☆☆☆


梓「……」

唯「どうしたのー、ずっと空なんて見上げて。まだ星はみえないよー?」

梓「……」

唯「もうすぐお祭りいくから準備してねー」

梓「……また光った」

唯「え?」

梓「……あ、おまつりいくです」

唯「うん! 花火大会もあるんだよー!」

梓「テレビでみたやつです! この目でしかと確かめてやるです!」

唯「よし、じゃあ日が暮れる前にいこ?」

梓「はいです」

唯「あずにゃんとお祭りなんて嬉しいなー」

梓「私もよくわかってないけど嬉しいです!」


☆☆☆


唯「うわーすごい人!」

梓「すごいです! まるで戦場です!」

唯「あずにゃんあずにゃん! これがお祭りだよ!」

梓「おまつり! おまつりは戦争! 野蛮です!」

唯「ほら、あっちにたこ焼き、焼きそば、リンゴ飴もあるよ!!」

梓「いい匂いがするです! 全部食べるです! 調査するです!」

唯「えー、そんなに食べられないよー。えへへ」

梓「ところでこの人間の量はなんなんです! 排除するです!」

唯「だ、だめだよぉ。これが醍醐味なんだから」

梓「でも二人っきりって言ったです!」

唯「だから二人できてるじゃん」

梓「想像とちがったです! これは報告せざるを得ないです!」

唯「うーん、じゃあ二人でゆっくりできるとこさがそっか」


梓「んー、人が……唯先輩、手つないでほしいです」

梓「どこいったです」

唯「えっ、あっ、ちょ! あ、ごめんなさい……あれ?あずにゃん!」

唯「あずにゃ~ん! どこー?」



梓「あっという間にはぐれたです」

梓「……唯先輩どこいったです」

梓「……さっき買ったリンゴ飴も落としちゃったです」

梓「うぅ……唯先輩……」


 「唯のこと探してるの?」


梓「ん? だれです」


 「それより、先に少し話があるんだけどいいかしら?」

 「ヤッテヤルデス星の特佐さん」


梓「やっぱりお前だったですか……ええっと、ええっと」

和「真鍋和よ」

梓「! そうです! 薄々感づいてたです!」

和「そう……やっぱりあなたも勘がいいのね」

梓「ずっと唯先輩のまわりをうろちょろしてたのもしってるです!」

和「へぇ……やるじゃない」

梓「何が狙いです! 場合によっては排除するです!」

和「そんな物騒なこと言わないで頂戴」

梓「お前は何者です! 白状するです! さぁ早く!!」

和「……チェケラッチョイ」

梓「……は?」

和「しってるでしょ?」

梓「あ、あ……も、もしかして……!!!」

和「お察しのとおり。それであなたにコンタクトをとりにきたの」

梓「チェケラッチョイ星人です!!! はじめてみたです!!」

和「何星人だろうがどうでもいいわ。私はいまは地球人」

梓「どういうことです? ……あっ、そうか! 宇宙歴史の本で習ったです」

和「ええ。私の母星はもうずっと前になくなっちゃったの」

梓「お前……まさか」

和「ひどいわよね。ちょっと外へ調査にでてる間になにもかも宇宙の闇に消えているんだもの」

梓「……」

和「だからたまたま立ち寄ってたここへ永住することに決めたの。ま、過ごしやすくて良かったわ」

梓「なぜ唯先輩にまとわりつくです」

和「あら? それが先輩に対する口のききかた?」

梓「お前も……唯先輩をサンプルに選んだですか」

和「……そうよ。ま、あなたのようなやり方とは少し違うけどね。べったりは性分じゃないの」

梓「……」

和「それに、もうサンプルである必要はないしね」

梓「……」

和「だって……任務はとっくに終了したもの」

和「だから唯は友達。この星ではじめての……ね」

梓「和先輩……」

和「で、しんみりしにきたわけじゃないの」

梓「そ、そうです! 要件をきいてないです!」

和「もう信号は確認した?」

梓「したです! 衛星の裏側までこいと言われたです」

梓「でもおかしいです! 本国がこんなタイミングでわざわざ信号を送るはずないです」

梓「一体何があったというんです」

和「私の宇宙船から観測した情報だと」

梓「あ! さては、むったんを撃ち落としたのは和先輩でしたか! ひどいです!」

和「しかたないでしょ。悪い宇宙人をこの星に寄せ付けるわけにはいかないの。」

梓「この星のために戦ったんですか? てか私は悪い宇宙人じゃないです!」

和「誤射よ。悪かったわ。それより聞きなさい!」

梓「は、はいです!」

和「あなたに信号を送ってきたのは辺境制圧連合艦隊よ」

梓「……え!?」

和「最悪ね……だから私は身分をばらしてまであなたにコンタクトをとりにきたの」

梓「ど、どういうことです!」

和「さぁ? お国の戦争事情はあなたのほうがずっと詳しいでしょ?」

梓「ま、まさか……本国で……戦争……?」

和「ありうるわ。そのための植民星の急ごしらえ。話としてはありがちね」

梓「だ、だめです! それだけは!!!」

和「けど、特佐のあなたがココにいなかったら、きっと事前勧告もなしに制圧されてたわ」

梓「そ、それで……制圧戦争をしかけるから私に地球から離れろっていうんですか? 巻き込まれたらだめだから!?」

和「もしくは、指揮をとらされるわね」

梓「そ、そんな……私が……地球を? 唯先輩たちを……?」

和「なんにせよ彼らの横暴さは私の耳にも届いているわ」

梓「いやです……なんとかしなきゃ……」

和「ごめんなさい……伝えないほうが良かったかもしれないわね」

梓「このままじゃ地球のみんなが……!! 唯先輩がっ!!!」



唯「あー、あずにゃんこんなとこにいたー」

梓「あっ……」

唯「探したよー、よかったー。あ、和ちゃんもいたんだ!」

和「唯……」

梓「唯先輩……」

唯「おやおやー? どうしたの泣きそうな顔して」

唯「はぐれて怖かったー? あ、もしかして転んじゃった? あずにゃん大丈夫?」

梓「唯先輩……私、わたし……」

唯「ん、ちょっと待って。えっといまは6時ごじゅう……ふふふ」

梓「?」

唯「……5、4、3、2」

梓「?」

唯「1! どーん!」


梓「あっ……」


和「花火……そっか」

唯「わーキレーだねー」

梓「……」

唯「あずにゃ~ん! ほらほらー花火だよー調査しなきゃー」

梓「……」

唯「私の顔より花火みなさい!」

梓「……綺麗」

唯「でしょ! あずにゃんに見せたかったんだ! わーい、たーまやー」


梓「……綺麗です、とっても」


梓「……唯先輩」

唯「ほえ?」

梓「ありがとうございました」

唯「え? いやいやーこんなのでお礼言われちゃってもー」

梓「……ありがとうございました。楽しかったです」

唯「え? あずにゃん!?」

和「いくのね」

梓「私がどうなったとしても、絶対に彼らをとめます」

唯「ほえ?」

和「無理しなくてもいいのよ」

梓「でも、私は調査隊特佐です。やるべきことは決まっています。こんなの許せない」

和「……そう、悲しいわ」

唯「あずにゃん……普通にしゃべってる……あれ?」

梓「むったんが、近くにいるから」

唯「え?」

梓「さようなら。唯先輩」

唯「え? もうおうちかえるの? まだたこ焼きも焼きそばもたべてないけど……」

梓「……ッ」ダダッ

唯「あ、ちょっ! あずにゃーん! どこいくの!」  

梓(さようなら。さようならっ!!)

梓「……ハァ、ハァ」

梓「ここまでくれば……」

梓「むったん!」

 『ここにいます。不可視モード解除』

梓「大気圏外にでる。念のため火器管制システムをマニュアルへ以降」

 『了解』

梓「……ッ! さよならっ!!」


 「待ってあずにゃん!」


梓「え!!? どうして!? どうしてついてきたんです!!」

唯「あずにゃん……だめだよ、行っちゃ」

梓「……」

唯「いっちゃヤダって言ったじゃん……ひっぐ」

梓「……」

唯「宇宙人でもいいよ。あずにゃんが何だってかまわない……だから……お願い……ひっぐ、グス」

唯「行かないで……」

梓「唯先輩……」

唯「あずにゃん!」 ギュウ

梓「……」

唯「あったかあったかいっぱいしてあげる! 好きなものなんでも買ってあげるよ! わがままも言わないよ! だからっ!!」

梓「……」

唯「お願いだよぉ……あずにゃん……うう、うう、大好き、だか、ら……うぅうううう」

梓「……ごめんなさい」

唯「うわあああああああっ!!」

梓「……泣かないで」ナデナデ

唯「うわあああん、ああああっ!」

梓「……唯先輩。大好きを……ありがとです。ありがと。 ……私も唯先輩のこと、大好きです」

チュ

唯「あっ……」

梓「むったん! 航行準備! バランサー各部チェック。反重力デバイサー起動。それと、本国へ11番砲の使用申請を」


 『離陸します。梓様、準備はよろしいですね?』

梓「うん。離陸して。もう時間がない」


ゴゴゴゴゴ!


唯「あず、あ……」

唯「あずにゃああああああああん!!!」


キィーン


唯「うわっ!!」


ヴィーン ヒュンッ――――――――――


唯「あ……消え……あっ……まって……ああっ」

唯「うわあああああああああああああああ!!!」

唯「あずにゃあああああんあずにゃあああああん!!」

唯「うわあああああああああああああああああああ!!!」


……

和(いってらっしゃい……がんばってね)

澪「あ、おーい和! 和も来てたのか」

和「あら、みんなお揃いで」

律「なあなあ和! 今の花火みたか!?」

紬「うんうん、すっごい高いところまであがっていったのよ!!」

澪「でも結局開かなかったな……」

律「あんだけ高く飛んだんだ! きっとすんげー綺麗な花火だったんだろうな!」

澪「……そうだといいな!」

紬「たーまやー」


8