47. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/03(金) 01:46:20.24 ID:BXh5Duso
『じさくぱそこん』

律「ま、いいや。それじゃ今度私が電気屋連れて行ってやるよ、予算はどれくらいなんだ?」

唯「んとね、あんまりないからさ、あの自作パソコン?ってので安く作ってみたいんだよ」

律「自作パソコンか…、良く知ってんな。あぁいうのはさらに知識が必要だからなぁ」

唯「そうなんだ、一応家からいくつかパーツは持ってきたんだけど」ゴソゴソ

澪「へぇ、すごいんだな。実は唯がこの中で一番パソコンの知識があるんじゃないのか」

紬「すごいわ唯ちゃん、パソコンの知識が豊富だなんて、見直したわ!」

律「私もそこまで詳しくないぞ。どんなのなんだパソコンのパーツって」

唯「隣のおばあちゃんからもらった新鮮なダイコンだよ!  後は、レンコンにリンゴ」ゴソゴソ

律「って、どんな知識だよ!  コンしか合ってないだろ、つかダジャレ!?」

唯「だって1976年に設立された、アメリカ合衆国の情報家電メーカーをアップルコンピュータって言うじゃない!」エッヘン

律「なんでそこだけ詳しいんだよ!  だったら植物と関係ないって分かるだろうが!!」

唯「そうなんだぁ…、自作パソコンって大変なんだね…」

律「大変なのはオマエの頭だろうがッ!」


澪「ムギ…、このリンゴ後でティータイムの時に剥いて」ヒョイ

紬「この白い野菜がパソコンのパーツなのね…、生体部品っていうやつからしら」キラキラ

澪「いや、違うからね…」
48. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/03(金) 01:47:40.18 ID:BXh5Duso
                               .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:   自作パソコンで必要なのは、まずはCPU。
                           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    これはコンピューターの中央処理装置
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:..|.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.    働きとして、入力装置や記憶装置から
.                        ′.:.:.:.:.:.:.:j|.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:x‐}:.∧ .:.:.:.:.:.:|:.:.:i.:.:.:.:    データを受け取り、演算・加工した上で
                        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:八 :.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   レ′ヽ.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:\    出力装置や記憶装置に出力するわね。
                        ||.:.:.:.:.:.:.:.:「` ヽ:.:.:.:.:.:|:.:′ィッ==ミx.:.:.:.:.:.:厶.:.:.:
                        リ.:イ:.:.:.:.:.:|  xミメ:.:.:.::l/   〃ん心リ }.:.:.:./ふ Y.:  次はメモリ。主にCPUの演算結果を
                       ´ 八:.小_:j〃 心f?ノ  n.  弋_,ソ「}j/}/ 〉   ノ.:  一時的に保存しておく場所で
                           xヘ「 lハ.`  V:り「L.斗{___ ノノ      ,/.:∧  高速でアクセスすることが出来るの。
                      r Y^i  个^圦.    ´ リ ⌒'――一'′   爪:.:.:.:{    このメモリ容量が小さいと一時的に
                     └{〕 |し リ  |ゝニ-‐'′′               /{:.:.:.:.:.、>  保存しておくデータが入りきらなくなって
                        | `   /   |   人       ー  '        /  L:{`ー一  アクセスの遅いHDDなんかの
.                       |    /    ,′    >  ._          /  /  ,〉ヽ,_    外部記憶装置に移されるわ。
                       |         ′    _  厶≧zr<  _/    /:::::::::::`  そのため、パフォーマンスが著しく低下するのよ。
.                       |       {  / ::::::::::`Yこニ=-ャ''∨    /::::::::::::/::
                       リ    x=ミクニ=ー''''"´           ',  ∨ /::::::::::::/:::::  よくCPUを人に例えるけど、メモリは机HDDは……



      廴 ___‘ー‐ ´__ 彡'                        ,. イ´  .:..       ミ:/
           く_ノ  ...._つ                          /  .: :. :..丶:.  . {:.   ヽ     理    唯    落
             `_つ..`¨.フ. .---- . .            / ./ :|:i.. {:.:..:. .ヽ .:.ヽ:. ..:.:〉
             (__:::::/ . : : : : : : : : : :ミ: 、   .′ .: .:| :..:.ヽ:. :.:.::i ..:..:V:..(     解    の    ち
    r 、         / . : : : :.{ : : : : : : : : : : ヽ. | .:!.:.:.::ハ: :..::イ、..:.:| } ..:.∨.:)
  , 、)ノ ◎    ′: : : /:.ム{-ミ:、: : 斗-:、ヽ '.!..:| ..:.├N_.:斗_≦イ ..:.i.:|:〈     で     頭    着
({  _))ヽ>   i . : : : :ド:{  lバト:ト、: ト: :|: l: :|イ:L≦__    'イぅ:::}j:/.::|.:{ミi
              |   : : : ト:| ,≧ミヽ \x=ミ}:ハi:|ハ_厶下ミ     ヒ:ツイ^:丁r  }    き     じ     け
   「|        |. : : :八:《.f:::.`i      「::`i}}ル{   .小 ヒ:}          }: :.:{ムイ
   |{__ノ}      i . : .:(| :小.'、::ノ      '、::ノ'|: :|  |ハ  ′_,.、 u./: .:.ハ.:.:'.    な      ゃ   .和
   `¨´、       . : : : :i : {          '      ハ:|   |.:{  ト、 `ー'  /. .:./二|:.:.}
      {ゆ      }:i : ::∧: ト .     (フ    ィ:} }:.ト.  }::ヽ ヽ:`i‐彡'.:.:.:/    }.:/    い
      ,.′     ハ.i :{:从!:V:> ― i爪ハ:| |:ハ  ヽ.:.:>≦:.__:r一'      |:.{
      |!          ヽrミrミヽ{ヽ`了Vトノ{∨从      冫       ヽ         |.:.i\  !
      |!           /^ヽ.    ` Y' 7介ド{ノ′ \ ノ          {          l.:.|!:..:.フ__       _ノ
      |i           }   人_     .{//}i ヽ__≫ 、 ,「            ノ          |.:.|i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:くヽ:.\
      ||          ノ     ヽ\   \|{  }「´  / |!         /            l.:.{ヽ.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:
      |{         /      ヽ}   \   ` ーァ'      \   / {              |:.:l  }.:.|i.:.:.:.:.ト:.:.:.:.:∧ ヽ:
      ||        {┬=ミ.   |      \    ′     /ヽ`     ヽ           ハ:.ヽ|:.:|l:.:.:.:.:| i:.:i:.:.:.:.'.
      |l         7      }ミ}         \     / }    ヽ.      ト、     ,彡=ヘ:.:.|:.:||:.:.:.: | |:.:|:.:.:.:.i
51. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/03(金) 23:58:01.87 ID:BXh5Duso
『でっさん』

唯「うーん…、ここがこうなってるから…」カリカリ

律「素描だなんて退屈だぜ、美術の時間ってつまんないよなぁ」

唯「ちょっと今集中してるから話しかけないでよぉ!」カリカリ

律「んだよ、どーせ素人の私たちがやったって大したモンなんか…」ヒョイ

唯「ん?  どしたの律っちゃん、ハトがマシンガン食らったような顔して」カリカリ

律「なんだこりゃ、お前メチャクチャ上手いじゃないか!?」

紬「あら、本当ね。花瓶や林檎の質感はモチロン、奥行きまでまるで写真の様に忠実に描かれてるわ!」

唯「ふっふーん、写実は得意なんだよねー」

律「くそ、唯のくせに生意気だぜ…」

唯「可哀想だよね素人のヒトは…、ねぇ律っちゃん」

律「ぐっ…。でも、プロ芸術ってのは多少デッサンを崩してデフォルメしてるもんなんだよ!」

唯「で、でふぉるめ…!?」

紬「そういわれればそうね…。ピカソしかり、ゴッホしかり」

唯「無理だよぉ、私には写実しか出来ないよ……」ガクッ

律「はっはは、どうだ唯!  身の程を思い知ったか」

唯「あ、それじゃ律っちゃんモデルになってよ。これで私もピカソだよ!」エッヘン

律「って、オイ!どういう意味だよそれ!?」
54. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/04(土) 00:20:06.64 ID:aGj7LEAo
『しょうぎ』

唯「いっくよー律っちゃん!  この一手が神への一手!」ガシッ

律「そうはさせるかよ!  この天上に降り注ぐ神の雷で勝負だ」ガシッ

ガッチーーン!!

紬「あら、唯ちゃんの駒が裏返っちゃったわね」

律「ちっくしょー、投げる角度が悪かったのか!?」

唯「だから言ったでしょ〜神の一手だもんね」

ガチャリ

澪「おい、お前達。外まで声がまる聞こえだぞ。メンコでもやってたのか」

唯「あ、ゴメンねちょっと白熱しすぎたかな。みてみて澪ちゃん、私の駒が裏返ったんだよ」エッヘン

澪「なんでそんなに嬉しそうなんだ?  メンコっていうのは裏返ったら相手に取られちゃうんだぞ。こんなのは基礎の基礎…」

紬「これで唯ちゃんの『と』が発動して『歩』の攻撃翌力×20の効果を得るわね!」

律「くっそー、こうなったら角を使うか…、でも桂馬のトラップ駒が…」

澪「……え?  将棋、それ?  将棋なの」

唯「えー、澪ちゃん何いってるの。見れば分かるじゃん、こんなのは基礎の基礎だよ」

澪「あぁ…、そうなの…。基礎の基礎なの」
           ,.  '´  ̄ ̄ `ヽ、
          /    ヽ     \
.       /     ヘ  ヽ     ヽ
      /   /|ハ l |  ', l   l   ',
       / l    l |/^ l ト、 l l   l l  ',
.      / l   l |   l |_l_ヽl l   l l  l
     |  l   l│  l | l  Vi |  l l l !
     |  l    lイl  リ l  ∨! l ト、l l
     |│l  l l N     xtメルイl レl l
     |│l  l / xtメ      l| l  l l l
     |ハl /l 丶    .   l| l  l l !
     |  ∨ l  lハ      _,.  ルl  lハV
.       // l  l i`    _ / N  lハト、
      l l l  l | /| {、  /l  lヽト、l
      l l l  lヽ|   |   ><  l  l l V \
      l ∨ ', l ヽ  | /7水ハ l  l / / x/ `ヽ
55. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/04(土) 00:37:00.72 ID:aGj7LEAo
『遅発性筋肉痛』

唯「うんしょ…、うんしょっと!  律っちゃぁん疲れたよぉ」ヨロヨロ

律「まだ運び始めたばっかりだろ、もうちょっと頑張れよ!」ヨロヨロ

和「あら、アナタ達何してるのかしら?」

澪「軽音部の要らない私物を運び出してるんだよ」ヨロヨロ

律「あー、面倒くせーな。和もちょっと手伝ってくれよー」

和「私は生徒会で忙しいからね…。そうだ良い方法が無い事もないんだけど」

律「なんだよ、ケチケチしないで教えろってばよ」

澪「和が渋るなんて珍しいな。そんなに難しい方法なのか」

和「そうね、難しいといえば難しいわね。……それでも本当に知りたい?」

律「あぁ、メチャクチャ知りたいぜ!」

和「ゆいー!」

唯「な、なぁに和ちゅあん!?」ヨロヨロ

和「この作業三十分以内に終わったら、帰りにケーキご馳走してあげるわよ」

唯「け、けーき!?  わかったよ和ちゅあん!」ギュイーーーン

シュバーーン!

律・澪「(……メチャクチャ簡単じゃねーか)」
56. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/04(土) 00:44:26.37 ID:aGj7LEAo
『遅発性筋肉痛・続』

律「この調子じゃあっという間に終わりそうだぜ」

澪「それにしても凄いな唯のヤツ。どこにそんな力が残ってたんだろうな」

和「昔から集中したら、疲れとか痛みとか感じなくなる子だからね」

澪「へぇーさすが幼馴染だな和は」

ダッダッダッダッ

唯「残りのダンボールはもうちょっとだね!  ムギちゃんお先に!」ガッ

紬「ちょっと待って唯ちゃん!  そのダンボールは私が持っていこうと…」

ダッダッダッダッ

律「大丈夫だってムギ。今の唯は凄い集中してるから、疲れとか痛みを感じないんだぜ!」

紬「本当に大丈夫かしら…。あのダンボール大きさは他のと同じだけど、中身はボーリングの球とかトラックの前輪とかで軽く二百キロはあるんだけど…」

律「…………え?」
57. VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/09/04(土) 01:03:34.49 ID:aGj7LEAo
『遅発性筋肉痛・完』

澪「な、なぁ和。今、人間の限界を明らかに超えた負荷が、唯の身体に加わってるんじゃ…」

和「そのパターンは昔も何度かあったわね。その見極めがさっき言ってた難しいって言ってた所ね」

律「あ、あの和さん…。そいう場合、唯は一体どうなってしまうんでしょう……?」

和「……本当に知りたい?」

律「…できればあまり知りたくないデスガ」


和「ゆいー!」

唯「な、なぁに和ちゅあぁぁん!?」タッタッタッ

和「そのダンボールの中身二百キロはあるわよー」



唯「……………………………………………」

 
                 r‐ 、_                 __
.          _  -―しイ `ヽ      __ _(/⌒
        弋二ニ   ヽ  ノi:    /.: :/ : : \ ̄: : : . . _  「………えッ?」
             `>  ___ ' /| / :′: :/i: : : : : :ヽ: : : : : : ` .
                i:弋ー‐' /|/.:∧i: : :〃|: : : :i : : : : : : : : :ヽ: .ヽ       _ ,.ヘ   
                |::::::`ー '::/ ∧/|: : 厶イ、: : :|: : : : :i: :i: : : :i : :ハ       >` <
.               、:::::::::::::/ /: ハ|: /斗=ミ\|: : : : :l : | i: : :|: : \__,,ノ  く/ヽ>
_______∧,、_lヽ:::_ノi:ハィ斥|/ ん} } }: : : :/|: :| |: : :|: : : i_ __ _r┐__
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'`` ̄j::::i::::::::|:i :} り ′ ー'   /:|: : :/: |: :ト、: : :} i: : | ̄ ̄ ̄'‐┐┌‐'
.               {::::::\_从リ '    '''  /: :|: :/: : | :リ }: : : ノ: \    lニ  コ
               \:::::::::i: {      u i: : :|:/: : : |/イ: :/: : : : .ヽ     |__|
                `ヽ::| ∧  i⌒ヽ  |: : /: : : :/: : /-=ミ: : : : :}      ロロ/7
                    |:i ハ   ̄  {人.:′.: :厶イ::::::::::::::. ` くノ        //
                     jハ: : :ゝ ___ /: : :/ .::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
                       \i:ト、 | : : :イ : : ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       ヽ \{ヽ:jヘ:」 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           |::〈 /Y| ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          |:::::{ ノ」 ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`

平沢唯 ギックリ腰によりその後三週間入院=


4