唯「わ、わたしそういう冗談は無理なんだってば! あはは、ねえ澪ちゃん?」

澪「平沢さん、もう一度言うけど……軽音楽部は三人だけなんだ」

唯「嘘でしょ? ねえ、わたしなにか悪いことしたのかな? なら謝るから、ねえ澪ちゃん……」

律「唯! 澪怖がってるから、よしてくれないか」

唯「あっ……ご、ごめんなさい」

律「……えっとな。同じクラスだから唯のことはもちろん知ってる。だけど、お前は軽音部じゃないはずだ」

唯「りっちゃん……」

紬「平沢さん、私達いじわるで言ってるんじゃないの」

唯「嘘……そんな、だって、四月にも四人で頑張ろうねって言ったのに」

唯「みんな、わたしのこと忘れちゃったの?」

律「唯のこといじめようとしてるんじゃないよ。けど……」

唯「うん……うん、ごめんね、りっちゃん」

澪「……少し落ち着いてから話してくれればいいからね、平沢さん」

紬「じゃあ、よければお茶でもどうぞ♪」

唯「みんな……ありがとう」

唯(私のカップじゃない……お客さんのだ)

唯(なんで、なんでだろ)


梓「こんにちはー。すみません、今日掃除当番で。遅れちゃいました」

唯「えっ……だ、誰? わたしの知らない子も入ってるの?」

梓「え?」

唯「あの……は、初めまして。三年生の平沢唯です」

梓「なにいってるんですか、唯先輩。あれ……皆さん揃ってなんでそんな風に見るんですか」

澪「えっと……二年生の子? だ、誰かの知り合い?」

紬「え……私とは初対面よね?」

律「な、なんだよそれ。私も初めてだぞ」

梓「なんですかこれ。り、律先輩。面白くないですよ」

律「……なんか二人目が来ると私が間違ってる気がするな……」

梓「えっ……は? 二人目? どういうことですか、唯先輩と澪先輩、律先輩にムギ先輩。……それに私で、五人で放課後ティータイムでしょう」

紬「……まあまあ、あなたも落ち着いてからにしましょう。そこ、どうぞ」

梓「ムギせんぱ……そうですね、今は私が変みたいです。お邪魔します」

澪「……じゃあ、平沢さんの知ってる軽音部は私達と平沢さんで、中野さんの軽音部は私達と平沢さん、それと中野さんなのか」

律「わかりづれー」

澪「律は静かにしてなさい」

唯「梓……ちゃん? わたしも、放課後ティータイムっていう名前は覚えてるよ」

梓「えっ、本当ですか」

紬「今の三人の軽音部も、放課後ティータイムよ」

澪「それじゃやっぱり、私達が忘れちゃってるだけなのかな」

梓「……新歓とか文化祭とか、ライブはどうしたんですか?」

律「ジャズ研と合同でやった。ま、楽しかったよ。そのときも唯が『りっちゃんよかったよー』って言ってくれてたけど」

唯「……」

梓「……ごめんなさい、今日は帰らせていただきますね」

紬「あっ、遠慮してるとかそんなのならいいのよ」

梓「いえ、大丈夫です。ありがとうございます、ムギ先輩」

澪「なんかごめんな。またみんなでよく考えてみるから」

梓「はい、こちらこそすみません。……唯先輩は、どうしますか?」

唯「え……」

梓「……あ、唯先輩と私は初対面でしたよね。ごめんなさい、馴れ馴れしかったです」

唯「う、ううん。あの……わたしも今日は帰るね。みんなありがとう。梓ちゃん、よかったらわたしも……」

律「また来ていいからなー」

唯「……うん。ほんとにありがとう、りっちゃん」


帰り道

唯「……」

梓「……」

唯「……梓ちゃん、ごめんね」

梓「え?」

唯「梓ちゃんはわたしを覚えてくれてるのに、わたしは覚えてなくて。ごめんね。梓ちゃんが一番つらいよね」

梓「いえ……。……なんか、まだ少し疑ってるんです。皆さんの前では言えなかったんですけど、本当に私にいたずらしてるんじゃないかなって。信用できてないんですね、私」

唯「……」

梓「今も、何か吐き出したくて唯先輩と一緒に帰ろうとしたのかも。……ごめんなさい」

唯「梓ちゃん、今日謝ってばっかりだね」

梓「すみませ……あ、またですね。もう、なんか……あーあ」

唯「梓ちゃん?」

梓「……ごめんなさい、うちこっちなんで! 失礼します」

唯「あっ」

 梓ちゃんの家はそっちではない。気が、した。

……

梓(忘れるわけないじゃん)

梓(私、そんなに嫌われてたのかな)

梓(唯先輩のことも忘れたふりしてたのはなんでだろ。……どっちにしろ、唯先輩もグルなんだ)

梓(私は……私は、みんな好きだったのに)

梓(寂しいし、悲しいし……)

梓(なんだか、悔しい)

梓「うっ……ひっく」

梓(正面切って言ってこないほど、私って厄介なんだ。嫌われてるんだ)

梓「……あ、テレビ。今日は木曜日なんだっけ」

梓(木曜のドラマは確か澪先輩とムギ先輩が見てて……)

梓(……はは、もうその話もしないんだろうな)


……

澪「なあ。やっぱり、平沢さんも中野さんもうちにはいなかったよな」

律「私もだ……でもさ、本当に私達が忘れてるんだったら、二人ともかわいそうだよな」

澪「本当にって。平沢さんが遊んでるだけだと思うぞ。仲のいい律がいるから、ちょっと遊びに来たついでに」

紬「澪ちゃん、本当かどうかは私達が決めることじゃないわ」

澪「ムギまで。もしかして、二人も平沢さんと結託してるんじゃないのか? 私が信じるのを見物にしよう、なんて」

紬「澪ちゃん」

澪「律、お前が企んだんだろうけど。ムギに平沢さんに、それに一年生にまで付き合ってもらって、そこまでして私を陥れたかったのか」

律「おい、いい加減にしろよ! 少なくとも私はそんなことに加担してない。ムギも唯も中野さんも、違うに決まってる!」

澪「お前の素行が悪いから疑われるんだろ?」

律「は!? 人を疑うような奴にそんなこと言われる筋合い」

紬「りっちゃんお願い、やめて……」

律「ムギ……」

澪「……確かに、少し思い込みすぎではあったけど。でもさ、三人まとめて忘れるなんて……ありえないだろ」

紬「でも、唯ちゃん泣きそうだったわ。信じてあげても、何も悪いことはないでしょ」

澪「……」


二年教室

唯「あの、中野さんってどこのクラスですかー?」

生徒「このクラスです。梓ちゃーん」

唯「ありがとー」

梓「なにー? あっ、唯先輩……」

唯「あのね、今日部活どうしようかなって。梓ちゃんは? 行く?」

梓「あ……私は、今日は遠慮しようかなって」

唯「そっかぁ、じゃあわたしも一緒に帰る! いいかな?」

梓「えっ」

唯「あ……い、いや?」

梓(私とは昨日あったばっかりのはずなのに。やっぱり唯先輩、人懐っこいんだ)

梓(昨日の夜、疑ったりしたの……悪かったな)

梓「いいですよ。一緒に帰りましょう」

唯「ほんと? ありがとう、あずにゃん!」

梓「え?」

唯「ん? 梓ちゃん、わたしの顔なにかついてる?」

梓「あ……い、いえ」

梓(……やっぱり覚えてるのかな。みんなとグルで)


帰り道

唯「今日ね、りっちゃん普通に話しかけてくれたんだよ。ムギちゃんも! 澪ちゃんはちょっとよそよそしかったんだけど」

梓「そうなんですか。前から律先輩とは特に仲良しでしたからね」

唯「そうそう、梓ちゃんよく知ってるねー。だからね、今日は嬉しくなっちゃってちょっとだけテンション高いの!」

梓「唯先輩がテンション低い日なんてほとんどないでしょう」

唯「失礼な!」

梓「ふふふ」

唯「にしても、不思議だよね~。梓ちゃんとは昨日会ったばっかりのはずなのに、梓ちゃんとっても話しやすいな」

梓「私からしたらもっと話しやすいですよ。私は唯先輩のこと、もう知ってますから」

唯「あ、そうなんだっけ。へへ、嬉しいな~」

梓(……もしかして唯先輩、みんなと組んでないのかな。ああもう、わかんない……)

唯「昨日といえばね。なんかね、今日は木曜日でしょ? でも昨日水曜日だった感じがしないんだよねー」

梓「ああ、私も……え?」

唯「え? なあに?」

梓「……昨日、木曜日でしたよ」

唯「あ、やっぱりー? 梓ちゃんもそんな感じするんだ」

梓「違います! 本当なんですって、私昨日のテレビの内容も覚えてます」

唯「え~? じゃあわたしに教えてよ」

梓「私のこと馬鹿にしてますね? いいですよ、澪先輩とムギ先輩が見てるドラマなんですけど……」

梓「……で、その友人を殴ったところで今週は終わったんですよ」

唯「そっかそっかぁ」

梓「む……ネットで調べたとかじゃないですよ」

唯「え! ネットってそんなのが載ってるの!?」

梓「さあ……あ、あと。うろ覚えなんですけど、なんとか大臣が入院したとか、そんなことをニュースでいってました」

唯「うん、じゃあそれいってたら信じてあげる」

梓「ほんとですからね!」


平沢家

唯「もう少しで梓ちゃんが言ってたドラマだ、つけておこうっと」

キャスター「……臣が、入院していることが……」

唯「ん」

唯「これ……」


梓の家

梓「昨日とご飯も一緒だったし、やってるテレビも全部内容がわかってる……なんだろ」

梓(まさか、昨日が繰り返してるとか……)

梓(それはないか。多分街中でテレビの内容を聞いただけ)

梓(ご飯は……うん、お母さんの手抜きだよ)

梓(明日は金曜日。絶対そうだ)



唯「あ……梓ちゃん」

梓「唯先輩。おはようございます」

唯「ねえ、昨日話したこと覚えてる?」

梓「はい。……今日も木曜日みたいですね。テレビも携帯も時報も、みんなです」

唯「憂に昨日話したことも、今朝に聞いたら知らないって」

梓「私達だけなんでしょうか」

唯「なにが?」

梓「ループしたことに気づいてる人です」

唯「そうだね……けどね、わたしは梓ちゃんがいるから心強いよ!」

梓「何がですか……」

唯「でも……澪ちゃん達もわたし達のこと忘れてるし、変なことばっかり起きるね。明日はもう戻ってるかな」

梓(まだそれについて白を切るのか……)

梓(……もしかして唯先輩もなにも知らされてない、とか)

梓(それで唯先輩が私を忘れてるのは偶然……なんて、同じ部活の人間を忘れるのがそもそもないか)

梓「……もう、これ夢かなにかみたいですよね。現実だっていう感覚はあるんですけど」

唯「わたしはみんなが忘れちゃったときからそんな風に思ってたよー」

梓「……」

梓(……唯先輩、もしかして本当に覚えてないんじゃ……)

唯「わたしはそろそろ行くね。じゃあね、梓ちゃん」

梓「あ、はい」


放課後

唯「じゃあ、みんなわたしのこと忘れちゃったんだ」

澪「そうみたいだけど……なんだか平沢さん、ずいぶんあっさりしてるな」

唯「え? うん、まあちょっと寂しいけど」

梓(……今日も部活に来てみたけど、やっぱり覚えてないっていうみたい)

梓(さすがに昨日ほどのショックはないけど……少しだけ、うん)

梓「あの……じゃあ、今日はごめんなさい。唯先輩、私達は帰りましょう」

唯「えっ? あ、梓ちゃん待って」

バタン

律「どうしたんだろうな、唯」

唯「……今日もみんな、覚えてなかったね」

梓「……」

唯「梓ちゃん?」

梓「唯先輩。正直に答えてくださいね」

唯「う、うん」

梓「唯先輩は……本当に、私を覚えていないんですか」

唯「え? うん……あのときの、最初に澪ちゃん達が忘れてたところからしか……って、言い方が難しいけど。それしか、知らないよ」

梓「本当ですね」

唯「うん……」

梓「……ごめんなさい。私、先輩達を疑ってたんです」

唯「え」

梓「その、唯先輩と私が始めて会った日、ですか? ムギ先輩がお茶を入れてくれた日の帰り道、言いましたよね。いたずらで、忘れたふりしてるんじゃないかって」

唯「うん、覚えてるよ」

梓「少しだけ、唯先輩も疑ってたんです。……でも、ごめんなさい。これからは唯先輩のこと、信じますから」

唯「梓ちゃん……」

梓「だから……その、許してください」

唯「……もちろんだよ。いい子だね、あずにゃん」

梓(また、あずにゃんって)

梓(やっぱり、表面的には忘れてるけど。きっと、無意識に覚えてるんだ……)

梓(それならいつか思い出してもらえる、はず)


2