1. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/22(火) 23:42:48.21 ID:hUWTjWFA0
唯「今までほんとにありがとね、憂」

憂「うん……お姉ちゃん、元気でね」

唯「憂もね。私、ぜったいちゃんとやっていくから」

憂「うん」

唯「ういがいなくても、ちゃんと一人で……」

憂「うん」

唯「ひと、りで………」

憂「お姉ちゃん?」

唯「いやだ」

憂「え……」
5. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/22(火) 23:44:51.85 ID:hUWTjWFA0
唯「やだよ……憂がいなきゃいやだよお!」

憂「おねえちゃん、わがまま言わないで」

唯「ひっぐ、憂がいなきゃやだやだやだやだうええええええええ」

憂「……そんなこと言ったら、私だって」

憂「私だってお姉ちゃんがいなきゃいやだよおおおおお」

唯「ういいいいいいいいいい」

憂「お姉ちゃん!」ダキッ


和「下駄箱でいつまでも馬鹿やってないで自分の教室にいきなさい、ばか姉妹!」

8. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/22(火) 23:49:52.36 ID:hUWTjWFA0
唯「ごろごろー」

唯「ごろごろー」

唯「ごろごろー」

唯「ごろごろー」

憂「お姉ちゃん、そんなところでごろごろしてたらお洋服にほこりがつくよ?」

唯「ういー」

憂「なあに?」

唯「おトイレ行きたいよお」

憂「行っといで。(あっ、しまった、今の『行っトイレ』みたいに聞こえちゃったかも)」
12. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/22(火) 23:54:52.92 ID:hUWTjWFA0
唯「めんどくさい!」

憂「でも我慢するとからだに悪いよ?」

唯「トイレまで行きたくないよお」

憂「うーん……あっ、そうだ私が代わりに行ってあげるよ!」

唯「憂、気持ちはありがたいんだけど……」

憂「お姉ちゃんのためならなんでもできるよ」にこにこ

唯「憂が行っても意味ないというか…ひょっとして憂はばかなの?」

憂「大丈夫、ちゃんと作戦があるの」

唯「やっぱり憂は頼りになるよー」

憂「あのね、まず私がここでお姉ちゃんのおしっこを飲むでしょ」

唯「ばか!」

14. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:05:15.56 ID:520/tLWo0
憂「ねえねえ、梓ちゃん、純ちゃん!」

梓「はい、なんですか」

憂「昨日ね、お姉ちゃんがね!」

純「はいはい」

憂「私のことぎゅーっ、って抱きしめてね、ぎゅーって!」

梓「うんうん」

憂「それでね、私のこと……私のこと大好きだって!きゃっ!」

純「うん、それさっきも聞いた」

梓「昨日も同じようなこと聞いた」

純「ていうか毎日だよね」

憂「それでね、私もお姉ちゃんのこと大好きだよ!って、そしたらお姉ちゃんが」

純「聞いちゃいねえ」
16. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:13:51.92 ID:520/tLWo0
梓「もう、姉妹で仲良しはいいけどさあ。そんなにお姉ちゃんのこと大好きでどうするのさ、憂」

憂「どうするのって……残念ながら女の子同士では子どもはつくれないんだよ。何言ってるの梓ちゃん」

純「お前が何言ってるんだ」

梓「じゃなくって、いつまでもお姉ちゃんといっしょにいられるわけじゃないでしょ」

憂「え……」

梓「唯先輩だっていつかひとり暮らしするだろうし、そうしたら」

純「ちょ、ちょっと梓」

憂「ひっぐ……ぐすっ」

梓「あ」

憂「うわあああああああん!やだやだやだあ!」

梓「ご、ごめん憂!あやまるから泣かないで!」
17. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:17:25.54 ID:520/tLWo0
<ダーレダー……ダーレダー……!

純「遠くから聴こえるこの声は……」

ガチャ  バタン!

唯「ういを泣かすのはだーれだー!!」

純「うわあ!なまはげ、じゃなかった憂のお姉ちゃん!」

憂「おねえちゃあん、うえええええん!」ぎゅー

梓「やったのは純です!」

純「おい貴様!あんたと私は、仲間じゃなかったんで……」

唯「純ちゃん。めっ!!!」

純「えっ」

憂「……ひっく、……まいったか!」

純「な、なにが!?」
19. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:31:19.46 ID:520/tLWo0
律「お昼休みだぞ、いえーい」

唯「いえーい!」ぱしん

紬「いえーい!唯ちゃんは元気ねー」

澪「ついさっきまで寝てたのにな」

唯「だって憂のお弁当が食べられるんだよー、寝てるわけにはいかないよお」

澪「それがなかったら放課後まで寝てるんだな」

唯「さーて、今日のお弁当はなにかな〜。………あ、グリンピース」

律「なんだあ、唯、グリンピース嫌いなのか?」

唯「うん……」せっせ

澪「おい、私のお弁当に無言でグリンピースを運ぶな」

唯「憂って時々グリンピース使うんだよね……昨日の夕飯も今日の朝もグリンピースだったし。なんで?」せっせ

律「グリンピースがたまたま安かったんじゃねーの」

唯「そうかあ」せっせ

澪「おいきさま」

唯「今晩もグリンピースかなあ」せっせ
20. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:41:41.96 ID:520/tLWo0
純「……憂のお弁当すごいね」

梓「うわっ、緑色!」

憂「ちょっとグリンピース買い過ぎちゃって」

純「もう、それ既にリビアの国旗みたいじゃん。どうしてこんなことに?」

憂「実はお姉ちゃんのことなんだけどね」

純「わかった。よく分かんないけど、なんか分かったからもういいよ言わなくて」

憂「うちのお姉ちゃん、グリンピースがあまり好きじゃないんだ」

梓「聞いちゃいねえ」
21. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:42:28.02 ID:520/tLWo0
憂「それでね、夕御飯の時とかに私がグリンピースのおかず作ってだすとね、

  私がよそ向いてる間にお箸で私のお皿に自分のグリンピースを乗っけてるの!」

梓「うん」

憂「だから私ついついグリンピースのおかずを出したくなっちゃうんだ」

純「……なんで?」

憂「お姉ちゃんのお箸は、さっきまでお姉ちゃんが口にくわえてたお箸なんだよ?」

純「うん。それが?」

憂「はあ……こんなこと純ちゃんに言っても無駄だったか……」

純「わたしもためいきつきたい」


22. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:52:08.52 ID:520/tLWo0
唯「えへへー、あずにゃーん」

梓「ナズェミテルンデス」

唯「あずにゃんってかわいいねえ」

梓「なんですか藪から棒に」

憂「お姉ちゃんもかわいいよ!」

唯「もちろん憂もかわいいよお」

憂「お、お姉ちゃん……」てれてれ

唯「ういー」てれてれ

律「うるわしい姉妹愛ですこと」

澪「うん、そうだな。なぜ憂ちゃんが部室にいるのかがすごく気になるけど」
24. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 00:58:18.37 ID:520/tLWo0
憂「なに言ってるんですか澪さん、ここにはお姉ちゃんがいるんですよ?

  私が存在する理由なんてそれだけで充分じゃないですか」

澪「ここ部室なんだけど」

律「諦めろ。たぶん何を言っても無駄だ、澪」

梓「そうですよ澪」

澪「おい貴様」

紬「あの、実は、ケーキ五人分しか用意してなくて……」

憂「大丈夫です、私はお姉ちゃんさえいればかすみでも食べて生きてますから!」

律「なにもそんなにへりくだらなくても」

澪「へりくだってるのか、これは」
26. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 01:03:57.73 ID:520/tLWo0
唯「しょうがない、ここは私が人肌脱ぐよ!」

憂「お姉ちゃん?」

唯「澪ちゃん、じゃんけんしよ!」

澪「なんでだよ」

唯「私か澪ちゃん、負けた方が憂にケーキをあげるのです」

澪「なんでだよ」

唯「皆からケーキを取っちゃうわけにはいかないし、私は憂のためならケーキがなくても平気だから……

  だからじゃんけんしよ、澪ちゃん」

澪「だからなんでだよ」

憂「お姉ちゃん……」

紬「憂ちゃんったら感動のあまり泣いてるわ」

澪「だからなんでなんだよ」

律「ここはもう従った方がよさそうだぞ、澪」

梓「そうですよ、澪」

澪「なんでだ!」
29. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 01:22:24.12 ID:520/tLWo0
唯「あ、和ちゃーん!」

憂「和ちゃーん!」

和「あら、憂に唯」

唯「えへへ、一緒にかえろー」

憂「帰ろう、和ちゃん」

和「相変わらず仲良いわねえ」

唯「そうだよお」

憂「いつも一緒だもんね、お風呂も一緒、トイレも一緒!」

和「うん」スタスタ

唯「ほんとはトイレについてくるのはやめてほしいんだあ」

和「そうね」スタスタ


律「……和ってなんかすごいな」

梓「完全に慣れてますね」
30. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 01:31:23.49 ID:520/tLWo0
和「はあ……まあトイレ一緒はいいんだけど」

澪「いいのか」

和「あなたたち、いつまでも姉妹一緒にいられるわけじゃないのよ。わかってる?」

憂「(……こないだ梓ちゃんにも同じこと言われた)」

唯「うう、和ちゃんどうしてそんなかなしいこと言うのっ!」

和「だって事実だもの、仕方ないじゃない」

唯「そんなことないもん!」

梓「唯先輩、そこはウソダドンドコ……」

澪「真剣なシーンだから黙っていような」

梓「ごめん、澪」

澪「ついに敬語が消えた!」
33. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23(水) 01:38:37.22 ID:520/tLWo0
和「唯だってほんとはわかってるんでしょ」

唯「そんな、そんな……」

憂「おねえちゃあん……」ウルッ

唯「和ちゃん、めっ!」

和「…………めっ返し」

唯「ひいっ」

憂「うわああん!」

紬「い、今のが伝説のめっ返し……!」

澪「急に何を言いだしたんだムギ」

和「無様ね……その時が来たらどうするのか、宿題にしとくからよく考えておきなさい」スタスタ

唯「うええええん!」


律「和、行っちゃったな」

澪「ああ、和の家あっちじゃないけどな」

和「…………道を間違えたわ」

澪「…………。」


2