ピンポーン

憂「はーい」

憂「また来たんですか・・・律さん」

律「・・・・・・」ダキッ

憂「ちょっとっ、近所の人に見られるじゃないですか、中に入ってくださいっ」

律「ああ、わりい」パッ

憂「もー」プリプリ

律「おじゃましまーす・・・」

憂「律さん、今日は部活どうしたんですか」

律「・・・んー、いろいろあってな。私と梓だけ帰ってきた」

憂「そうですか・・・」

律「なあ、憂ちゃん。いいだろ・・・」ダキッ

憂「もー、甘えん坊さんなんだから・・・」

憂「お姉ちゃんが帰ってきたらどうするんですか」

律「はは、大丈夫だろ。唯のことだから今頃ケーキでも食ってるさ」

憂「ならいいですけど・・・」シュルッ

憂「・・・りっちゃん、今日はどうしたの?何かあったの?」

律「・・・唯っ」ガバッ

憂「あ、ちょっとこんなところじゃっ、ちょっとりっちゃんっ、んっ!」

律「唯・・・、今私も唯になるよ・・・」スッ

憂「あっ、お姉ちゃんっ、あっ」チュッチュッ

律「唯っ、唯っ!」チュッチュッ






唯「」


唯(帰ってきたら居間から声がするから覗いてみたら・・・)

唯(憂とりっちゃん?何やってるの・・・?)ソーッ

唯(え、えっちなことしてるんだよね・・・あれ)

唯(え?え?え?えええ?えええええええ?)

律「唯っ!唯っ!はあはあ」

憂「お姉ちゃんっ!お姉ちゃんっ!あっ、あんっ」

唯(それに何で二人とも私のこと呼んでるの!?)アワワッ

唯(意味わかんないよお・・・・・・)

唯(あの髪型って・・・もしかして、私の真似・・・?)

唯(えっ?)

唯(それってどういうことっ!?)

唯(わけわかんない、こわいよお・・・)

唯(助けてよあずにゃん、のどかちゃん・・・)

唯(・・・・・・)

唯(・・・とりあえず逃げよう)コソコソ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

斉藤「今日はお早いですね。さ、お車へどうぞ」スッ

紬「・・・・・・」

紬(泣くのにも疲れちゃったわ・・・、はあ・・・)

斉藤「それでは出発致します」

ブロロロッ

紬「・・・斉藤」

斉藤「どうかしましたか?」

紬「私ね、今日お友達に手を上げてしまったの」

斉藤「・・・そうですか」

紬「・・・どうしたらいいのかしら」

斉藤「事情を把握しておりませんので、なんとも申し上げられませんが」

斉藤「ご自分の気持ちに素直になって行動なさればよいかと」

斉藤「お嬢様のお気持ちは、ご友人にもきっと伝わるはずですよ」

紬「・・・そうよね」

紬「ありがとう、斉藤」ニコッ

斉藤「いえ」


紬(・・・私、りっちゃんに謝らなきゃ)

紬(あとりっちゃんと梓ちゃんが仲直りできるように頑張らなきゃっ)

紬(それが『友達』だよね、りっちゃん?)



澪のへや!

澪「ラララーラララー」ドゥンドゥンドゥンドゥン

澪「んー、何か物足りないな。ここはスラップ入れてみようかな」

澪「ラララーラ?ラ?ララ・・・」ンペッンペッンペッペッペッペペ

澪「・・・急に弾き方変えるとやっぱり歌が乱れちゃうなー」

澪「それに、テクニカル過ぎてまとまりが悪くなったかも」

澪「ここは単純にルート弾きしたほうがやっぱりいいな」

澪「ちょっとリズムを変えてみよう」

澪「ラララーラララー」ドドスコスコスコ

澪「うん、いい感じだ」

澪「ベースは楽しいなー」

澪「一人でやっても楽しいけど・・・」

澪「・・・やっぱりもっとみんなで音合わせたいよぉ」グスッ

澪「りつー・・・・・・」


……

唯(はあ・・・)トボトボ

唯(なんだったんだろアレ)

唯(家に帰れないよ・・・)

唯(それに・・・)

唯(二人の見てたら、変な気分になっちゃった・・・)

唯(最低だ・・・私って)

唯「はぁー」

和「あら、唯。どうしたの?ため息なんてついて。それに今日は部活ないのかしら?」

唯「の、のどがぢゃああああああん」ダキッ

和「何?憂と喧嘩でもしたの?」

唯「それが・・・かくかくしかじかで・・・」

和「かくかくしかじかじゃわかんないわよ。ちゃんと説明しなさい」

唯「さっき家に帰ったんだけどね。りっちゃんがいたの・・・」

和「それがどうかしたのかしら?」

唯「りっちゃん、憂と一緒にいたの・・・」

和「一緒に唯を待ってたんじゃないの?」

唯「・・・いちゃいちゃしてたの」

和「どうせ律の悪ふざけでしょ」

唯「でもっ、は、裸だったんだよ。和ちゃん」

和「うーん。それはすごいわね。馬鹿には見えない服でも着てたのかしら」

唯「し、しかもだよっ。なんか二人とも私の真似して、お互いのことを『唯』、『お姉ちゃん』って呼び合ってたんだよっ」

和「ふふ、唯はモテモテね。羨ましいわ」

唯「ちゃんと話聞いてよおおおっ。私大変なんだからあああっ」

和「そうなんだ。じゃあ私スーパー行くね」テクテク

唯「ま、待ってよ!のどがぢゃあああん」

唯「・・・行っちゃったよ。本当にさらりと行っちゃったよ・・・」

唯「散歩して時間を潰そう・・・」

唯「あずにゃん、まだケータイ出てくれない・・・」

唯「はぁー」トボトボ

……

梓「はぁー」トボトボ

梓(ぜったい嫌われちゃったよ・・・)

梓(死にたい・・・)

梓(あ、あの公園ブランコある・・・)テクテク

梓(久しぶりだなー、ブランコ乗るの)ギコギコギコ

梓(悲しいときはやっぱりブランコだよね・・・)ギコギコギコ

梓(はあ・・・)ギコギコギコ

梓(油切れててうるさいな・・・降りよ)ヒョイッ

梓(散歩しよう・・・まっすぐ家に帰る気分じゃないや)トボトボ

梓(明日からどうしよう・・・)

梓(部活出るの気まずいよ・・・)

梓(唯先輩の電話、後ろめたくて取れないし・・・)

梓(律先輩には嫌われちゃったし・・・)

梓(とにかく、今のままじゃ唯先輩にも律先輩にも失礼だよね)

梓(・・・・・・)

梓(・・・私はどっちのほうが好きなんだろう)

梓(唯先輩は一緒にいて楽しくてあったかい気持ちになる)

梓(律先輩は・・・ドキドキする)

梓(首絞められたとき、ちょっと気持ちよかった)ドキドキ

梓(最低だ・・・私って)

梓(あれ?あの人影は・・・)

梓(唯先輩と・・・和先輩?)

梓(唯先輩、抱きついてる・・・)

梓(やっぱり仲いいな・・・)

梓(わかってるけど、悲しいよ唯先輩)

梓(唯先輩の隣にいるのは、私じゃなくてもいいのかな)

梓(ひどいよ・・・)

梓(引き返そう・・・今は会いたくないや)

梓(しばらくぶらぶらしようかな・・・)

梓「はぁー」トボトボ


ひらさわけ!

律「・・・・・・はぁっ」

憂「はぁっはぁっ・・・」

憂「・・・律さん、そろそろお姉ちゃん帰ってくるころだから・・・」

律「ああ、そうだな」チュッ

憂「んっ」

律「ありがとな、憂ちゃん。気持ちが楽になったよ」

憂「・・・今のキスは『私』にしてくれたんですか?」

律「ん?・・・ああ、そうだよ」

憂「・・・律さんの馬鹿」

律「・・・・・・ごめん」

憂「じゃあ、気をつけて帰ってくださいね」チュッ

律「っ!ああ、それじゃあ、また」ガチャッ

憂「・・・・・・『また』ですか。ふふっ」

バタン

律「はぁー」トボトボ

律(さて、明日からどうしたもんかなー)

律(頭ん中がぐちゃぐちゃしてる)

律(・・・梓は一体どういうつもりなんだろ)

律(私のことも、好きって)

律(あいつ頭おかしいんじゃないか?)

律(・・・・・・私、梓のこと好きなのか嫌いなのかわかんねー)

律(両方、なんだろうなきっと)

律(あー、まだほっぺた痛えなあ)サスリサスリ

律(ムギ・・・ごめんな)

律(明日謝ろう・・・)

律(・・・しかし最近の私、どうかしてんな)

律(二ヶ月前に唯と梓に休日ばったり出くわして)

律(唯に『えへへ、実はあずにゃんと付き合い始めました』とか言われて)

律(最初はいつもの冗談だと思ってたら、憂ちゃんが泣きそうな顔で私のところに来て)

律(お姉ちゃんのふりして抱きしめてくださいって言われて)

律(それから・・・・・・)

律(はは、いろんなことが起こり過ぎだろ・・・)

律(ていうか人のこと言えないくらい自分がクズ過ぎだな・・・)

律(唯が一番好きだけど・・・憂ちゃんもちょっと好きかもしれない)

律(梓は・・・めちゃくちゃにしてやりたい)

律(正直、首を絞めてるときに見た梓の顔・・・興奮した)

律(最低だ・・・私って)

律「はぁー」トボトボ

梓「はぁー」トボトボ

梓律「えっ」

梓律「・・・・・・」

唯「はぁー」トボトボ

梓律唯「えっ」

梓律唯「・・・・・・」

梓律唯「・・・・・・」

梓「こ、こんにちは・・・」

律「き、奇遇だな・・・ばったり会うなんて・・・」

唯「め、珍しいね・・・あはは・・・」

梓律唯「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

梓「唯先輩は真鍋先輩と私、どっちが好きなんですか」
律「梓、私と唯のどっちが好きなんだ。今ここで決めてくれ」
唯「りっちゃん、憂のこと好きなの?私が好きなの?あんなのおかしいよ・・・」

梓律唯「えっ?」

梓律唯「・・・・・・」

梓律唯「えっ?」

梓「だから両方好きなんですよっ、律先輩も唯先輩もっ」
律「唯、見てたのかよっ!?」
唯「の、のどかちゃんも(幼馴染として)好きだし、あずにゃんも好きだよっ」

梓「唯先輩っ、どういうことですか!?私と付き合ってるんじゃっ」
律「梓っ、はっきりしろっ」
唯「りっちゃんっ、憂にえっちなことするのやめてっ」

梓「律先輩っ、憂に何してるんですか!?」
律「もともと憂ちゃんが頼んできたんだよっ」
唯「あずにゃんっ、りっちゃんも好きってどういうことっ!?」

梓「二人ともわけわかんないよぉっ、うええええええんっ」ポロポロ
律「二人ともうるせえええええええっ、ぐすっ」ポロポロ
唯「二人とも最低だよっ、うわああああああんっ」ポロポロ

梓「もういやあああっ」タタタッ
律「ちくしょおおおっ」タタタッ
唯「りっちゃんとあずにゃんのばかああっ」タタタッ



よくじつ!

澪「三人とも休み・・・だと?」

紬「・・・ええ」

澪「あ、あいつらー」ワナワナ

紬「おいしいケーキ持ってきたのにな・・・」ポロポロ

澪「どうしたんだよムギ・・・、泣くなよ。こっちまで悲しく・・・ううっ」ポロポロ

紬「ぐすっ」ポロポロ


3