☆☆☆


梓「え、これだけですか……?」

唯「うち朝はパン食なんだ~」

憂「ごめんねー」

梓「この四角い物体はどうやってたべるです」

唯「こうやってかじりつくんだよ」モグモグ

梓「……」ガブッ

梓「……んぐんぐ」

梓「……んまいです」

唯「ジャムをぬるともっとおいしいよー。はい、ぬったげるー」

梓「おおう、この宝石みたいな色の物体を食べるんですか」

唯「甘いよー」

梓「もぐもぐ……ん、甘いです」

唯「あーもう、口のまわりべたべたにしてー」フキフキ

梓「気が利くです。普段はカプセル剤やドリンク剤が多いから慣れないもんです」

唯「へー、なんだか質素な食事なんだねー」

憂(一体どこの国出身なんだろう……)

梓「さて、早速調査にでかけるです! ってあれ」

梓「なにバタバタしてるです」

唯「あずにゃん、学校だよ学校!」

梓「?」

唯「学校いかなきゃ! あ、もしかして学校すら忘れちゃったの?」

梓「わからないです。ならばそれも調査対象です! ヤッテヤルデス!」

唯「いいから早く着替えて! 遅刻しちゃうよ!」

憂「お姉ちゃん! 私日直だから先にいくね!」ドタドタ

梓「むぅ……なんだか慌ただしいです。戦闘でもはじまるんですか?」

唯「あずにゃん制服は? どこいったの?」

梓「あ、スキンチェンジしてくるです」

唯「早くしてね! まってるから」


梓「待たせたです」

唯「ほら、かばん……は無いか。いくよ!」

バタン

唯「ひー急げー」パタパタ

梓「……なぜ走るです!」

唯「遅刻したら怒られちゃうんだよー」

梓「ユイを怒るやつなんて私が排除してやるです」

梓「貴重なサンプルになにかあったら困るです」

唯「そういえばあずにゃんって!」

梓「なんです」

唯「何年何組? リボンの色は私とおんなじだから同学年なの?」

唯「でもあずにゃんみたいな子いたかなぁ。あ! もしかして転入生だったり?」

梓「わけわからないことばっかりいうなです! 私の所属は第11銀河連合ヤッテヤルデス星―――」

唯「あーもう! それはわかったから~、とにかく教室行く前に職員室に寄ろうね!」


☆☆☆


唯「え? 籍なんてない?」

さわ子「うん……そうだけど、一体どこの子なの?」

梓「……」

唯「でもウチの制服……」

さわ子「ねぇあなた、桜高の子?」

梓「……私は第11――」

唯「わーストップストップ!」

梓「なんなんです」

さわ子「なによ、言わなきゃわからないわよ」

唯「この子ちょっと記憶が……あはは」

さわ子「とにかく外部の子をいつまでも校内には……」

唯「じゃ、じゃあさ! 見学! 一日学校見学ってことでどう!」

さわ子「うーん……ちょっと教頭先生にきいてくるわね」

梓「……調査できないですか?」

唯「うーん……ごめんね。いまさわちゃんが聞きに行ってるけど」

梓「あの地球人が任務の邪魔をするなら排除もやむを得ないです」

唯「ぶ、物騒なことはだめだよお!」

梓「どうしてです。障害は取り除く、それがヤッテヤルデス星人の主義です」

唯「いくらあずにゃんでもそんな悪いことしたら嫌いになっちゃうからね!」

梓「え?」

唯「……だめだよ、痛いのはみんな嫌いなの」

梓「……わかったです。ユイに嫌われるのはなぜかダメな気がするです」

梓「おとなしく引き下がるです。それが得策です」

唯「ごめんね……いい子いい子」ナデナデ

梓「ふぁ……ふにゃあ……あ、ば、馬鹿にするなです。ヤッテヤルデス星人は柔軟な思考をもっているです」

梓「どんなアクシデントもヒョイと乗り越えるです。みてろです!」

唯「ふふ、あずにゃん可愛い」

梓「……むぅ」

さわ子「あ、ふたりとも」

唯「さわちゃん、どうだった」

さわ子「それが一日体験入学ならかまわないって」

唯「え! ほんとに!?」

さわ子「そのまま入学してくれるとありがたいなって笑いながら言ってたわ」

さわ子「生徒にこんな話擦るのもどうかと思うけど、いまの不況一人でも生徒が増えると学校側も儲かるから」

梓「なるほど、この星の人間はずいぶんと打算的な考えで生きているようです」

梓「これは報告対象です」

唯「よかったねあずにゃん! 一緒にいられるよ!」

梓「調査ができるなら喜ばしい限りです」

唯「ちょっと遅刻しちゃったけど早速私のクラスにおいでよ! みんなに紹介するよ!」

梓「みんな? そういえば同じ格好をした人間がたくさんいたです!」

唯「だって学校だもん!」

梓「不思議なところです」


☆☆☆


律「おい、にゃーって言ってみ、にゃーって」

梓「……にゃー」

紬「かわいい~~」

梓「全く、おかしなやつらです。この変な頭飾りは報告対象です」

唯「やっぱりあずにゃんって名付けた私のセンスに狂いはなかったね!!」

澪「ところで、唯の友達なんだよな?」

唯「友達っていうかなんていうか」

梓「調査対象です」

律「ずいぶんちっこいけど来年入ってくる中学生か?」

梓「……特佐です」

紬「ねぇ、あずさちゃんは何歳なの?」

梓「え? うーんと……うまれてかれこれ16万年くらいです」

唯「へーあずにゃんって16歳なんだー。憂と一緒の歳だね」

梓「この星の人間も長生きなんですね」

唯「ってことは私が先輩だー」

梓「……」

唯「唯先輩って呼んでみて! 私後輩ほしかったんだー!」

梓「……ユイ先輩」

唯「おおーう! なんだかほんとに先輩になった気分だよ!」

梓「こんなので喜ぶなんておかしな人間です」


和「あら?」

唯「あ、和ちゃ~ん!」

梓「……」

和「……その子は?」

唯「あずにゃんだよ! いま体験入学中なの!」

和「そう、よろしくね。私真鍋和よ」

梓「よろしくです。早速調査サンプルにくわえてやるです」

和「調査サンプル?」

唯「な、なんでもないよ! あまり触れないであげて」

梓「?」

唯「あずにゃんもあんまり人前でおかしなこといっちゃだめだよ」ボソッ

梓「わかったです。この星の人間になりきればいいんですね」

唯「そうそう。って星単位じゃまだばらつきはあるけどね」

梓「とりあえず合わせてみるです。偽装工作は得意です」

唯「それで頼むよ」

和「唯……なんかその子、怪しいわね」

唯「えっ!? どのへんが!?」

梓「……」

和「ほんとに体験入学?」

梓「……そうです」

和「まぁいいわ。騒がしい学校だけど、ゆっくりしていって」

梓「どもです」

梓「ユイ先輩」

唯「なーに、あずにゃん」

梓「あの和という人間、注意です」

唯「え? 和ちゃんがどうして。幼なじみだけどずっと仲いいし、とっても頼りになるしいい子だよ?」

梓「別にそういう意味じゃないです」

梓「ただ、ちょっとスペックが高そうですぐれたサンプルになりそうな……」

唯「それでどうして注意なの?」

梓「わからないですけど、あの人間の前でヘマするととんでもないことになりそうです」

唯「あぁ~、確かに和ちゃんは勘がするどいところがあるからねー」

唯「あずにゃんが、う、宇宙人ってことがばれちゃうかもね、あはははっ!」

梓「なんで笑うです」

唯「だって、宇宙人って、あははは、こんな可愛い宇宙人って、クスクス」

梓「……笑うなです! ヤッテヤルデス星人をなめるなです!」

唯「おお、怖い怖い。あはは、ヤッテヤルデス星人は超つよいもんね~? あははははっ」

梓「……むぅ、野蛮人のくせに生意気です……ぷっ、クスクス」


☆☆☆


唯「やぁ~っと放課後だー」

澪「やっぱり短縮授業だとはやいなー」

律「よーし! これから遊びまくるぜぃ」

澪「だめ、勉強だ」

律「ぶー、いいじゃんかー夏休みはちゃんと勉強するしー」

唯「わーい夏休みだー!」

紬「梓ちゃん、今日一日どうだった?」

梓「ふむ、そうですね。なかなか面白い調査だったです」

律「例えば例えば!?」

梓「この星の教員はカプセル装置以上の催眠効果をもたらす呪文を唱えるです」

梓「それと、この星のミンミンミンミンという声がうるさいです」

律「あはははっなんだそれー」

澪「梓、ずいぶん変わった子だな……」

梓「そうでもないです。いまちょっと翻訳がおかしくてアレな感じですけど」

澪「翻訳? あ、もしかして外国人さんなのか?」

紬「どうりでカタコトだと思ったわ」

律「へー、どこ出身? ボンジュール? ニーハオ?」

梓「えっと、私はヤッテヤ――――」

唯「ストーっプ!」

梓「またですか」

唯「さぁ、部活いこう部活! あずにゃん、私たちの演奏きいてみてよ」

梓「えんそう?」

律「そうだな、もし入学するならぜひウチのけいおんぶへ!」

澪「歓迎するよ」

紬「5人になったらどんなハーモニーになるのかしら~。たのしみ~」

唯「もー、みんな気が早いよ~」

梓「けいおんぶ……ふむ、調査のしがいがありそうです。ヤッテヤルデス!」


☆☆☆


唯「ここが部室だよ! あ、お茶のんでケーキ食べるところね」

澪「っておい! 練習するところだ!!」

律「梓も食べるか? ムギの紅茶とケーキはおいしいぞー」

紬「遠慮しないでたべていってねー」

梓「遠慮する気なんてさらさらないです。おいしいものはかたっぱしから食べてやるです」

唯「あ、あずにゃん……それはちょっとがめついよ」

梓「むむ、これが……こうちゃですか」

律「残念、それはケーキだ。バナナケーキ。うまいぞー」

梓「じゃあこっちのよくわからない液体がこうちゃ……ふむ! ヤッテヤルデス!」

澪「すごい意気込みようだな。お茶するだけなのに……」

唯「あずにゃんはなんにでも興味しんしんなんです!」

紬「なんだかこういうのも新鮮ね。微笑ましいわ~」

澪「ほんとに何も知らないんだな……どこ出身なんだろう……」

梓「もぐもぐ、昨日一日で食器のつかいかたは覚えたから余裕です」

梓「ふにゃあああ、うまいです! びっくりです! もぐもぐもぐもぐ」

唯「あずにゃん……がっつかないで……もっと上品にたべようよ」

律「唯がそれを言う日がくるとは」

梓「ふぅ、さてこのこうちゃとやらは」グビッ

梓「ぎにゃああああああああああ!!!」

唯「ど、どうしたの!?」

澪「あぁ、ゆ、ゆっくりのまないと……」

梓「あひゅっ、あひゅう、あついです」

唯「そりゃそうだよ……どうして考えなしに飲んじゃうの」

梓「わからないです。けどすぐ飛びついてしまうのは私たちの性なんです」

唯「ふーふーしてあげるね。ふーふー」

梓「……」

唯「はい、どうぞ」

梓「んぐんぐ……うまいです! ちょっと苦いけどその苦さがたまらなく癖になるです!」

紬「さて、みんなもう食べ終わったことだし」

律「帰るぞー!」

澪「ちがうだろ! 梓に演奏きかせてやるんだ!」

律「うへーただのギャグだってば……澪しゃん怖い」

梓「ミオ先輩は怒ると怖い、これは報告対象です」

澪「どこに報告するんだっ!」

唯「……よし! ギー太の準備完了!」

紬「唯ちゃんやる気まんまんね!」

唯「うん! ヤッテヤルデス!」

梓「……」

唯「ってのが掛け声なんでしょ?」

梓「……まぁ別につかってもいいですけど」

律「よーし! まずはふわふわからだ!」

澪「梓はそこに座ってきいてくれ」

唯「いっきま~っす!」ジャカジャカ――――


♪♪♪


ジャジャン! ジャジャン! ジャーン……


唯「……ふぅ」

澪「……なかなか合ってたな」

律「梓! どうだった!」

紬「ぜひ感想をきかせてほしいかも!」

梓「……」

唯「あずにゃん?」

梓「……報告するです報告するです報告するです」

澪「ど、どうした?」

梓「報告するです報告報告報告するですするですするです報告」

律「おいっ! なんだなんだ」

梓「ふにゃああああああああああああああ!!!」

紬「えっ!?」


4