……

憂「それじゃあまた明日ね」ニコ

梓「う、うん」チラリ

唯「今日じゃないとヤダ……」

憂「そんなこと言っちゃうと梓ちゃん困っちゃうよ」

梓「ぁ……えっと」

唯「あずにゃぁん……」ポロポロ

梓「…………」ゴクリ

梓「……もーしょうがないですねぇ唯先輩はっ」

唯「あずにゃん!」

梓「今日くらいつきあってあげますよ」

唯「わぁーーーーい!あずにゃん大好きっ!」ギュッ!

梓「ちょっ?!ここ玄関ですよ!!」

憂「ふふ……梓ちゃん照れてる」

梓「照れてなーーーーい!」

……

唯「憂のご飯は絶品だよ~」

梓「知ってますよ」

憂「いっぱいあるから、おかわりどんどんしてね」

梓(こんなにも食べれないよ……)

梓(でも、ふたりの笑顔がまぶしい)

梓「いただきます」

唯「あずにゃんこれ美味しいよ~」

梓「はい、食べてます」

憂「デザートにバナナケーキあるからね」

梓「…………ヤッタ!」

唯「美味しいね~」モグモグ

梓「はい」モグモグ

憂「よかった」ニコニコ

…………

唯「お腹いっぱいだねぇあずにゃん」ゴロン

梓「はい、たくさん食べました」

梓「それより唯先輩、食べてすぐ寝転がると体に悪いですよ」

唯「だいじょうぶだよ~、あずにゃんも寝転がってみて」グイグイ

梓「あ、引っ張らないで――」


…ぽす

唯「おぉ!あずにゃん自ら抱きついて来てくれるなんて……!感激!!」ギュー

梓「あわわ……ゆ、唯先輩が引っ張ったからですよ!」

唯「いいのいいのー」

梓「何がいいのかわかりませんが、離してくださいよ」

唯「いーやーだー!」ギュー

梓「ちょっ…………もう……」フフ

唯「あずにゃんにこう抱きついてるとね、なんかいい香りがするんだぁ」

梓「唯先輩は…………バナナケーキのにおいがします」

唯「ばなな?!」

梓「あ、し、失礼しました……」

唯「わーい!私あずにゃんの好きなにおいだ!!」

梓(さっき食べたからそうなんですけどね)

梓(もう、そんなにはしゃいじゃって)

唯「ばなな~バナナ~バナナケーキ~~」

梓「唯先輩……いつまでこの姿勢ですか?」

唯「ん~~いつまでがいいかな?ずっとでもいいけど」ニコ

梓「わたし、身動きできないじゃないですか。唯先輩だって」

唯「え~こうやってると気持ちいいからいいじゃん」ギュッ

梓「いつまでもこうやってるわけにはいきませんよ」

唯「えーーしたい!ずーーっとしたい!!」

梓「もう……わがままですね唯先輩は……」

唯「いたいーーいたいのーー!!」

梓「えとえと」オロオロ

憂「どうしたのお姉ちゃん?お風呂沸いてるよ??」

唯「ホント?」ガバッ!

梓「にゃ!」ゴロン

唯「あずにゃん一緒に入ろう!今入ろう!すぐ入ろう!」グイ

憂「タオル用意してあるからね~」

……

唯「あずにゃんお湯かけるよ~」

梓「は、はい」

ザバー

梓「」プルプル

唯「ひゃっ」

梓「あ、すいません」

唯「いいのいいの」ナデナデ

唯「猫の体洗うときもプルプルふるえるもんね」ニコ

梓「はぁ」

梓(猫の日はまだ続いてたんだ)


ザバーザバー…

唯「は~ごくらくごくらく」ノンビリ

梓「」ブクブク

唯「あずにゃん、湯加減はいかが?」

梓「ピッタリです、ごくらくごくらくです」

唯「いいねいいね」ニコ

梓「はい」ニコ

……

唯「こころもからだもぽっかぽか」ホクホク

梓「お風呂はやっぱりいいですね」

唯「きもちよかったねーー」

梓「はい」

憂「飲み物ここにおいておくね~」

唯「ほーい。あずにゃんお風呂上りの一気飲みだよ!」

梓「のぞむところです!」

唯「ごくんごくんごくん」

梓「ごくんごくんごくん」

唯「ぷはぁーー!うんまい!」

梓「ごくん……けほ……ぷはぁ……」

梓「ゆ、唯先輩速いですね……」

唯「一気飲みぐらいできなきゃ女子高校生はつとまらないぜ!」

梓「女子高校生として如何なものと思いますが、唯先輩らしいです」

唯「あずにゃん負けたから×ゲームね!」

梓「ちょっ?!聞いてませんよ!」

唯「ダーーメ!」

唯「あずにゃんは私と一緒に寝る×だよ!!」

梓「そんなこと…………!!」

梓「あれ?」

唯「これは絶対だから!」

梓(い、いつもと変わらない気がする……!)

梓「ば、×ゲームじゃあしかたないですね……」

唯「ね?憂がお風呂上がったら寝よう!」

梓「はい」エヘ


ブオオオオ…

唯「あついところはございませんか~?」

梓「ありません~」

唯「えへへ~」サッサッ

梓(気持ちイイ……)

唯「髪の毛サラサラ~」

唯「こんなけ長いと人形みたいだね」

梓「よく言われます」

唯「可愛いー」ギュッ

梓「ふぁぁぁ……」

……

憂「ふたりともお待たせ」

唯「えへへ、全然待ってないよ~あずにゃんと遊んでたから」

梓「うんうん」

憂「もうそろそろ寝る??」

唯「寝るのもったいない……」

梓「寝ないと、いろいろとつかれますよ」

唯「明日になるのヤダ……」

梓「ほっといても明日は来ます」

唯「今日が続いて欲しいなぁ」

梓「何故ですか?」

唯「だって猫の日だよ」

唯「あずにゃんがニャーニャー言わなくなっちゃうもん……!」

唯「そんなのダメだよ……」

梓(そんな理由ですか……)フー

唯「ああんーー……」メソメソ…

梓「……」

梓「…………」コホン

梓「に、ニャーー……」

唯「!!」

梓「ゆ、唯せんぱい。げ、元気だしてくださいニャー……」カァァ…

唯「……!!!」プルプル

梓(は、恥ずかしい……憂がガン見してるし……超笑顔で)

唯「あずにゃーーーん!!!」

ぎゅうううううぅぅぅ~~……

梓「ニャーーーー!」

憂「えへへ」ニコニコ

唯「元気出たよ~百パーセントでたよおおぉぉぉ……!!」

梓「よ、よかったですね」

憂「ふふっ。じゃあ梓ちゃん、後はよろしくね」ニコ

梓「ふぇ?後って??」

唯「あずにゃんーーー」ギュギュー

梓「ふぁぁぁぁ……!」ポワワン…

……

唯「あず……にゃ……」スヤスヤ

梓(とうとう寝ちゃったかあ)

梓(あれからいっぱいお話しましたね)

梓(唯先輩ったら、本当に子どもみたいですね)クス

つん ぷにぷに

唯「うぅ~……」

梓「ふふっ」


唯『あずにゃんは猫みたいで可愛い!』


梓(それはこっちのセリフですよ)

梓(猫みたいに寂しがりやで甘えてくる唯先輩こそ猫そっくりです)

梓(なんとなくほっとけません)

唯「にゃん……ぃ……ってぇ」ネムネム…

梓「……はいはい」

梓「唯先輩のためなら……いいですよ」コホン

梓「にゃんにゃんにゃん」

梓「あずにゃんですよ~」

梓(……自分で言ってて恥ずかしくなってきた)

梓(ううううう)バタバタ


唯「ぷふっ!」





梓「!!!」

唯「あずにゃん」ニヤニヤ

梓「ぁ……あ」

唯「暗くても赤いのがわかる!」

梓「起きてるなら起きてるって言ってください!」

唯「寝たって言ってないもん!」

梓「寝たフリもダメです!!」

唯「えへへ、あずにゃんの可愛いのが見れちゃった」エヘヘ

梓「うぅぅぅぅ……」カァァァア…

唯「あずにゃん~」ギュー

梓「も、もう唯先輩なんか知りません!」

唯「ねね、あずにゃんもっかい言って!もっかい!!」

梓「知りませんよ……!」

唯「ねーーあずにゃーんーー」ユサユサ

梓「し、しりま、せん」ユラユラ

唯「私のためなら言ってくれるんでしょ???」

梓「うっ」

唯「ね?言って……?」

梓「」パクパク…

唯「ほらほら」ワッショイワッショイ

梓「に、」

唯「もうひとこえ~」

梓「ニャーーーー!!!」

唯「わーーい!ニャー言ってくれた!あずにゃん可愛い!!」ギュ

梓(もうどうにでもなれ……!)

梓「にゃん!にゃん!にゃん!」

唯「ああ……猫だよ可愛いよあずにゃんだよ……」ナデナデ

梓「にゃん!」

唯「こちょこちょ」

梓「にゃぁん……」

唯「あずにゃん可愛くて大好きっ!」

梓「ニャ~……」エヘヘ


憂(ふたりとも楽しそうだなぁ早く寝ないと起きれないよ)

憂(でもそんなふたりのやり取りを聞いて頬を緩める私でした)



     おしまい