ほんわか編-斎藤暴走-

斎藤「さて…どうしたものか…おや?」

純「う~…も もれちゃうよぉ…あずさぁ…」

梓「あれ?ムギ先輩こっちだって言ってたのに?あれ?」

純「も れ る ー っ!!あーずーさーっ!」

梓「う うるさいなっ!もうちょっと我慢しなよ!バカみたいに出されたジュースがぶ飲みするからじゃん!!」


斎藤「…いかがなされましたか?」

梓「あ! あの…お手洗いはどこですか?」

純「も…もれちゃう…」プルプル

斎藤「…それでしたら…この廊下の突き当たりを右に曲がった左手にございます」

梓「ありがとうございます! ほら 行くよ純!」

純「ま まってよぉ」

斎藤「あの…失礼ですがお名前をお聞きしてよろしいですか?」

梓「はい? あ 中野梓です?」

純「す 鈴木純ですぅ…」

斎藤「ありがとうございます。では…」

梓「は はあ…」 タタタ…

斎藤「…ふむ」

ペラ…

斎藤「…『中野梓と鈴木純がセックス』…ほほう…」

カキカキ
『…せずに鈴木純がお漏らし』

斎藤「……ニヤリ」


梓「あっ!あった!あったよ 純!」

純「………梓ぁ」グス

梓「あ あれ?どうしたの?」

純「うわあぁん!ま 間に合わなかったよおぉ」ポタポタ

梓「ああ…仕方ないね…とりあえずおトイレ借りよう ね?」

純「グス…う うん」


紬「…梓ちゃん達遅いわね」

斎藤「お嬢様…お飲み物をお持ちいたしました」

紬「ありがとう斎藤。あ…もし梓ちゃん達を見かけたら知らせてくれる?」

斎藤「…先ほど廊下で会い、ご案内いたしました」

紬「あ そうなの?」

斎藤「はい では…」


ペラ…
斎藤「『琴吹紬が自慰行為』…ふむ」

カキカキ
『…せずに真鍋和がオレンジジュースで酔っ払う』

斎藤「………ニヤリ」


唯「このジュース美味しいね!」

律「だな!ウチの冷蔵庫にあるジュースとこれだけ違いがあるんだな」

澪「……の 和?」

和「///ん~…なあに…ん~…」

紬「和ちゃん…もしかして酔っ払って…」

和「オレンジジュースで酔うわけないれしょ!!…にへ~///」

紬「斎藤!斎藤来てちょうだい!」


斎藤「…いかがなされましたお嬢様」

紬「斎藤…和ちゃんが酔っ払ったみたいで…」

斎藤「はて?皆様も同じ物を飲まれたはず…他の方は何ともないのでしょうか?」

紬「え ええ…」

斎藤「…わかりませんが…真鍋様には来賓用の寝室でお休み頂きますか?」

和「いやよ!…にへ~だって律と離れたくないもん//」ギュ

律「わっ!?の 和! あんまりくっつくなよ!」

澪「……」イラ

紬「そ そう?じゃあ具合悪くなったらいってね?」

斎藤「…ではお嬢様、私は控えておりますので何かあったらお呼び下さい」



その頃の梓純

純「…グス…ごめんね 梓…」

梓「ううん いいよ別に…はい!きれいになった!」フキフキ

純「ありがとう 梓」

梓「………」ジー

純「梓…どうしたのさ?」

梓「…あ、ごめん…純てスタイルいいよね、肌とかプニプニしてて肌綺麗だし…」

純「えっ!? あ ありがと…///」

梓「…ねえ純…ちょっと全部脱いでくれないかな?」

純「ええっ!や やだよ!恥ずかしいじゃんかっ!」アセアセ

梓「…ダメかな…うん…そうだよね」ショボン

純「う…///ま まあ…どうしてもって言うなら…///」

梓「ホント!?」パァァ

純「あ 梓の頼みだからだよ?誰にも言ったらヤだよ?」

梓「うん うん♪早く 早く♪」

純「うう…///」シュ パサ


……

ペラ…

斎藤「…『平沢唯と秋山澪が女性器をこすり合わせる』…うーん」

ス カキカキ
斎藤「この本はいまいち何たるかを分かっていない…」フウ…

『…のでは無くラブラブチュッチュッ』

斎藤「しかし…なかなか思い通りにいかないものですな…」


澪「…なあ…唯…ちょっといいかな?///」

唯「み…澪ちゃん…私も…あの…手握っていい?///」

澪「あ ああ//」ギュ

唯「エヘヘ…///」

律「ちょ…和 とりあえず少し離れてくれないか?」

和「ん~…律は私の事…キライ?」ウルウル

紬(みんな…どうしちゃったのかしら?…………はっ!!も もしかして)

唯「///エヘヘ…澪ちゃんジュースおかわり飲む?」

澪「///うん…1つのコップで飲もうか?」

律「いや き キライとかそんな事はないけで…なあ 女の子同士でこんなベタベタするのはおかしくないか?///」

和「///にへ~…気にしなくていいじゃない…私は律の事好きよ///」

紬「斎藤っ!斎藤っ!」

斎藤(…ばれたでしょうか…)

スタスタスタ

斎藤「…いかがなされましたか お嬢様」


その頃の梓純

純(…うう…恥ずかしい…///)

梓「わあ…」マジマジ

純「そ そんな見ないでよ…は 恥ずかしい…///」

梓「恥ずかしくないよ!恥ずかしくないよ!」クワ

純「な なんでそんな必死なのさ」

梓「いいなー 私中3からほとんど成長してないからうらやましいよ…」

純「……………見せて」

梓「にえっ!?」

梓「…そ それは…恥ずかしいよ///」

純「でしょーっ!!その恥ずかしい事を私にさせてんだよ?」

梓「うん…ごめん…」シュン

純「ね?もう服着ていいよね?…てパンツどうしよう…」

梓「………ダメだよ」

純「は?」

梓「///わ 私も脱いで見せるから…」

純「にえっ!?」


……

紬「急いでビデオカメラとデジカメの用意をっ!早くっ!!」

斎藤「…かしこまりました」

紬(うふふ…きっとみんな百合の素晴らしさに目覚めたのね…きっかけって分からないわ~)

唯「///エヘヘ…みーおちゃん」ズー

澪「///ゆーい」ズー

和「律は?律は私の事どう思うの?」

律「それはキライなわけないだろ…友達なんだから…///」

紬「●REC」ハアハア


斎藤(…違いますお嬢様…百合にも勝る素晴らしい世界もあるのです…)

斎藤「…さて…なかなか思い通りにいかず、かといってあまりエスカレートしては…どうしたものか…」ハテサテ

ペラ…

斎藤「『田井中律がローターを使って自慰行為』…わかっていない…」

カキカキ
『…するわけがなく、真鍋和とラブラブチュッチュッ』

斎藤「…とりあえずカプは確定させましょうか」


和「友達として…なんだ…」ポロポロ

律「…和…」グイ

和「きゃっ!?///り 律?」

律「…ごめん…いい加減な気持ちで態度をあやふやにして悪かった…和の涙で気づいたよ」

和「律…そ それじゃ…」

律「…好きだ 和…」

紬(キャーッ!キャーッ!キャーッ!///)パシャパシャパシャ

唯「あのね~ 澪ちゃん…」

澪「ん?」

唯「私ね…澪ちゃんに隠していた事があるの…聞いてくれる?」

澪「なんだ?言ってみな」

唯「わたし…澪ちゃんの事だーい好きっ!!!///」

澪「知ってるよー こいつー!///」

紬(こっちのウザかわ具合もなかなかいいわぁ///)パシャパシャパシャ


みたびその頃の梓純

梓「………///」カァ

純(ふわあ…前から華奢だなあって思ってたけど…)

梓「………恥ずかしい///」モジモジ

純(か かわいいなぁ 梓め)

梓「じゅ…純はさ…好きな人とかいるの?」

純「えっ!? い いない! いないよ」

梓「そう…なんだ…ぅん///」

純(な 何?なんなのこの空気?)

梓「…純…あのね…私ね…」

梓「…多分…純の事好きなんだと思う…その…友達とかじゃなくて…///」

純「…梓…」

梓「あ ご ごめん!変だよね…女の子同士なのに…こんなの…アレ?やだな…」ポロポロ

純「…変だよ」ボソ

梓「!…そ そうだよね…うん…そう…変だよね…」グス

純「人の家のトイレの個室で相手はお漏らししてて、お互い裸なのに告白なんて変だ」ナデナデ

梓「純…」

純「私が梓の事キライなわけないだろ?」ナデナデ

Chu…

梓「あ…///」

純「…もし…梓が誰かに傷つけられて泣いていたら…死んじゃうくらいつらいよ」

梓「…クス///」

純「ぷっ」

梓「…大好き」

純「…うん…私もね…でも少しだけ出てくれないかな…」

梓「どうしたの?」

純「う うん…急におしっこが…」モジモジ

梓「あ そうなんだ 見てるよ」

純「」

純「あのね 梓…」

梓「うん 大丈夫だよ 汚いとか全然思わないし」

純「私が恥ずかしいんだけど…」

梓「純がおしっこするトコみたい」キラキラ

純「///で でも…あ だ ダメだ…ん…」

チョ… チョロチョロ チョロチョロ チョロチョロ…

純「///あ…はあ…梓におしっこするとこ見られてる…///」

梓「わぁあ…キレイだよ」キラキラ

純「///あ……は……ふう…」

梓「拭いてあげる」フキフキ

純「ん…ありがと…」

梓「…さてどうしよう…ムギ先輩に下着とか借りてこようか?」

純「う うん…貸してくれるかな?」

梓「聞いてくるよ 純ちょっと待っててね」

純「早くもどって来てね」

梓「うん…Chu///」バタン

純「……へへ///」



澪「でもな唯…私が唯の好きさにはかなわないぞ」

唯「ぷぅ! そんな事ないよ!!私の方が澪ちゃんが好きなのすごいもん!」プンプン

澪「へぇ どれくらい?」ニマニマ

唯「うんとね…地球くらい!すっごく大きいくらい澪ちゃんが好き!」

澪「クス…じゃあ私は宇宙くらい唯が好きだ」

唯「ずるいっ!じゃあ私はね…えーっと えーっと…」

紬(かわいいっ!かわいいわ この二人っ!!)パシャパシャ


和「うれしいっ!」ガバ

律「好きだぞ和…のどか…ん…」

律「律…ちゅ…ん…」

紬(いいわあ…いいわあ~…」パシャパシャ

梓「あのー…ムギ先輩…」

紬「ひゃあぁいっ!!?」ビク

梓「あ すみません」

紬「あ 梓ちゃん、遅かったわね…純ちゃんは?」ドキドキ

梓「…皆さん…何かあったんですか?…なんか…その…///」ドキドキ

紬「うふふ みんな素敵な世界を知ったのよ~」

梓(素敵な…世界…)ドキドキ

紬「…それで 純ちゃんは?」

梓「あ そうでした、実はですね…」

紬「…そうなんだ…うーん…今私手が話せなくなっちゃとたから…」

梓(……なるほど)

紬「女中の人達に用意させるわ……えっと…この部屋出て右に行った突き当たりの部屋にいる人に話してみて」

梓「わ わかりました それじゃ」タタタ…

紬「…さて続き 続き♪」


唯「えーっと…えーっと…う…」グス

澪「あっ なんだ?なんで泣くんだ?」アセアセ

唯「う…グス…だって…私バカだから…グス…澪ちゃんをどんだけ好きか…言えないから…うわああぁんっ!!」

澪「わ 大丈夫だから!唯が私が唯を好きなくらい私を好きなのはわかっているから!」

唯「ぐす…う…うん…エヘヘ」

紬(あらあら 唯ちゃんは甘えん坊さんね~」パシャパシャパシャ


和「…ん…はあ…律…キス巧いのね…ん///」

律「そ そうか?よく分からないけど…」

和「ねぇ 律…もっと…もっとぉ」

律「うん…ちゅ…はむ…チュ…」

紬(和ちゃんてこんなかわいい顔するのね~…あ あら?)

ピ

紬「斎藤っ!!早くっ!早くカメラを持ってきてちょうだい!早ーくっ!!」

斎藤「…お嬢様はまだ続けられるようですな…私は少々飽きてきたのですが…」

紬『さ い と う は や く !!』

斎藤「只今用意しております。しばらくお待ちを……次でページをめくるのは最後としましょうか…」

紬『さ い と う !!』

斎藤「しばらく!しばらくお待ち下さいっ!!」

ペラ…

斎藤「!!…ほう…やっとですか…」シミジミ

紬『あっ!律ちゃんそんな事…唯ちゃん!大胆過ぎるわ!!斎藤!!早くっ!//』

斎藤「これは楽しみですな…お嬢様のご学友の方々も害はないようですし…」

カキカキ

斎藤「ふむ…」ニヤニヤ

紬『和ちゃん…かわいい かわいいわ!澪ちゃんまじパネェわ… 斎藤っ!!お願いだから早くっ!早くカメラをっ! ああん///」

斎藤「只今お持ちいたします」

スタスタスタ…


おわる!