーん、っ!」

 鼻息が苦しそうだ。舌でちろちろ舐めながら、息を吹き込んであげる。

憂「んっ……!」

唯「ぁ、ん……」

 憂から息が送り返される。

 憂の身体を巡り巡って帰ってきた空気を肺の奥へと吸いこむ。

 そして再び、私の息を憂にあげる。

憂「うぁ、んんー……」

 憂が身をよじり、体をびくびく痙攣させる。

 逃げるようにタイルに手をついて、けれどボディソープで滑って動けないようだ。

 諦めたように、憂も一緒になって歯茎をぺろぺろ舐めはじめた。

 少し頭が重たくなってきたのを感じる。

 鼻呼吸に戻して、舐めることに集中する。

憂「ん、んんっ……!!」


 傷口につばをつけるように、丁寧に舐めていく。

 憂の腕が痛いほどに抱きしめてくる。

唯「ういっ……」

憂「んむっ、あ、おねえああぁあぁ!!」

 最後まで口を塞いでいたかったけど、一瞬の隙にくちびるが離れ、憂が叫んだ。

 私にしがみついて、何かに怯えるみたいにびくっ、びくっと震えると、

 やがて床に両手両足を落として、力なくへたれた。

唯「うい。ん」

 くちびるを突き出す。

 憂は弱々しい瞳で私の顔を見ると、

 すぼめたくちびるを小鳥みたいにちゅっ、ちゅっとくっつけてくれた。

唯「かぁわいい、憂」

 頭を撫でると、憂が目を閉じる。

唯「まだちゅーしたいの?」

憂「……うん」

 恥ずかしげに憂は頷いた。

唯「じゃ、お風呂の中でちゅーしよ。風邪引かないように」

憂「そだね」

 シャワーを出して、体についた泡を落とす。

 落としながら、大事なところに手をやって、軽くだけこすっておく。

 それからお尻だったり腋だったり足だったり、あまりこすり合えなかった所にもお湯を当て、

 しっかりお互いに手で洗ってから湯船につかった。

 お風呂では私が後ろから憂を抱きしめる形で憂に乗ってもらった。

 それで私は憂にのしかかるようにしてちょっと体を伸ばし、

 憂に振り向いてもらってくちびるを合わせた。

 浮力があるお湯の中だからできる体勢だ。

唯「はむ……ちゅ、ちゅ」

憂「んれっ。す、ちゅぷ」

 憂はまだ懲りていないようで、私の口に平気で舌をつきこんでくる。

 私もそれに応えて感じさせてしまおうとするのだけれど、

 結局憂と一緒に気持ちよくなって、二人で湯船の中で夢中になってキスをしていた。

 お風呂からあがるころには既に日付が変わっていて、

 私たちはいそいそとベッドにもぐり、くちびるを重ねると眠りについた。

 翌日は休日といえど、憂とのデートの予定だったのだから、なるべく早く目が覚めたかったのだ。

 憂も寝ている私にちょっと激しいキスを仕掛けてきたりもせず、おとなしく眠っていた。

 その寝顔があまりに可愛いので舌を差し込んでみたけれど、

 憂は舌をぺろりと舐めただけで起きてくれる気配はなく、

 私は少しいじけながら、抗議として舌を入れっぱなしにして眠ることにした。

――――

 翌朝、窓から入ってくる日差しに目を開く。

唯「……ん」

 昨晩眠った時と同じように、私は憂と抱き合っていて、

 くちびるは唾が乾いて貼りついてしまっていた。

 カラカラになった舌が、同様の憂の口の中を擦る。

 さすがに痛くて、舌を引っ込めた。

唯「……」

 まだ眠っている憂の寝顔を見つめ、唾液を出していく。

 舌を濡らしつつ、憂を仰向けに寝かせて覆いかぶさる体勢になる。

 右の頬がペリペリ言った。

 どうやら涎で憂の頬とくっついていたらしい。

 舌で憂のくちびるをこじ開け、つばを垂らしていく。

 そのままではむせるので、舌を叩いて憂の目を覚まさせる。

憂「んー……?」

唯「おふぁよ、うい……」

憂「……ん、おふぁお、……ちゅ」

 ねぼけた顔でくすりと笑い、憂は小さく喉を鳴らす。

 憂がじわっと温かくなったかと思うと、口の中が湿り気を持ち始める。

 憂は私の舌を押し返すと、乾いたくちびるをぺろりと舐めた。

 貼りついたくちびる同士が剥がされる。

唯「ぁむ、ちゅっちゅ」

 離れた後、いくつかキスをしてからベッドに転がる。

唯「ふへぇ……映画だっけ」

憂「うん。それでアイス屋いってお買いもの」

 布団を持って起き上がる。

 憂がかぶっていた布団もめくれて、一瞬冷たい風に憂が体を震わせた。

唯「うむ……ぁ」

 時計を見ると、11時を過ぎていた。

 憂とキスして寝ると眠りが深くなりすぎていけない。

 普段は目覚ましをかけておくと憂が気付いて起こしてくれるが、

 休日だといつも10時間以上眠ってしまう。

唯「けっこう寝ちゃったね」

 ベッドから降りて、「のび」をする。

憂「あ、ほんとだ。ちょっと急がないと、買い物やる時間なくなっちゃうかな?」

唯「うーむ……」

 目的の映画館まで行くのが早くて40分。電車の都合が悪いともっとかかる。

 映画は短くて90分。移動時間も考えて、2時間考えておくのがいい。

 ご飯を食べて、おしゃれもしなきゃいけないから出発までの時間もかかる。

 あまりゆっくり買い物をする余裕はないかもしれない。

憂「早く支度しよっ?」

唯「そだね」

 家に居ようと外へ出ようと憂と一緒にいられるのは同じだけれど、

 せっかく遊びに出るのだからキスだけでなく楽しいことをしたい。

 私は、元わたしの部屋へ向かい、今日の服を選ぶことにして、

 憂にはお昼ご飯を作ってもらうことにした。

――――

 ご飯のあと、シャワーを浴びてさっぱりする。

 ゆっくり洗いっこしている時間は無いので、ひとりずつサッと体を洗う。

 キスをしながら体を洗ってもらうのに慣れているとは言っても、特に寂しくはない。

 シャワーを浴びて髪を乾かしていると、憂が控えめにドアを叩いてきた。

唯「おー、なにー?」

憂「ねぇお姉ちゃん、これ私が着るの?」

唯「うん、そだよ。変だった?」

 とびきり可愛いのをセレクトしたつもりだったけれど、お気に召さなかっただろうか。

憂「こ、このスカートさぁ……」

 ポーズを変えて確かめているのか、とんとん床が鳴る。

憂「短いし、薄すぎない? ちょっと動いただけでふわふわって上がっちゃうよ」

唯「可愛いでしょ?」

憂「かわいいけど……見えちゃうじゃん」

唯「なにが?」

憂「そんなしょうのないことわざわざ言わせようとしないの」

 ドアの向こうで憂がちょっとむくれた。

唯「あは、ごめんごめん。……でもだいじょぶだよ、スカートの中は見えないから」

憂「見えるって、これ」

唯「大丈夫。鉄壁だもん」

憂「……?」

 髪を乾かし終えて、私も畳んでおいた服に着替える。

 ドアノブに手をかけて開ける。

唯「おぉ、可愛い可愛い!」

憂「う……でも、ちょっと寒いかも」

唯「ほんとに?」

 太ももをさすってあげると、廊下に立っていたせいもあってか肌は冷たい。

唯「今の時間で寒いってなると、帰る時には大変だね」

憂「うん……お姉ちゃんのタイツ借りていい?」

唯「しょうがないなぁ……履いてきたらもうすぐ出かけちゃお」

 バッグを持ち、玄関で憂が履き替えてくるのを待って、手を繋いでドアノブを持つ。

憂「あっ」

唯「ん?」

 憂が声をあげたので、振り返る。

唯「……ん、ちゅ」

 くちびるが押されて、ひとくち下唇を食べられた。

憂「えへへ。行こっか」

唯「……く、油断した」

 始めたころは、くちびるを合わせるだけのキスを1日に1度するだけだった。

 けれどその数は加速度的に増えていって、すぐに数え切れなくなった。

唯「もう。行くよ」

 だからここでキスされるのは当たり前なんだけれど、

 何故かそれを予想していなかった。

 私はいったい何を慌てているんだろう。

――――

 電車を乗り継いで、片田舎から大都会へと旅をする。

 駅から出ると、桜ケ丘よりも人はうんと多くて、自然と憂の手を強く握る。

唯「うい、はぐれてない?」

 少し体が離れた気がして振り返る。

憂「ちゃんといるよ、お姉ちゃん」

 憂はにこりと笑って私の腕まで抱きついてくると、体を伸ばして私のくちびるを狙ってきた。

唯「あっ、んむっ」

 また反応できずに唇を奪われてしまう。

 電車の中でも何度か不意打ちでキスをされた。

 今日は憂にキスされてばかりだ。

 しかも、そのどれにもまともに反応できていない。

 映画館で座席にかけたら、存分にキスしてやろうと思う。

 もちろん今回の目的は映画を見ることなので、上映が始まったら止めなければいけない。

 そのあたりが悩ましいところだ。

 映画館に辿りついて、映画のポスターとにらめっこする。

唯「うーむ……」

 なるべくキスしたくならない映画。

 ドキュメンタリーとか、動物との感動モノだとか。

 意外と気をつけなきゃいけないのがアニメで、まず洋画はみんなアウト。

憂「あっ、これは?」

 憂が指差したポスターでは、ふくふくの仔犬が笑っていた。

 大文字のタイトルは「ニャアニャア、小鳥さんだよ」。

唯「……うぉ」

 りっちゃんでも白けるレベル。

唯「こういうのって……最後に死んでお別れだったりするよね」

憂「うん。でも……今日はそういうのを見れるように頑張るんじゃないかな」

唯「……たしかに」

 私たちが恐れるのはそこだ。

 恐ろしいから、それをごまかすためにキスをしている。ような、フシがある。

 私は何かに怯えてキスをするんじゃなく、

 ただ憂を愛して、それが我慢できなくなることで憂にキスをしたいのだ。

唯「見てみよっか。上映時間はどうかな」

憂「うーんと、意外とすぐ……わ、15分前だよ!」

唯「えっ、急がないと!」

 大慌てでチケットを買い、ポップコーンとコーラも忘れず仕入れる。

 なにもキスが目当てで映画館に来ているわけではないのだ。

 上映ホールに駆けこみ、席に着く。

 映画が始まるまでキスをするつもりだったけれど、息が切れてそれどころではない。

 席はほとんど最後列の端っこで、客入りも悪いからキスをするにはもってこいだけれど、

 今はまだ待つべきだ。

 キスなら家に帰ってから100回でも1時間でもやればいい。

 そう自分に言い聞かせる。

憂「ふぅ……」

 先に憂の息が整った。

憂「急ぎ過ぎちゃったね」

唯「えへへ、そだね……はぁ、ふ……」

 映画が始まるまでは、ちょっとの間隔があった。

 やがて私も息が整う。

唯「うす暗いね……」

 ホールを見渡して言う。

 夕方の日陰のように暗く、ぼやけている。

憂「うん……」

 憂はぎゅっと私の手を握った。

唯「がんばろね、憂。映画に集中したら大丈夫だから」

憂「……」

 答える余裕もないようで、私の手を固く握っている。

唯「無理だったらちゅーしていいからね。ゆっくり慣れていこ」

憂「う、うん、がんばる……」

 ポップコーンをひとつ摘まみ、憂の口に運んであげようとし、やっぱり自分の口に入れる。

憂「お姉ちゃん?」

唯「ぁぐ」

 舌で一回転させて塩味を舐めてから、指でつまんで取り出す。

 そして憂の口もとへ運んだ。

唯「これを食べて頑張るのじゃ」

憂「ぁ……あむっ」

 私の指まで食べる勢いで憂はポップコーンを食べる。

憂「……つめたい」

 憂が呟くと、ホールがさらに暗くなった。

 前の席が見えるか見えないかというほど暗くなり、スクリーンが黒く光る。

唯「……」

 私も手を握り返し、ポップコーンを口に押し込んだ。

 他の映画の宣伝を挟み、やがて本編が始まる。

唯「……」

 映画はあらすじをナレーションして始まった。


4