和「は?」

律「……」カァァ


和「……」

和「ま、いいけど」クスクス


律「これとか、どう?」

和「センスないわね」

律「…」ズーン

和「あはは!嘘よ、嘘!」

律「和のは嘘に聞こえないもん!刺さるもん!マジで」

和「くすす!そう?」

和「あ!これとかいいんじゃない」

律「うん?これ?」

和「そうそう、試着してくれば?」

律「あ、うん。わかった」

律「和」

和「なに?」

律「試着してる間に、置いて逃げるなよ」

和「逃げないわよ」

律「ほんとかよー」

律「……」

律「絶対だぞ」カァァ

和「はいはい」クスクス

和「……」

律「なに」

和「……」

律「なんか言えよ」カァァ

和「律。あなた、可愛いわね」

律「ぶ」

律「げほっ!けほっ!」

和「大丈夫?」

律「この前、澪とか唯にも言われた……可愛いって」

律「…かわいくねーし」

和「だから、可愛いくなりたい」

律「……」

律「…うん」

和「ふーん」クス

和「充分、女の子女の子してると思うんだけれど」クスス

律「どこがだよ」

和「今だって、いつもの律は、何処に行っちゃったのかしら」クスクス

律「く……」カァァ

律「……ふん」プイ

和「で、買うの?それ」

律「ん…今、お金ないから今度また検討してみる」モジモジ…

和「そう。じゃあ今度来る時は、ちゃんと澪に選んで貰いなさいよ?」

律「やだっ」カァァ

和「あはは」



――テクテク


和「……」ピタ

和「……」

律「どうした?和」

和「……」ジー

律「雑貨屋?」チラ

和「うん」

和「ちょっと、見てってもいい?」

律「いやいや、わたしの方が付き合ってもらってるんだから、別にいいし」アセ

和「そう?」

律「ほら、行こうぜー」

和「雑貨屋って、なんかワクワクするわよね」

律「たまに、これ、何に使うんだよ!っていうのがあるよなー」

和「ふふ、そうね」

ピタ

和「……あ」

和「……」

律「何それ、オレンジ色の…砂時計?」

和「うん」

和「綺麗ね…」

律「和のセンスが全然わかんねー…」

和「いいじゃない。人それぞれってことよ」クスクス

トン

サラサラサラ…

和「これ、買おうかな」



――テクテク

律「和ー」

和「なに?」

律「今日は…、ありがと」

和「別にいいわ。対したことしてないし」

律「付き合ってくれたお礼に、なんか奢るよ」

和「ふふ!ほんと今日はどうしたの?」

律「和にはいつも世話になってるしなー」

和「本当よ。いつも、お世話しっぱなしだわ」クス

律「だなー」クスス

和「んー…」

和「お言葉に甘えちゃおうかしら」

律「よっしゃ!スーパークールビューティな、りっちゃんに任せとけ」グッ

和「やっと、いつもの律に戻ったわね」クスクス


和「――で。マックスにバーガーな訳ですか」

律「文句言うなよー、学生はお金が無いんですぅ」

紬「あ、りっちゃんに和ちゃん」

律「やほー、ムギー」

紬「いらっしゃいませー」ニコ

和「ムギ、その制服似合ってるわ」

紬「そうかな?ありがとう」テレテレ

紬「そういえば、さっき、唯ちゃんも来たわ」

紬「初めてスマイル注文されちゃったの」クスクス

律「いいないいなぁー。わたしもムギのスマイル見たい~」

紬「また今度ね」クス


紬「じゃあ、ご注文をどうぞー」ニコ

律「あ、わたしね、これのセットとー、これ単品!」

律「和は何にするー?」チラ

和「スマイルひとつください」シレ

紬「」ビクゥ

紬「あ、ありがとうございます」ニ…ニヤ

和「……」

律「和サン……キラーパス出すの、上手いッスね」アセ

紬「は…恥ずかしい…」シュン

律「ムギは、まだまだ修業が必要だなー」

和「まぁ、あんまり気張らず頑張りなさいな」ニコ



紬「お待たせしましたー」ニコ

律「ムギは、バイトいつ上がり?」

紬「えっとー…」チラ

紬「後、もう少しで終わるわ」

律「ん!じゃあじゃあ、帰りさー、途中まで一緒に行こーぜ~」

紬「あ…、うん」ニコ

律「んじゃ、わたしら食べながらマッタリしてるわー」ノシ

律「さーて、何話すー?和の暴露話?それとも恋バナ?恋バナですかぁ?」ミョーン

和「ちょっと何で、わたしの話だけなのよ」



――いらっしゃいませー


和「ムギ、頑張ってるわね」

律「そーだなー」

和「あ!転びそう…」アセ

律「見ていて、ちょっと危なっかしいよな」

和「大丈夫かしら」

律「だぁーいじょーぶ」

律「あー見えて、ムギは頑張り屋さんだし」

律「軽音部の影の大黒柱だからなー」

和「じゃ、表は?」

律「わたし?」チラ

和「いや、澪でしょう」アセ

律「なんつーか」

律「ムギがいてくれたから、軽音部が廃部にならなかったし」

律「ムギあってのティータイムで」

律「ティータイムあっての、わたし達。だからな」

和「練習しなさいよ、練習」クス

律「はいはい。澪みたいなこと言うなよ」クス

律「でも、ムギだけじゃないんだぞ?」

律「澪や唯、梓だってそう」

律「わたし達は、皆、ひとりひとりを必要としてるんだよ」

和「ふーん」




和「10年後、20年後…」

和「あなた達は、どうなってるのかしらねー」クス

律「なーに言ってるんだ、和?」

律「武道館でライブしてるに決まってるだろ?」クス

和「そうね」クスス

律「あははっ武道館、行けたらいいよなー」クスクス



紬「遅くなっちゃって、ごめんね」

紬「お待たせ」ニコ





律「それでは、みなさん」グッ

プシ

カキョ

律「おぉ疲れーぃ」ミョーン

和「いや、わたしと律は働いてないから」プシ

紬「ふふ、お疲れ様~」クスクス カキョ

律「ぷはー…!骨身に染みるぜ…この缶コーヒー」プルプル…

紬「……」コクコク

和「……ふぅ」

紬「あったかーい…」

律「寒いなー…」

和「そうねー…」

紬「そう?わたしは……あったかい、かな」クスクス

律「いや、寒いだろ……なんか、嬉しそうだなムギー。どしたー?」

紬「うん。だって――」

紬「皆にとっては何でもない、何てことない当たり前のことが」

紬「わたしにとっては、特別なことだったから…」

紬「とても、幸せに感じるの」クス

律「……」

律「愛だろ…愛」

和「缶コーヒーBOSS」

律「……ぷ」

和「ちょっと…、思わずノっちゃたじゃない」

紬「……ふふ」ニコ




紬「りっちゃん、和ちゃん」

和・律「なに?」

紬「いつも、ありがとう」

和「……」

律「……」

律「……」

律「たぁこやきぃー」ムニュ

和「何よそれ」ププ

紬「ふふふ」クスクス

律「いっひっひ」

和「……」

和「……」ニコ



――テクテク


律「じゃ、わたしこっちだから」

紬「わたしは、こっち」

和「そう」


和「…あ、待ってムギ。これ、あげるわ」

紬「なぁに?これ」

和「それは秘密」

和「開けてからのお楽しみよ」クス

和「何が入ってるかわからない方が…楽しみが増えるでしょ?」



律「それ、和が欲しいって言って買ったやつじゃん」

紬「いいの?」

和「いいのよ。ちょっと早いけど、クリスマスプレゼント」クス

律「え!ムギいいなぁ!わたしには?わたしには?」

和「また今度ね」クスス

律「えー」ぶーぶー

紬「和ちゃん、ありがとう」ニコ

和「うん」

和「じゃぁ、また明日学校で」ノシ

律「和、今日はありがと!またなー」

紬「ばいばい、和ちゃん」ニコ


和「じゃあね」



……

和「すっかり遅くなっちゃったわね…」

――テクテク


和「……」

和「なんていうか」

和「皆、ひとりひとり」

和「見えてる世界が違うのね」


ガチャガチャ

カション


和「ただいまー」


……

和「……」カリカリ

和「……」ペラ

和「……」カリカリ

和「……」

和「……」

ポチ

『――今晩は。今日も一日寒かったですねー』

『外を見てくださいよ、まんまるお月様!』

『もんの凄く月が綺麗ですよ!どーしますー?はっはっは』


和「……」カリカリ

和「……」カリカリ…


『――で、お送りしました~』


和「……」カリカリ…

和「ふぁ……」

和「……」……コクン

和「……」コクン……

和「ちょっとだけ…」モゾモゾ

和「……ちょっと、だけ」

和「……」

和「すー…すー」


『――で、お送りします~。曲名は――』



― o// ―


『じゃあね』
和『さようなら』

テクテク


『……』ピタ

『ねぇ、あんたさ』

『今、楽しい?』


和『……』

和『それなりに』

『……』

『そっか』



和「多分ね」


『お早うございます~。さて、今日もね、一日が始まり――』

和「……ん」

和「……んんん」モゾモゾ

和「めがね…どこ?」

和「…あった」

『それでは、まずこの曲いってみましょう――』

ポチ

和「……」ボー


5