かえりみち

澪「……うぅ」 ブルブル

律「またトイレか」

澪「違う!ちょっと冷えるんだ!」

律「たしかに夜になると冷え込むようになったな」

澪「だろう!?」

律「空気がじっとりしてて、少し肌寒くて、おまけに霧が出てる」

澪「何が言いたいんだ、律」

律「こんな夜は……、出るな」

澪「……」 ゴクリ

律「澪の足元!」

澪「ひぃいいいい!!」

律「くくく、澪も懲りないな」

澪「……それはおまえだぁ!!」

律「はー、おかし……」 ブニュ

律「へ?」

 ギィイイイイ……!!

律「な、なんだこれ!?」

澪「ああ、あれはゴミ袋だ」

律「たしかにそれっぽいけどさ、ゴミ袋が泣き声あげるか?」

澪「最近のは高性能だからな」

律「赤い目玉みたいのがついてますけど?」

澪「とってもキュートだな」

律「いい加減現実見ろ!ありゃどうみてもお化けの類だぞ!」

澪「あれはゴミ袋ゴミ袋。とってもキュートなゴミ袋」 ブツブツ

 キィイイイイイイイ!!

律「澪、危ない!!」

澪「っ!?」

律「つっ!澪、平気か?」

澪「大丈夫。でも律が」

律「安心しろい、ちょっと引っかかれた程度だ」

 ギィ……ギィ……

律「……やる気満々って感じだな。まいったぜ」

澪「うう、律ぅ」

律(唯があんなに真剣だったのはこのためか)

律(一か八かで踏み潰して……。それ以前にこいつに攻撃できるのか?)

澪「律、また来る!」

律「こうなったらやけくそ攻撃だー!!」 ダッ

澪「ば、馬鹿!」

 「イザナギ!!」

 キュゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!

唯「二人とも大丈夫!?」

律「唯!おまえどうしてここに!?それにこの軍服着てるおにーさんは誰なんだよ!」

唯「話は後だよ!いけ、イーちゃん!ダウンしてる今がチャンスだよ!!」

イザナギ「……!」 ブン!

 ギョウアゥアアアアアアアアアアアア!!

澪「……すごい、やっつけた」

唯「ふぃー、間一髪だったね」

律「ああ、ありがとな。えっとこっちの人は……」

唯「えへへ、イーちゃんだよ!ペルソナって言ってね、もう1人の私なんだって」

律「スタンドみたいなもんか」

唯「すたんど?」

律「いや、なんでもない」

澪「……イーちゃん、かっこいいな」

唯「うんうん、澪ちゃんは分かってるね」

律「そーかー?私はもっとこうワイルドなほうがだな」

唯「りっちゃんはやっぱり分かってないよ」

律「やっぱりってなんだよ!つか、色々説明しろ!わけが分からんぞ」

澪「ど、同感だ。あのお化けはなんなんだ。いきなり私たちを襲ってきたぞ」

唯「あのお化けについては詳しく知らないけど、霧が出る夜に現れるみたいなんだよ」

律「霧の夜……」

澪「お化けの噂、本当だったんだ」

唯「私も昨日黒介に襲われて、それでね、憂を守るだー!って思ったらイーちゃんが出てきてね」

律「あー、なんだ、ピンチになって、こんにゃろーって気持ちになったらペルソナが出てきたと」

唯「そう!まさにそれ!」

澪「信じられない話だけど、本当なんだよな。実際お化けもいたし」

唯「もしかしたらりっちゃんと澪ちゃんもペルソナ出せるかもね」

律「おお、それはいいいな!」

唯「こうやってね、フンスッ!って感じで出すんだよ」

律「ほむほむ、フンスな。掛け声はやっぱり、『ペルソナー!』なのか?」

唯「です!」

澪「さすがに律は無理じゃないか?」

律「やってみないと分からないだろー?いくぜ……」

唯「……」 ゴクリ

律「ペル……ッチュン!」

澪「……ペルッチュン?」

唯「もー、ペルソナって言ったでしょ。ペルッチュンじゃないよー」

律「今のはくしゃみだ!」

澪「冷えてきたな。こんなところで立ち話してないで、そろそろ帰ったほうがいいんじゃないか」

律「そうだな。またあんなのが来るとも限らないし」

澪「そうだ!さっさと帰ろう!よし帰るぞ!!」

唯「じゃあ私が送っていくよ」

律「しっかりと私を守るのよ?」

唯「りっちゃん姫!」

律「おほほほ!!」

澪「……」

律「おーい、澪、行こうぜ。早くしないと、またお化けが出るぞー」

唯「そだよー、早くいこーよー」

澪「あ、あ、あの……」

律「んだよー、またトイレかー?」

澪「もう、出てる」

律「も、漏らしたのか?」

唯「なんだってー!?」

澪「ちがう……」

律「だったらなんだってんだよ」

澪「お化け」

律「マジかよ!?」

唯「3匹もいるの!?」

澪「ゆゆゆ、唯~!」

 ゲゲゲゲ!!!!

 ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!

 ……………コポォ

唯(1対1ならなんとかなるけど、りっちゃんと澪ちゃんを守りながらだときつい)

唯(もし、いっぺんに攻めてこられたら……)

澪「おい、三匹まとめてきたぞ!」

唯「もぉ、なんで一斉に攻めてきちゃうかなぁ!!」

唯「くぅ!!」

律「唯!?」

唯「えへへ、へーきへーき。ようやく身体が暖まってきたところだよ」

澪(唯のやつ、私たちをかばいながら戦ってるから本気が出せないんだ……)

律(ペルソナが使えない私たちは、見てることしかできないのかよ!)

唯「頑張って、イーちゃん!」

澪(私は……)

律(私は……!)

 「「唯!!」」

唯「な、何?」

律「私はペルソナが使えないけど、何かできることがあると思うんだ!」

澪「ああ!やつらの注意をひくことぐらないらできるぞ!」

唯「でも……」

律「見てるだけじゃ嫌なんだ!」

澪「私たちも、同じけいおん部の仲間だろ!?」

唯「……りっちゃん、澪ちゃん」

律「唯、後ろからくるぞ!」

澪「前方からも!」

唯「任せて!!イーちゃああああん!!」

イザナギ「……!!」

澪「一匹逃げていくぞ!」

律「よっしゃー、残り二匹!」

唯「けいおん部パワーを見せてやる!!」

 ゲェエエエエエエエーーー!!

 ヒゥイイイイイイイイイーー!!

律「同時攻撃かよ!?」

唯「負けるかぁあああああ!!!」 キィイン!

 ギャン!!!

澪「やったか!?」

唯(一匹仕留め損ねた!!)

 ヒヒヒヒヒ……!!

唯「りっちゃん、澪ちゃん逃げて!!」

律(つっ、傷が痛んで……) ヨロッ

澪「律!!」 バッ

澪「お、お化けめ!来るならこい!」

律「澪のばかちん!私をかばう暇があったら逃げろよ!」

澪「ううううう、うるさい……」 ガクガク

律「足が震えてるじゃないか、無理すんじゃねー!」

澪「守られてばかりじゃだめだから、私だって律を助けたい。大切な親友を守りたいんだ!」

律「今はかっこつけてる場合じゃないだろ!」

澪「私は、負けない。こいつにも、自分の中の恐怖にも……!」

 ヒヒヒヒヒ!!!!!!!

律「澪ー!!」

澪「コノハナサクヤッ!!」

澪「もう、おまえなんて怖くないんだから!やっちゃえ、コノハナサクヤ!」

サクヤ「……ッ!!」 カッ

 キュウーーー!!

唯「すっごいよ、澪ちゃん!火がボワーって出たよ!」

澪「……はぁはぁ」

律「澪、サンキューな。それより大丈夫か?」

澪「う、うん。私がペルソナを使えるとは思わなかったから、ちょっとびっくりした」

律「そっか」

唯「ねぇねぇ、澪ちゃん。さっきの火出すのもっかいやって!もっかいやって!」

澪「え?ま、まぁいいけど。……ほら」 シュボッ

唯「おぅ~、あったかいね~」 ホッコリ

澪「ほんとだな~、これはいいな~」 ヌクヌク

サクヤ「…………」

唯「あぁー、幸せ」

澪「まったくだ」

 イーヒッヒッヒヒーー!!

唯「澪ちゃん後ろ!」

澪「ほえ?」

律「私の親友に、手を出すんじゃねぇー!!」 ザシュンッ!!

 アヒィイイイ!!

澪「た、助かった……?」

唯「りっちゃんも、ペルソナ使えたの!?」

律「あ、あははは」

律「さっき使えるようになりました!」

澪「なに!?」

唯「じゃ、じゃあ今のはまぐれペルソナ?」

律「ま、まぁ言い方は悪いがそうだな」

澪(私は死ぬ一歩手前だったのか……)

律「澪がやられるって思ったら、コンニャローって思って……」

唯「そしたら、その、出たと」

澪「まるまるっと」

律「ぽんっと」

唯「もっとドラマチックに出さないとだめだよ!?」

律「そんな決まりないだろ!」

澪「律のペルソナもかっこいいな」

唯「むむ、イーちゃんといい勝負かも」

律「だろ?戦う女って感じで私っぽいよな」

唯「戦う女ってとこは同意だよ」

澪「なんて言う名前なんだ?」

律「トモエだ」

澪「ぴったりだな」

唯「うんうん、イメージ通りかも」

律「ふふ、これで私もはれてペルソナ使いの一員ってわけだな!」

唯「ペルソナ使い……。それかっこいいね!」

律「ペルソナ使い、律!参上!」

唯「おー!」 パチパチ

澪「あほやってないでいい加減帰るぞ!また新手が来たら洒落にならない」

律「む、そだな。今日は解散して、また明日話し合うか」

唯「あいあいさー」


ゆいちゃんち

憂「律さんと澪さんもペルソナが使えたの!?」

唯「うん、びっくりだよねー。なんかね、コンニャローってなったら使えたんだよ」

憂「そんな簡単に……でも……」

唯「なんで急にペルソナが使えるようになったんだろうね。もしかして、この霧と何か関係があるのかな」

憂「そうかもしれない」

唯「うー、考えれば考えるほど分からない」

憂「それは明日にして、今日はもう寝ようよ、お姉ちゃん」

唯「そーだね。私も大活躍したから疲れちゃった」

憂「うふふ、じゃあ今度アイス買ってあげるね」

唯「アイス!?わーい♪」

憂「だから今日はおやすみ」

唯「おやすみなさーい!」


よくあさ

律「よっ」

澪「お早う」

唯「りっちゃん、澪ちゃん!待っててくれたの?」

律「まぁな。色々と話しておきたいこともあったし」

澪「唯から聞いたんだが、憂ちゃんもペルソナ使いなんだって?」

憂「はい。私もお二人が、ペルソナが使えるって聞かされたときはびっくりしました」

律「使える当人が一番びっくりだよ」

唯「うんうん」

澪「ここでたむろするのもなんだ、歩きながら話そう」

憂「そうですね」

律「昨日の影はなんだったんだろうな」

憂「何処から現れるんでしょう。昼間はまったく気配も感じませんし」

唯「昼間は影の中で寝てるんじゃないかなぁ?」

律「ありえるな」

唯「もしくは霧があいつらを連れてくる……とか?」

澪「たしかに、以前からあんなのがいたなら既に噂になってるはずだ」

律「お化けの噂も霧が出始めてから。案外その推理当たってるかもしれないぞ、唯」

唯「えへへ、名探偵だなんて褒めすぎだよ~」

憂「勘違いお姉ちゃんかわいい♪」

律「……」

澪「そっとしておこう」

澪「それで、結局どーするんだ」

律「澪がお漏らししそうになったこと?」

澪「なってないだろ!それと引っ張りすぎだ!!」

唯「私ね、昨日寝る前に考えたことがあるんだけど」

律「唯もか。実は私も考えてみたんだ。最近起きた殺人事件のこと、謎の影のこと」

憂「……」

律「そして私たちが使える力のこと……」

唯「もしかして、りっちゃんも私と同じ考えなのかも」

律「意外とそーだったりしてな?おっと、もう学校か。続きは放課後、部室で話そう」

澪「もう居残りは禁止だぞ。またさわ子先生に怒られてしまう」

律「大丈夫だって。適当に理由でっちあげて部室に行けばいい」

憂「あの、それは私も行ったほうがいいですよね?」

律「ああ、来てくれると助かる」

憂「分かりました。放課後は部室に顔を出します」

唯「おぉ!憂が部室に来るなんて久しぶりだね~♪」

憂「うん、お邪魔させてもらうね」

律「それじゃあ放課後によろしく!」

唯「ウイウイサー!」

憂「ふふ♪」

澪「それじゃあまたな、憂ちゃん」

憂「はい」


4