58. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/06(月) 00:25:06.67 ID:yBVGlbQo
『おみまい』

律「よー唯、ちゃんと静養してるかー?」ガチャリ

唯「あ、いらっしゃい皆〜、座って座って」

紬「ごめんなさいね唯ちゃん。あの段ボールは私が運ぼうと思ってたんだけど」

唯「ぜんぜん気にしてないよ!  悪いのは和ちゃんなんだから」

和「だから何度も謝ってるじゃない、ほらケーキ買ってきてあげたから」

唯「ほんと!?  やったー和ちゅあん大好き!」

和「それじゃ皆でこのケーキ食べましょうか。唯、珈琲カップとかあったら出してくれない?」

唯「わかったよ〜!  けーき、けーき!」スタスタ

律「あれ?  お前もう歩き回っても腰大丈夫なのか」

唯「え………、はぅ!!」ゴキッ

紬「ケーキの力って凄いわね、律っちゃん!」

律「ケーキがスゲェのか、唯がスゲェのか…」
59. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/06(月) 00:45:41.40 ID:yBVGlbQo
『まなー』

ピロロローッポポ♪

唯「あれ、律っちゃん電話なってるよ?」モシャモシャ

律「あ、ホントだな。澪ー携帯とってー」

澪「病院内は電源を切っておくのがマナーだろう!  なにしてるんだよ」ヒョイ

律「ワリィワリって…、って何だぁコレ!」

澪「病院内で大きな声を出すのも禁止だ!  まったくコレだから律は!」

律「うるさいなぁ。澪の方が声大きいだろ。そんなことより、さわちゃんから着信履歴が36件もあったぞ」ピッ

唯「さ、さんじゅうろっけん!?  凄いね…、何の用なんだろ」

律「あのさぁ、今病院にいるってさわちゃん知ってるだろ?  私が携帯の電源切ってなかったから良かったけど」

さわ子『知ってるからマナー違反してるであろう律っちゃんに期待して掛けたんでしょ。私の今日の糖分補給をどうしてくれるのよ!』

律「人に変な期待掛けるなよ!  砂糖水で啜ってろッ!」
67. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/09(木) 22:39:04.47 ID:1FeO0cQo
『ボケとツッコミ』

澪「うん、今度は大分音が合ってきたな。次はもう少しペースを早めにしてみようか」

紬「そうね、でも少し休憩にしないかしら?  さっきからずっと練習してばかりだから」

澪「そうだな、ムギお茶の準備をしてくれないか」

律「………ふぅ」

紬「どうしたの律っちゃん、なんだか最近元気がないみたいだけど」

律「うーん、私にも良く分からないんだけどなぁ」

澪「ツッコミ不足なんじゃないのか?」

紬「それはどういう事なの澪ちゃん!」

澪「ここ数日、唯が入院しているせいで余りにも真面目に軽音部らしい活動していただろう」

律「まぁ、それがフツーなんだけどな」

澪「私はどちらかといえばツッコミだし、ムギはボケというポジションじゃない」

紬「よく分からないけど、とにかくツッコめば元に戻るって事だな」サッ

澪「ん?なんだ律、その手は」
68. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/09(木) 22:45:43.77 ID:1FeO0cQo
律「なんでやね〜ん!」ブンッ

ベキッ!

澪「いたっ!?」

律「どうだムギ?  これで私の調子戻ったかな」

紬「う〜ん、まだ死んだ魚の様な目しているままね」

澪「って、ボケてもないのにツッコんでどうするんだッ!」ブン

バギッ!

紬「はっ!?  凄いわ、澪ちゃんの髪と肌がテカテカに潤っているわ!」
69. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/09(木) 22:57:12.60 ID:1FeO0cQo
澪「とにかく、先にお茶にしよう。唯がいないんじゃどうしようもないじゃないか」

律「それもそーだな。ん、今日は緑茶なのか」

紬「今日はさわ子先生からの差し入れでカツ丼なのよ」サッ

澪「なんでカツ丼なんだ…。運動部なら分からなくないけど」

律「私は大歓迎だけどな!  よっしゃー食べようぜ」

紬「あ、そうだ律っちゃん。さっき言ってたボケなんだけど、私やってみてもよかですか?」

律「ムギがボケ?  別にいいけど、お前にできるのかよ」

紬「そぉいッッ!!」ブォン

ドバッシャーン!!!

律「……………………」ビチャビチャ

紬「どうかしら律っちゃん!  私一度相手の顔面にカツ丼を投げつけるってボケやってたかったの」

律「………………それ、ボケちがう」ビチャビチャ

紬「………え?」



憂「あれ?  お姉ちゃんなんでそんなに血色がいいの。髪もツヤツヤだし」

唯「ふぇ?」
70. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/09(木) 23:10:27.50 ID:1FeO0cQo
『台風一過』

律「よぉー唯、調子はどうだ?」

唯『うーん大分腰の痛みは引いてきたよ。もうすぐ退院できるかもね』

律「そりゃ良かった。私の方もフラフラでさ」

唯『そういえば部室の方は台風とか大丈夫だった?』

律「心配ないぜ。結構揺れたけど特に雨漏りとかもしなかったし、もう台風一過だしな」

唯『たいふういっか?  あぁ、…』

律「(…来た、来たな唯ッ!  お前の行動パターンはお見通しだぜ、どうせ『一家って事だからお母さんとか妹がいるのかな』等とボケるに決まってる。その隙を逃さず私は容赦なくツッコませて…)」

唯『その言葉を聞くといつも律っちゃんを思い出すんだよねぇ』

律「私…?  台風一過となんの関係があるんだよ」

唯『台風いっか、ってすぐ予報を諦めちゃうんだよ。テキトーなアナウンサーさんだよね!』

律「いや、苦しすぎんだろ!  つかどういう意味だよわざとやってんのこの子ッ!?」
71. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/10(金) 00:11:50.76 ID:0LntDIUo
『ゴルゴムの仕業か』

唯「ねぇ律っちゃん、今度の日曜日としまえん遊園地に行こうよ!」

律「なんだよ急に?」

唯「だって仮面らいだーぶらっくあーるえっくすと握手が出来るんだよ!」グイッ

律「あー、でもその日は合宿じゃないか。残念だけどあきらめろ」

唯「えーそうだっけ!?  でもダメだよー、絶対にぶらっくあーるえっくすが見たいんだよぉ!」ジタバタ

律「ワガママいうんじゃねーよ、もうムギに別荘予約してもらってるんだから」

紬「(唯ちゃん可哀相だわ…、なんとか出来ないかしら……。)そうだわ、唯ちゃん、律っちゃん。二人同時に私の眉毛を引っ張ってみて!」

律「は?  いきなり何を言い出すんだよムギ」

紬「いいから、私を信じて。ねっ」ニコッ

唯「うーん、なんだか分からないけど、いくよ律っちゃん!」ガシッ

律「お、おうよ。了解だぜ」ガシッ

ブッチン!

紬「あのね唯ちゃん…。実は、わたし怒りの王子、バイオライダーだっ……たぁ…のぉ……ぉぉ」ドロドロドロドロ

ドロドロドロドロドロドロドロドロ………

唯・律「あ……が……がぁ……が…あ…ぁぁ……ぁぁ…」ガクガクガク


………………………………………
…………………………
………………



澪「うわぁぁぁあああああぁぁぁああぁッ!!?」ガバッ


澪「……ゆ、夢か」
72. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/10(金) 00:44:08.81 ID:0LntDIUo
『打ち水』

ガチャリ

律「うぃーす…澪はまだ来てないのか。…その足に浸けてるバケツはなんだ」

紬「ちょっと足だけでも冷やそうと思ってね。にして、律っちゃん今日は早いのね」

律「こう暑くっちゃウロウロする気力もねーよ。もっともこの部屋もバカみたいに暑いけどなぁ」

紬「本当ね…すごい残暑だわ。こう暑っちゃまともに練習もできないわね、なんとなならないかしら」

律「気休めでもいいから打ち水でもやってみるか?」

紬「打ち水?  なにかしらそれって」

律「打ち水ってのは、庭や道路など屋外に水を撒くて、気化熱を利用して温度を下げるって方法だな」

紬「ソーイッ!」ガッシッ

ドバッシャァーン!!!

律「……………………」ビチャビチャ

紬「どうかしら律っちゃん!  打ち水で涼しくなったかしら!」

律「………………涼しいけど、それ打ち水ちがう」ビチャビチャ

紬「………え?」

ガチャリ

澪「うぉ!?  な、なんで律は水浸しなんだ!」

紬「ゲ…、ゲリラ豪雨……?」

                         ̄` ‐-
                   /  /    ∧     ヽ  \
                     '   ′   /   ,,       ヽ
              /     {   /主彡ヘ.   ト、
                /      }  /    、    ハjミ」
              ′   i|  |, / ,ィf羔ミ,  }ノ ,..  |   }
                    l|  |/ 〈{ 辷tタ    f市k| / ,
             {    ,'ニ|  |  x.x.x    ヾツリ′ ′
                { (|  |          ' ''{  {
                   `T|          r‐-,   }  |
              〉  l |  ヽ      ̄   ノ |
                 /   ノノ    ',         , イ  |
                /   ∧ }    ,-‐1 ,   |
              _」..  _,′    } ,\  ∧ ¦ ′  |