澪「わ、私、さわ子先生のこと尊敬してた!大好きだった!」

さわ子「私もみんなが大好きだった。だからこういう結果になってしまうのはとても残念」

唯「……さわちゃん」

さわ子「りっちゃん、一つだけいいかしら?」

律「なんだよ」

さわ子「これはみんなにも聞いて欲しいんだけど」

唯「なに、さわちゃん?」

さわ子「担任として、顧問として最後のお願い」

紬「……」

さわ子「死んでくれる?」

梓「先輩!上!上見てください!!」

澪「こ、これは!!」

唯「すごい数の十字架が浮いてる……」

紬「これが、二度目の事件の凶器なのね」

さわ子「この技ね、すっごい疲れるのよ」

澪「おい、どーすんだよ、律!!」

律「こんな数、とてもじゃないがカード仕切れないぞ!」

さわ子「詰みね」

唯「さわちゃん!!」

さわ子「ばいばい、みんな」 スッ

 ザザザザ!!!!

さわ子「……あら?」

梓「……私、生きてる?」

紬「み、みんな大丈夫?」

唯「すごいよ!このバリアー、ムギちゃんが張ったの!?」

紬「ええ」

澪「助かった。ありがとな、ムギ」

紬「ふふ、でも、力を使い果たしちゃった……」 バタッ

律「ムギ!?」

梓「……気絶してるだけみたいです」

さわ子「まいったわね、さすがにもうあの技は使えないわ」

澪「さわ子先生は、私たちを殺す気だった……」

唯「……さわちゃん」

律「ガツンとぶん殴ってやろうぜ、目が覚めるぐらい強いやつをさ」

唯「そうだね、りっちゃん!」

唯「行くよ、イーちゃん!」

律「頼むぜ、トモエ!」

澪「来い、コノハナサクヤ!」

梓「お願い、ネコショウグン!」

さわ子「あなたたち、私とやり合うの?」

唯「さわちゃんの目を覚まさせるんだよ!そして、さわちゃんを助けるの!」

さわ子「……あのとき」

唯「……」

さわ子「誰も助けにこなかった」

澪「す、すごい力を感じる!」

さわ子「誰も、助けてなんてくれなかった!」

さわ子「タナトォオオオオスッ!!!!」 カッ!

タナトス「オォオオオオ!!!!」

律「あれが、さわちゃんのペルソナ」

梓「勝てるんでしょうか……」

唯「勝つ、負けるじゃないよ!これは、さわちゃんを助ける戦い!!」

さわ子「ならなぜあのとき助けてくれなかったの!?」

タナトス「ォオオオ!!!!」 ブン!

唯「っ!!」

澪「唯!?そんな、一撃で……」

さわ子「私は、取り返しのつかないことをしてしまったのよ、あと戻りなんてできないの!!」

梓「きゃっ!!」

律「梓ぁ!」

さわ子「こんな弱いあなたたちじゃ、結局何もできなかったわ」

律「そりゃ私とやりあってから言うんだなぁ!!」

さわ子「だから弱いって言ってんでしょー!!」

律「ぐぁあ!!」

澪「律っ!!」

さわ子「ほんと、弱い」

澪「よくも……よくも律を……!」

さわ子「あら、澪ちゃんが怒るところ初めてみるかも」

澪「コノハナサクヤ!焼き尽くせ!!」

サクヤ「……!」 ゴォ!

さわ子「ぬるいわね」

澪「なっ!?」

さわ子「沈みなさい」

タナトス「……っ!!!!」 フォン!

澪「うぁあああ!!」

さわ子「あらかた片付いたわね」

さわ子「……」

さわ子「トドメ、ささないと……」

唯「……さ、さわちゃん」

さわ子「あら、唯ちゃんまだ立ち上がれるんだ。少し見直しちゃった」

唯「はぁ……はぁ……」 フラフラ

さわ子「でも満身創痍。立ってるのもやっとなのね。大丈夫、今楽にしてあげるから」

唯「……うぅ、ひっぐ」

さわ子「……なんで、泣いてるのよ」

唯「さわちゃんのことを思ったら……うう……」

さわ子「ど、同情はいらないわ。助けてくれなかったくせに」

唯「だから、これからさわちゃんを助ける」

さわ子「助けるって何?自首してやり直せって言うの?」

唯「そうだよ」

さわ子「馬鹿馬鹿しい!悪いのはあいつら、死んで当然よ」

唯「あの三人はそうなのかもしれない……。でも、殺していい理由にはならないよ」

さわ子「私はね、むしろ被害者なのよ?」

唯「あの子だってそうだよ!何の罪もなかった!ただ、見てしまっただけ……」

さわ子「そ、それは運が悪かったたとしか言えないわ」

唯「じゃあ、さわちゃんも暴行されたことを、運が悪かったと諦められる?」

さわ子「……っ!!」

唯「さわちゃんは、ただ見てしまったというだけであの子を殺したんだよ」

さわ子「……」

唯「さわちゃんだって感じているんでしょ?心を覆う、罪悪感という霧を」

さわ子「……うるさい」

唯「さわちゃんは根っからの悪い人じゃないもん。私知ってるもん」

さわ子「それ以上、口を開かないで……」

唯「さわちゃんは間違ったことをした。だから、やり直そうよ」

さわ子「……ぐっ」

唯「もう、暗闇に1人になんてしない。私たちがいるよ」

さわ子「うるさい、うるさいっ!!」

タナトス「オオオオッ!!!」 ヒュッ!

唯「きゃっ!!」 ドサッ

さわ子「……」

唯「……」 フラフラ

さわ子「立ち上がらないでよ、なんで立ち上がるのよ!?」

唯「……一緒にいるって決めたから」

さわ子「……っ!!」

律「あれ、私は……」

唯「……」

律「唯!だ、大丈夫か!?」

唯「えへへ、なんとかね」

律「他のみんなも、息がある。まだ生きてる」

唯「よ、よかった……」

さわ子「どうせ、私がトドメさすけどね」

律「そんなこと……いつっ!」

唯「りっちゃん……」

律「クソっ!身体が思うように、動かねー!」

さわ子「ふふ、好都合ね」

唯「させない、よ……」

さわ子「またあなたはそうやって。力もないくせにでしゃばらないでよ!!」

唯「たしかに、私は弱い。けど、みんながいる」

さわ子「そのみんなは気絶してるけどね!」

唯「みんなを思う気持ちが私を強くする」

律「唯……!」

唯「みんなとの絆が、私を強くするんだ!!」

さわ子「な、何よ、この光……」

唯「全ての霧を晴らし、あまねく照らす……」

さわ子「なっ!?」

唯「伊邪那岐大神!!」 カッ!!

律「……唯のペルソナが、変わった」

さわ子「ふ、ふざけないでよ。4人も殺しておいて、何にもないわけないじゃない」

唯「……」

さわ子「下手したら死刑よ?もう終わりなのよ」

さわ子「……私は」

唯「……罪を償おう、さわちゃん」

さわ子「今更、負けてらんないのよぉおおお!!」

唯「さわちゃぁああああん!!」

唯「…………」

さわ子「あーあ、負けちゃった」

律「自首するんだろ」

さわ子「正直、ここで殺してほしいんだけど、それはしてくれないのよね」

唯「うん」

さわ子「やっぱり。私、死刑かなぁ」

律「それは、私たちが決めることじゃない」

さわ子「そうね……」

律「……」

さわ子「……唯ちゃん」

唯「なに?」

さわ子「……ありがとう」


すうしゅうかんご ぶしつ

澪「律!だからここはそうじゃないって言ってるだろ!!」

律「ぜってーこっちがのいい!ムギもそう思うだろう!?」

紬「ど、どうかしらー?」

梓「今まで練習をサボってきたからです。もっと早くから練習すればこんなことにはならなかったんですよ」

律「そうはいってもだな、色々とあったわけだし」

唯「……さわちゃんが自首してから、大変だったよね」

紬「……そうね」

律「……」

梓「さわ子先生、どうなるんでしょうか」

澪「分からない」

紬「軽い罪とは言えないから」

梓「……」

唯「あのね、実はみんなにお願いがあって」

律「お願い?」

唯「うん。今回のね、事件のことを通して、歌を作ってきたんだ」

澪「唯が1人で?」

唯「そうだよ」

梓「見せてもらってもいいですか?」

唯「……これなんだけど」

律「どれどれ……」

澪「いい歌だな」

律「ああ」

梓「グスン……」

紬「梓ちゃん、泣いてるの?」

梓「泣いてません!泣いてなんかいませんよ!?」 ゴシゴシ

唯「これをね、文化祭で歌いたいんだ」

律「うし、部長が許可する!」

澪「でも、文化祭まであまり日数がないぞ?」

律「そこはほら、徹夜なんなりしてさ」

梓「私は、それでもいいですよ!」

唯「ありがとう、あずにゃん」

紬「私も賛成」

律「もちろん、私もだ。澪はどーする?」

澪「仕方ないな……」

唯「みんなありがとう」

律「最後の文化祭ライブだからな、悔いが残らないようにしよーぜ!」

紬「そうね」

梓「そういえば、憂は文化祭までには退院できるんですよね?」

唯「うん。だから憂にも聞いてもらえるよ」

澪「なら、一層練習に力をいれないとな」

唯「ほんとは、さわちゃんにも聞いて欲しかったんだけど……」

梓「……唯先輩」

律「しみったれんなー!練習あるのみだー!」

唯「うん!そうだね!!」

澪「文化祭に向けて頑張ろうなっ!」

梓「はいです!」

紬「ふふ♪」


ぶんかさいとうじつ

純「うーいー!退院おめでとう!」

憂「ありがとう!文化祭に間に合ってよかったよー」

純「大好きなお姉ちゃんの演奏聞きたいもんね」

憂「えへへ♪」

和「憂ちゃんじゃない。もう身体はいいの?」

憂「あ、和さん。このたびはご心配をおかけしました」

和「ふふ、すっかり良くなったのね。これなら唯も思いっきり演奏できるわ」

姫子「そうね」

憂「そちらの方は……?」

和「唯や私たちと同じクラスメイトの姫子」

姫子「よろしく」

憂「はい、こちらこそよろしくお願いします」

純「よ、よろしくお願いします(なんだか、かっこいい人だなー)」

純「あの、良かったら一緒にライブ見ませんか?」

和「私たちは最初からそのために来たのだけど、姫子どう?」

姫子「別に、いいわよ」

純「じゃあ決まりですね!いい場所確保できたんですよ、姫子先輩!」

純「こっちです!」 クイクイ

姫子「ちょ、ちょっと、引っ張らないでよ」

憂「ふふ、純ちゃんたら姫子先輩が気に入っちゃったみたいです」

和「そうね。姫子が面くらってたわ」

 ザワザワザワ……

和「そろそろ始まるみたい」

憂「楽しみです♪」

唯「えー、こんにちは!放課後探偵団です!」

律「おい、唯」

唯「あ、間違えちゃった……。放課後ティータイムです!」

 パチパチパチ……

唯「ありがとうございます。えとですね、ここ最近、いろんなことがありましたね」

唯「殺人事件があって、大切な人を失って、晴れない霧に覆われて……」

唯「私は、挫けそうになったり、立ち止まることもありましたけど……」

唯「そんなときに、私の肩を叩き、背中をそっと押してくれたのは私の大好きな友達でした!」

唯「それと、大好きな憂も!!」

唯「この歌を、私の大切な友達、家族……。そして、さわ子先生に捧げます」






                    「Never More」